ひととき 掲示板。 ひととき融資の募集は危険!本当に困っていたらもっといい方法もあります|月100万円稼ぐパパ活女子をプロデュース

パパ募集「パパ活」掲示板

ひととき 掲示板

インターネット掲示板で知り合った女性に対し、性行為を条件に金を貸していた大阪府下の公務員の男が大阪府警に逮捕された。 「ひととき融資」と呼ばれる手口だが、容疑はヤミ金だった。 【「ひととき融資」とは】 本来、個人が個人との間で金を貸し借りするのは自由だ。 友人や知人に金を貸したり、逆に借りた経験がある人も多いだろう。 インターネット上にも、見知らぬ他人同士での個人間融資をうたった掲示板が多数存在するし、SNSを介した融資も現に行われている。 貸主と借主が希望金額や条件などを書き込み、連絡を交わし、貸し借りを行うというものだ。 ただ、今どきカードローンやキャッシングなど、金を借りる手段はいくらでもある。 それでも個人間融資が横行しているのは、すでに正規の貸金業者から多額の借金を抱えているとか、ブラックリスト入りしていて審査に通らないといった借主のニーズがあるからだ。 一方、貸主からすると、そうした人物に金を貸しても、返済されないまま逃げられるおそれが高い。 何らかの「うまみ」がない限り貸すはずがないわけで、その一つが性行為を条件にするという「ひととき融資」だ。 「ひととき」とは、「性行為の相手として『ひととき』の時間をすごす」という趣旨や、「人(ひと)」「-(と)」「木(き)」を組み合わせた「体」と引き換えに金を貸すという意味合いから、ネット上の個人間融資で使われている隠語だ。 出会い系などの援助交際を利用し、1回ごとに金を支払って性行為に及ぶよりも、借主との合意に基づいて回数を重ねるほうが、結果的に安上がりになるばかりか、利息も稼げるというわけだ。 狙われるのは主として若い女性であり、貸主の男がメールなどで借主の顔写真を送信させるなどし、直接会ったうえで、性行為に応じれば金利など返済条件をゆるくしたり、返済日を先延ばしにするが、応じなければ金利も高くなるといった条件を提示する。 借主も、何とかすぐにまとまった金を借りなければ生活できないといった窮状にあり、切羽詰まっている。 借主の男が同じ地域に住んでいるとか、勤め先もしっかりしていそうだとか、親身になって相談に乗ってくれたとか、返済しさえすれば関係も終わるといった安易な気持ちから、貸主の求めに応じることになる。 だったら初めから風俗店で働いたり、援助交際に走ったほうが気楽でいいのではないかと思うかも知れない。 しかし、借主の女性の多くが「自分は風俗嬢や売春婦とは違う。 あくまで金を借りるだけだ」といったプライドをもっているので、話はそう簡単ではない。 【性犯罪としての捜査は困難】 問題は、そうした「ひととき融資」には性犯罪捜査のメスを入れにくいという点だ。 というのも、借主が未成年であれば児童買春罪や淫行条例違反などで検挙できるが、成人女性だとこれらには当たらないし、暴行や脅迫がなく、抗拒不能の状態にもなく、条件を理解し、納得のうえで貸主と性行為に及んだ場合、刑法の強制性交等罪や強制わいせつ罪、強要罪なども適用できないからだ。 「ひととき融資」の実態は売春行為とみることもできるが、でも処罰できない。 確かに、売春防止法は「『売春』とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう」と規定したうえで、買売春を禁じている。 貸金の交付や利息の免除なども「対償」に含まれる。 しかし、「不特定の相手方と性交すること」が要件なので、相手が貸主と借主だけに限られていたり、性行為の中でも手淫や口淫などにとどまる場合は対象外だ。 そればかりか、売春防止法には買売春そのものに対する罰則規定が存在しない。 たとえ広く性交に及んでいたとしても、借主はもちろん、貸主も処罰できない。 罰則によって規制されているのは、客引きやあっせん、場所の提供、売春婦の管理など、買売春を助長したり、そこから利益を得るような行為だけだからだ。 この点、売春防止法には、次のような者を処罰する規定がある。 ・営利の目的で、淫行の常習のない女子を勧誘して姦淫させた者 (最高刑は懲役3年) そこで、これらの規定を使うことも考えられるが、やはり特定の相手方であったり、性交に至っていなければ対象外だ。 しかも、もしこれらで立件するとなれば、借主の女性の協力や性行為場面に関する詳細な事情聴取が不可欠となる。 裁判になれば、法廷で証言してもらうといった事態もあり得る。 借金を抱えていることすらも人に知られたくないような女性がほとんどだから、情報提供までは得られても、積極的な協力は望めない。 【「ヤミ金規制」に着目】 とはいえ、警察が「ひととき融資」を放置しているかというと、必ずしもそうではない。 貸主に勤務先や住所などを知られ、性行為の場面を撮影されるなどし、ストーカー被害を受けたり、家族や会社などにバラすと脅され、借金を完済してもなお性行為を求められ続けるといった事件も発生しているからだ。 もちろん、そこまでいけば刑法の強制性交等罪などで処罰できることになるが、エスカレートする前に早めに規制の網をかけておいたほうが望ましい。 そのために使われている法律が、やだ。 まず、貸金業法は、ある都道府県内で金銭の貸付けを「業として」行う場合には、その都道府県の知事あてに申請し、登録を受けなければならないと規定している。 「業として」とは、反復継続し、社会通念上、事業の遂行とみることができる程度のものを指す。 個人間融資でも、繰り返していくうちに借主が不特定多数にわたることになる。 とりわけ「ひととき融資」の場合、成功体験によって貸主も味をしめるから、次々と借主を変え、貸付を繰り返すことになる。 まさしく貸金業法が規制している貸金業にほかならない。 もし 無登録のままで貸金業を営んだら、最高で懲役10年、罰金でも3千万円と重い刑罰が用意されている。 安心して利用できる貸金市場を構築するとともに、多重債務者問題を解決するためだ。 また、出資法の高金利規制も、次のように厳しい。 5%(1日0. そのうえで、そうしたヤミ金として 1 の高金利や 2 の超高金利を得ていれば、貸金業法違反と出資法違反のダブルパンチが待っているというわけだ。 【今回の事件は…】 今回の事件も、警察は2017年12月から貸主の男に対する内偵捜査を進めており、まずは第一弾として、2019年5月15日に貸金業法違反(無登録営業)で逮捕した。 そのうえで、男がこれで起訴されたことを受け、第二弾として、6月5日に出資法違反(先ほどの 2 の超高金利違反)で再逮捕したというわけだ。 報道によれば、次のような事案だ。 「逮捕容疑は、16年8月23日から2月28日までの間、1人の女性に1日当たり0. 55%、もう1人の女性に2. 32%と、法定利息の0. 3%を超える高金利で2人合わせて26万円を貸し付け、80万9400円の利息を受領した疑い」 「17年6月11日から18年9月20日にかけて、1人の女性に5万円と6万円、もう1人の女性に17万円、別の女性に5万円を手渡しで貸した。 その際、毎月、性行為に応じるよう口答で約束させ、対面した際に女性が性行為を断れば、1回につき5000円の利息を徴収していた」 「捜査の段階で差し押さえた16人の女性に対する金銭借用書には、利息のほか『完済までに少なくとも1月数回、指定の場所で対面』との記載があった。 対面した際、何をするかは明記せず、口答で性行為を求めていた」 「『知事の登録は受けていない。 貸し付けた後、女性と性行為をしました』などと容疑を認めている」 出典: 【トラブルの温床】 こうした「ひととき融資」は、ネットを介した個人間融資におけるリスクの典型例だ。 貸主が善意であることのほうが少なく、むしろ法を無視する暴利のヤミ金であるという点も同様だ。 ほかにも、次のとおりトラブルの温床となっている。 a 個人情報を悪用される 本人確認のために必要だと言われ、貸主に対して運転免許証の写真などを送信したり、氏名や住所、勤務先などを伝えると、資金繰りに窮している人物だということで、別のヤミ金などにその個人情報が転売される。 b 保証金や手数料、利息前払いの名目で金をだまし取られる 貸主から「きちんと返済できるか身元確認のために保証金が必要だ」などと言われ、貸主が指定する預金口座あてに先に少額の振り込みをするものの、融資金の送金がないまま逃げられ、連絡がつかなくなる。 c 借主が預貯金口座の譲渡罪で検挙される 貸主から「使っていない預金口座のキャッシュカードと暗証番号を送ってくれたら、借金は帳消しにする」などと言われ、これに応じたあと、「振り込め詐欺」など特殊詐欺用の預金口座として使われて警察の捜査を受け、犯罪収益移転防止法の預貯金口座譲渡罪で立件、処罰される。 「ひととき融資」などのネットを介した個人間融資は何かとトラブルがつきものであり、手を出さないほうが身のためだ。 被害も拡大しつつあるから、今後は警察も貸金業法や出資法による立件に本腰を入れることだろう。 もし「ひととき融資」の借主として困っていれば、一刻も早く警察や弁護士に相談すべきだ。 性行為を条件とする不法な原因に基づく貸付であり、民法で無効とされるうえ、返済義務もないとされるからだ。 (了) (参考) 拙稿「」 拙稿「」 ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の

【体験談】ひととき融資で体を売る危険とは?あなたを救う2つの方法を紹介

ひととき 掲示板

逮捕されたのは、さいたま市の無職、山根優奈(26)容疑者です。 全裸画像晒された上に逮捕かよ。 何人か騙せたから調子に乗ったのかな。 まさか逮捕されるとは思ってなかった、って感じかな。 知らんけど。 イケメンではないが、振込融資で顔は見せてないから関係ない。 何度も会うと情が移るというかハードルが下がるというか。 面倒だけど対面で貸すようにしますわ。 今はパートをはじめることが出来てますが、借金の返済で当面の生活費がなく、毎日死にたい思いです。 一括返済は出来ませんが、毎月の返済はきちんとしたいと思っております。 どなたか助けて下さい。 本当に苦しいので、冷やかしはご遠慮下さい。 時が経るのってはやいな。 yahoo. あんたはダメなんだろうけど。 いつくるのか。 車でだれか10万円貸してくれないかな。 多いのはだめってわかってるからね。 「乗ったまま融資」と思った。 のんちゃんが大阪なら来るまで乗ったまま融資できたんだけど残念。 yahoo. 取り立ての妙案を期待します。 具体的な策は大歓迎です。 大勢の人がお金を騙されてます。 首謀者の野村一揮は過去にも似たような詐欺事件を起こしていた事も発覚してます。 欲しい人あげるから捨てアド晒して。 ryasaya654 svk. ramiko mbox. だから摘発されないんだろうな。 どんなに詐欺が発生してもヤフオクやメルカリには行政指導すらない。 画像機能は消したみたい。 どなたかお話しだけでも聞いてもらえませんか?月一で利息等は相談させて頂けるなら助かります。 覚悟を決めてからね、嫌がらせは有るけど命は大丈夫だよ、端金で懲役は喰らいたく無いからね。 無理に返済しようとするから傷口が深くなる。 一時的に激痛はあるけど、警察にいったほうが回復は早いよ。 引っ越し費に使います。 いい貸主さんに出会えたらと思ってます。 クズ闇金。 違法金利、嫌がらせ、恫喝、脅迫などダニのような行為を延々と続けるキチガイ。 キチガイ過ぎて吐き気がする。 遅延するたびにハードル上げてって、月一のゴムありが いつの間にか月3&ピル常用中出し放題になったわ。 私はすぐ相手を取り替えたいので低額&単発融資ばかりですが 人数こなすと大当たりもあるので辞められません。 けどさ、サイマー女とゴムなしセックスって、結構リスキーやな。 体はいいけど顔がね…。 他の男がいないのは間違いないからこそできること。 サイマーなんて基本モテないから。 男に困らないなら金にも困らないからね。 ひとときのいいところは自分勝手なセックスを遠慮なくできること。 これに尽きるな。 自宅とか生活感ある部屋で好き放題する快感は風俗では味わえない。 36歳女 本当に困っております。 まともな人間だったら絶対に貸さない。 詐欺師にしか相手にされないに決まってるよ。 バカが東大受けても一生受からないだろ?同じこと。 元気にしてる様で良かった。 どんなバカな内容でも、さらに下回るバカってまだいるからね。

次の

「ひととき融資」借金した女たちの告白(2) (2019年8月6日)

ひととき 掲示板

援助交際とは? 援助交際は現在、一般的に出会い系サイトの掲示板を利用して行われています。 ネットの発達やスマートフォンの普及によって、援交はとても身近になりました。 そのため、出会い系の掲示板は現在、単なる援交掲示板と化してしまっているのです。 なお、法律上18歳未満との援助交際は児童売春罪となりますが、18歳以上が相手であれば罰則がないため、逮捕されることはありません。 最近の援助交際の流れ 出会い系サイトが普及する前は、テレクラを使ったり、繁華街で女の子に声をかけるという方法で援交が行われていました。 しかし現在ではやなどの出会い系サイトを使うのが一般的になっています。 出会い系サイトというよりも援交サイトと呼んだ方がいい状態です。 ハッピーメールなどの大手有名サイトであれば、利用に関しては心配ありません。 なお、「アプリネット」などの悪質業者を紹介しているサイトが多くあります。 絶対にそれらのサイトに登録しないようにしてください。 知名度が高い、大手の有名出会い系サイトを利用するようにしましょう。 大手の出会い系サイトは、女性誌や街頭看板などで積極的に宣伝をしているため、若い女性が集まっています。 そしてそれらの掲示板は、ほぼすべてが援助を募集する書き込みです。 「すぐ会いたい」や「大人の掲示板」といった名前の掲示板があり、そこの書き込みはほぼ100%援交募集なのです。 出会い系サイトは年齢認証が必要ですが、18歳未満の子がかなりの数います。 他人の免許証などで年齢認証をパスしているのです。 出会い系だから18歳未満はいないと思わず、会った時に年齢を確認しましょう。 最近ではLINEのID検索が規制された影響もあり、未成年女性の多くが出会い系サイトを利用していて注意が必要です。 サイト側は、個人同士での援助交際に関して法律的な罰則がないこともあり、実質的に黙認しています。 女性は「話わかる人」や「条件あり」のような言葉で書き込み、それを見た男性がメールをして、条件をやりとりするという流れになっています。 18歳未満との援助交際はダメ 最近、LINEのIDを交換する「LINE掲示板アプリ」が未成年の援交の温床となっていて社会問題になっています。 現在ではLINE側が規制をし、18歳未満はLINEのID検索ができなくなりましたが、まだ規制が不十分な部分があります。 そのようなID交換掲示板は、一昔前の無料出会い系サイトのような状態で、女性の書き込みに対して50人以上の男性が返信します。 そのため、実際に会うのはかなり難しいです。 なにより、最近は事件も多いので、 警察の監視もかなり厳しく、掲示板アプリで未成年と援交した場合、逮捕される確率が高いです。 18歳未満との援助交際は「児童売春」であり、犯罪です。 年齢認証のないアプリは「脱法アプリ」であって、リスクが高すぎるので使わないでください。 援交自体おすすめできませんが、どうしてもという人は素直に出会い系サイトを使いましょう。 安心度が全然違いますし、会うのも全然簡単です。 一人と会うのにかかるお金は2~3百円で、ケチるような金額ではありません。 決して援助交際をすすめるわけではありません。 援助交際ってどんな流れでするの? 実際に掲示板などを利用して援助交際をするには、どのように相手を探し、どんな流れで行うのでしょうか? 出会い系の掲示板への書き込みから 援助交際は、やなどの、大手・有名出会い系の掲示板を利用するのが普通です。 出会い系サイトは届け出が必要ですが、届け出がされていない怪しいサイトも残念ながら多くあります。 上のような大手サイトを利用するようにしてください。 サイトの掲示板はピュアとアダルトにカテゴリが分かれていて、アダルト掲示板は援交募集の書き込みだらけで、あっけないほど簡単に会えます。 なお、出会い系アプリは掲載していません。 出会い系アプリは出会い系サイトと基本的に同じなのですが、スマホアプリ自体、グーグルやアップルの規制によりアダルトがNGで、アダルト掲示板(援交掲示板)がないためからです。 援交の流れは? 一般的な流れは、援助を求める女性が掲示板に書き込み、男性がそれに対してメールをします。 」 といった書き方がほとんどです。 意味はどちらも一緒で、「援助してくれる人はメールください。 」という意味です。 メールをすると、いきなり「いくら?」「すぐ会える?」という返事が返ってきます。 会ってからはいろいろな話をすることも多いですが、会う前は条件や待ち合わせ場所など、事務的なやりとりです。 援助交際の相場はいくら? 女性の書き込みに対して男性がメールをし、条件などの交渉をします。 最近の相場は18歳~20歳で2. 5、20代中盤までは2くらいが一般的です。 30近くなってくると、1. 5ほどになります。 「プチ」というのもあり、いわゆる本番なしのことを指します。 この場合は0. 3~0. 5くらいが相場です。 なお、18歳未満の場合は当然ですがもっと高くなります。 もちろん未成年相手は違法ですので、絶対に手は出さないように。 援助交際の場合、即会いといって、ほとんどは条件がまとまり次第すぐ会うことになります。 場合によっては、その日の夜や次の日などに約束をして会うこともあります。 最初の掲示板への書き込みで、場所と時間は書いてあることが多いです。 実際の待ち合わせとその後 条件がまとまると、実際に会うことになります。 待ち合わせは、駅前などを女性が指定することが多いです。 男性側が車を出し、簡単な挨拶をしてから車に乗って、ホテルに行くことになります。 都市部では車ではなく、駅前などで歩いて待ち合わせということも多いです。 初めて会うときは、男性以上に女性が警戒をします。 実際に被害に遭うのは女性側が多いので当然です。 そのため、条件がまとまった後でも「どんな車で来るの?」、「どんな服を着てくるの?」「本当にちゃんと来る?」といったメールのやりとりをすることが多くあります。 また、お金はホテルに入ったらすぐに渡すのが一般的です。 女性にとってはその方が安心だからです。

次の