とっとと くたばれ 糞 野郎。 「胡蝶しのぶ『とっととくたばれ糞野郎』がハム太郎のリズムで再生できる」ツイートに公式サイト運営「鬼滅のハム太郎 なのだ。」

#鬼滅の刃 #童しの とっととくたばれ糞野郎

とっとと くたばれ 糞 野郎

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】伊之助の母親を殺したのは童磨 童磨は 伊之助のことをみおぼえがあるといいますが、伊之助は会ったことがないと言います。 記憶を見てみようと、頭に自分の指を突き刺して記憶を探る童磨。 15年前、赤ん坊を抱えた17,8の女の子が旦那の暴力に耐えかねて極楽教に保護を求めてやってきました。 その女の子と伊之助が同じ顔だったことから、 彼女が伊之助の母だと童磨は話します。 でも自分を育てたのはイノシシであり、母親はいないと言って童磨に伊之助は斬りかかります。 しかし逆に斬られてしまう伊之助。 童磨は伊之助の母を喰らうつもりはなかったと言い、彼女はいつも「ゆびきりげんまん」の歌を歌っていたと告げます。 「ゆびきりげんまん」の歌をきっかけに伊之助は母の記憶が蘇ります。 伊之助の母は、感覚が鋭かったので童磨が信者を喰らっていることに気がつき、寺院を飛び出します。 森の中を走りますが、道に迷ってします崖の上に出てしまいます。 童磨に追いかけられ、 伊之助だけでも助けようと、崖の上から伊之助を落とします。 しかし 伊之助の母は童磨に殺されてしまいました。 堕ちた場所が水中だったため伊之助は助かりました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】一人で奮闘するカナヲの思惑とは? 童磨は生まれつきとても知能が高かったのですが、 感情というものが欠落していました。 カナヲにも 童磨と同じように何も感じない時期がありました。 生きると言うこと自体が苦しかった貧困時代です。 カナヲは苦しみから自分を守るため、意識的なのか無意識なのかわかりませんが、完全に心を閉ざしていました。 誰よりも童磨の本質を察知できたため「 貴方、何のために生まれてきたの?」という質問もしています。 童磨にとって生きると言うのは意味など持たないため、カナヲの問いかけにはこたえることができません。 童磨の体がどろどろと溶け始めてきます。 しのぶは1年をかけて藤の花の毒を飲み続けることで、自分の体を毒のかたまりにして、あえて自ら喰らわれることで大量の毒を守ると言うわなを仕掛けていたのです。 そのことをカナヲは知っていたため、時間稼ぎをしていたのです。 スポンサーリンク まとめ 生まれたところの環境が悪かったのか、それとも特異な容姿と高い知性が仇になってしまったのか、 童磨は感情がありませんでした。 親が亡くなっても部屋を汚すなとしか思わなかったくらいです。 20歳の時に無惨によって鬼化されてからはさらに拍車がかかったようです。 しかし、両親と姉の命を奪われたしのぶと闘い、そのしのぶを吸収します。 そこにカナヲが現れて、童磨と闘うことになります。 伊之助とも対峙し、伊之助のいのししの被り物を取るととその顔に見覚えがあると言います。 伊之助の母のことは殺すつもりはなかったようなのですが、人喰いの現場を見られてしまったからです。 追い詰められた母は伊之助を川に投げ落とし伊之助だけは助かってと祈り、殺されてしまいます。 伊之助はしのぶと母の仇と思い戦おうとしますが、童磨はその場を立ち去ろうとします。 しのぶが命懸けで仕込んだ毒の罠がきいてきたのです。 カナヲはあらかじめ聞かされていたため、今まで時間稼ぎをしていたのです。 そして 伊之助と協力して童磨の頸を斬り落とします。 自分がもう死ぬのだと思い、死を受け入れる童磨のところに殺したはずのしのぶが現れます。 しのぶの想いを聞いているうちに、生まれて初めての感情が芽生えます。 童磨はしのぶに恋心を抱いたのです。 しのぶのことを口説きますが「 とっととくたばれくそ野郎」と返されてしまいました。 しかし自分の命にも執着心のなかったような童磨が 最後に人間らしい感情が抱けたのはそれはそれで幸せという気持ちを味わったのではないかと思います。

次の

【コスプレ】茜さやさんの鬼滅の刃/胡蝶しのぶコスプレ画像まとめ!とっとと見やがれ!

とっとと くたばれ 糞 野郎

JUGEMテーマ: JUGEMテーマ: こんな夢をみた。 泣き崩れる男性。 謝罪の言葉も、もう聞き取れない。 何年か前にテレビで見た時も、小柄だったが、 さらに、小さくなった感じ。 あの時は、なんか瞬きしない人だなって思ったんだな。 魂売っちゃうと、あんな目になるのかな。 今回の法廷。 この場が与えられて、よかったね。 定年したあと、天下りせずに、そのまま退職したんだよね、確か。 そこに、私たちと同じ常識を感じたんだけど。 今回の、この場が与えられてよかったね。 間違えることは、誰にでもあるよ。 その場では、それしかないって思うんだ。 でも、一歩その場を離れたなら、気がつくこともあるんじゃない? あなたが、一生懸命に守ったものは、なんでしたか? あなたが、これから守りたいものは、なんですか? あなたが、奪ってしまったかもしれない命が、 あなたに、この機会を与えてくれるんだから、人間って、やっぱ、すごいよね。 さあ、ひとしきり泣いたら、あなたには、まだ、できることがあるはず。 本当のことを、話してください。 もう、この悪夢を終わらせましょうよ。 私たちは、もう、たぶん、本当のことを知っている。 でも、法廷の場で、証言できるのは、あなただけなんだよ。 この機会が、与えられて、本当によかったね。 そして、この機会をつくってくれた方の、強さに、あらためて敬意を!! そんな夢をみた。 それにしても、しぶといよね。 「とっととくたばれ、糞野郎。

次の

#鬼滅の刃 #童しの とっととくたばれ糞野郎

とっとと くたばれ 糞 野郎

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】伊之助の母親を殺したのは童磨 童磨は 伊之助のことをみおぼえがあるといいますが、伊之助は会ったことがないと言います。 記憶を見てみようと、頭に自分の指を突き刺して記憶を探る童磨。 15年前、赤ん坊を抱えた17,8の女の子が旦那の暴力に耐えかねて極楽教に保護を求めてやってきました。 その女の子と伊之助が同じ顔だったことから、 彼女が伊之助の母だと童磨は話します。 でも自分を育てたのはイノシシであり、母親はいないと言って童磨に伊之助は斬りかかります。 しかし逆に斬られてしまう伊之助。 童磨は伊之助の母を喰らうつもりはなかったと言い、彼女はいつも「ゆびきりげんまん」の歌を歌っていたと告げます。 「ゆびきりげんまん」の歌をきっかけに伊之助は母の記憶が蘇ります。 伊之助の母は、感覚が鋭かったので童磨が信者を喰らっていることに気がつき、寺院を飛び出します。 森の中を走りますが、道に迷ってします崖の上に出てしまいます。 童磨に追いかけられ、 伊之助だけでも助けようと、崖の上から伊之助を落とします。 しかし 伊之助の母は童磨に殺されてしまいました。 堕ちた場所が水中だったため伊之助は助かりました。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】一人で奮闘するカナヲの思惑とは? 童磨は生まれつきとても知能が高かったのですが、 感情というものが欠落していました。 カナヲにも 童磨と同じように何も感じない時期がありました。 生きると言うこと自体が苦しかった貧困時代です。 カナヲは苦しみから自分を守るため、意識的なのか無意識なのかわかりませんが、完全に心を閉ざしていました。 誰よりも童磨の本質を察知できたため「 貴方、何のために生まれてきたの?」という質問もしています。 童磨にとって生きると言うのは意味など持たないため、カナヲの問いかけにはこたえることができません。 童磨の体がどろどろと溶け始めてきます。 しのぶは1年をかけて藤の花の毒を飲み続けることで、自分の体を毒のかたまりにして、あえて自ら喰らわれることで大量の毒を守ると言うわなを仕掛けていたのです。 そのことをカナヲは知っていたため、時間稼ぎをしていたのです。 スポンサーリンク まとめ 生まれたところの環境が悪かったのか、それとも特異な容姿と高い知性が仇になってしまったのか、 童磨は感情がありませんでした。 親が亡くなっても部屋を汚すなとしか思わなかったくらいです。 20歳の時に無惨によって鬼化されてからはさらに拍車がかかったようです。 しかし、両親と姉の命を奪われたしのぶと闘い、そのしのぶを吸収します。 そこにカナヲが現れて、童磨と闘うことになります。 伊之助とも対峙し、伊之助のいのししの被り物を取るととその顔に見覚えがあると言います。 伊之助の母のことは殺すつもりはなかったようなのですが、人喰いの現場を見られてしまったからです。 追い詰められた母は伊之助を川に投げ落とし伊之助だけは助かってと祈り、殺されてしまいます。 伊之助はしのぶと母の仇と思い戦おうとしますが、童磨はその場を立ち去ろうとします。 しのぶが命懸けで仕込んだ毒の罠がきいてきたのです。 カナヲはあらかじめ聞かされていたため、今まで時間稼ぎをしていたのです。 そして 伊之助と協力して童磨の頸を斬り落とします。 自分がもう死ぬのだと思い、死を受け入れる童磨のところに殺したはずのしのぶが現れます。 しのぶの想いを聞いているうちに、生まれて初めての感情が芽生えます。 童磨はしのぶに恋心を抱いたのです。 しのぶのことを口説きますが「 とっととくたばれくそ野郎」と返されてしまいました。 しかし自分の命にも執着心のなかったような童磨が 最後に人間らしい感情が抱けたのはそれはそれで幸せという気持ちを味わったのではないかと思います。

次の