ポジティブ リスト。 ポジティブリストとネガティブリストの違いとは?

ネガティブリストとは

ポジティブ リスト

食品などの輸入手続き方法を調べていくと、厚生省のホームページ上でポジティブリストなどの表記を目にします。 その中でも特に「薬機法(旧:薬事法)」と「添加物」に関する説明で使われていることが多いです。 (もちろん、それ以外の目的もたくさんあります。 )代表的な物としては、化粧品、サプリメント、医薬品、石鹸などがあります。 薬機法は、これらの商品を販売するのであれば、医学的に正しいデータに基づき表示をしなければらなないとしています。 例えば、この「まんじゅうを食べたら、寿命が10年延びると」いわれたとしても、すぐに嘘である事はわかります。 しかし、あなたが今にも力尽きそうであり、目の前に差し出された物が魅力的な効果をうたっているとしたら、もしかすると、購入してしまうかもしれませんね。 また、ある人は「このサプリを飲んだら、若い頃の肌になれる」と宣伝するかもしれません。 これであると、言った者勝ちという世界になってしまい、消費者は何を信じたらいいのかがわからなくなります。 このように、ありもしない効果・効能をうたって商品を販売することを禁止するのが「薬機法」です。 では、もう一方の 添加物を確認してみましょう。 食料品を製造するときは、保存効果を高めたり、見た目を良くしたりするために「添加物(てんかぶつ)」を使います。 添加物と聞くと、すぐに「悪い物」と感じてしまいますが、実は天然成分由来の物であっても「添加物」に含まれます。 例えば、柿を絞って作られる「柿タンニン」という物も添加物として指定されています。 添加物ときくと現代社会でいきなり誕生した物と思いがちです。 しかし、意外なことに、この中には、昔から自然に使われていた物も含まれているのです。 さて、上記で説明をした薬機法と添加物、そしてポジティブリストとネガティブリストには、どのような関係があるのでしょうか? ネガティブリストとは? ネガティブリストとは「原則、禁止していない中で、禁止している物をリスト化したもの」です。 例えば、友達の家でパーティーをしたとします。 原則、自由に部屋を使っていいです。 もちろん、トイレも台所も自由です。 ただし、「寝室に入ること」「冷蔵庫をあけること」は禁止します。 という 禁止事項をリストにすることです。 基本的に、なんでも自由にできます。 薬機法の中には「」があります。 これは「この成分が含まれていると、薬とみなす」というリストのことです。 この食薬区分リストが「ネガティブリスト」の一例です。 ポジティブリストとは? ポジティブリストとは「原則、禁止している中で、許可する物をリスト化したもの」です。 例えば、誰かの家に訪問したいとします。 しかし、基本的に家族以外が家に入ることは認めていません(禁止しています。 )ただし、「何かの工事に来る人」「友人」「身内」などは、入室を認めます。 という許可事項を設けることです。 先ほどの考え方とは、逆の発想であることがわかります。 食品添加物リストは、ポジティブリストを採用しています。 つまり、 認められている添加物だけが掲載されており、それ以外の添加物が含まれている場合は、輸入禁止になることを表しています。 原則は、禁止している。 しかし、ある一部の添加物は認めているということですね。 これがポジティブリストの考え方です。 まとめ ポジティブリストとネガティブリストの考え方は、輸入できる品かどうかを判断するときに必要になります。 例えば、ある栄養ドリンクを輸入するとします。 このときは、最初に食薬区分リストを使って、ネガティブリストに含まれている成分が入っていないかを確認します。 ドリンクに含まれている成分がネガティブリストに含まれていない場合は、薬ではない=単なる飲み物として輸入が認められることになります。 薬になるのか、食べ物なのかをネガティブリストから判断しているということです。 一方、食品添加物は、この考え方と全く逆です。 リストに掲載されている添加物以外が含まれている場合は、輸入禁止になるということですね。 これがポジティブリストでの考え方になります。

次の

ポジティブリストとは

ポジティブ リスト

概要 [ ] に制定された第11条第3項およびの関係により規定され、に施行された。 ポジティブリスト本体すなわち指定農薬の一覧は、の第1 食品の部 A 食品一般の成分規格に掲載されている。 残留基準 により、食品の成分に係る規格が定められている799種の農薬等については、国際基準などを元に設定された「残留基準」を超えて残留する食品の流通を禁止。 一律基準 いずれの食品にも残留基準が定められていないもの、および一部の食品に残留基準が定められている農薬等が残留基準の定めのない食品に残留する場合については、「一律基準」として設定された0. 01を超えて残留する食品の流通を禁止。 対象外物質 農薬として使用され、食品に残留した場合であっても、摂取したことにより人体に影響を及ぼすおそれのないものについては本規定の対象外とすることとし、、など65種の農薬等が対象外物質として設定されている。 従前の制度 [ ] 従来の規制の考え方は「ネガティブリスト制度」である。 すなわち、様々な農薬の内、人体や環境等への影響危険度が懸念されるものを禁止もしくは規制すること。 一方、それら以外の農薬は自由使用とされた。 つまり、残留基準が設定されていた250種の農薬と33種の動物用医薬品以外の農薬等が残留していても、基本的に販売禁止などの規制はなかった。 しかし、化学工学とともに様々な新しい農薬が開発されてきたこと。 それらに対する生物学的な安全性の知見は必ずしも追いついていない現状があること。 ネガティブリスト制度である限り、規制は後追いにならざるを得ないこと。 加えて、食の安全性に関する意識の高まりの機運の中、従来の制度が時代遅れであることが叫ばれていた。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

ポジティブリスト制度について。

ポジティブ リスト

畜産農家におけるポジティブリスト制度への対応のポイント 食品衛生法に基づき平成18年5月29日に導入された「ポジティブリスト制度」によって、農薬、飼料添加物及び動物用医薬品について、食品中の残留に対する規制の範囲が広がっています。 これによって動物用医薬品を使用するに当たっての注意事項、特に休薬期間や使用禁止期間が大きく変わりました。 ポジティブリスト制度が施行されています。 畜産現場での動物用医薬品の投薬・飼料の給与にはご注意下さい! 畜産農家におけるポジティブリスト制度への対応のポイント 食品衛生法違反とならないように次の点に注意して下さい。 動物用医薬品の添付文書をよく呼んで、適正に使用する。 投薬中や投薬後の動物・畜舎には表示をし、間違えないようにする。 出荷する動物や牛乳・卵を出荷している動物の治療記録を確認する。 対象家畜や使用時期が定められた飼料について、これを遵守する。 書類や帳簿を保管する。 (ア)飼料の購入伝票や給与記録 (イ)牧草などへの農薬散布記録 (ウ)動物用医薬品の購入記録や使用記録 (エ)動物用医薬品指示書や出荷制限期間指示書 特に、保管した書類・記録は、問題が発生したときの重要な資料となります。 アドバイスしてくれる地域の指導機関等 アドバイスしてくれる地域の指導機関等 都道府県の家畜保健衛生所、地域の獣医師、JA・飼料販売業者及び動物用医薬品販売業者) 動物用医薬品および飼料の表示を守って家畜へ投薬・給与すれば、畜産物の基準値は遵守可能です。 詳しくは 最新の情報は、農林水産省動物医療検査所および、独立行政法人農林水産消費安全技術センターのホームページをご覧下さい。 (外部リンク) (外部リンク).

次の