いちご いち え ケーキ。 いちごビュッフェ10選

いちごビュッフェ10選

いちご いち え ケーキ

ビルそのものが可愛い!その姿がこちら。 駅からお土産屋さんのあるアーケードを進むこと2分。 なにやらピンク色の店頭が見えてきます。 それが今回うかがったお店です。 いちごと言えばピンク色なので、すぐにわかります。 見上げてみれば、5階建て。 これが1棟まるごと「いちごBonBonBERRY ATAMI HOUSE. 」です。 1階には歩道に面してショーケースがあり、いちごのスイーツが並んでいます。 ここではテイクアウトして食べることができる商品と、お土産にできるいちごに関連するお菓子が売られています。 2階はカフェスペースの注文カウンター、3階と4階がカフェスペースになっています(一番上の5階はスタッフオンリーです)。 1階のショーケースを見ていきます まずは「いちご串(350円)」、ストレートな商品。 いちごそのものの味を楽しめます。 静岡はいちごの一大産地で紅ほっぺが有名です。 写真奥に並ぶのが、左から「ボンボンソフト(500円)」、「スムージーパフェいちごチーズ(900円)」、「いちごミルクソフト(450円)」、「いちごミルクソフト」にトッピングしたもの、「ミルクソフト(400円)」と、手前が瓶に入った「いちごのチーズケーキ(450円)」と「熱海プリンいちご(350円)」です。 和菓子好きなら、「もちっといちご大福(250円)」もあります。 食べ歩きするなら串に刺した「いちご大福串(350円)」がいいかもしれません。 いちごのバームクーヘンをスライスしたものも刺さっています。 熱海と言えば温泉まんじゅう。 普通の温泉まんじゅうは串に刺して安定することはないのですが、老舗の温泉まんじゅう店とのコラボで、串に刺すことができる温泉まんじゅうを開発したそうです。 「温泉まんじゅういちご串(450円)」。 さらに本格的洋菓子なら、「いちごのショートケーキ(600円)」と、「ボンボンシューロング(450円)」も。 新鮮ないちごに濃厚なクリームは、やっぱり相性がいいです。 いずれも食べ歩きができる工夫がしてあって、面白いですよね。 カフェスペースに上がってみる! 1階の左側にある、ピンクの階段がカフェの入り口です。 ここから2階に上がって注文。 商品を受け取って3階か4階に上がっていきます。 「いちごBonBonBERRY ATAMI HOUSE. 」の商品がずらりと並べられたここが3階のカフェスペース。 「いちご農園」をイメージしたインテリアです。 ちなみに、右手前に移っているのは大きないちごの形に驚かされる「いちごのババロア(500円)」です。 カフェメニューの中でもひときわ魅力的なのがこの「ボンボンパフェ(1,600円)」。 フレッシュないちごが10粒以上使われていて、いちごを十分に堪能できます。 シャンパンゼリーがはいった「シャンパンボンボン(1,000円)」は小さめのパフェグラスに入っています。 こちらもおすすめ。 また、最近人気のタピオカを使った「タピオカドリンクいちご(500円)」、「タピオカドリンク 緑茶」(500円)もあります。 他にも「いちごのクリームソーダ(600円)」などのドリンクメニュー、セットメニューもあるのでチェックしてみてくださいね。 4階はスイーツファクトリー さらに階段を登っていきます。 おっと、猫がいました。 4階は「いちごがスイーツに変身する場所をイメージした、スイーツファクトリー」がコンセプトのフロアです。 こちらは可愛いというよりはスタイリッシュといった感じで、3階とはちょっと違った雰囲気の写真が撮れそうです。 1階に下りてお土産をチェック 食べ歩きの串にも刺さっていた「いちごのバームクーヘン(1個 1,296円)」は、爽やかないちごの香りが漂う優しい味。 いちご生地の間に練乳生地が挟まれていて、これはもうテッパンの組み合わせです。 一方「いちごのフローマージュケーキ(1個 1,944円)」はしっとりと濃厚な味を楽しめそう。 紅ほっぺとチーズのマリアージュケーキです。 他にも「いちごのババロア」があります。 直径8㎝くらいはある大きないちごの形で、ぷるぷるとゆれるババロアにたっぷりのいちごが包まれています 熱海プリンの「熱海プリンいちご」も並んでいます。 そう、実はこの「いちごBonBonBERRY ATAMI HOUSE. 」は熱海プリンの姉妹店なんです。 1が紅ほっぺ、No2. は章姫、No. 3はきらぴ香を使っています。 こちらの「いちごバター(918円)」、ぜひともパンに塗って食べてみたいです。 温かいトーストに溶けながら漂ういちごの香り。 想像しただけでも幸せになります。 どれもいちご好きにはたまりません。 今、人気再来の熱海。 温泉もいいし夏なら海水浴も楽しめて、東京駅から熱海駅までは早ければ40分という近さ。 スイーツ以外にもいろんなグルメを楽しめるので、日帰りで出かけてもよさそうです。

次の

【三軒茶屋】イチゴスイーツ専門店「いちびこ」レポ【Lets】レッツエンジョイ東京

いちご いち え ケーキ

カウンター席もありガヤガヤしていないので、一人で行ってもゆったりできそうな感じです。 いちごミルク界に神降臨!?大容量のいちびこミルク ショーケースの中にはいちごのタルトやミルフィーユなど、目移りしてしまいそうな可愛いいちごのスイーツたちと、大きな瓶に入ったいちごの果肉&ソースが…! これがいま 「いちごミルク界の神」と話題の(?)いちびこミルクのベースのようです。 これは絶対に注文しなくては…!と意気込んでいる私の隣で、旦那が注文したのは ホットティー。 なんでいちごスイーツ専門店に来てまでホットティー!?せめてストロベリーティーにしろや!(笑) でも、紙カップなので飲み切れなくてもテイクアウトできるのはうれしいですね。 注文はカウンターでして、番号が呼ばれたら自分で取りに行くというスタイル。 う〜ん、店内ガラガラなのに運んできてくれるわけじゃないんですね…ちょっと残念。 お会計もiPadなのに お支払いは現金のみという、最先端なんだか時代遅れなんだかよく分からないシステムでした(笑) いちごがゴロゴロ!大きないちごのショートケーキ ケーキはショーケースの前で悩んで悩んで、定番の いちごのショートケーキに決定! 上に乗ってるいちごは小さく見えますが、スポンジ生地よりもいちごの割合の方が絶対多いだろ!ってぐらい、中には大きないちごがゴロゴロ入っていました。 いちびこで使用されているいちごは、 宮城県地山元町産のミガキイチゴという種類で「食べる宝石」と呼ばれているそうです。 ミガキイチゴのパックもショーケースの中に置いてあって、販売されていました。 ミガキイチゴのスパークリングワインも置いてありましたよ、気になる~!! 探してみたら、スパークリングワインは通販でも購入できるみたいです。 そしてそして、いちばん楽しみにしていた いちびこミルクは、期待通り美味しい…! いちご好きには大満足ですが、甘いものが苦手な方にはちょっと甘すぎるかもしれません。 他のケーキと一緒に注文すると両方甘々になってしまうのも残念なところ。 いちびこミルクが飲みたいならいちびこミルクだけを注文して、ケーキが食べたいならコーヒーや紅茶と一緒に、がいいかもしれませんね。 旦那曰くホットティーをチョイスしたのは私のためだったようです(笑) いちびこミルクの瓶は店員さんに返却しようとしたところ「ぜひお持ち帰りください」と言われてしまったので、今度アイスティーでも作るときに使おうかな? オープン記念で3月15日までは店内に置いてあるチケットを提示すれば会計時に15%OFF!ということでしたので、お得に頂くことができました。 こちらの記事も合わせてご覧ください!.

次の

【いちまん

いちご いち え ケーキ

イチゴ好き女子必見!イチゴスイーツの専門店「いちびこ」 こだわりのある専門店や個人店が点在する、世田谷線沿線。 西太子堂駅からほど近い「いちびこ」もそのひとつ。 1年中イチゴのスイーツを提供するイチゴスイーツ専門店で、キュートすぎる見た目も魅力と話題を呼んでいます。 静かな住宅街にありながらも、週末にはお店の外まで行列ができるほどの人気ぶりなのだそう! 店内に入ると、イチゴとスイーツの甘い香りがふわり。 シンプルかつ木のぬくもりを感じるあたたかな空間で、居心地もばっちり。 全8席のイートインスペースも完備されています。 休日やティータイムは満席になることがほとんど。 夕方以降は売り切れも増えてくるので、ゆっくりスイーツを選びたいのなら、月曜日の午前中が狙い目ですよ! ショーケースには、イチゴを使ったケーキやプリンなど約10種類のスイーツが並びます。 もちろん、スイーツはどれも店内手作り。 イチゴのおいしさを全面に出した゛イチゴが主役゛のスイーツばかりです。 ちなみにこちらのスイーツがいただけるのは、冬~6月いっぱいぐらいまでのイチゴのシーズンだけ。 夏~秋にかけては、昨年夏も大好評だったイチゴのかき氷を筆頭に、イチゴのスムージーやソフトクリーム、イチゴのシャンパンを使ったちょっぴり大人なゼリーなどが登場するそう。 これから入れ替え時期になるので、6月に生イチゴのスイーツを食べて、7月に夏メニューを食べに再訪するのがおすすめです! 「いちびこ」を語るのに外せないのが、イチゴの産地。 こちらでは、宮城県山元町にある自社農園で栽培された「ミガキイチゴ」という自社ブランドのイチゴのみを使用しています。 山元町は元々イチゴの産地。 震災の復興活動のひとつとして、この土地でイチゴ作りをスタートしました。 「ミガキイチゴ」は、濃厚かつジューシーな味わいが特徴。 イートインスペースが満席の場合も、先にオーダーして、ケーキをお取り置きしてもらいます。 今回は、1番人気の「ショートケーキ」(550円)と、はまってしまう人続出の「ビスキュイ」(500円)を食べてみることに。 さらに、食べ進めていくと中から粒のイチゴがゴロッと出現! スライスイチゴだけでなく、粒のイチゴまでサンドされているなんて驚きです。 カスタードクリームが入るため、ショートケーキとはまたひと味違ったコクのある味わいを堪能できます。 ドリンクは、スイーツとの相性ぴったりのコーヒーと紅茶(各450円)がラインナップ。 どちらもオーガニックのものなので、体に優しいのが好ポイント! 店内の壁の一部はウィリアムモリスデザインの「いちご泥棒」という模様になっています。 おしゃれな1枚が撮れますよ。 まとめ いちびこが手掛けるスイーツは、イチゴ好きをも唸らせるクオリティのものばかり! ちなみに店名のいちびこは、「イチゴ」の語源になった言葉。

次の