京都 市電 路線 図。 京都市認定路線網図提供システム

京都市電2

京都 市電 路線 図

各路線のご案内 叡山本線は、出町柳駅~八瀬比叡山口駅間 5. 6kmの路線です。 出町柳駅から一乗寺・修学院といった散策エリアを経て、高野川のほとりにある終点・八瀬比叡山口駅へ。 八瀬比叡山口駅からは、ケーブルカー・ロープウェイ(共に冬期運休)で比叡山頂へ、京都バスで大原へと向かうことができます。 【シンボルマーク】列車から見える比叡山をイメージし、ラインカラーは緑としています。 鞍馬線は、宝ケ池駅~鞍馬駅間 8. 8kmの路線です。 ほぼすべての列車が出町柳駅~宝ケ池駅間を直通運転しています。 名所・旧跡が点在する沿線を進み、列車は出町柳駅からわずか20分ほどで急勾配が連続する山の中へと入って行きます。 特に、市原駅~二ノ瀬駅間にある「もみじのトンネル」では、夏にはさわやかな青もみじ、秋には色鮮やかな紅葉がご覧いただけます。 【シンボルマーク】見ごろを迎えた頃のもみじをイメージし、ラインカラーは赤としています。

次の

終焉近い京都市電

京都 市電 路線 図

京都電気鉄道が1895 明治28 年に開業した路線を京都市が引き継ぎ、碁盤目の京都市内に路線網を広げましたが、1978 昭和53 年にその歴史に幕を閉じました。 最初に廃止されたN電の線路幅は1067mmで、その他の路線は標準軌の1435mmでした。 そんなに昔の京都市電の写真はありませんが、昭和40年代末~全廃までの京都市電の写真をご覧ください。 9 まずは、京都駅の写真からご覧ください。 京都駅前電停は、上の路線図のとおり、3方向から市電が発着しました。 この写真右の道路には、向こう 西 側から入るN電の電停があったのですが既に廃止されていました。 この写真の電停は、烏丸通につながる西側の電停で、4、6系統はここから出て、すぐ北の七条烏丸で東西に分かれました。 なお、最盛期の京都市電系統図は、otoohan. 27 京都駅前に6系統が到着しました。 6系統は京都駅-烏丸通-北大路-東大路-七条通-京都駅の東回り循環系統でしたが、この写真を撮ったときは烏丸通 七条烏丸以北 は既に廃止され、京都駅-七条通-東大路-北大路-烏丸車庫で走っていました。 東山通の清水寺や祇園へ行く観光客でいつも賑わっていました。 3本ある線路の真ん中の線路は、背面の東側電停につながっていました。 27 京都駅前の東側電停です。 河原町通りを走ってきた5系統や2系統はこの電停から発着しました。 以前は伏見・稲荷方面の電車もここから出ていたのですが、既に廃止されていました。 23 京都市電全線廃止1週間前の京都駅前です。 上の路線図 青線 の、外周線と京都駅へ入る路線だけが残っていました。 この当時、京都駅前の乗り場は、この東側電停1ヶ所になっていました。 6系統の電車も、塩小路経由で七条大橋に向かうようになりました。 23 「本願寺のローソク立て」と呼ばれた京都タワーをバックに市電が出発しました。 27 Nさん撮影 青空にそびえ立つ京都タワーをバックにした2系統です。 河原町通を北上、今出川から東進、銀閣寺に向かいます。 その先、丸太町通・西大路を通り西大路九条まで走ります。 27 Nさん撮影 4系統は、6系統と対称の西回りで、烏丸通・北大路・西大路・七条通を走る系統だったのですが、烏丸通 七条烏丸以北 は廃止されていました。 23 塩小路から最後のSカーブを曲がり、京都駅前に到着する6系統です。 23 京都駅を出発してきた6系統の1868号です。 東大路 東山通 経由で烏丸車庫に向かいます。 カーブを曲がって七条通に向かいます。 23 京都タワーをバックに角を曲がります。 23 七条河原町~七条大橋 鴨川の七条大橋を渡ります。 左奥の方に京阪特急3000系が見えます。 3 京阪七条駅ホームから見ました。 鳩のマークが誇らしげな1900系特急の前を4枚折り戸の700形京都市電が横切りました。 23 京阪本線と京都市電の平面交差です。 駅員が踏切遮断機の役割をしていました。 京阪本線と京都市電の平面交差は3ヶ所 四条・七条・伏見稲荷 ありましたが、最後まで残ったのはこの七条です。 市電との平面交差があったので、京阪本線は長らく600Vでしたが、市電廃止後の1983(昭和58)年に1500Vへ昇圧しました。 23 踏切警手?の赤旗に守られて、京阪特急3000系が通ります。 23 七条の踏切で京阪特急がすれ違いました。 京阪本線の西側 鴨川の橋の上 から撮っています。 23 京阪本線との平面交差を通り過ぎる京都市電です。 架線のデッドセクションの配線がなかなか面白いです。 23 京阪本線の東側です。 京阪特急の手前に見える電停が、七条大橋電停です。 写っている電停は、博物館三十三間堂前です。 23 また振り返って京阪本線の踏切を見ました。 特急車と一般車のすれ違いです。 このは、東山七条から東大路・九条通を時計回りで東寺に向かいます。 2016 H28. 27up 津島軽便堂 へ へ 参考図書 「世界の鉄道'73」 朝日新聞社 1972 昭和47 年10月発行.

次の

京都市電

京都 市電 路線 図

京都市電烏丸線(きょうとしでん からすま せん)は、 京都市の目抜き通りである烏丸通に敷設されていた軌道路線。 明治終期から大正期に掛けて施行された 京都市三大事業の一つである[道路擴築竝電氣鐵道敷設事業]と、それを延長する[都市計畫軌道延長事業]の一環として建設された。 路線は京都駅前から北区小山までの市街中心を南北に貫く基幹であった。 烏丸通に面しており数多くの信徒を擁する東本願寺は敷設事業に際し、門前を電車が走行した場合の参拝者との接触事故を憂慮し、買収した東向かいの土地と軌道設計変更費用等を合わせた寄付を伴って周辺の軌道敷を東寄りへ迂回させることを市に要望し、市会の承認を得て実現させている。 1974年(昭和49年)度開始の「 京都市高速鉄道 烏丸線建設事業」に際し、七条線系統が乗り入れる七条烏丸-京都駅前を残して路線の大部分が 廃止された。 残る区間は1977年(昭和52年)に七条線と同時に 廃止となっている。 富小路通り• 福寿園• 西南角• 神宮道• 富小路交差点• 徳正寺町• 京阪祇園四条• 駅名表示板コレクション• 徒歩9分• 徒歩7分• 寂光院• 烏丸下• 丸太町• 合宿免許• 市営地下鉄• 向かう• 日出鮨• 次第お知らせ• 出口直結• 決まり• いたします• 京都地下鉄烏丸線• 出町柳駅• ゴルフ場入り口• 村松行き• 案内看板手前• 楕円形• カーヴ• 国際会館下車• 上ル西側• 烏丸駅• 降りたら• 見えたら• 取り付け• 京都バス• 京阪本線• 約15分• 車止め• 約10分• 下さい• 見えます• ホテル• 目的地• 便利です• プリンチペッサ• 上賀茂御薗橋下車スグ無料駐車場• ディアー• ayako• 西賀茂車庫行き• リバウンド• 青のりば• オフィシャルブログ• 京都環状線• Dear• 北大路駅北大路駅直結• ヨーゼフ• ネット予約• 関西文化学術研究都市• 約13分• セラピスト• ご連絡• 美味しい• 出られない• バスターミナル• 奈良市• レッスン• 交通手段• 奈良県• 気軽に• サロン• ご予約• 致します• お待ち• 折り返し• リラクゼーションサロン• ホームページ• 出口1番• 大容量• 植物園• 鞍馬口• B2乗り場• 烏丸駅下車• 非電化区間• ACCUM• 出町柳• 市バス• 備えて• 市営地下鉄烏丸線• テスト不動産• 錦市場• 蓄電池• JR東• 今出川• 徒歩5分• 東北本線• 徒歩10分• 六地蔵駅• 京町家• スイッチ• 上立売• TAMOA韓国語教室• 烏丸御池駅下車6番• 素夢子古茶屋• 烏丸西入徒歩1分• 六地蔵• 上がる• 上京区• 中京区• 申し上げます• TEL• 問い合わせ• 京都市営烏丸線• 北大路• 左30m• 北山駅• 烏丸御池駅• コラボ• 外観写真• いただけます• 近鉄京都線• コチラ• 銀閣寺• 乗り換え• 食材費• 上ル東側• 参加費• house• 烏丸地下道• 室町角• 左20• 京都産業会館• 阪急電車京都線• 下京区• 京都府• 最寄り駅• Little• ちいさい• 鶏鉾町• ギャラリー• アクセス• カウンター• 行ってきました•

次の