高知 工科 大学 野球 部。 高知工科大学

岡村甫

高知 工科 大学 野球 部

オープンキャンパスで硬式野球部の練習を公開します。 興味のある方は是非、見に来てください。 練習試合(対愛媛大学) 日時:2013年7月20日10時〜17時 場所:愛媛大学グラウンド• チーム全体の能力向上のため、1部のチームと練習試合を行います。 練習試合(対鳴門教育大学) 日時:2013年7月13日 10時〜16時30分 場所:鳴門教育大学グラウンド• チームにとっては価値ある練習試合となりました。 四国インカレ初戦(対松山大学) 日時:2013年6月28日 場所:鳴門大塚スポーツパークオロナミンC球場 結果:高知工科大学 4 - 8 松山大学• 一部のチームに序盤は善戦したが、後半は力の差を見せつけられた試合でした。 春季リーグ戦 入れ替え戦 日時:2013年5月18日 場所:鳴門教育大学 結果:第1試合 高知工科 0ー6 鳴門教育 第2試合 高知工科 2ー10 鳴門教育• 1部昇格を目指した大一番でしたが、いつも通りの力が出せず大敗してしまいました。 この悔しさをバネに次の秋季リーグでは1部昇格をできるよう練習を取り組んでいきたいです。 春季リーグ戦(対徳島大学) 日時:2012年5月4日 場所:鳴門教育大学 結果:14-4、5-2• 第2試合では接戦の末、タイブレークになり何とか粘り勝ちしました。 優勝まであと1歩です。 春季リーグ戦(対香川高専) 日時:2013年4月27日 場所:引田野球場 結果:6-5、14-2• 第一試合はタイブレークに持ち込む接戦になりましたが、何とか勝ちました。 春季リーグ戦(対徳島文理大学) 日時:2013年4月20日 場所:東部球場 結果:17-0、17-2• 両試合とも7回コールド勝ちでいいスタートが切れました。 秋季リーグ戦第3週目 vs 香川高専 日時:2012年9月8日 場所:高知市営球場 結果:第1試合 15-2、第2試合 8-7• 2試合目は接戦になりましたが、勝利することができました。 秋季リーグ戦第1週目 vs 徳島大学医学部 日時:2012年8月24日 場所:鳴門教育大学グラウンド 結果:第1試合 14-1、第2試合 28-2• リーグ優勝に向けて、いいスタートを切れました。 関西遠征 日時:2012年8月11〜14日 場所:関西• 和歌山大学、大成学院大学、神戸学院大学それぞれと試合試合を行いました。 全員野球で勝利した試合もあれば、惜しくも敗れてしまった試合もありました。 練習試合vs徳島大学、鳴門教育大学 日時:2012年7月21日 場所:鳴門教育大学グラウンド• 1部相手に、充実した練習試合ができました。 四国インカレvs松山大学 日時:2012年7月7日 場所:春野球場 結果:高知工科 0-3 松山大学• 試合内容は良かったですが、まだまだ力不足の結果となりました。 練習最終日 日時:2011年12月16日 場所:大学グランド• 今年の練習最終日です。 これまで一部昇格に向けて今まで以上に厳しい練習を行ってきました。 今年からブルペンが使用できるようになったので、来年に向けてより実践的な練習を行うとともに、さらなるレベルアップをはかりたいと思います。 練習試合 日時:2011年11月12日 場所:• 高知大学と新チーム初の練習試合です。 この試合で今年中の練習試合は最後になります。 これからは基礎を中心とした冬のトレーニングが始まります。 ミーティング 日時:2011年10月14日 場所:部室• 新チームの目標や各個人の役割について、ミーティングを行いました。

次の

硬式野球部

高知 工科 大学 野球 部

人が育つ大学 高知工科大学は「大学のあるべき姿を常に追求し、世界一流の大学をめざす」という高い志を掲げ、平成9年に開学しました。 一流の研究環境 最先端研究を支える最先端の装置・設備が充実。 こうした機器を学生たちが自由に使って実験できるところが、KUTならではの特長です。 来るべき社会に活躍できる人材の育成 充実した特待生制度をはじめとし、先進的な教育システムをいち早く導入。 自主・自律的な運営ノウハウを生かした革新的な大学運営を進めています。 世界の未来に貢献 一流の教員、屈指の最先端装置や設備によって高度な専門性を発揮した研究成果を多数創出。 地域のみならず世界の未来に貢献しています。 地域社会との連携と貢献 「専門性に基づいた社会と地域への貢献」をスローガンに、大学としての発展はもとより、地域の発展に役立つ大学として、全学で地域貢献に取り組んでいます。 TAG LIST• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020.

次の

大学野球

高知 工科 大学 野球 部

人物 [ ] 出身。 東京大学工学系研究科 専攻 修了。 東京大学学部長、第2代を経て高知工科大学理事長。 学生時代はの投手として、通算71試合登板、17勝35敗、2. 82、120。 から17勝を挙げるが、東京大学の投手として通算最多勝利記録となっている。 のちに同大で野球部監督・部長も務めた。 元理事長。 土木学会名誉会員、ACI名誉会員。 土木学会論文賞、コンクリート工学協会論文賞、日系BP技術賞、紫綬褒章、土木学会功績賞など。 略歴(主なもの) [ ]• 私立卒業• 東京大学大学院工学系研究科土木工学専攻博士課程修了、工学博士。 東京大学工学部専任講師。 米国研究員(1968年まで)。 東京大学工学部助教授就任。 東京大学工学部教授就任。 この間、英国客員教授、米国客員教授、タイ国客員教授。 東京大学大学院工学系研究科長(1998年まで)、東京大学工学部学部長(1998年まで)。 副学長に就任。 東京大学名誉教授。 1999年 第87代会長に就任(2000年まで)。 高知工科大学学長に就任(2007年まで)。。 高知工科大学理事長に就任。 逸話 [ ] 土佐高校時代、2年生までに受験勉強を済ませて東京大学への合格の確信を得たことから、3年生になって野球部に入部したという。 実際に東京大学工学部に現役合格している。 脚注 [ ].

次の