ウィル テック ipo。 【IPO初値予想】ビザスクとウイルテックの幹事配分と評価!超弱気IPOタッグ | IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

ウイルテック(7087)のIPO(新規上場)初値予想とIPO幹事配分数! | IPO初値予想主観 IPOゲッターの投資日記

ウィル テック ipo

0%) ・想定価格1,280円に対して、PER11. 94倍、PBR1. 36倍、配当利回り2. 19% (直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益107. 2円、1株あたり純資産942. 7円、1株あたり配当金28. ) ・仮条件が想定価格を下回ったので、初値予想を「1,200円 ~ 1,350円(2月3日時点)」から「1,000円 ~ 1,300円(2月19日時点)」に変更しました。 ・公募価格に伴い、初値予想を「1,000円 ~ 1,300円(2月19日時点)」から「1,100円 ~ 1,300円(2月28日時点)」に変更しました。 IPO当選株数 公募株数 888,500株 売出株数(OA含む) 1,168,100株 当選株数合計 2,056,600株 ・当選株数は2,056,600株。 売買単位が100株なので、当たりは計 20,566枚。 ・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。 幹事証券リスト(管理人独自予想あり) 証券会社名 割当率 割当株数 当選本数 (枚) 完全抽選本数 (予想) 主幹事 88. 71% 1,824,400株 18,244枚 1,824枚 幹事 3. 48% 71,500株 715枚 321枚 2. 61% 53,600株 536枚 53枚 1. 74% 35,700株 357枚 53枚 みずほ証券 1. 74% 35,700株 357枚 35枚 1. 74% 35,700株 357枚 35枚 ・(主幹事)、、、、から当選のチャンス。 ・その他、から申し込み可能となりました。 (2月12日追記) 株主構成、ロックアップなど 株主名 比率 ロック アップ 小倉 秀司 64. 74% 180日間 (株)RASアセット 14. 41% 180日間 宮城 力(社長) 7. 05% 180日間 野地 恭雄 1. 51% 180日間 西 隆弘 1. 09% 180日間 渡邊 剛 1. 09% 180日間 東 和登 0. 84% 90日間 ウイルテックグループ従業員持株会 0. 54% 田中 伸也 0. 25% 90日間 水谷 辰雄 0. 25% 90日間 企業業績のデータ(5年分) 2015年 3月 2016年 3月 2017年 3月 2018年 3月 2019年 3月 売上高(百万円) 8,113 9,761 10,337 20,002 22,900 経常利益(百万円) 285 392 411 994 940 当期純利益(百万円) 225 101 107 747 650 純資産額 (百万円) 1,870 1,927 1,988 4,099 4,680 1株あたりの純資産額(円) 1,978 2,039 2,104 800 913 1株あたりの純利益(円) 238 107 113 157 127 自己資本比率(%) 48. 8 47. 2 41. 3 45. 1 48. 2 自己資本利益率(%) 12. 8 5. 3 5. 5 20. 1 14. 2018年3月期から連結決算。 ・2020年3月期は、第2四半期時点で売上12,251百万円、経常利益628百万円を達成しています。 IPOで得た資金は、機械装置、人事給与システム、機電系技術者派遣事業のロボット関連への設備投資、採用費、借入金の返済に充てる予定です。 管理人からのコメント 、派遣業はIPOのテーマとして弱く、業績も頭打ち気味で人気化は期待できないでしょう。 さらに、公開株数も多く、需給的に初値が上がりにくくなっています。 同日に、が上場することも需給を悪化させています。 ネット証券では、(主幹事)、、、、、から申し込み可能となっていますが、見送っても問題ないでしょう。

次の

ウイルテック【7085】のIPO抽選申込どうする?

ウィル テック ipo

ビザスクとウイルテックIPOの初値予想と幹事配分などを今回も自己評価していきたいと思います。 両銘柄とも少し心配になるようなことがささやかれています。 需給への心配もあり上場してみるまで気が抜けない状況が続きそうです。 まずはビザスクIPOから考察してみたいと思います。 完全に競合する上場企業は見当たらないようなので投資妙味があります。 しかしベンチャーキャピタル出資が多く何とも言い難い感じですね。 例年であれば買い上がるかもしれませんが、世界的にコロナウィルス警戒により迷走している中で買われるのか心配しています。 IPO投資だけでなく日本経済も危ぶまれる中で投資を行っていて大丈夫なのか?と思う気持ちもあります。 流れに任せるしかありませんが、ある程度積極的にIPOに参加しておきたいと考えています。 3月上場前半戦はまだ楽観視できそうです。 2020年2月の単体業績予想は営業収益9. 6億円となり前期比56. 4%増、経常利益0. 5億円で前期比87. 5%増と 驚異的な伸び率となっています。 ただし利益額が低く評価するには材料不足かもしれません。 2018年2月期まで赤字だったことを考慮すると評価対象でしょう。 初値予想2,000円~2,500円! 幹事名 配分単位 引受割合 1,732,400株 60. 93% 429,900株 15. 12% 307,700株 10. 82% 145,000株 5. 10% 145,000株 5. 10% 41,600株 1. 46% 41,600株 1. 46% 実は公開価格割れとになるかもしれない?とハラハラしています。 利益が低いことでまた赤字になるのではないかという懸念があります。 PERを算出してみるとEPS6. 90なので約304. 35倍になります。 PERでの評価は難しそうです。 さらにらBPS12. 99からPBRを算出すると約161. 66倍になります。 既存株主である ベンチャーキャピタルがウハウハ状態なのでは?と考えられます。 欧州及びアジアを中心とする海外市場へも販売を予定しているため、海外からの人気が高いのかも気になります。 売出株中心のIPOになるため悩みますね。 ベンチャーキャピタルには発行価格の1. 5倍でロックアップが解除されます。 BtoB情報プラットフォーム市場は拡大を続けているため将来的な期待はあるものの現段階では欲張り過ぎなのではないかと感じます。 ただこのレベルのIPOを取りに行かないと簡単に当選は出来ないため最後の最後まで悩むことになりそうです。 トライオートFXの実績や評判って本当なのか?と思うことがあり色々と調べてみました。 過去に同社システムを利用していた時期もありFXやETF取引を実際に行っていました。 これまで大きな金額を投入したことはありませんが当時は楽 … ウイルテックIPOの初値予想と幹事配分を調べた結果 ウイルテックは仮条件を下げてきました。 主幹事はSMBC日興証券が引受けています。 東証2部上場で吸収額が多く事業にも魅力が薄いためビザスクとは違う意味で心配です。 ただ3月前半のIPOなので投資家の買い意欲が増加するような材料が出れば公開価格割れはないと思います。 現在のところ公開価格前後の初値になる気がしています。 日本経済が低迷するようなことがあれば人材派遣や請負を行っている企業は早々に業績悪化になることが考えられます。 メーカに比べてそのスピードも速く路頭に迷う方も出てくるかもしれません。 何とか世界でコロナウィルスに立ち向かってほしいと思います。 感染力も異常ですよね。 2020年3月期の連結業績予想は売上250億円で前期比9. 2%増、経常利益11. 4億円で前期比21. 7%増の 増収増益になります。 四半期利益も前期比16. 8%増の7. 6億円を予定しています。 業績に問題は見られないようです。 PERは8. 31倍、PBRは15. 9倍になります。 指標は妥当もしくは割安水準だと考えられます。 新奇性は感じられませんが 通常であれば初値1. 1倍~1. 2倍程度は狙えると思います。 気になる配当利回りは3. 66%になるため公開価格割れはないと個人的に考えています。 配当は44円を予定し3月末権利なので上場月に配当権利が発生します。 このパターンはイケると思いますけどね。 初値予想1,500円~1,800円! 幹事名 配分単位 引受割合 1,556,000株 87. 00% 71,500株 4. 00% 53,600株 3. 00% 35,800株 2. 00% 35,800株 2. 00% 35,800株 2. 00% 株数が多く平幹事でも当選することができそうです。 しかも地合いが悪いため積極的に抽選に参加すれば複数株獲得できそうです。 主幹事のからだとかなりの確率で当選できるかも?しれません。 新規口座開設の方はステージがブロンズになるため当選期待が高くなります。 当選して嬉しいのかは別ですけどね。 ただ配当利回りから考えると公開価格割れはない気がしています。 2019年末の買い意欲があれば 20%くらい上昇して初値が付いてもおかしくありません。 コロナウィルス蔓延でこの先どうなるのかわからないことが投資家も悩みですよね。 同社は障がい者支援事業も行っているため印象は良いです。 地合い頼みとなっていることは誰にも予想がしずらいため悩みます。 大手初値予想は公開価格を超えてくるようですからビザスクIPOよりは積極的に申し込んでもよいのかもしれません。 配当狙いで買う投資家もいるでしょう! 難しい環境が続いていますがIPOに当選するチャンスでもあります!悩みますね~ 上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる! 1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。 安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです! また Funds ファンズ 社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。 貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。 詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。 先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。 地味だけどお小遣いになるから助かっています。 現在のところ投資額50万円強でソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えています。 余裕資金があればぶち込みですね!.

次の

ウイルテック【7085】のIPO抽選申込どうする?

ウィル テック ipo

ウイルテック(7087)IPOは、東証2部で吸収金額は約26. 3億円の中型となります。 ベンチャーキャピタルの保有はなく、180日のロックアップが掛かっています 価格解除なし 事業内容的に、派遣業はインパクトに欠けます。 また、人気薄の東証2部上場であり、業績も頭打ちな印象です。 きずなホールディングスと同時上場というのも影響を受けそうですね。 注目度という点ではこちらが不利になりそうです。 総合的に見て、公募価格付近での初値形成、または 公募割れを予想します。 管理人の現段階スタンスは・・・ 中立です! 仮条件次第ですが初心者の方はスルーでも良いかもしれません。 一押しの証券会社となります。 1口座1抽選の「公平抽選」、お預り資産などに応じて当選確率がアップする「IPO優遇特典」もあります! 一般投資家への配分数10%を抽選! 第 2位 口座数No. 1証券会社! IPOチャレンジポイントは落選しても1ポイントGET! ポイントを貯めることで誰でもプラチナIPOをGETできるチャンスが! 未成年口座も開設できます。 第 3位 2018年9月8日より、IPOルールが大きく変更。 加えて後期型から前期型に変更!申し込みやすい証券会社となりました!70%完全抽選配分で当選確率も高いのも嬉しいですね。 第 4位 1口座1抽選の平等抽選! ブックビルディング時には資金は必要なし。 幹事引受け数は非常に多いです。 IPO口座開設者は大手に比べ少ないので狙い目の証券会社です。 第 5位 前受け金なしでIPO抽選に参加できます。 IPOに当選した場合は購入期間に入金すればOK 年間を通して引き受け幹事数多いです。 資金拘束なしの証券会社なのでオススメです! 抽選資金不要 証券会社 IPO申し込みルールが後期型から前期型へ変更になりました。 完全に穴場証券会社です! この機会に口座開設して損は無いと思います。 未成年口座からIPOに申し込むことができます。 抽選方法は完全平等抽選制度を採用しています。 IPO取扱い件数は2018年で34回 ! IPO取扱い件数が多い割には口座開設数が比較的少ないです。 むさし証券は年間約10社のIPO幹事を引き受けています。 幹事数は少ないですがIPO投資では必須級の証券会社となります。 IPOの配布数量の10%がネット抽選に回されます。 IPO幹事を務めることは少ないですが、 口座数が少ないため当選のチャンス有りです。 抽選方法は1口座1抽選方式で、完全平等抽選を採用しています。 大手証券会社に比べ口座開設してIPOに申し込む人もまだ少ないです。 口座開設することで当選確率を上げる事ができます。 抽選方法は100% 平等抽選制度を採用しています。 IPO抽選参加に前受け金不要! 年間幹事数も増えています! 抽選方法は1口座1抽選の完全平等抽選を採用! 未成年口座開設可能でIPO申込みもOKです! マネックス証券は幹事引受数も多い証券会社です! 完全平等抽選を採用! ブックビルディング時に買付余力不要です。 幹事数は年間を通して少ないですが全ての枚数を抽選に回すのが特徴で当選しやすいです。 1口座1抽選の完全平等抽選! 配分予定数の100%を抽選に回します。 抽選の段階では前受け金不要。 IPO取扱数は増加傾向であり、今後に期待が持てる証券会社です。 遂に株式取引もスタート。 口座開設後最大3か月間取引手数料が0円です。 また手数料は現物も信用も業界最安値水準! 今後IPO幹事に名を連ねる可能性も! 第 1位 菅理人が一番当選回数の多い証券会社さまです。 一押しの証券会社となります。 1口座1抽選の「公平抽選」、お預り資産などに応じて当選確率がアップする「IPO優遇特典」もあります! 一般投資家への配分数10%を抽選! 第 2位 口座数No. 1証券会社! IPOチャレンジポイントは落選しても1ポイントGET! ポイントを貯めることで誰でもプラチナIPOをGETできるチャンスが! 未成年口座も開設できます。 第 3位 2018年9月8日より、IPOルールが大きく変更。 加えて後期型から前期型に変更!申し込みやすい証券会社となりました!70%完全抽選配分で当選確率も高いのも嬉しいですね。 第 4位 1口座1抽選の平等抽選! ブックビルディング時には資金は必要なし。 幹事引受け数は非常に多いです。 IPO口座開設者は大手に比べ少ないので狙い目の証券会社です。 第 5位 前受け金なしでIPO抽選に参加できます。 IPOに当選した場合は購入期間に入金すればOK 年間を通して引き受け幹事数多いです。 資金拘束なしの証券会社なのでオススメです! お問い合わせ IPO投資必須証券会社 ネットで完全平等抽選! 抽選申込みは後期型ですので資金が少ない人にもおススメ! 優待クロスでもおすすめの証券会社です! IPO10%を以上を完全抽選! 会社四季報の最新銘柄レポートが無料に! IPO目的で口座開設する人が少なく穴場証券会社です! 引受株数の10%以上を配分! IPO抽選参加に前受け金不要! 年間幹事数も増えています! 抽選方法は1口座1抽選の完全平等抽選を採用! 未成年口座開設可能でIPO申込みもOKです! マネックス証券は幹事引受数も多い証券会社です! 完全平等抽選を採用! ブックビルディング時に買付余力不要です。 幹事数は年間を通して少ないですが全ての枚数を抽選に回すのが特徴で当選しやすいです。 1口座1抽選の完全平等抽選! 配分予定数の100%を抽選に回します。 抽選の段階では前受け金不要。 IPO取扱数は増加傾向であり、今後に期待が持てる証券会社です。 遂に株式取引もスタート。 口座開設後最大3か月間取引手数料が0円です。

次の