嘔吐中枢。 嘔吐

医療 薬 : 中枢性摂食異常症 概要 [摂食障害]

嘔吐中枢

神経性嘔吐症とは、 心因性嘔吐症ともいい、何らかの原因で 頻繁な嘔吐、吐き気、気分不良などの症状が出る病気です。 神経性嘔吐症は、もともと 子どもさんに多い病気です。 しかし、最近では大人の方にも神経性嘔吐症の症状を訴え、悩まれる方が増えているとされています。 神経性嘔吐症の症状が悪化すると、嘔吐や吐き気が誘発される頻度が増えるため、通常の日常生活を送ることが難しくなります。 しかしながら、 中にはご自身が神経性嘔吐症と知らずに過ごしている方もいらっしゃいます。 なぜ自分だけが嘔吐を繰り返してしまうのかと、ひとりで悩みを抱えてしまっているという方は少なくありません。 また、病院で神経性嘔吐症と診断を受けても、 完治はしないと告げられるケースもあります。 そのため、ご自身が神経性嘔吐症であると分かっていても、病気と向き合うことをあきらめてしまっている方がいらっしゃいます。 神経性嘔吐症を治すためには、神経性嘔吐症の症状・原因・治療について知ることが大切です。 このページでは、神経性嘔吐症を治したい方のために、神経性嘔吐症の症状・原因・治療について詳しく説明しております。 【目次】• 神経性嘔吐症とは、とくに 健康上の問題がなく、主に精神的ストレスが原因で頻繁に嘔吐や吐き気が生じる状態をさします。 神経性嘔吐症は、もともとストレス耐性が低く脳の発達が完全でない子どもさんに多い病気とされていました。 しかし、 最近では大人になって神経性嘔吐症を発症する方もいるとされています。 神経性嘔吐症の嘔吐や吐き気は 条件反射で起こることが多くあります。 嘔吐を頻繁にする方の中には、人前で吐いてしまうことに 嫌悪感や恐怖感を抱いていることが少なくありません。 そのため人と会うことを避けるようになり、不登校や引きこもりなどの状態を作り出してしまう場合もあります。 食後に条件反射で症状が出る場合は、 食べることを避けるようになり、結果として摂食障害を引き起こすこともあります。 神経性嘔吐症の症状は、過度の緊張や不安な気持ちを抱いたときなど、 主に精神的ストレスによって発作的に引き起こされます。 神経性嘔吐症の症状の現れ方は人によってさまざまですが、何か 特定の条件下で症状が誘発されると考えてよいでしょう。 ただし、摂食障害のように体重減少が認められることはほとんどありません。 また、腹痛や便の異常といった消化器症状も伴わないとされています。 嘔吐 決まった刺激が加わったときに嘔吐する場合や、一度嘔吐が誘発されると頻繁に繰り返す場合など、嘔吐が発生する状況や頻度は人それぞれです。 苦手な食べ物が飲み込めずに嘔吐した場合、次に同じ食べ物を見た際に反射的に嘔吐が誘発されるということもあります。 子どもさんに見られる 自家中毒(習慣性嘔吐症)では、嘔吐が数時間から長いときには数日間ほど続きます。 嘔吐が習慣的に繰り返されると、食道と胃の境目の粘膜が炎症を起こし、胸の真ん中あたりに痛みを自覚することがあります。 吐き気 吐き気も神経性嘔吐症の症状の一つです。 精神的ストレスが生じた際に、吐き気や気分がすぐれないなどの症状が現れることがあります。 嘔吐がなくても、常に吐き気のある状態では 日常生活に支障をきたしてしまいます。 これらの症状は長期間続く場合があります。 症状が反射的に出現するケースでは、ご自身で 制御ができない場合がほとんどです。 一方で、神経性嘔吐症の症状が出ていないときは普段通りの生活を送ることができます。 神経性嘔吐症の原因ははっきりとしているわけではありません。 しかし、 精神的ストレスが深く関係しているのではないかと考えられています。 また、子どもさんでは嘔吐中枢が十分発達しきれていないため、嘔吐が誘発されやすいのではともされています。 精神的ストレス 精神的ストレスがかかると嘔吐や吐き気といった症状が誘発されるとされています。 延髄というところにある 嘔吐中枢は、自律神経などによって、大脳皮質やのど・心臓・消化管などの各器官とつながっています。 大脳皮質が精神的ストレスを感知すると、その刺激が神経を介して延髄にある嘔吐中枢に伝わります。 それによって、 嘔吐や吐き気といった症状が誘発されると考えられています。 また精神的ストレスがかかる状態が続くと、自律神経の乱れを起こしやすくなります。 その 自律神経の興奮が嘔吐中枢を刺激することでも、神経性嘔吐症の症状を引き起こすと考えられます。 精神的ストレスを引き起こす要因は、• 進学、就職• 転校、転勤、転職• 試験や発表会などの イベント• 特定の人物に対する 苦手意識• 家庭環境• 食べ物の 好き嫌い などが考えられます。 嘔吐中枢が未発達 嘔吐中枢は、延髄と呼ばれる部位にあります。 成長発達段階にある子どもさんでは、延髄が完全に発達しているとはいえません。 そのため、 少しの刺激でも嘔吐中枢に伝わり、嘔吐や吐き気などの症状が誘発されるとされています。 また子どもさんは大人ほどストレスに強いわけではありません。 そのため、神経性嘔吐症を発症しやすいといえます。 神経性嘔吐症を 引き起こしやすい性格 何ごとにも まじめに取り組む几帳面な性格、細かいことが気になる神経質な性格の持ち主は、神経性嘔吐症を発症しやすい可能性があります。 また、集団生活や状況の変化に対して苦手意識のある方も、発症しやすいといえるでしょう。 神経性嘔吐症の治療は、主に薬物療法による対症療法と精神的ストレスの軽減を並行して行います。 制吐薬による対症療法 嘔吐や吐き気を抑えるために、 制吐薬や抗不安薬などを服用します。 頻繁に嘔吐を繰り返しているなど早急に嘔吐を止めたい場合は点滴を行います。 心理療法 カウンセリングなどを通し、神経性嘔吐症でお困りの方が置かれた状況を認めつつ、 ストレス耐性を高める働きかけを行っていきます。 定期的に受診をして今の状況を人に話すだけでも、状況が改善する場合があります。 また、特定の状況が神経性嘔吐症を発症する原因となっている場合、 認知行動療法を通して、ご自身の中に根付いた思い込みをほどき、そのほかの可能性に目を向けられるようになることもあります。 精神的ストレスが軽減されたり、ストレス耐性が高まったりすると、乱れていた自律神経が整い症状の改善も見込めます。 神経性嘔吐症は、自律神経との関連が深い病気です。 自律神経のバランスを整えることにより、神経性嘔吐症の症状が改善します。 神経性嘔吐症は、しっかりと治療をすればよくなる病気です。 どうぞあきらめないでください。

次の

嘔吐

嘔吐中枢

POINT 悪心・嘔吐とは• 嘔吐とは、消化管の内容物を口腔外にはき出すことである。 悪心や嘔吐は、延髄外側網様体に局在する嘔吐中枢が刺激されることで発生し、嘔吐中枢の付近にある消化管運動中枢、呼吸中枢、唾液中枢、前庭神経核などが同時に刺激されることで消化管運動障害、呼吸不整、血圧変動、徐脈(頻脈)、顔面蒼白、冷や汗、唾液分泌、めまいなどが発生することがある。 また、悪心・嘔吐には中枢性のものと末梢性のものが存在する。 POINT 嘔吐の種類• 中枢性嘔吐(悪心) 嘔吐中枢に対する直接的な刺激(脳圧の上昇など)、化学受容体誘発帯を介した刺激、高位中枢(大脳皮質や感覚器)からの刺激によって生じる。• 末梢性嘔吐(悪心) 各臓器からの求心性の刺激(末梢から中枢に向けた刺激)が、迷走神経、視神経、内蔵交感神経などを介して嘔吐中枢に伝達されることによって生じる 中枢性嘔吐(悪心)は、嘔吐中枢に対する直接的な刺激(脳圧の上昇など)、化学受容体誘発帯を介した刺激、高位中枢(大脳皮質や感覚器)からの刺激によって生じる。 それに対して 末梢性嘔吐(悪心)は各臓器からの求心性の刺激(末梢から中枢に向けた刺激)が、迷走神経、視神経、舌咽神経、嗅神経、前庭神経、内蔵交感神経などを介して嘔吐中枢に伝達されることによって生じる。 中枢性悪心・嘔吐が関係する代表的な疾患 中枢性嘔吐(悪心)の原因となる代表的な疾患をまとめる。 眼圧亢進 脳出血、脳梗塞、頭蓋内血腫、頭部外傷、脳腫瘍、脳潰瘍 脳循環障害 片頭痛、低酸素血症、脳炎、髄膜炎 代謝・内分泌・電解質障害 つわり、尿毒症、糖尿病、甲状腺機能障害、肝不全、低ナトリウム血症、高カルシウム血症 薬物 シスプラチン、モルヒネ、ST合剤、ブロモクリプチン、テオフィリン、ニコチン、アルコール 精神障害 ストレス、鬱状態 末梢性悪心・嘔吐が関係する代表的な疾患 末梢性嘔吐(悪心)の原因となる代表的な疾患をまとめる。 消化器系・腹膜系疾患 腸閉塞、大腸がん、胃がん、食道がん、腸重積、アカラシア、幽門狭窄、胃・十二指腸潰瘍、胃腸運動機能異常、急性肝炎、胆嚢炎、胆管炎、膵炎、胆石症 咽喉頭刺激 扁桃炎、副鼻腔炎 前庭刺激 乗り物酔い、中耳炎、メニエール病 尿路系疾患 尿路胆石、腎盂腎炎 婦人科系疾患 卵管炎、子宮外妊娠 心疾患 狭心症、心筋梗塞、うっ血性心不全.

次の

悪心・嘔吐に関するQ&A

嘔吐中枢

心因性嘔吐症(神経性嘔吐症ともいいます)は、嘔吐の原因となる異常が身体には明らかになく、 心理的なストレスが原因で嘔吐する病気です。 吐いてしまう場面は、「不安や緊張を感じる場面」であることが多いです。 心因性嘔吐症はストレスからくるのですが、本人は原因となるストレスを自覚していない場合もあります。 また、頭が吐くことを覚えてしまうと、「バスの中で吐いてしまってからは、バスを見るだけで吐くようになる」、「緊張する場面を想像するだけで吐いてしまう」などの症状になることもあります。 心因性嘔気症との違い とても似た病気に「心因性嘔 気症」というのがあります。 これも心因性嘔吐症と同じように心理的なストレスで吐き気がくるのですが、 吐くことはほとんどない病気です。 吐いてしまう場合は「心因性嘔吐症」、吐き気で止まる場合は「心因性嘔 気症」です。 心因性嘔吐症は子供に多い 心因性嘔吐症は子供に多く発症する病気です。 成長途中の子供は脳の中枢神経系が未発達であり、ストレスへの対処もまだ不十分なので心因性嘔吐症にかかりやすいとされています。 しかし、 大人でもかかることはあります。 この場合、30歳未満の若年者が多く、吐くところまではいかず、吐き気で止まっているケース(心因性嘔 気症)が多いです。 なぜ吐いてしまうのか? 心因性嘔吐症では検査しても胃など、身体に異常はありません。 それなのに、なぜ吐いてしまうのでしょうか。 まず、人間の脳には嘔吐中枢やCTZと呼ばれる、「吐くことをコントロールする部分」があります。 過剰にストレスを抱え、処理しきれなくなると、神経がこのCTZを刺激してしまい、吐いてしまうと考えられています。 CTZ(chemoreceptor trigger zone) CTZとは、本来は体内の有害な薬物や毒物に反応して嘔吐中枢に刺激を送る器官です。 あまり難しく考える必要はなく、「 この部分が反応すると吐こうとする」とだけ理解できれば大丈夫です。 「吐く」とはストレスが溜まっているサイン 「ストレスを吐き出す」という言葉を聞いたことがあると思います。 東洋医学的には、ストレスを解消せず、過剰に溜めてしまうと、体は「吐く」ということでストレスを解消しようとします。 つまり、「吐く」というのは体からのサインなので、「吐く」という部分にだけ注目せず、その原因を探すようにしてください。 原因を解消すれば、精神的に吐き出すものもなくなるので、食べ物を「吐く」ということもなくなっていきます。 治療方法 心因性嘔吐症の完治において一番大事なことは、原因となるストレスを解消する。 そして、 頭と体に定着してしまった「吐く」という行動を忘れさせることです。 これがなかなか難しい部分ではありますが、具体的にやることは、「できるだけ吐かない時間を長くする」ということです。 最初は3日、次は1週間、その次は1ヶ月間吐かないことを目標にしていきます。 1ヶ月以上吐き気すら来なければ大分回復しています。 人間は忘れていく生き物ですから、1ヶ月も「吐く」ということをしなければ、頭と体からかなり抜けているはずです。 (治療開始時の重症度によって、ここの期間には個人差があります) 完全に頭と体が忘れれば、「緊張する場面」など、前なら吐いてしまっていた場面になっても吐き気すらしなくなります。 具体的なことは治療法のページに書いています。 吐く回数が少ない場合も、ミネラルなどが失われてしまうので、水ではなくスポーツドリンクなどで補給するようにしてください。 また、吐くことを恐れてご飯を食べなくなる人がいます。 「ストレスを溜めずに上手に対処していけば吐くことはなくなる」ということを理解させるようにして、少しづつ対応してください。 食道炎 胃酸が食道を通過するため、食道を傷つけてしまうことがあります。 水を飲んで胃酸を洗い流すなどの対策を行ってください。 虫歯 また、胃酸が口を通ると、歯が酸で溶かされて虫歯になりやすくなってしまいます。 こちらも水を飲んで酸を洗い流すことで対策できます。

次の