いちご 舌 溶連菌。 いちご舌とは?病気のサイン?原因と治療法、予防法は?

【症例写真・小児科医監修】『いちご舌』で舌がピリピリ痛そう!何の病気?|Milly ミリー

いちご 舌 溶連菌

『いちご舌』の症状は? 『いちご舌』になるとピリピリ痺れて痛みが出る 『いちご舌』は舌が腫れている状態なので、痛みを感じたり、不快感がある場合もあり、赤ちゃんや子どもが不機嫌になったりします。 のどの痛みも重なり、食べたり、飲んだりするのをイヤがることもあるので、プリンやゼリー、茶わん蒸しなど、つるんとしたのどごしのいいものを食べさせてあげましょう。 『いちご舌』になる原因は? 『いちご舌』になった場合に考えられる病気は、主に「溶連菌感染症」と「川崎病」です。 子どもがいちご舌になっていたら、なるべく早く小児科を受診しましょう。 医師は、全身の状態や症状、保育園や幼稚園、学校での流行の状況などから診断します。 溶連菌感染症は、A群溶血性連鎖球菌によって起こる感染症です。 「不顕性感染」といって保菌者が多い病気でもあり、健康に登園してきた園児の4人に1人が保菌していたというデータもあります。 発疹が治まると、手や足の皮膚がむけてくることも。 38度台の熱とのどの痛みから風邪と思うママやパパもいますが、風邪に比べてのどの痛みが激しく、飲み物を飲むのもイヤがったりします。 ただ、全身の症状は4才以上の子どもに多く見られるもので、それ以下の子どもの場合はのどが赤くなって痛むだけで、熱や発疹などが出ないことも少なくありません。 特に0~1才の乳児は、感染しても『いちご舌』や発疹など特有の症状は現れにくいです。 正式には「小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群」といいますが、発見者の川崎富作博士の名前から、一般的には川崎病と呼ばれています。 何らかの病原体と関わりがあるのではないかと、研究者は躍起になって原因を探していますが、発見から50年以上経った今もまだ原因は突き止められていません。 ・高熱が続く:溶連菌感染症の場合は、抗生剤を服用するとすぐに熱が下がりますが、川崎病の場合は抗生剤を服用しても下がりません。 抗菌剤を服用しても熱が下がらない場合は、溶連菌感染症ではなく、川崎病の可能性があります。 ・首のリンパ節が腫れる:発熱と同時か、その少し前に首のリンパ節が腫れ、外から触ってわかる状態になります。 ・白目が充血している:発熱後2~5日ほどすると、両方の白目が充血して赤くなります。 ・唇が充血し、舌が赤く『いちご舌』になる:唇が真っ赤に充血し、『いちご舌』になることも。 ・全身に赤い発疹が出る:全身に赤い発疹が出て、BCGの痕が赤くなることもあります。 ・手足がむくむ:発疹が出る前後から、手足がパンパンにむくんだり、充血して手のひらが真っ赤になったりします。 これらの症状は、一度にすべてが出るわけではなく、数日のうちにだんだんと現れてきます。 このうち5つ以上当てはまる場合、もしくは4つ+心臓の冠動脈にこぶができた場合は、川崎病と診断されます。 『いちご舌』の治療法は? 『いちご舌』になるのは、溶連菌感染症や川崎病にかかった場合なので、病気自体を治す治療をすれば、『いちご舌』も改善します。 溶連菌感染症の治療について 溶連菌感染症と診断されると、サワシリンやパセトシンなど、ペニシリン系の抗菌薬が10~14日分処方されます。 抗菌薬を服用すると1~2日のうちに熱が下がり、症状が治まってきます。 最も大切なことは、処方された抗菌薬をすべて飲み切ることです。 溶連菌感染症は再発しやすい病気で、抗菌薬を途中でやめると体内から溶連菌が完全に消えないため、再発することがあります。 抗菌薬を服用するとすぐに症状が治まってくるので、「治った」と思うママやパパが抗菌薬の服用をやめてしまうことがありますが、以下のような重い合併症を引き起こすこともあるので、医師の指示どおりに服用させてください。 溶連菌感染症の症状が治まってから2~3週間後に関節痛や心臓の炎症による胸痛、発熱、発疹などの症状が起こります。 最近ではほとんど見られなくなりましたが、油断は禁物です。 ・急性腎炎:溶連菌感染症の症状が治まってから2~3週間後に腎臓に炎症が起こり、肉眼で見てわかる血尿やむくみなどのほか、血圧が上がる、頭痛などの症状が見られます。 リウマチ熱と違い、急性腎炎は抗菌薬を服用しても発症することがあります。 溶連菌感染症の症状が出なくなって2~3週間したら、子どもの様子をよく観察してください。 尿の色は通常と変わりがないか、頭痛やまぶたのむくみがないか、機嫌が悪くないかなどに目を配りましょう。 抗菌薬を処方された日数分服用したあと、かかりつけ医で尿の検査をしてもらうと安心です。 川崎病の治療について 川崎病と診断された場合は、すぐに入院して治療を始めます。 川崎病の原因は不明ですが、炎症を抑え、血液が固まるのを防いで、心臓の冠動脈にこぶができないようにすることが大事です。 そのため、まずは心臓の超音波検査などを行ない、冠動脈流ができているかどうかを調べます。 治療はアスピリン、免疫グロブリン、ステロイドなどで行ないます。 これらが効かない場合には、免疫抑制剤やステロイドパルス療法などが行われます。 ・アスピリン療法:血管の炎症を抑え、血液が固まるのを防いで血栓を予防する効果があるアスピリンを服用する方法です。 ・免疫グロブリン療法:免疫グロブリン製剤を1~2日間点滴し、炎症を抑えて心臓の冠動脈にこぶができるのを防ぐ方法です。 この方法を併用したほうが、アスピリン療法だけの場合よりも、冠動脈にこぶができる頻度が少なくなります。 免疫グロブリンを投与しても効果が出ない場合には、ステロイド薬を使ったり、血漿交換療法などを行なうこともあります。 免疫グロブリン療法を行ったあと6ヶ月間は、BCGとロタウイルス以外の生ワクチンの予防接種は受けられないので、注意しましょう。 こぶができなければ2~3週間で退院できますが、こぶができた場合の入院期間は1ヶ月前後になります。 退院しても、1~3ヶ月後ぐらいまではアスピリンの服用をすることがあります。 また、3ヶ月後、半年後、1年後など、定期的に主治医を受診し、心電図などの検査を受けることが必要です。 とはいえ、一般的には日常生活や運動などの面での制限はないので、きちんと受診していれば、それほど気にしなくても大丈夫です。 冠動脈にこぶができた場合も、心臓の血管が詰まることはほとんどありません。 主治医の指示を守り、治療方針に従いましょう。 _______ 取材・文/荒木晶子.

次の

イチゴ舌になるのは病気?気をつけるべき合併症や治療法を紹介!

いちご 舌 溶連菌

原因 溶連菌感染症は、溶連菌(溶血連鎖球菌)という細菌に感染することによって発症する。 感染する部位は主に呼吸器や皮膚で、具体的には鼻や喉の粘膜、扁桃腺などに感染することが多い。 この溶連菌に感染してしまう原因は、咳やくしゃみなどによる飛沫感染がほとんどだといわれている。 ただ溶連菌感染症の場合、喉の痛みはあっても咳やくしゃみは出ないのが特徴なので、感染経路としての咳・くしゃみは症状によるものではなく、日常的に出るものである。 さまざまな菌の中でも溶連菌は特に感染力が強いともいわれているため、身近に感染者がいた場合は感染予防に努めることも重要となる。 手洗いやうがいの徹底に加えて、咳・くしゃみなどによる飛沫感染を予防するためのマスクの着用なども効果が期待できる。 治療 溶連菌に感染しているという結果が出た場合は、抗生物質の投与や解熱鎮痛剤による薬物療法を行う。 そうして熱や喉の痛みなどの症状を和らげるほか、抗菌薬によって病気の原因となっている溶連菌を撃退する。 ペニシリン系の抗生物質が用いられることが多いが、セフェム系の抗生物質も有効といわれている。 医療機関によっては初診から数日後に再受診を指示される場合も。 処方された薬を飲み続けると数日で熱は下がり、咽喉の痛みも治まり、発疹が出た場合は皮むけが認められるようになる。 ただし、確実に溶連菌を退治し合併症を引き起こさないようにするためには、症状が消えても抗菌薬をしばらく飲み続ける必要がある。 一部の抗菌薬以外は5~10日間飲み続ける必要があり、医師の指示に従ってしっかり薬を飲んでおかないと、リウマチ熱や急性糸球体腎炎などの合併症につながる可能性がある。 都道府県からクリニック・病院を探す 内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 小児科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

いちご舌とは?病気のサイン?原因と治療法、予防法は?

いちご 舌 溶連菌

先週土曜日あたりから 「おなかが痛い」・・・そう言っていた娘。 でも・・下痢じゃないのよ。 いいウンチも毎日でているし・・ === 翌日日曜日は昼間から発熱。 のども痛いとのこと・・ 発熱には比較的強い娘がかなり辛そう。 38度2分だったけど、解熱剤と手持ちの抗生物質を飲ませた。 (咳も鼻水も症状なくて・・のませるなら抗生物質かな?と勝手に判断) 何度か起きたり、すぐ寝てしまったり繰り返し・・ かなり発汗あり。 着替えをしたり・・夜には熱も上がらす機嫌もGood. === 月曜朝にもう一度抗生物質を飲ませ・・ 元気に登園。 帰宅してきずいた事は・・・ 脇周辺を痒がること。 そういえば・・昨日もポリポリ・・ 簡単にでもお風呂に入れようと服を脱がしたら・・ あれれ?赤く細かいポツポツが全身にあるよ。 特に腰のあたり・・・ 昨日の発汗で肌荒れ? 体操ズボンのゴムあたりだから・・洗剤などでかぶれた? 保湿剤(プロペト)のみ塗って寝る === 今日・・・やっぱりポツポツ消えてない。 舌の先が赤くなってる。 明日は幼稚園保育参観日。 私、クラス係だから受付や、今回は年間行事係り決めがあるのよね。 相方の手伝いもあるし・・娘も「保育参観たのしみだね」って張り切ってる。 大事をとって・・病院に行っておくか・・・ 最近かかっている内科兼小児科。 上記症状を伝えると・・ ・ポツポツは気になるようなものではない。 ・扁桃腺とリンパ腺が少し腫れている。 これからまた熱が出るのかもしれない ・おなかの音も異常ない・・ 抗生物質5日分、整腸剤5日分、口内炎の薬 この3点処方された。 ・・・・・でも・・やっぱりポツポツは気になるのよ。 だって・・今までこんな症状ないんだもん。 みたことないけど・・もしかして麻疹? で、娘の大好きな皮膚科医のもとへ。 症状、そして今いってきた病院でのやり取りを伝えると・・ 「気になるポツポツかもしれないよ・・」 え??やっぱり気にしなくちゃいけないの? で、一体何? 「溶連菌かもしれない・・」 今まで11年育児をしてきたが・・わが子は経験無し。 先生に伺ったその症状とは・・・ ・発熱 ・のどの痛み ・咳、鼻水の症状がほとんどない ・脇から下を痒がる ・そして・・おしりのあたりが特に赤くなる ・舌が赤くなる おーい!!!思いっきり娘の症状じゃないのよ!!! 抗生物質を飲めばいいらしいが・・ もし溶連菌なら登校、登園禁止なんだって。 その判断は・・検査キットが小児科にはあるらしい・・ この皮膚科にはないので、先ほどのところに戻るか・・でも、先生判ってなかったから・・・無理? 名前を挙げられた小児科は、娘が突発性発疹の際に、「違う」と言い切り・・結局突発だったところ・・誤診が多いとも耳にするし、実際経験しているのでパス (・・っていうか、もうかかりたくなくて、先日診察券捨てちゃったんだよね) 次が・・2年前まで子供達がお世話になっている小児科。 本とはここにずっとかかりたいけど・・路上駐車の帰省が厳しくなって・・診察券を出しに行くのが大変になって・あきらめてたの。 ここなら行く価値はある! 紹介状を書いていただきGO! === 検査の結果・・陽性でした。 薬は最初にいただいたものでOK。 しっかり飲みきるようにと。 発疹が消えたら登園OK。 金曜日か土曜日に朝一番の採尿持参で再来せよとも。 === 合併症に「腎炎」があるんだって。 そのために尿検査が必要。 === 結局、今週一杯欠席。 「お休みしないとご褒美がもらえるから休みたくない」 その娘の夢ははかなくも消えました。 生理的に扁桃が大きい時期である3から12歳によくみられ、3歳未満でははっきりとした症状が現れないことが多いようです。 38~39度の高熱が2,3日続いた後、微熱(37度前後)が続きます。 扁桃炎では、のどが真っ赤にはれ、つばを飲みこむのも強く痛みます。 猩紅熱(しょうこうねつ)になると発熱後1~2日すると、首やわきの下から始まって、全身に赤インクを霧吹きで吹き付けたような発疹が広がります。 舌がいちごのようにブツブツができて赤くなる(いちご舌)も特徴です。 せき・鼻の症状はほとんどみられません。 病気の始まる1~2日目に吐き気がみられます。 治療には抗生物質を用い、腎炎という合併症を防ぐために、比較的長く(最低7~14日)飲む必要があります。 抗生物質を飲んでいなかった場合、腎炎の合併する頻度は1~2%ですが、抗生物質を飲んでいれば0.01~0.02%まで抑えられます。 抗生物質を用いる期間や学校への登校許可については、医師とよく相談してきめてください。 === 「幼稚園で他にこういう話は聞いてない?」 Drにこのように聞かれました・・ 飛沫感染するんだって。 おしゃべりでもうつるってことよ。 娘も昨日登園したし・・菌ばら撒いたんだよね・・ごめんなさい。 先週・・うーん何かあったかなあ・・・ とりあえず、園には娘の症状を伝えましたが・・ おそらく園としては何も対応しないんだろうな・・・ 2月にロタウイルスで苦しんだ園児沢山いたけど・・ 園に伝えたけど、意味なかったもん。 親も・・・私はたまたま今回自分で納得いかなくて皮膚科に行ったけど・・ 普通「これは大丈夫」みたいに言われたら・・そうか・・で熱が泣く比較的元気なら幼稚園行かせちゃいそうだもんね。

次の