三菱 商事 ライフ サイエンス 株式 会社。 事業所・子会社一覧

Yuriko.Y

三菱 商事 ライフ サイエンス 株式 会社

MCフードスペシャリティーズ株式会社 MC Food Specialties Incorporated 本社所在地 〒100-0006 有楽町一丁目2番2号 16階 設立 2014年1月1日 事業内容 、、品質改良剤、関連素材、・資材等の製造・販売 代表者 百崎 鉄朗 資本金 30億円 従業員数 単体691名(2014年1月1日時点) 主要株主 96. キリンフードテックは2002年4月1日設立(武田キリン食品として)。 2009年4月1日、協和発酵フーズを法手続き上の存続会社とし「キリン協和フーズ」として合併。 2013年7月1日に三菱商事のグループ会社となった。 MCフードスペシャリティーズ株式会社は、かつて存在したのや資材等の食品化学製品を扱う国内トップクラスのメーカーであり、に本社を置く。 もともとは協和醱酵工業(現・)の食品事業を分社化して設立されたが、協和醱酵工業がグループ入りしたのに伴い、グループ内の・事業の再編を目的に、キリンフードテックを合併してキリン協和フーズとなった。 2013年(平成25年)3月、がキリンホールディングスから段階的に全株式を取得して、傘下に収めると発表し、2014年(平成26年)1月に商号をMCフードスペシャリティーズに変更した。 2019年4月1日に、三菱商事フードテック株式会社を存続会社とし、興人ライフサイエンス株式会社3社と合併し、三菱商事ライフサイエンス株式会社となる。 沿革 [ ]• 2001年(平成13年)12月26日 - 麒麟麦酒(旧会社、現・キリンホールディングス)とが食品事業提携で基本合意。 2002年(平成14年)4月1日 - 武田キリン食品株式会社として設立、武田薬品工業の調味料事業を移管のうえで営業開始。 2005年(平成17年)4月1日 - 協和醱酵工業の食品事業を協和発酵フーズとして分社化。 2007年(平成19年)4月1日 - 武田キリン食品を麒麟麦酒が完全子会社化、キリンフードテックに商号変更。 2007年(平成19年)7月1日 - 完全親会社の麒麟麦酒が純粋持株会社制に移行し、キリンホールディングスに商号変更。 2009年(平成21年)4月1日 - 協和発酵フーズとキリンフードテックが合併して キリン協和フーズが発足。 2010年(平成22年)7月1日 - の加工用・発酵調味料事業を統合。 2011年(平成23年)1月1日 - キリンホールディングスが協和発酵キリン保有分の株式を取得し完全子会社化。 2013年(平成25年)3月18日 - が全株式を2回に分けて取得し、傘下に収める事を発表。 11月5日 - 本社を千代田区有楽町一丁目へ移転。 2014年(平成26年)1月1日 - MCフードスペシャリティーズに商号変更。 2015年(平成27年)1月1日 - 三菱商事がキリンホールディングス保有分の株式を取得し完全子会社化。 2015年(平成27年)4月1日 - 三菱商事から三菱商事ライフサイエンス及びMitsubishi International Food Ingredientsに株式を移管。 2019年(平成31年)4月1日 - 三菱商事フードテック株式会社を存続会社とし、興人ライフサイエンス株式会社3社と合併し、三菱商事ライフサイエンス株式会社となる。 主な家庭用商品 [ ] 加工食品メーカー、製パンメーカー及び外食産業への調味料、添加物の販売が主力事業だが、家庭用商品も手がける。 時代の1961年(昭和36年)から発売。 その後、武田食品工業(武田薬品の食品部門会社。 現在の)との合弁会社「武田キリン食品」からの販売に移管したが、武田薬品の食品部門撤退でキリングループの基幹ブランドのひとつとなり、現在はMCフードスペシャリティーズの基幹ブランドとなっている。 一杯の贅沢:および。 同シリーズの母体となったのは、旧の食品部門で扱っていた、フリーズドライ「本格派・たまごスープ」であった。 米粥については現社名変更後にキリングループ横断ブランド「KIRIN Plus-i(キリンプラスアイ)」の商品だった「Cayu-na(かゆ-菜)」を統合したものである。 三楽本・:メルシャンから引き継いだ調理・加工用酒類。 よりみりんは「天晴」、合成清酒は「一富士」に商標を変更する予定。 他にも、の商品「セブンプレミアム」の、やたまごスープも生産している。 主な事業所 [ ]• 本社:東京都有楽町一丁目2番2号 16階• 本店:東京都品川区東品川二丁目2番8号 17階• 土浦工場・食品開発研究所:阿見4041• 高砂事業所・食品開発研究所高砂分室:相生町1番5号• 日光工場:轟字上ノ原1195番5 - メルシャンから承継。 札幌支店:北1条西10丁目1番15号 キリン札幌ビル6階• 仙台支店:立町27番21号 仙台橋本ビル8階• 東京支社:東京都品川区東品川二丁目2番8号 スフィアタワー天王洲12階• 名古屋支店:丸の内三丁目21番25号 清風ビル9階• 大阪支社:宮原三丁目5番24号 新大阪第一生命ビル6階• 中四国支店:稲荷町2番16号 広島稲荷町第一生命ビル9階• 福岡支店:東光二丁目8番30号 脚注 [ ] [].

次の

事業所・子会社一覧

三菱 商事 ライフ サイエンス 株式 会社

三菱商事ライフサイエンス株式会社 調味料や食品素材、機能性食品など、人々のおいしさと健康を支える製品をグローバルに製造・販売している会社です。 食品で得た知見を活かし、健康軸の新機能素材の研究開発にも力を入れています。 Mitsubishi International Food Ingredients, Inc. 北米における食品素材や添加物、ファインケミカルのディストリビューターです。 食品・飲料会社を中心に8,000社以上と取引をしており、お客様のニーズに合った商品をカスタマイズしてお届けしています。 Fujifilm Diosynth Biotechnologies 世界大手のバイオ医薬品CDMO(Contract Development and Manufacturing Organization)であり、米国および英国に製造拠点を有しています。 高い技術力と実績を基盤に、製薬企業をはじめ付加価値の高いサービスをグローバルに提供しています。 Deccan Fine Chemicals India Pvt. Ltd. 農薬市場が急速に成長するインドにおいて3か所の製造拠点を有する世界トップクラスの農薬分野のCDMOです。 世界の大手農薬メーカーを顧客に有する一方、農薬以外のファインケミカル分野にも事業を拡大しています。 日本食品化工株式会社 澱粉・糖化品(コーンスターチ、異性化糖、ブドウ糖など)の国内最大手企業です。 豊富なノウハウと技術力で各種製品を生み出し、食品、工業、医薬をはじめとする幅広い分野で、提案型営業を通じてサービスとソリューションを提供しています。 食糧本部 Agrex, Inc. 米国穀倉地帯の中心地、カンザス州に本社を置く穀物集荷・販売・輸出会社です。 とうもろこし、大豆、麦等を米国内で取り扱うほか、アジア向けを中心とする輸出取引を行っています。 Agrex do Brasil S. 世界最大の農地拡大余地を有するブラジルにおいて、アジアを中心とした穀物需要増加に対応すべく、2013年に子会社化した穀物会社です。 大豆・トウモロコシなどの穀物の集荷・販売・輸出に加え、農業資材販売、穀物生産等を手掛けています。 IPANEMA AGRICOLA S. 農園事業を管掌するIpanema Agricola社と販売・輸出事業を管掌するIpanema Comercial e Exportadora社が一体となって運営する、世界最大規模のコーヒー農園です。 イパネマ農園では使用農薬や生産履歴の管理体制が整備され、欧米の認証機関で環境・CSRに配慮していることが証明された、品質の高いブラジルコーヒーを作っています。 PT Kaneka Foods Indonesia インドネシアに本社を置く、加工油脂製品の製造・販売会社です。 主に、安全、安心で高品質な製パン・製菓原料をインドネシアやアジア各国に供給しています。 株式会社MCアグリアライアンス 優位性のある調達・販売・商品開発を通じて、お客様に付加価値の高い安心・安全な食品原料をお届け致します。 日本農産工業株式会社 畜産用配合飼料事業、水産用配合飼料事業、食品(「ヨード卵・光」などの鶏卵販売)、ライフテック(ペットフード製造販売など)の4事業を柱として、「食といのちの未来をひらく」ビジネスを展開しています。 Olam International Limited Olam社は、世界70カ国で事業展開をする農産物事業会社で、コーヒー、ココア、ナッツ類などで世界トップクラスのシェアを誇り、サステナビリティやトレーサビリティを重視した農業生産・集荷・製造加工までのサプライチェーンを構築しています。 三菱商事は2015年に資本業務提携契約を締結しました。 Riverina Australia Pty. , Ltd. クイーンズランド州ブリスベンに本社を置く豪州の穀物集荷・販売・輸出および配合飼料製造販売会社です。 ニューキャッスル港に穀物輸出ターミナルを保有しています。 Sesaco Corporation 独自の育種技術で開発した機械収穫可能なゴマにより、世界で唯一ゴマ生産に近代農業手法を導入可能にし、米国で安心・安全なゴマの生産・販売を行っています。 生鮮品本部 Indiana Packers Corporation 米国中西部のインディアナ州に位置する豚肉処理及び加工品製造会社です。 最新鋭の設備による厳しい衛生管理の下、豚肉・ベーコンなどを生産し、主に米国および日本向けに販売をしております。 ジャパンファームホールディングス株式会社 国内畜産インテグレーションにおける生産部門として、食肉及び食肉加工品の安定供給を担っています。 鶏の生産・処理・加工と豚の生産を営み、徹底した飼養管理と品質管理に基づいた安心・安全な商品を提供しています。 Cermaq Group AS 世界第三位の鮭鱒養殖・加工・販売会社です。 ノルウェー、チリ、カナダの三ヶ国で合計18万トンの鮭鱒を養殖し、スモークサーモンやフィレ等の様々な製品に加工して、欧米・日本等世界の消費者の方々に品質の確かな鮭鱒製品を供給しております。 株式会社サラダクラブ (株)キユーピーとの合弁会社として1999年に設立したパッケージサラダの製造会社です。 株式会社ミツハシ 精米、おにぎり等の炊飯加工品の製造加工メーカーです。 今後も、コメの一貫メーカーとして、全国6か所の製造拠点より安全、安心な商品を製造し、消費者ニーズにあった製品を提供して参ります。 ウォーターセル株式会社 クラウド型営農支援システム「アグリノート」を開発・運営しています。 農業は記憶から記録へ。 アグリノートというITツールを通じて、農業者の生産・経営を強力にサポート、データの利活用を通じて国内の農業生産全体のスマート化を目指して取り組んでいます。 伊藤ハム米久ホールディングス株式会社 食肉加工品・調理加工食品・惣菜類の製造及び販売、食肉の加工及び販売を行っています。 事業を通じて、健やかで豊かな社会の実現に貢献します。 東洋冷蔵株式会社 刺身用マグロ・エビ・サケを中心に多彩な水産物・水産加工品を取り扱っております。 水産資源の持続的利用を通じて、日本の食文化を守り、継承し、豊かな社会の実現に貢献致します。 Dia Merchandise Co. , Ltd. 1995年に設立された、タイバンコクに位置する食品卸会社です。 わが社の調達力や当地で築き上げたきめ細やかな配送サービスを武器に、サーモンを中心とする水産物、加工 澱粉・米・小麦粉やミックス粉などの多岐に渡る商品を、タイ及び周辺国のお客様にお届けしています。 浙江大菱海洋食品有限公司 中国民間最大手漁労会社である浙江大洋世家股份有限公司との合弁会社として2013年に設立され、水産物の加工・販売を行っています。 中国市場に於いて、「安全、安心、健康、美味」をモットーに水産物を消費者にお届けしております。 フードリンク株式会社 畜産インテグレーションにおける商品開発・販売部門として、畜産業と食文化の発展に寄与することを使命としています。 食肉及び食肉加工品の商品開発・販売・物流機能を担い、日本の消費者の皆様に安全・安心な食品をお届けしています。 日本KFCホールディングス株式会社 1970年日本進出以来、カーネル・サンダースの秘伝レシピをかたくなに守り、美味しさを提供し続けております。 安全・安心に徹底的にこだわった手づくり商品を、ケンタッキーフライドチキンのお店を通じ皆様にお届けします。 消費財本部 Princes Ltd. 当社が100%出資する英国の食品・飲料製造販売会社です。 MC Living Essentials Indonesia インドネシアにおいて当社グループが展開する生活必需品の製造、流通、小売等の各事業を統括・支援すると共に新規事業開発を推進する当社の100%子会社です。 大日本明治製糖株式会社 砂糖業界のリーディングカンパニーです。 「ばら印」ブランドの下、企業理念でもあるバラ色で豊かな食文化に貢献致しております。 日東富士製粉株式会社 日本の基幹食料である粉食・食文化の発展に寄与すべく、製粉業のほか外食事業を展開しています。 また海外においてはベトナムとタイでプレミックス粉の事業展開をしています。

次の

MCフードスペシャリティーズ

三菱 商事 ライフ サイエンス 株式 会社

概要 [ ] との二大商圏において、270店舗を超えるをしている。 近畿圏では内を中心に、、、、の2府2県 、首都圏では内を中心に、、、の1都3県に出店する。 創業者のが立ち上げに参画し、初代会長を務めたに所属する。 3代目社長のは出身であり、同社との関係が深い。 食料品中心のスーパーマーケットであるが、には力を入れており 、普段着を中心としたオリジナル商品も展開する。 また近年はとの競争も視野に入れ、やの品揃えも充実させた。 大型店舗ではや関連、用品なども充実させている。 シンボルマークの「」は、「経営戦略」「営業戦略」「店舗戦略」「商品戦略」の4つのコンセプトを表している。 店舗ブランド [ ] 店舗ブランドは「ライフ」の他、都市型高級スーパー「 ライフエクストラ」、大阪市内で始まった実験店舗「」 がある。 また大阪市で始まった新業態として、食品を扱う自然派スーパー「 BIO-RAL(ビオラル)」 、を意識しやを中心とした都市型ミニ店舗「 Miniel(ミニエル)」 がある。 プライベートブランド [ ] は、自社基本ブランド「スマイルライフ」 、高級志向の「ライフプレミアム」、自然素材にこだわった「ライフナチュラル」のラインナップに加えて、との共同開発ブランド「スターセレクト」の4つを導入している。 また、のプライベートブランド「くらしモア」にも加盟している。 事業所 [ ] 大阪本社• 西宮原2丁目2番22号 東京本社• 1丁目2番16号 クレインヒル秋葉原 本店• 東京都3丁目6番2号 小津 本館ビル 実業務は上記の大阪・東京の両本社で行われている。 2012年1月までは、であるが入居する小津ビル(日本橋本町2丁目6番3号)に置かれていたが、清信興産の移転に伴い、隣接する現在地へ共に移転登記した。 部門 [ ] ライフの店舗は下記の部門で構成されており、記述されている商品は一部でこのほかにも多数の商品を扱っている。 ただし店舗により取扱いがないものもある。 農産(、、)• 水産(、、)• 畜産(、、中華材料等)• 惣菜(、、)• 日配(、、など日持ちしない食品)• 食品(、等日持ちのする食品)• IB(インストアの略、店内でする部門)- 「 小麦の郷(さと)」のブランド名で展開する。 生活関連(、、、、、、、、、、)• 衣料(衣料品、服飾等)• 事務(設立当初は、レジ部門・事務部門に分かれていたが、人件費や作業の簡素化のため統一された) 歴史 [ ] 「」も参照 創業者・は、戦後の焼け野原の中で食料品を調達しようと、と輸入品の販売を行う「清水商店」を立ち上げた。 から、、など物資を販売する事業を手掛けた。 大阪の時代に取引した内の食品スーパーに憧れ 、輸入品の調達と視察をかねてを訪問、本格的なスーパーマーケットの開店を目指し、11月に1号店の豊中店を開店させる。 に10号店の伊丹店を開店させてようやく安定的な利益が出るようになり、東京進出を決心して東京都板橋区に1号店の板橋店を開店させた。 かつては創業者の清水と、その弟で2代目社長の清水三夫によるを行っていたが、に浮かれたことによる投資の失敗を理由に三夫を解任し、一時期は自身が会長兼務の形で社長に再任となった 清水がに視察に訪れた際に、三菱商事の英国子会社に当時在籍していた岩崎高治を見い出し、社内に招き入れたとされる。 同族経営の解消に舵を切った清水の意向により、2006年3月に岩崎が社長に就任して同族経営は終焉した。 沿革 [ ] 創業 - ライフストア時代 [ ]• (43年) - 創業• (昭和16年)2月22日 - 大興セルロイド株式会社設立。 株式額面金額50円• (昭和31年)10月 - 清水実業株式会社 初代 を設立。 食料品販売及びパイン缶詰、フルーツ等の輸入並びに国内販売を開始。 (昭和31年)10月24日 - 株式会社ライフを設立。 47番地、株式額面金額500円• (昭和36年)11月 - 1号店となる豊中店()を開設し、スーパーマーケット形式による営業を開始。 翌年からやを中心に展開を開始。 (昭和46年)10月 - 板橋店を開設し、首都圏に進出。 同時に東京本部を設置。 (昭和48年)10月 - 商号を清水実業株式会社 初代 から株式会社ライフ(初代)に変更。 (昭和50年)8月20日 - 大興セルロイド株式会社の商号を清水実業株式会社 2代目 に変更。 (昭和53年)12月1日 - の清水実業株式会社(2代目)が株式会社ライフ(初代)をし、株式会社ライフ 2代目 に変更(いわゆる株式額面変更目的の合併)。 (昭和54年) - 本店は東京に残し、本部をに設置。 翌年から「本社」と呼称。 (昭和56年) - 商号を 株式会社ライフストアに変更。 本店を二丁目6番3号へ、東京本部をに移転。 (昭和57年) - 第2部に株式を上場。 (昭和58年) - 第2部に株式を上場。 (昭和59年) - 大証および東証の第1部に株式を上場。 (昭和60年) - POSレジ導入。 (昭和61年) - 清水信次会長、会長に就任。 社名変更、2本社制へ [ ]• (3年) - 株式会社ライフコーポレーションへ社名変更。 本社を大阪市東中島一丁目19番4号の新大阪NLCビルへ移転。 東京本部を「東京本社」に改称し、2本社制を導入。 (平成14年)• 日本流通未来教育センターをとのにより設立。 11月16日 - 周辺のにより、駅南口に建設されたの「」の核店舗として大泉学園駅前店を出店。 店舗名は、1階の直営店を都市型高級スーパー「ライフエクストラ大泉学園駅前店」、2階から4階の部分を「ゆめりあライフ」、1階 - 4階の総称を「ライフ大泉学園駅前店」とする。 (平成17年) - 三菱商事と資本提携を強化。 (平成18年) - 代表取締役に岩崎高治が就任。 (平成20年) - 近畿圏・首都圏を合わせて200店舗を達成。 (平成21年) - 本社を「大阪本社」と呼称変更。 東京本社を現在地(東京都1丁目2番16号のクレインヒル)へ移転。 2010年代 [ ]• (平成22年)• 8月26日 - 店を開店。 9月8日 - 店を開店。 10月6日 - 店を開店。 10月26日 - 店を開店。 11月19日 - 店を開店(プレオープンは11月18日)。 11月22日 - 店を開店。 12月14日 - 店を開店。 (平成23年)• 1月19日 - 店を開店(プレオープンは1月18日)。 2月1日 - 店を開店。 3月23日 - 前店を開店。 4月5日 - 店を開店。 4月29日 - に店を開店。 5月18日 - の「」に大崎ニューシティ店を出店。 7月13日 - 店を開店。 9月7日 - 栄町店を開店。 9月14日 - 店を開店。 10月19日 - 店を開店。 平成24年• 売上高が5000億円を突破。 本店所在地を東京都3丁目6番2号へ移転。 1月25日 - 店を開店。 3月7日 - 店を開店。 3月14日 - 店を開店。 3月30日 - 前店を開店。 5月15日 - の食品スーパーと業務提携の協議を開始することを公表。 5月30日 - 店を開店。 6月20日 - 店を開店。 6月27日 - 大阪市に店を開店。 7月18日 - 店を開店。 9月28日 - 店を開店。 10月31日 - 店を開店。 平成25年)11月11日 - 大阪本社を現在地(大阪市2丁目2番22号)へ移転。 (平成26年)• 11月19日 - 店を開店。 (平成27年)• 3月11日 - 店を開店。 6月10日 - 店を開店。 9月11日 - 店を開店。 9月30日 - 西浦店を開店。 10月28日 - 五丁目店を開店。 11月18日 - 店を開店。 (平成28年)• 4月20日 - 店を開店。 5月17日 - 店を開店。 6月8日 - 店を開店。 6月25日 - ライフ店を、オーガニック系スーパー「BIO-RAL」靭店へ業態転換。 11月30日 - 店を開店。 (平成29年)• 2月15日 - 店を開店。 2月22日 - 店を開店。 3月1日 - 店を開店。 3月14日 - 店を開店。 6月 - に「川崎総合物流センター」を稼働。 7月5日 - 店を開店。 11月14日 - 店を開店。 11月21日 - 前店を開店。 11月22日 - 店を開店。 12月2日 - 店を開店。 (平成30年)• 4月18日 - 店を開店。 4月25日 - 店を開店(4月24日プレオープン)。 5月9日 - 店を開店。 5月23日 - 店を開店。 6月26日 - 前店を開店。 7月11日 - 店を開店。 11月 - ライフ店をへ業態転換。 12月4日 - 11月15日に東口に開業した「」 にムスブ田町店を出店。 (平成31年 - 元年)• 2月6日 - 大型店舗となる店を開店。 高価格帯のプレミアム食品や「」の・用品なども揃え、として高所得層の取り込みも目指す。 首都圏初の「BIO-RAL」コーナーも併設。 3月6日 - 店を開店。 3月27日 - 店を開店。 4月11日 - 物流大手のと業務提携を締結。 4月13日 - 「西本町店」の1階に、新業態の都市型ミニ店舗「Miniel」1号店としてMiniel店を出店。 5月30日 - が運営する「」に出店、ライフの店舗から配送することを発表。 7月24日 - 店を開店。 8月3日 - に川崎ルフロン店を出店。 2020年代 [ ]• (令和2年)• 2月26日 - 2月に開業したの複合商業施設「」地下1階にコモレ店を出店。 5月27日 - 北口店を開店。 6月19日 - テナント出店する商業施設の名称変更に伴い、クロスガーデン調布店を「キテラタウン調布店」へ店名変更。 6月30日 - 7月1日からの有料化義務付けに伴い、この日をもってレジ袋無料配布を全店で終了。 店舗 [ ] 現在の店舗 [ ]• 近畿地区の店舗:• 首都圏の店舗: かつて存在した店舗 [ ] 千葉県 [ ]• 店(2003年閉店)• 前店(2004年3月28日閉店)• 店(2006年1月29日閉店)• 店(2008年2月20日閉店)• 店(2009年10月31日閉店)• 店(2011年1月30日閉店 )- 高洲1-1-13。 店(2012年8月26日閉店)• 店(2013年2月10日閉店 )• 店(2013年11月10日閉店) 埼玉県 [ ]• 武里店 - 現在は武里店。 吹上店• 弁天町店• 宮原店(2001年2月25日閉店)• 店(2005年2月6日閉店)• 店(2006年1月29日閉店)• 店(2006年1月29日閉店)• 店(2011年8月24日閉店)• 店 2013年5月12日閉店) - 閉店後、同建物に宮代生鮮市場として2013年7月3日にオープンしたが、2015年9月末に閉店。 その後、建物は解体された。 店(2017年7月16日閉店 )• 店(2018年1月28日閉店 )• 店(2018年8月31日閉店 )• 高洲店(2018年8月31日閉店 )• 白幡店(2019年1月31日閉店 ) 東京都 [ ]• 宮前店• 大泉店 -。 跡地は2階建てビル(2階:ライフ生活館、日用品・化粧品のみ取り扱い)。 2002年に南口に開業した再開発ビル「ゆめりあフェンテ」に大泉学園駅前店が開業している。 京浜店(2013年1月20日閉店 )- 西口。 京急蒲田地区により閉店。 再開発事業終了後、同地に「京急蒲田駅前店」が新設されたが、この店舗は後継店舗ではない。 実質の後継店舗はそれ以前に開店した西口の「西蒲田店」。 仙川店(2013年2月10日閉店)- 北側。 が近隣から移転して、ウェルパーク調布仙川店 として営業中。 東店(2013年8月25日閉店)• つつじヶ丘店(2017年4月2日閉店 )- 調布市東つつじヶ丘1-3-3。 の跡地への居抜き出店。 北口の「つつじヶ丘マンション」低層階に出店していた。 1階から3階までがライフの店舗で、1階は食料品、2階は衣類・ファッション、3階は日用品・医薬品・生活用品・寝具など。 地下1階にはつつじヶ丘店が出店。 2017年4月28日に開業したショッピングセンター「」へ移転のため閉店。 同日よりクロスガーデン調布店(食料品・日用品のみ取り扱い) として営業開始。 ライフつつじヶ丘店の閉店後も、セリアだけは営業を続けていたが2018年8月16日に閉店。 建物は老朽化による建て替えのため2018年に解体された。 店(2018年1月28日閉店 ) 神奈川県 [ ]• 川崎宮内店(2014年11月9日閉店 )- 川崎市2-25-18。 同年11月19日に宮内二丁目店(宮内2-1-1)が開店。 店(2017年4月16日閉店)- 市街地再開発のため閉店。 大阪府 [ ]• 毛馬店(旧店舗)- 現在の毛馬店より北側のの近くにあった。 寝屋川店(旧店舗)- 現在の寝屋川店とは異なり、京阪前のの地下にあった。 和泉店• 川西店• 高野台店• 青葉台店• 緑町店• 店(1996年閉店)• 店(2004年3月28日閉店)• 店(2008年2月29日閉店)• 店(2008年3月19日閉店)• 西緑丘店(2010年1月30日閉店)• 前店(2010年1月31日閉店)- 1999年まではこちらが店だった。 伊賀店(2011年11月13日閉店 )- 伊賀2-25-2。 店(2014年9月30日閉店)• 店(2016年3月21日閉店 )- 同年6月25日にオーガニック系スーパー「BIO-RAL」へ業態転換。 友井店(2018年3月31日閉店)• 店(2019年1月31日閉店)• 店(2019年5月31日閉店 )- かつては本社ビルも兼ねていた。 店(2020年2月29日閉店 )• 店(2020年2月29日閉店 ) 京都府 [ ]• 三条御前店(2004年3月28日閉店)• 店(2004年3月28日閉店) 兵庫県 [ ]• 白川台店• 土山店• 伊丹店(2000年8月31日閉店)- 伊丹セントラルプラザの地下1階にあった。 伊丹山田店(2004年6月20日閉店)• 店(2008年3月5日閉店)- 同年3月13日、高架下商業施設「」内に今津駅前店として再オープン。 奈良県 [ ]• 泉原店(2004年3月28日閉店)• 店(2006年1月31日閉店)• 店(2009年1月31日閉店)• 三郷店(2011年11月13日閉店 )- そば、立野南2-10-12。 POSシステム [ ] は製を使用。 一部店舗ではをはじめ、商品登録をレジ担当者が行い、会計を専用の機械で行うセミセルフレジ「お支払いセルフレジ」が導入されており、後者は新店舗や改装店舗などに導入されている。 ポイントカード [ ] 自社カード「LaCuCa(ラクカ)」「LC JCBカード」に加え、「」「」の4種類のが利用可能である。 また、公式「ライフアプリ」がポイントカードとして使えるようになった。 「Ponta」と「dポイント」は、ポイント料率はライフのポイントカードと同じだが、ポイント倍付けやボーナスポイント付与の対象外である。 また、ライフのポイントカードを含む他のポイントカードとの併用もできない。 また、2018年3月末を持って利用不可となった「現金ポイントカード」についても述べる。 LaCuCa [ ] 2016年7月より、従来の「現金ポイントカード」に代わる新たなカードとして導入された。 2016年7月15日に近畿圏、7月23日に首都圏の一部店舗にて先行導入されたのを皮切りに、同年8月23日から全店で利用開始された。 「LaCuCa」の導入により、での支払いでもポイントが貯まるようになった。 LaCuCaは、のと同様に、自社独自のを搭載したポイントカード であるが、nanacoとは異なり、チャージせずにポイントカードのみとして使用することもできる。 ポイント料率は200円(税抜)ごとに1ポイント。 LaCuCa電子マネーで支払うと、さらに300円(税抜)ごとに1ポイントが加算される。 例えば600円(税抜)をLaCuCa電子マネーで支払うと、通常の3ポイントに加えて2ポイントが加算され、合計5ポイント貯まることになる。 有効期限はポイントは1年間、LaCuCa電子マネー残高は最後に利用またはチャージした日から5年間。 チャージは1000円単位で、レジで店員に申し出るか、サービスカウンター付近に設置されているチャージ機を使用する。 チャージ機では紙幣のみ使用可能でお釣りが出ない。 いったんチャージした残高は返金できない ため注意が必要である。 また退会する場合もチャージ残高の払い戻しはできない。 紛失・盗難の場合は店舗に申し出ることで利用停止の手続きができる。 入会金は100円、年会費は無料。 16歳以上の者が入会できる。 2019年2月末までは「現金ポイントカード」同様、年会費・発行手数料無料で配布されていたが、発行手数料無料キャンペーンの終了に伴い、同年3月以降は100円の発行手数料がかかるようになった。 LC JCBカード [ ] 2016年3月1日から発行受付が開始 された、の提携クレジットカード。 ライフの店舗ではクレジット支払いだけでなく、現金支払いの場合に提示することでポイントカードとしての利用も可能である。 ポイント料率は200円(税抜)ごとに1ポイント。 さらに「LC JCBカード」でのクレジット払いに限り特典として、「衣料品・くらしの品ポイント」として200円(税抜)ごとに1ポイント、毎月7の付く日(7日・17日・27日)は200円(税抜)ごとに5ポイント付与される。 また、ライフ以外でのJCB加盟店の利用でもポイントが貯まるように、毎月の口座引き落とし時に200円(税込)ごとに1ポイントが付与される。 入会金・年会費は無料。 カードの柄は、銀色基調の通常デザインと、水色基調のデザインの2種類が用意されている。 他社系ポイントカード [ ] 「Ponta」は、2013年7月頃から一部店舗で行われていた試験導入 を経て、2018年5月29日から全店で利用可能 になった。 同時に「dポイント」も利用可能となった。 2011年頃から、同じ系企業によるポイントカード「Ponta」の導入が予測されていたが 、実に7年越しで全店導入となった。 ライフアプリ [ ] 2018年9月4日、(・)で利用できる「ライフアプリ」 がリニューアルされ、「LaCuCa」と連携してポイントカードとしても利用できるようになった。 物理カードの代わりに、画面に表示されるバーコードを提示して使用する。 アプリ上でポイントや電子マネーの残高が確認できる が、アプリ自体で電子マネーとしての利用()はできない。 また、フルセルフレジではポイントカードとしての利用はできない。 かつて利用できたカード [ ] 現金ポイントカード 2000年にサービス開始。 導入当時は一部店舗(主に大型店とその隣接した店舗)のみでしか使えなかったが、4月に全店へ対応した。 システムは製。 入会費・年会費は無料で、ポイント料率は100円(税抜)ごとに1ポイントであった。 製のカードで、近畿圏店舗は赤色、首都圏店舗は黄緑色のカードが発行されていた。 磁気タイプではなくを読み取るタイプで、初期の頃はレシートの下部にカードのナンバーが印字されていたが、のちに漏洩防止のため下4桁のみ表示に変更された。 新しいポイントカードとして「LaCuCa」が全店舗で発行開始されることになったため、2016年7月限りで「現金ポイントカード」の発行は終了となった。 「LaCuCa」や「LCカード」への移行期間として、約20か月間は3種類とも利用可能とされ、なっていたが、2018年3月末をもって「現金ポイントカード」の利用はできなくなった。 旧来の「現金ポイントカード」所持者に対しては、「LaCuCa」への移行(ポイント残高と登録情報が引き継げた)を推奨してきたが、翌2019年5月末をもって「現金ポイントカード」に登録されていた会員情報やポイント残高がすべて削除され、移行できなくなった。 不要の際は「エコポイント」が付与されていたが、2016年5月末で廃止された(その代替措置として現金2円引きサービスが残された)。 スタンプカード 「現金ポイントカード」が全店に普及する以前は、紙製の「スタンプカード」が発行されていた。 旧モデルは青・緑、新モデルはピンクである。 スタンプを貯めるともらえる景品は、サービス開始当時はや100円の金券など様々であった。 買い物袋を持参するごとに1スタンプ押印され、20スタンプで100円の金券として利用できた。 「現金ポイントカード」普及後は「エコポイント」加算という形で廃止された。 関連会社 [ ]• 株式会社ライフフィナンシャルサービス(発行業務)• ライフ興産株式会社(等代理業務)• 株式会社日本流通未来教育センター - とので設立されたスーパーマーケット業界の研修機関。 埼玉県にあるマルエツ旧本社ビルを使用。 元関連会社 [ ]• - 元はライフコーポレーションの事業部だったが、完全独立して現在は無関係となっている。 キャラクター [ ] ララピー 2016年2月26日からライフのイメージキャラクターとして登場した。 シンボルマークの四つ葉のクローバーに掛けた「よつば」と読める4月28日が誕生日という設定のため、2017年2月ではなく同年4月に「生誕1周年」とアピールしていた。 デザインはのをデザインしたことで知られるが担当。 キャラクターグッズとしてシールやファイル、ぬいぐるみ、膝掛け、キーホルダーなどがあり、期間限定で店頭販売されることがある。 2017年12月からはLINEにてスタンプの販売も開始された。 CMキャラクター• (2014年) 脚注 [ ] []• 株式会社ライフコーポレーション. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ライフコーポレーション. 2020年6月13日閲覧。 流通ニュース. 2020年6月13日閲覧。 繊研新聞 2018年5月15日. 2020年6月13日閲覧。 流通ニュース. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ライフコーポレーション 2014年11月22日. 2020年6月14日閲覧。 リビング兵庫Web. 2016年7月1日. 2020年6月13日閲覧。 2019年4月8日. 2020年6月13日閲覧。 食品産業新聞社 2019年4月20日. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ライフコーポレーション. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ライフコーポレーション. 2020年6月13日閲覧。 くらしモア. 2020年6月13日閲覧。 23 週刊朝日• Business Journal 2015. 29 00:05(2020年4月13日閲覧)• Business Journal 2015. 29 00:05(2020年4月13日閲覧)• Business Journal 2015. 29 00:05(2020年4月13日閲覧)• Business Journal 2015. 29 00:05(2020年4月13日閲覧)• 株式会社ライフコーポレーション 2002年11月14日. 2020年6月14日閲覧。 開店閉店. com 2010年8月22日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2010年9月22日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2010年10月1日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2010年10月24日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年11月18日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年11月21日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年12月12日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年1月14日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年1月28日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年3月24日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年4月2日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年4月29日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年5月14日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年7月11日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年9月5日. 開店閉店. com. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年9月13日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年10月17日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2012年3月5日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2012年3月12日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2012年3月28日. 2020年6月13日閲覧。 - ライフコーポレーション 2012年5月15日• 開店閉店. com 2012年5月28日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2012年6月18日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2012年6月26日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2012年7月16日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2012年9月26日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2012年10月29日. 2020年6月13日閲覧。 - ライフコーポレーション 2013年10月9日• 開店閉店. com 2014年11月18日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2015年3月11日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2015年6月10日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2015年9月11日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2015年9月30日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2015年10月28日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2015年11月18日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2016年4月20日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2016年5月17日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2016年6月7日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2016年11月29日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年2月14日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年2月21日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年2月28日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年3月13日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年7月4日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年11月13日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年11月20日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年11月21日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年12月1日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年4月16日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年4月23日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年5月8日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年5月22日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年6月25日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年7月10日. 2020年6月13日閲覧。 2018年11月15日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年12月3日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2019年2月2日. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ロジスティクス・パートナー 2019年2月6日. 流通ニュース. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ロジスティクス・パートナー 2019年2月7日. 流通ニュース. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2019年3月4日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2019年3月22日. 2020年6月13日閲覧。 日本経済新聞 2019年4月11日. 2020年5月31日閲覧。 日本経済新聞 2019年5月30日. 2020年5月31日閲覧。 開店閉店. com 2019年7月24日. 開店閉店. com. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2019年8月2日. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ロジスティクス・パートナー 2020年2月20日. 流通ニュース. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2020年2月19日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2020年5月20日. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ライフコーポレーション 2020年6月10日. 2020年6月14日閲覧。 株式会社ライフコーポレーション 2020年6月6日. 2020年6月14日閲覧。 開店閉店. com 2011年1月23日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2013年2月9日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年7月2日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年1月18日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年8月2日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年8月1日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2019年1月6日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2013年1月19日. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ウェルパーク. 2020年6月13日閲覧。 都市商業研究所 2017年4月4日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年2月18日. 2020年6月13日閲覧。 株式会社ライフコーポレーション. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2017年4月27日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年8月5日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2018年1月14日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2014年11月9日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2014年11月18日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年11月17日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2016年3月19日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2019年4月14日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2020年2月1日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2020年2月1日. 2020年6月13日閲覧。 開店閉店. com 2011年11月7日. 2020年6月13日閲覧。 流通ニュース. 2020年6月13日閲覧。 流通ニュース. 2020年6月13日閲覧。 - ライフコーポレーション 2016年7月11日• 株式会社ライフコーポレーション. 2020年6月13日閲覧。 - ライフコーポレーション 2016年2月26日• - ダイヤモンド・オンライン 2011年9月19日• 株式会社ライフコーポレーション. 2020年6月13日閲覧。 PR TIMES 2018年9月12日. 2020年6月13日閲覧。 ライフコーポレーション 2016年2月25日• ライフコーポレーション 2017年12月1日 関連項目 [ ]• (ニチリウ・くらしモア)• 外部リンク [ ]• lalapi0428 -• - チャンネル• - チャンネル.

次の