ポケモンシールド 素早さ。 【ポケモン剣盾】略称・専門用語集【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】略称・専門用語集【ポケモンソードシールド】

ポケモンシールド 素早さ

ドリュウズについて 高い攻撃力によって優秀なアタッカーになりつつ、「ステルスロック」で味方のサポートもできる器用なポケモンです。 非常に強力な特性である「 かたやぶり」をもっていることで、「ヒートロトム」に「じしん」をあてたり、ミミッキュの「ばけのかわ」を無視して攻撃することができるため、適当にパーティに入れておいても腐ることはなく採用率は高めになっています。 耐久は高くないため一撃で倒しやすいポケモンであるが、今作のダイマックスによってその弱点を補うこともできるため、常にダイマックスされることを視野に入れておきたいポケモンです。 性格は「いじっぱり」「ようき」の2択が考えられますが、 ほとんどが「ようき」で採用されています。 持ち物にはいくつか候補が存在しますが、技構成は 基本的に決まった技を持っていることが多いです。 そのため動き方に大差はなく、知ってさえいれば比較的に対策しやすいポケモンかと思われます。 技構成 採用されている技は基本的に下記の技であり、ドリュウズと対面した際はこの技構成だと考えて立ち回っていいものだと思われます。 基本的な技構成 その他候補となる技 じしん(確定枠) アイアンヘッド(確定枠) がんせきふうじ or いわなだれ ステルスロック or つるぎのまい or つのドリル かわらわり ロックブラスト じわれ 持ち物 持ち物は特性や仮想敵としているポケモンによって異なりますが、 特性が分かればある程度持ち物の選択肢を絞ることができます。 持ち物の候補 いのちのたま 「すなかき」での採用が多い こだわりスカーフ 「かたやぶり」で採用 きあいのタスキ 「すなかき」「かたやぶり」のどちらでも可能性あり じゃくてんほけん 「すなかき」での採用が多い 特性 特性は基本的に「すなかき」「かたやぶり」のどちらかが採用されており、 「かたやぶり」であることが多いです。 特性が「かたやぶり」であれば ドリュウズが場に出てきたときに表示されるので見逃さないように注意しましょう。 逆に表示されなければ「すなかき」であると考えて立ち回りましょう。 また、「バンギラス」や「カバルドン」と組んでいれば「すなかき」、「ヒートロトム」や「ミミッキュ」が重そうなパーティであれば「かたやぶり」であるなど 選出段階でもある程度の判断はすることができます。 ドリュウズ対策 基本的な対策 ・物理耐久ポケモンでうけよう ドリュウズの覚えている技は予測しやすいため、相手のポケモンへの有利不利がはっきりしています。 そのため、タイプ相性を考慮して物理耐久ポケモンで受けきることができます。 ただし、タイプ一致技である「じめん」「はがね」技をばつぐんで受けるポケモンは避けたほうがいいでしょう。 また、一撃技である「つのドリル」「じわれ」や積み技である「つるぎのまい」には注意が必要です。 ようき ASドリュウズ アーマーガア(HB252) いわなだれ 15. 1~18. 0% 確定7発 ダイロック 26. 3~31. 2~35. 1~61. 4% 確定2発 サニーゴ(HB252輝石) じしん 25. 1~30. 5% 確定4発 ダイアース 32. 9~39. 2~59. 2~77. 8% 確定2発 ナットレイ(HB252) じしん 28. 7~34. 8% 確定4発 ダイアース 38. 1~45. 0~68. 1~89. 5% 確定2発 ・ひこうタイプで相手をしよう ドリュウズのメインウェポンである「じしん」を受けないためには、ひこうタイプか特性「ふゆう」を持っているポケモンが考えられますが、「ふゆう」は「かたやぶり」の可能性を考えると安定しません。 そのため、ひこうタイプのポケモンで相手をすることで確実に「じしん」を受けないだけでなく、パーティへの 「じしん」の一貫もなくすことができ、少しでも有利に立ち回ることができます。 ただしドリュウズは基本的にいわ技を持っており、タイプ不一致の技とはいえ、ばつぐんをとられるため注意が必要です。 ・天候を変えよう(特性が「すなかき」の場合) 特性が「すなかき」のドリュウズはフィールドが砂嵐のときに 素早さが倍になるため、素早さを抜くことは難しく非常に強力です。 しかし、天候を砂嵐から変えることで状況を逆転されやすいという弱点を持っています 例 最速ダイマドラパルト(素早さ種族値142)と最速ダイマドリュウズ(素早さ種族値88)が対面しており、フィールが砂嵐だとします。 しかし上記の例の場合、ドリュウズの2回目の攻撃の前にドラパルトが2回攻撃をすることができます。 このように天候を変えた場合ダイマックスドリュウズを突破しやすくなります。 また、「すなかき」ドリュウズとの対面ではこのような状況が起こりやすいため、 天候を変えるのは非常に有効な対処法であると言えるでしょう。

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

ポケモンシールド 素早さ

いわ 特性 直接攻撃の威力が1. 3倍になる。 ルガルガンの種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 75 115 65 55 65 112 487 ルガルガンのタイプ相性 4倍 なし 2倍 0. 5倍 0. 25倍 なし 無効 なし ルガルガンの解説 高い素早さと攻撃を持ち、特性「かたいつめ」によって接触技の威力も上昇させられるアタッカーとしての素質が高いポケモンです。 きあいのタスキ型の運用方法 初手に起用する事で対面ポケモンの削りや素早さダウン、「ステルスロック」を使用してこちらの展開を有利に運びます。 主にれんげきウーラオスなどが持つ連続技を使用されると強みが活きづらいので注意が必要です。 きあいのタスキ型の与ダメージ 使用技 防御側 計算結果 無振りドラパルト 36. そのまま全抜きも可能。 「ダイジェット」「ダイナックル」など削れた相手を起点にして積める技が豊富で最大火力も高い。

次の

【ソードシールド】努力値の振り方とリセット方法|おすすめの稼ぎ場所【ポケモン剣盾】

ポケモンシールド 素早さ

ダイマックスすると「エアスラッシュ」は「ダイジェット」に変わり素早さが上昇するようになるため、先手を取りやすくなり一匹で多くのポケモンを倒すことができるようになります。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 必中の格闘技。 鋼や岩タイプに使用する技として。 「てんのめぐみ」ではないため「エアスラッシュ」の怯み効果の発動確率が減ってしまいますが、その分ダイマックス時の瞬間火力を上げることができるため、急所を考慮せずに耐久調整を行っているポケモンを返り討ちにすることができます。 技の命中率が低いことに不安がある場合。 ダイマックスした相手はひるまないため、前作のときほどの活躍はできなくなりましたが、戦術としては未だ脅威的なものとなっています。 ナットレイなどの対策になる。 自身と異なるタイプの技の選択肢、威力重視。 ナットレイなどの対策になる。 技の威力が上がるため、アタッカーとしての能力も上昇する。 トゲキッスの役割と立ち回り てんのめぐみで相手の行動を阻害する 「トゲキッス」は、技の追加効果の発生確率を2倍にする特性である「てんのめぐみ」を持っています。 それによって相手の行動を大きく阻害できるその能力は脅威的で、過去作でも幾度も見られてきた、トゲキッスが得意としている戦法となっています。 高耐久でじゃくてんほけんと好相性 「トゲキッス」はHPは低いものの防御と特防が高いため、ダイマックスでHPを2倍にすると、弱点の技でも耐えることができます。 そのため「じゃくてんほけん」との相性が良く、元々の特攻の高さと相まって強力な攻撃を放つ事ができるようになります。 トゲキッスと相性の良いポケモン トゲキッスと相性補完のよいポケモン 「トゲキッス」と相性補完のよい、地面タイプのポケモンがおすすめです。 地面タイプのポケモンは物理アタッカーが多く、特殊アタッカーのトゲキッスと役割を分担できます。 また「水・地面」「水・電気」の複合タイプを持つポケモンは、鋼タイプを半減以下で受けることができます。 こちらは、トゲキッスの苦手な「ヒートロトム」にも有効なので、自分のパーティーに合わせて編成しましょう。 ポケモン 説明 ・特性「かたやぶり」で「ふゆう」の敵にも地面技を当てれる ・「つのドリル」で苦手な相手を強引に突破できる ・特性「ちからもち」により、物理攻撃が強力 ・技範囲が広いので、相手の弱点をつきやすい ・弱点が草のみであり、トゲキッスと相性補完がよい ・平均以上の耐久性能を持っている ・特殊アタッカーとしても優秀 トゲキッスをサポートできるポケモン 「あくび」や「リフレクター」などによる起点作りで、「トゲキッス」をサポートできるポケモンと相性が良いです。 起点を作ることで、「ダイジェット」による素早さ上昇や、「わるだくみ」による特攻上昇を狙いやすくなります。 例えば、「あくび」を使用すると、相手はポケモンの交代を迫られます。 これにより、トゲキッスより素早さの高いポケモンの確認や、トゲキッスが起点にできるポケモンへ対面操作が可能です。 ポケモン 説明 ・「あくび」や「ステルスロック」で、トゲキッスをサポートできる ・物理耐久が高い ・「あくび」で起点を作れる ・特殊耐久が高い ・弱点の格闘タイプには、トゲキッスで対処できる ・「おにび」で相手物理アタッカーの機能停止を狙える ・素早さが高いため、「リフレクター」や「ひかりのかべ」などを、先制で使いやすい トゲキッスの対策 タイプ相性で有利なポケモンを使う 「トゲキッス」と戦う場合、トゲキッスが使う技の多くを半減で受けることができるポケモンを使いつつ、弱点の技で攻撃していきましょう。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。

次の