電話 録音 アプリ iphone。 iPhone対応通話録音アプリベスト5

iPhoneでも手軽に通話を録音する方法があった

電話 録音 アプリ iphone

会話を録音したい時はきっとあるでしょう。 残念ながら、iPhoneのシステムには通話を録音する機能がついていません。 が、Appleを責めても仕方ありません。 なぜなら、アメリカを含めた一部の国では電話録音は違法行為とされていますから。 しかし、会話を録音したい時は誰にもあるはずです。 iOSにはそんな機能がないのなら、App Storeからスマホ通話を録音できるアプリを探すしかありません。 どんなアプリをお探しでもApple App Storeにはたくさんの選択肢があります。 もちろん、通話録音アプリも容易く探し出せます。 たくさんある中から、一番実用性のある通話録音アプリはどれでしょうか?これからiPhone対応通話録音アプリベスト5をご紹介しますので、ご参考ください。 TapeACall Proは間違いなくiPhone対応の通話録音アプリの中のナンバーワンでしょう。 値段がの少し高いアプリですが、機能のいい通話録音アプリをお探しでしたら、TapeACallは一番いい選択肢でしょう。 着信通話でも、発信電話でもTapeACallで録音できます。 すぐに録音できるし、録音した通話をシェアすることも可能です。 メッセージ、Facebookやツイッターにシェアすることはもちろん、DropboxやGoogle Driveなどにアップロードすることも可能です。 メールに添付して自分に転送することもできますよ。 TapeACall Liteを使えば無制限にスマホ通話を録音できますが、はじめの60秒しか聞けません。 Proバージョンにはそんな欠点がありません。 どんな長電話でも録音できるし、聞くこともできます。 TapeACall Proバージョンの価格は1200円で、安いとは言えないが、iPhone対応の通話録音アプリの中ではベストです。 このアプリはiOS 6以降の機種に対応します。 iPhone対応の自動コールレコーディングアプリと言えば、コールレコーダー— IntCallもその一つです。 電話番号を入力するだけで録音が可能になります。 録音されたスマホ通話はコールレコーダー— IntCallのVOIPサーバーに保存され、お持ちのスマホで録音を再生することもできます。 メールで録音をシェアできるし、iTunesを使ってパソコンに同期することもできます。 録音ファイルにタイトルを付けることも可能なので、録音ファイルの整理も簡単です。 Apple App Storeから無料でダウンロードできますが、より多くの通話を録音するためにはクレジットカードで支払い必要があります。 このアプリはiOS 4. 3以降の機種に対応します。 このアプリを使えば、着信や発信、両方を録音できます。 録音できる時間やレコーディングの数の制限がありません。 しかし、PROにアップグレードすると通話全体を聞くことができますが、そうしないと六十秒しか聞けません。 利用方法は以上になります:まず、電話番号を入力してレコードをタップします。 つぎに、有効になるまで待ち、[通話を追加]をタップし、連絡先に電話をかけます。 「マージコール」をタップすれば録音開始します。 iOS 10. 0 以降に対応します。 StarTの特徴はガチャで通話料を稼げることです。 ガチャを回して獲得したポイントは通話料として使えます。 国際電話は格安で提供されていますし、三者通話もできますよ。 StarTには通話録音機能が付いていて、スマホ通話を録音したあと、iPhoneで再生できます。 i-StarTで録音ファイルはお持ちのパソコンにもダウンロードできます。 もちろん、録音機能のご利用は無料です!このアプリはiOS 5. 0 以降の機種に対応します。 「通話録音 - コールレコーダー」を使えば簡単に通話を録音できます。 録音ファイルに個別の名前を付けることも、録音を共有することも可能です。 ちなみに録音数は制限なしなので、大事な録音ファイルを削除する必要もありません。 アプリ画面はシンプルでビジネスマンにピッタリです。 ただし、全ての機能を使うには課金する必要があります。 登録しない限り新たに通話を録音できません(以前の録音を再生できます)。 さらに、7日間無料トライアルを試すことができます。 期間中、全ての機能が使用可能となります。 iOS 9. 0 以降の機種にしか対応しませんのでご注意ください。

次の

iPhone通話録音可能のiPhone 録音 アプリ オススメ

電話 録音 アプリ iphone

iPhoneで電話中に会話を録音する方法7選 iPhoneの既存のサービスでは通話を録音する機能は搭載されていません。 これは、iPhoneは世界中で販売されており、Appleのあるアメリカでは通話録音することは法律上禁止されているためです。 録音アプリのボイスレコーダーアプリがデフォルトでインストールされていますが、ボイスレコーダーアプリも通話を録音することはできません。 通話を録音するには、アプリを使用するか、ボイスレコーダーなどのアイテムを使用する必要があります。 通話を録音する場合は、1番合った方法でおこないましょう。 アプリを使ってiPhoneの会話を録音する方法 TapeACallアプリを使うことで、簡単にiPhoneの会話を録音することができます。 TapeACallアプリで会話を録音したい場合には、通常の通話ではなくiPhoneのグループ通話を使います。 iPhoneでグループ通話をできるのは、ソフトバンクとauのみとなっていますので、ドコモのiPhoneではTapeACallアプリを使って会話を録音することはできません。 録音したい場合は、通話をする前にTapeACallアプリを起動させます。 初めてTapeACallアプリを起動する際は、起動コードを事前にSMSで受け取っておく必要があります。 TapeACallアプリを起動し、画面に表示される録音ボタンを押します。 すると、iPhoneの通話画面に切り替わります。 通話画面に切り替わったら、左下にある「通話を追加」を選択します。 少し時間を置くと「通話を追加」が「グループ通話」に変更しますので、グループ通話を選択し、会話を録音したい相手に連絡をします。 これだけで、相手との会話を録音してくれます。 TapeACallアプリは、無料版だと60秒しか再生することができませんが、有料版であれば何件でも会話を録音することができ、どれだけの長さでも無制限に録音することができます。 録音したデータはクラウド上に1年間保存されますので、いつでも聞き直すことができ、データをフェイスブックやTwitterなどのSNSで共有することもできます。 MP3フォーマットでメールで送信することなどもできる便利な会話録音アプリです。 ボイスレコーダーを使用する ボイスレコーダーを使用することで簡単にiPhoneで電話中の会話を録音することができます。 iPhoneなどのスマホの会話の録音にも特化したBluetooth対応のボイスレコーダーが多く販売されており、200〜300時間録音することができるボイスレコーダーも多く、内蔵スピーカーや内蔵マイクも備わっていますので、イヤホンなどを使わなくてもハンズフリーに対応しています。 ボイスレコーダーに録音したデータはフォルダなどで管理され、パスワード保護がされますので、セキュリティ上も安心です。 コンパクトサイズなものが多いため、持ち運びも簡単におこなうことができます。 新たにボイスレコーダーを購入予定の方は、スマホ対応でBluetoothにも対応しているものを選ぶと良いでしょう。 テレフォンピックアップを使用する テレフォンピックアップを使うことでiPhoneの会話を録音することができます。 ただし、テレフォンピックアップだけでは録音することができませんので、ボイスレコーダーなども必要になります。 レコーダーの端子にテレフォンピックアップを接続し、イヤホン部分に受話器をあてて会話するだけで録音することができます。 最初にテレフォンピックアップを購入しなければいけませんが、アプリなどを使って録音するのに抵抗がある場合におすすめの方法です。 ご自宅にテレフォンピックアップやレコーダーがある場合は、テレフォンピックアップを使って録音してみましょう。 imemoを使用する iPhoneの通話レコーダーでもあるimemoを使用することで、簡単に通話中の会話を録音をすることができます。 使い方は非常に簡単で、iPhoneのイヤホンジャックに挿し込み、録音したい相手から電話がかかってきらた録音ボタンを押すだけです。 imemoは、通話録音だけでなく、ボイスレコーダーやUSBメモリーとしても使うことができます。 また、音楽を聴く際のオーディオアンプの代わりにもなります。 クラウドファンディング中でまだ未発売ですが、ワンボタンで通話を録音できる優れものです。 Androidでインターネットを... 403,986件のビュー• Android端末を利用している... 377,055件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,042件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,508件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,367件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 228,112件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,990件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,801件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,494件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 192,128件のビュー.

次の

iPhone対応通話録音アプリベスト5

電話 録音 アプリ iphone

会話を録音したい時はきっとあるでしょう。 残念ながら、iPhoneのシステムには通話を録音する機能がついていません。 が、Appleを責めても仕方ありません。 なぜなら、アメリカを含めた一部の国では電話録音は違法行為とされていますから。 しかし、会話を録音したい時は誰にもあるはずです。 iOSにはそんな機能がないのなら、App Storeからスマホ通話を録音できるアプリを探すしかありません。 どんなアプリをお探しでもApple App Storeにはたくさんの選択肢があります。 もちろん、通話録音アプリも容易く探し出せます。 たくさんある中から、一番実用性のある通話録音アプリはどれでしょうか?これからiPhone対応通話録音アプリベスト5をご紹介しますので、ご参考ください。 TapeACall Proは間違いなくiPhone対応の通話録音アプリの中のナンバーワンでしょう。 値段がの少し高いアプリですが、機能のいい通話録音アプリをお探しでしたら、TapeACallは一番いい選択肢でしょう。 着信通話でも、発信電話でもTapeACallで録音できます。 すぐに録音できるし、録音した通話をシェアすることも可能です。 メッセージ、Facebookやツイッターにシェアすることはもちろん、DropboxやGoogle Driveなどにアップロードすることも可能です。 メールに添付して自分に転送することもできますよ。 TapeACall Liteを使えば無制限にスマホ通話を録音できますが、はじめの60秒しか聞けません。 Proバージョンにはそんな欠点がありません。 どんな長電話でも録音できるし、聞くこともできます。 TapeACall Proバージョンの価格は1200円で、安いとは言えないが、iPhone対応の通話録音アプリの中ではベストです。 このアプリはiOS 6以降の機種に対応します。 iPhone対応の自動コールレコーディングアプリと言えば、コールレコーダー— IntCallもその一つです。 電話番号を入力するだけで録音が可能になります。 録音されたスマホ通話はコールレコーダー— IntCallのVOIPサーバーに保存され、お持ちのスマホで録音を再生することもできます。 メールで録音をシェアできるし、iTunesを使ってパソコンに同期することもできます。 録音ファイルにタイトルを付けることも可能なので、録音ファイルの整理も簡単です。 Apple App Storeから無料でダウンロードできますが、より多くの通話を録音するためにはクレジットカードで支払い必要があります。 このアプリはiOS 4. 3以降の機種に対応します。 このアプリを使えば、着信や発信、両方を録音できます。 録音できる時間やレコーディングの数の制限がありません。 しかし、PROにアップグレードすると通話全体を聞くことができますが、そうしないと六十秒しか聞けません。 利用方法は以上になります:まず、電話番号を入力してレコードをタップします。 つぎに、有効になるまで待ち、[通話を追加]をタップし、連絡先に電話をかけます。 「マージコール」をタップすれば録音開始します。 iOS 10. 0 以降に対応します。 StarTの特徴はガチャで通話料を稼げることです。 ガチャを回して獲得したポイントは通話料として使えます。 国際電話は格安で提供されていますし、三者通話もできますよ。 StarTには通話録音機能が付いていて、スマホ通話を録音したあと、iPhoneで再生できます。 i-StarTで録音ファイルはお持ちのパソコンにもダウンロードできます。 もちろん、録音機能のご利用は無料です!このアプリはiOS 5. 0 以降の機種に対応します。 「通話録音 - コールレコーダー」を使えば簡単に通話を録音できます。 録音ファイルに個別の名前を付けることも、録音を共有することも可能です。 ちなみに録音数は制限なしなので、大事な録音ファイルを削除する必要もありません。 アプリ画面はシンプルでビジネスマンにピッタリです。 ただし、全ての機能を使うには課金する必要があります。 登録しない限り新たに通話を録音できません(以前の録音を再生できます)。 さらに、7日間無料トライアルを試すことができます。 期間中、全ての機能が使用可能となります。 iOS 9. 0 以降の機種にしか対応しませんのでご注意ください。

次の