あの 夏 へ 歌詞。 柴田淳 あの夏 歌詞

福山雅治 あの夏も 海も 空も 歌詞

あの 夏 へ 歌詞

夏になると聴きたくなる曲たちですね。 「あの夏へ」は映画の冒頭部分で使われていましたが、 「あの日の川」は、千尋がおにぎりを食べながら泣くシーンで使われています。 「あの夏へ」と「あの日の川」はよく似ているのですが、 「あの夏へ」はピアノでの伴奏が全般ですが、 「あの日の川」はどことなくハクの優しさを イメージさせるような柔らかい曲調です。 ハクと千尋の別れのシーンでの曲は、「帰る日」という曲です。 「あの夏へ」「あの日の川」「帰る日」はどれも似ていますが、 微妙に曲調が違うので、よかったらサントラで聴いてみてください^^ ちなみに、「あの夏へ」に歌詞をつけたものが「いのちの名前」という歌です。 イメージアルバムに収録されており、「あの夏へ」と同じ曲調ですが、 歌詞がなく、「ララララ・・・」というように 「ラ」だけで歌われているのが「あの日の川へ」です。 ニコニコ動画が見れるのであれば、下の動画に 「あの夏へ」「あの日の川」「帰る日」が他の曲とともに収録されています。 「いのちの名前」 余談ですが、もともと「あの日の川」の名前の由来は、 宮崎駿さんが、千と千尋の曲の作曲者の久石さんに 千と千尋の曲のイメージとして贈った詩が元なんです。 私はこれを見て、さらに千と千尋が大好きになりました。 「あの日の川で」 陽のさす裏庭から 忘れかけてた木戸をぬけ 生け垣が影おとす道をいく むこうから走ってくる幼い子は わたし ずぶぬれで泣きながらすれちがう 砂場の足跡をたどって もっと先へ いまは 埋もれてしまった川まで ゴミの間の水草がゆれている あの小さな川で、私はあなたに出会った 私のクツがゆっくり流れていく 小さな渦にまかれて消える 心をおおうチリが晴れる 目をかくすくもりが消える 手は空気に触れ 足は地面のはずみを受けとめる 誰かのために生きている私 私のために生きてくれてた誰か わたしは あの日 川へ行ったのだ わたしは あなたの 川へ行ったのだ.

次の

あの夏 柴田淳 歌詞情報

あの 夏 へ 歌詞

カラン コメント• 胸が締め付けられるくらい綺麗な歌詞ですね -- 名無しさん 2015-07-01 10:03:45• 夏が始まる時にも、夏が終わっていくときにも聴きたくなる。 もっと伸びてほしいなあ -- 名無しさん 2016-04-02 23:35:41• 胸がきゅっとなって、夏の夜の、日が沈む余韻に浸りたくなる。 最高です。 -- もやし 2017-07-26 12:53:45• 胸がすこし苦しくなって、夏がもっと好きになる。 そんな曲だと思います。 -- なのは 2017-08-17 18:36:10• 夏終わったけど夏恋しい…。 -- りお 2017-09-25 21:05:11• いい歌だぁ -- 名無しさん 2017-10-01 10:35:22• こんなん好きになるに決まってる。。 -- 藤宮 奏 2017-10-07 21:48:59.

次の

SPICY CHOCOLATE

あの 夏 へ 歌詞

夏になると聴きたくなる曲たちですね。 「あの夏へ」は映画の冒頭部分で使われていましたが、 「あの日の川」は、千尋がおにぎりを食べながら泣くシーンで使われています。 「あの夏へ」と「あの日の川」はよく似ているのですが、 「あの夏へ」はピアノでの伴奏が全般ですが、 「あの日の川」はどことなくハクの優しさを イメージさせるような柔らかい曲調です。 ハクと千尋の別れのシーンでの曲は、「帰る日」という曲です。 「あの夏へ」「あの日の川」「帰る日」はどれも似ていますが、 微妙に曲調が違うので、よかったらサントラで聴いてみてください^^ ちなみに、「あの夏へ」に歌詞をつけたものが「いのちの名前」という歌です。 イメージアルバムに収録されており、「あの夏へ」と同じ曲調ですが、 歌詞がなく、「ララララ・・・」というように 「ラ」だけで歌われているのが「あの日の川へ」です。 ニコニコ動画が見れるのであれば、下の動画に 「あの夏へ」「あの日の川」「帰る日」が他の曲とともに収録されています。 「いのちの名前」 余談ですが、もともと「あの日の川」の名前の由来は、 宮崎駿さんが、千と千尋の曲の作曲者の久石さんに 千と千尋の曲のイメージとして贈った詩が元なんです。 私はこれを見て、さらに千と千尋が大好きになりました。 「あの日の川で」 陽のさす裏庭から 忘れかけてた木戸をぬけ 生け垣が影おとす道をいく むこうから走ってくる幼い子は わたし ずぶぬれで泣きながらすれちがう 砂場の足跡をたどって もっと先へ いまは 埋もれてしまった川まで ゴミの間の水草がゆれている あの小さな川で、私はあなたに出会った 私のクツがゆっくり流れていく 小さな渦にまかれて消える 心をおおうチリが晴れる 目をかくすくもりが消える 手は空気に触れ 足は地面のはずみを受けとめる 誰かのために生きている私 私のために生きてくれてた誰か わたしは あの日 川へ行ったのだ わたしは あなたの 川へ行ったのだ.

次の