アルミ 曲げ 加工。 ベンダー加工機 鉄・ステンレス・アルミ等の曲げ加工|かねよし

簡単なアルミパイプの曲げ方

アルミ 曲げ 加工

引用元: 「アルミパイプを曲げたいけど、どんな曲げ方ができるのかな?」 「実際に曲げ加工をするとどんな感じになるだろう?」 アルミパイプの曲げ加工を依頼する際に、このような疑問を抱く方は少なくないと思います。 この記事では、そんな方に向けて、 実際に行われている曲げ形状や加工事例を紹介していきます。 対応可能な曲げ形状 引用元: アルミパイプを曲げるにあたり、 「業者に依頼せず個人でやってみたい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、力まかせに曲げようとすると ストローを曲げた時のように曲げた部分がつぶれてしまいます。 アルミパイプの曲げ加工は以下の6つが基本になります。 しかし、6つ以外の形状でもであれば、対応可能な複数の加工業者から見積もりできますので、是非にご相談ください。 受け付けている角度は業者によって異なるので注意が必要です。 上の図では、曲げた際にかかる力について説明しています。 引張応力はパイプを曲げた時に曲げた部分の 外側が引っ張られて生じる力を示しています。 逆に 内側は潰す方向に力が生じるので圧縮応力です。 引張応力によって外側部分は板厚が減少し、場合によっては少し凹んでしまいます。 内側曲げRとは内側の曲げ半径のことを示しています。 曲げRを小さくしようとすると引張応力が強くなり外側が割れる、もしくは内側にシワが発生する可能性があります。 この シワの発生を抑えるためワイパーと呼ばれるシワ取りの金型を用います。 パイプの表面を傷つけないようパイプ本体の材質よりも柔らかいものを用いるのが一般的です。 また、 パイプが割れない範囲での内側曲げRが最も小さい寸法を最小曲げR(Rmin)と言います。 曲げ加工が上手くいかない原因としては、 最小曲げRよりも小さい半径で曲げようとたことによって起きる問題が最も多いです。 以上のことは他の曲げ形状の加工においても同様です。 L字の曲げ加工を行う際に注意したいのは、曲げ加工を行うとき加工時の角度よりも角度が少し戻る方向へ開いてしまう スプリングバックという現象です。 そのため、狙った角度に曲げることが他金属以上に難しいので、熟練した加工技術が必要になります。 画像は角パイプですがもちろん 丸パイプでもできます。 「V字曲げ」と呼ばれることもあります。 画像は角パイプですが丸パイプもできます。 U字曲げでは、 先に両側の曲げ始めの部分から曲げてから中央部分を曲げます。 こうすることで 金型との接触を防ぐことが可能で、左右対称に作りやすいというメリットがあります。 コ型曲げ 引用元: カタカナの「コ」の字のように曲げる方法です。 上記の L字曲げを二回行います。 L字曲げを二回行う分、正確に角度を出すのはL字曲げよりも難しくなります。 また、 形状によっては一度目の曲げ部分がベンダーと干渉してしまう場合があるため注意が必要です。 Z型曲げ 引用元: アルファベットの「Z」の字のように曲げる方法です。 「Z」のように斜め線でなくともZ型に曲げると言います。 まとめ この記事では、アルミパイプの 曲げ加工が可能な形状や加工事例についてご紹介しました。 アルミパイプは様々な用途に使用することができ、非常に便利です。 個人で曲げ加工を行う際にはパイプベンダーを購入する必要があります。 上の6つのような通常の曲げ加工でもパイプベンダーを購入するよりも安く済ませることができることがあるため一度見積もりを出してみることをおすすめします。 業者に依頼する際は、で見積もり依頼を出すことが可能です。 全国に140社以上の協力工場があるため、小ロット(少ない本数)の依頼に対応している業者も見つけることができます。 日本全国各地どちらからのご依頼でも 完全無料でお見積りをお受けいたしますので、アルミパイプの曲げ加工でお困りの際は、ぜひにご相談ください!.

次の

アルミ建材、R曲げ加工の技術集団アートベンディング│ART

アルミ 曲げ 加工

引用元: 「アルミパイプを曲げたいけど、どんな曲げ方ができるのかな?」 「実際に曲げ加工をするとどんな感じになるだろう?」 アルミパイプの曲げ加工を依頼する際に、このような疑問を抱く方は少なくないと思います。 この記事では、そんな方に向けて、 実際に行われている曲げ形状や加工事例を紹介していきます。 対応可能な曲げ形状 引用元: アルミパイプを曲げるにあたり、 「業者に依頼せず個人でやってみたい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、力まかせに曲げようとすると ストローを曲げた時のように曲げた部分がつぶれてしまいます。 アルミパイプの曲げ加工は以下の6つが基本になります。 しかし、6つ以外の形状でもであれば、対応可能な複数の加工業者から見積もりできますので、是非にご相談ください。 受け付けている角度は業者によって異なるので注意が必要です。 上の図では、曲げた際にかかる力について説明しています。 引張応力はパイプを曲げた時に曲げた部分の 外側が引っ張られて生じる力を示しています。 逆に 内側は潰す方向に力が生じるので圧縮応力です。 引張応力によって外側部分は板厚が減少し、場合によっては少し凹んでしまいます。 内側曲げRとは内側の曲げ半径のことを示しています。 曲げRを小さくしようとすると引張応力が強くなり外側が割れる、もしくは内側にシワが発生する可能性があります。 この シワの発生を抑えるためワイパーと呼ばれるシワ取りの金型を用います。 パイプの表面を傷つけないようパイプ本体の材質よりも柔らかいものを用いるのが一般的です。 また、 パイプが割れない範囲での内側曲げRが最も小さい寸法を最小曲げR(Rmin)と言います。 曲げ加工が上手くいかない原因としては、 最小曲げRよりも小さい半径で曲げようとたことによって起きる問題が最も多いです。 以上のことは他の曲げ形状の加工においても同様です。 L字の曲げ加工を行う際に注意したいのは、曲げ加工を行うとき加工時の角度よりも角度が少し戻る方向へ開いてしまう スプリングバックという現象です。 そのため、狙った角度に曲げることが他金属以上に難しいので、熟練した加工技術が必要になります。 画像は角パイプですがもちろん 丸パイプでもできます。 「V字曲げ」と呼ばれることもあります。 画像は角パイプですが丸パイプもできます。 U字曲げでは、 先に両側の曲げ始めの部分から曲げてから中央部分を曲げます。 こうすることで 金型との接触を防ぐことが可能で、左右対称に作りやすいというメリットがあります。 コ型曲げ 引用元: カタカナの「コ」の字のように曲げる方法です。 上記の L字曲げを二回行います。 L字曲げを二回行う分、正確に角度を出すのはL字曲げよりも難しくなります。 また、 形状によっては一度目の曲げ部分がベンダーと干渉してしまう場合があるため注意が必要です。 Z型曲げ 引用元: アルファベットの「Z」の字のように曲げる方法です。 「Z」のように斜め線でなくともZ型に曲げると言います。 まとめ この記事では、アルミパイプの 曲げ加工が可能な形状や加工事例についてご紹介しました。 アルミパイプは様々な用途に使用することができ、非常に便利です。 個人で曲げ加工を行う際にはパイプベンダーを購入する必要があります。 上の6つのような通常の曲げ加工でもパイプベンダーを購入するよりも安く済ませることができることがあるため一度見積もりを出してみることをおすすめします。 業者に依頼する際は、で見積もり依頼を出すことが可能です。 全国に140社以上の協力工場があるため、小ロット(少ない本数)の依頼に対応している業者も見つけることができます。 日本全国各地どちらからのご依頼でも 完全無料でお見積りをお受けいたしますので、アルミパイプの曲げ加工でお困りの際は、ぜひにご相談ください!.

次の

ベンダー加工機 鉄・ステンレス・アルミ等の曲げ加工|かねよし

アルミ 曲げ 加工

その他関連するコストダウン事例• 【Before】 単純な形状のワークほど、本当に必要な面粗度を図面に記載することがコストダウンに繋がります。 図面においてこのような指示がされていると機械加工で仕上げる以外に方法がなくなるので、コストダウンを行うにも限界が生じます。 【Before】 製品同士を組みつけたりする場合にボルトとナットを用いる場合があり、精密板金においてはナット自体を上記のようにステンレスの板などに溶接することがあります。 ナットを溶接すると強度を向上させることができますが、溶接による手間が掛かる上、部品管理コストも必要となり、ナット溶接を採用するにあたっては本当に必要かを十分吟味しなければなりません。 【Before】 別部品との組みつけの兼ね合いで、ある程度のクリアランスを設けてネジ止めしなければならない精密板金製品を製作する場合は、上記のような上部にタップを設けたボスを製作し、溶接するケースがあります。 このような形状であれば非常に堅牢に製作することができますが、部品の製作にあたって切削加工が必要な上に溶接の手間がかかるので、コストが高くなってしまいます。 【Before】 曲げ加工を行なうプレスブレーキの金型は、一般的には直線の曲げ加工(直角曲げ)しか行えません。 そのため、加工品にリブ出しが必要な場合は、一度プレスブレーキで曲げ加工を行なった後、追加工を行なう必要があります。 曲げ加工とリブ出しが2 回に分かれてしまうと、段取り替えなどの工数が増加し、最終的にはコストアップに繋がってしまいます。 【Before】 精密板金において、ステンレスやアルミなどの板を曲げる際(曲げ加工)には、板厚によって曲げの限界寸法が存在し、板厚が厚くなればなるほど曲げR を大きく取らないと曲げられなかったり割れが生じてしまいます。 例えば、上記のような寸法で設計を行うと、通常の曲げ加工を行なうことができず、特型や溶接などコストの高い工法を採用しなければならなくなります。 【Before】 プレスブレーキなどの曲げ加工を行なう際には、曲げの近くにある穴が曲げ加工によって変形しないかを十分注意して設計することが必要です。 上記の写真はもともと穴が空いている板に曲げ加工を行なったものですが、曲げによって穴が変形してしまいました。 【Before】 製缶板金や精密板金、あるいは機器の組立品において市場に流通している規格品を採用することが基本的にコストダウンに繋がります。 しかし標準品に対して追加工を行う必要がある場合にはコストが上昇してしまう場合があります。 例えば上記のようなアングル材を購入し、キリ穴加工を行なった場合には、手間がかかるのでほとんどケースでコストアップしてしまいます。 【Before】 加工によるコストを抑えるためには、より同一の工具で加工できるように設計を行い、段取り替えを少なくするように設計することが望まれます。 上記の図面では、M5 のタップが3 つ、M4 のタップが1 つとなっています。 この場合、タップ径が異なるので、その都度工具を変更する、あるいは別のボール盤を使用するなどの段取り替えが必要となり、コストアップの原因となります。 【Before】 位置決め用の穴がWD形状で指定されている場合、サイズの合う金型を保有している板金工場はほとんどといっていいほどありません。 公差によっては、レーザーやワイヤーを使って加工しなければならず、コストアップの要因となってしまいます。 【Before】 アルミは、鉄やステンレスなどと違い、曲げによる割れが発生しやすい製品です。 この傾向は板厚が厚くなればなるほど顕著になり、アルミの中でも割れが発生しやすい材質があるなど、様々なケースがあります。 もしアルミを使用した精密板金を設計する際に、曲げ加工を行う分の内角を、鉄やステンレスのように90度や鋭角で設計をしてしまうと、そもそも精密板金の製品として成り立たなくなってしまいます。

次の