シティーズ スカイライン dlc。 5周年の高評価都市構築シム『シティーズ:スカイライン』水産業や新たな輸送網、マップ追加の新DLC「Sunset Harbor」発表トレイラー公開

Steam版『シティーズ:スカイライン』有料DLC「PARK LIFE」期間限定無料配布中ー4月26日まで(Game Spark)

シティーズ スカイライン dlc

【Cities:skylines 攻略ブログ】 DLC Mass Transit Cities:skylinesは交通網を整備しながら都市を発展させていく都市開発シミュレーションゲームです。 Mass Transitをインストールすると街に新し交通網を追加できます。 フェリーやモノレールなど実用的な乗り物からロープウェイ・飛行船など街に彩りを添える乗り物が揃っています。 またシナリオも追加され、課題をクリアしながら新しい乗り物や施設を試すことができます。 シナリオ フェリーエンパイア レイクシティは小さな町ですが、巨大なフェリー網を創り上げるには最適な地勢です。 水上交通中心の効果的な交通網を構築し、あなたの手腕を見せつけましょう。 フィックス・ザ・トラフィック 交通の最適化は非常にやりがいのある仕事になります。 前任のアップルタウン市長は効果的な交通網の設計についての見識を持っていませんでした。 交通の英雄となってこの町を救いましょう! トレインズ この大平原は列車が集まる大都市に憧れています。 このシナリオは鉄道路線の開拓と乗客の輸送に主眼を置いています。 すべての特化工業区画を建設し、貨物鉄道や駅で接続するとボーナスがもらえます。 まっさらなタイルから始まります。 道路の詳細設定 道路の名前を選択して操作アイコンをクリックすると詳細画面が表示されます。 経路の確認 経路タブを選択すると経路の確認が行えます。 表示させる交通機関はチェックボックスを入れることで、歩行者・サイクリスト・自家用車・公共交通・トラック・都市サービスの中から選択できます。 信号の有無の設置 交差点タブをクリックするとの信号機の有無と一時停止の設定が行えます。 しっかり車と歩行者が止まるので、場合によっては交通が円滑に行われるようになります。

次の

シティーズスカイラインってどんなゲーム?魅力を解説します

シティーズ スカイライン dlc

大学のレベルを上げる 大学のレベルを上げるためには学生数と学術成果が必要となります。 学生数は小学校・高校を多く建築して大学まで通う人口を増やさなければなりません。 学術成果は大学に研究費を助成することで学術成果を上げる確率を上げることができます。 最終的に人口が19万から16万の間を推移しながら、3種類の大学で学生数が2000人を超え大学卒業者数は82%ほどとなりました。 学歴が高くなると産業への就職者が心配になりますが、人口が多くいれば学歴関係なく農業や林業にも大学卒業者が就職をしてくれます。 大学の建物をクリックすることで選択できるキャンパスエリアの情報ボタンから学術成果やスポーツへの助成金を設定することができます。 助成金は学術成果の発生率や大学スポーツの勝利の確率に影響を与えます。 学生を増やす 学生を増やすためには小学校や高校またはCampus DLCで新しく登場した国立図書館などを建築することも重要ですが、条例で教育強化を設定することが一番効果的でした。 人口を16万まで増やしても一つの大学に1000人前後しか学生が集まらなかったところが、条例を設定した途端に2000人以上の学生が集まるようになりました。 条例の公共サービスから教育強化を設定することができます。 この機能に気づく前に人口を無理やり増やすため、職場を壊して住宅地に変える作業を行っていた為か、若者が就職しなくなることの問題にぶつかることはありませんでした。 教育強化は大学を多く作った時に学生を増やすために有効な条例です。 Park LifeのDLCと違い学生数確保は累計ではなく年次ごとなのが難しいところです。 新しく住居を建築してもすぐには大学に通ってはくれず、引っ越してきた家族の子供が成長することを待つなど人口増加と学生数の増加が一致しないこともあるので、学生数が増えるのは気長に待たなければなりません。 大学を作るメリット 大学の施設を作ることで周辺住民の幸福度が上がり、人口が増加します。 また歩行者が増え公共交通機関の利用を促すことができれば多くの利益を上げることができます。 大学がレベルアップすることで大学スポーツの施設を建設することができ、試合ごとに多くの観客を都市に招きいれることができます。 大学はかなり広範囲に設定してあります。 大学の敷地内にはモノレールが走っていて、学生たちはモノレールを使用して大学の施設へ移動します。 街と大学が一体となっているため学生の他にも一般に利用者も多くモノレールの周りはいつも人で賑わっています。 大学スポーツは水泳・陸上・バスケ・アメフト・野球などスタジアムを建設することができます。 試合前や試合後は周辺の道路は人であふれかります。 しっかりと交通機関を用意しておかないと交通渋滞が発生して都市機能がマヒしてしまうので注意が必要です。 大学のレベルが上がるとスタジアムにはスポンサーを付けることができるようになります。 スポンサーと付けることでスタジアムの周りに企業のネオンを点灯させることができるようになります。 大学を最高レベルまで高めると学術成果を集めた博物館を建設することができます。 観光名所となり観光客を招きいれることができますが、スタジアムほど迫力がないのが少し残念です。 3種類の博物館を一か所にまとめのが良くなかったかもしれません。 土地に余裕がなくこれらの建築を行うために、埋め立てを行うほどだったので検証をする気力はもうありません。

次の

【Cities:skylines 攻略ブログ】 DLC Mass Transit(マストランジット)活用方法

シティーズ スカイライン dlc

PC版は基本的に英語であり、公式の日本語版はありませんが、有志のプレイヤーによりゲーム内の言語を日本語化できるファイルが作成されています。 道路を自由に引いて、区画を設定します。 最初は「住宅区画」「商業区画」「産業区画」を設定し、電力・水道の設置します。 そうすると次々と一軒家・お店・工場が生えてきます。 (ホントに生えてきます) 次第に街が大きくなると、マンションやデパート、オフィスも区画設定できるようになり、街が賑わってきます。 住居やお店だけではなく、公共交通機関や施設を設置し、住民の生活をより快適にすることにより、たくさんの住民が生活するようになります。 住人一人ひとりにしっかり一日の行動が設定されて、大人は仕事に行き、子供は学校に行きます。 プレイできるハードは? プレイできるハードは以下の通りです。 ゲーム速度を通常の1%~300%に変更できる。 住民一人称視点で街を見ることができ、自分が作った街を自分で散策することができる。 通常1つしか建設できない施設を複数建設できる。 橋脚無しで線路を設置できる。 道路の形式や高さを通常はできないくらい細かく調整できる。 ほんの一部ですが、PC版では以上のことができます。 PC版での動作環境は? PC版でプレイするには ある程度のしっかりしたPCの性能が要求されます。 低スペックのPCだとせっかくゲームを購入したものの起動してもカクついてプレイどころではないこともあります。 最低限の動作環境の目安は以下の通りです。 最小動作環境• OS : Ubuntu 14. 04 64-bit Ubuntu 14. 10 64-bit Ubuntu 12. 04 64-bit Ubuntu 14. 04 64-bit• CPU(プロセッサー) : Intel Core 2 Duo, 3. 2GHz• メモリ : 4 GB RAM• PCのスペックに自信のない方はPlayStation4・Nintendo Switch・Xbox Oneでプレイしましょう。 面白いところ シティーズ:スカイラインの魅力はとにかく 街を自由に作ることができる点です。 (自由すぎるがあまり、最初はどうしていいかわからなくなるかもしれませんが) 最初はまっさらな土地で高速道路のみが設置されています。 そこから道路を引き、区画を設定し、電力・上下水道を設置し、学校や交番・消防署を設置していきます。 そうすると段々と街が大きくなり、たくさんの施設を設置できるようになります。 条例を設定し、市民の行動を制限することもできます。 住民が快適に暮らせるかどうかはあなたの手にかかっています。 以下の施設を作ることができます。 風力発電所• 石炭発電所• 石油発電所• 水力発電所• 太陽熱発電所• 原子力発電所• 波力発電所• 地熱発電所• 下水処理施設• 貯水タンク• 取水塔• 地熱暖房プラント• ごみ処理施設• ごみ焼却炉• リサイクルセンター• バスケットボールコート• 植物園• メリーゴーランド• 火葬場• サウナ• 医療研究所• 遺体保存施設• 市民プール• ヨガ公園• 運動ホールとジム• 救急ヘリ発着所• 消防署• 消防本部• 消防ヘリ発着場• 火の見櫓• 警察署• 警察本部• 刑務所• 諜報局• 警察ヘリ発着所• 小学校• コミュニティ・スクール• 芸術学校• 近代技術大学• 公立図書館• バス車庫• バイオ燃料バス車庫• バスステーション• 路面電車車庫• メトロ駅• 鉄道駅• 大型鉄道駅• 大型の終点駅• フェリーの格納庫・乗り場・停泊所• フェリー・バスの乗換所• 国際空港• モノレール駅• 大通り上のモノレール駅• 地下鉄・モノレール・鉄道の乗換駅• モノレール・バスの乗換駅• ロープウェイの駅• ロープウェイの終点駅• 貨物駅• 貨物港• 貨物ハブ• 貨物空港• 貨物空港ハブ• タクシー車庫• タクシー待機所• 郵便局• 郵便集配局• 熱気球ツアー社• 観光バスの車庫 これらすべてをあなたの手で設置できます。 街をつくるにあたって一番の天敵は渋滞です。 人が増えるとどうしても交通量が多くなってしまい、消防車や救急車までもが渋滞に巻き込まれてしまいます。 そこで地下鉄や電車などの公共交通機関を設置して、いかに渋滞を防げるのかを考えなければなりません。 もちろん正解はないし、不正解もありません。 簡単に取り壊すこともできるので試行錯誤ができます。 発売して数年経ちますが、今でも新しいDLCが登場し、新しい施設が次々と設置できるようになっています。 プレイしていたら気付けば深夜ということも珍しくありません。 あっという間に時間が経過してしまう恐ろしいゲームです。 イマイチなところ 渋滞になると街づくりどころじゃない 前述の通り、プレイする中での一番の天敵は渋滞です。 渋滞で街が混雑すると新しい街づくりどころではなくなってしまいます。 住民が大量に亡くなり、一気に過疎化してしまうこともあります。 PC版は街のセーブデータ消滅の可能性が。。 PC版でプレイした場合はデータが破損し、街が消えてしまう場合があります。 急に動作が停止することもあるので、こまめにセーブを心掛けてください。 それでも一切動かなくなることもあるので、そうなってしまった場合諦めて作り直しましょう。。。 地獄のゲームです。

次の