ソルリ 追悼 芸能人。 f(x)ソルリの死因と自殺理由~ジョンヒョンとの関係も総まとめ

元KARAク・ハラ死亡の原因はなぜ?リベンジの噂や自殺未遂の理由も調査

ソルリ 追悼 芸能人

今回のニュースの概要 キムヒチョルが亡くなったソルリやクハラがな亡くなったことに対してとても残念に思っていること、また彼女たちを死に追いやった原因である悪質コメントに怒りを表した。 ヒチョルが出演した「77億の愛」とは? ヒチョルが今回出演した韓国のバラエティ番組「77億の愛」ですが、2020年2月からスタートした新番組なんです。 この番組は全世界の人口77億人を代表する世界各国の男女が何人か出演し、国際カップルの悩みや事例を通じて今の世代の恋愛と結婚、そして異性に関する考えと文化を語る恋愛討論番組なんです。 出演者はシンドンヨプやキムヒチョル、女優のユインナ。 そこにプラスして各国の代表である人たちも出演しています。 日本代表ももちろんいて、「ハルタミズキさん」という女性が出演しています。 番組内で故ソルリ・ハラへの悪質コメントに激怒 4月20日に韓国のJTBCで放送されたバラエティ番組である「77億の愛」にスーパージュニアのメンバーであるキムヒチョルがゲストとして出演しました。 キムヒチョルは韓国の社会問題の一つとなっている芸能人たちへのネット上での悪質コメントについて語り、悪質コメントで傷つき自ら命を絶ってしまったソルリとクハラについて語りました。 去年歌手のソルリとクハラが自ら命をたってしまったという二人の相次ぐ悲報によって、韓国社会では悪質な書き込みに対する深刻性が台頭した状況です。 韓国の有名検索サイトである「NAVER」「DAUM」では社会問題である悪質コメントを少しでも無くすために、芸能人に関するニュースにはコメント欄を無くしました。 またその他のニュースでは、コメントを残した人がほかにどんなコメントをしているのかなどの情報が見れるようになるなど対策をしました。 ソルリとクハラ2人と親交が深かったヒチョルは、この二人のことを思い浮かべながら残念であると番組内で語り、悪質コメントに対する怒りをあらわにしました。 「77億の愛」では何が語られたの? ここからはキムヒチョルや出演者たちが「77億の愛」でどんなことを語ったのか紹介したいと思います。 キムヒチョル IUはとんでもないデマや悪質コメントを乗り越えて賢明に活動する友達だと思う。 悪質コメントをする者を見ると、加害者が本人の不遇な状況や精神的ストレスを訴え、むしろ被害者のIUを加害者のようにさせた。 IUはそういうコメントを見てとても荒唐無稽だと言っていた。 IUは絶対許さないと言っていた キムヒチョルや出演者たちはこのような発言を番組内でしていました。 ヒチョルは亡くなった二人の友人でもあるということですし、自身も歌手として芸能人として仕事をしている立場であるので、二人がどれだけ辛かったかという気持ちがとても理解できたのでしょうね。 まとめ 今回はスーパージュニアのメンバーであるヒチョルが、友人である二人の悲しいニュースの原因である悪質コメントについて怒りをあらわにしたというニュースについてお伝えしてきました。 社会問題ともなっている悪質コメントですが、二人の尊い命の犠牲から有名検索サイトが行動してくれたおかげで対策が取られ、ずいぶん悪質コメントが減ったという情報がありました。 二人の死はとても悲しいですが二人の死を無駄にしないためにも、今後も積極的にこういった対策を行っていけたらいいですね。

次の

タレントのホン・ソクチョン「ソルリがSNS非公開アカウントで暗い心境を吐露し心配だった」|人間翻訳機の雑食サイト

ソルリ 追悼 芸能人

ソルビは25日、自身のInstagramに、芸能人に対する悪質な書き込みについて長文のコメントを掲載した。 ソルビは「10年前と今、何も変わっていないし、変化できなかったことが非常に悲しい。 韓国の多くの芸能人は、悪質な書き込みという犯罪による苦痛を何度も訴えた。 私も同じ」とし、「悪質なコメントを残す人々は加害者であるにもかかわらず、人権保護という善処の下に身を隠し、そのような攻撃を受ける芸能人たちは被害者であるにもかかわらず、何もまともに言えなかった」と訴えた。 続けて「これからは力を合わせて問題の深刻さを知らせ、制度の変化を模索し、皆がこれ以上傍観するようなことが起こらないことを願う」とし、「悪質な書き込みを残した人々が狙いやすい芸能人だけでなく、多くの被害者の人権を保護できる法案の改正が切実に必要だ」と主張した。 ・ ・ 【ソルビ Instagramコメント全文】 10年前と今、何も変わっていないし、変化できなかったことが非常に悲しいです。 韓国の多くの芸能人は、悪質な書き込みという犯罪による苦痛を何度も訴えました。 私も同じでした。 悪質なコメントを残す人々は加害者であるにもかかわらず、人権保護という善処の下に身を隠し、そのような攻撃を受ける芸能人たちは被害者であるにもかかわらず、何もまともに言えませんでした。 このような問題は、単なる書き込み文化だけのせいでしょうか。 その仕組みをずっと傍観し続けてきた多くのマスコミとポータルサイトを含むメディアにお聞きしたいです。 私は芸術という道具を通じて被害者の苦痛を訴えました。 そして放送でもずっと発言してきましたが、私の話はあまりにも弱いです。 これからは力を合わせて問題の深刻さを知らせ、制度の変化を模索し、皆がこれ以上傍観するようなことが起こらないことを願います。 悪質な書き込みを残した人々が狙いやすい芸能人だけでなく、多くの被害者の人権を保護できる法案の改正が切実に必要です。 これ以上愛する先輩や後輩、同僚たちを失いたくありません。 明るい笑顔で笑っていた彼らにとても会いたいです。 情熱的で夢を持っていた美しかったソルリさん、ハラさん、そして先にこの世を去った他の仲間たちのために祈ります。 謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。 元記事配信日時 : 2019年11月26日06時35分 記者 : イ・ミンジ.

次の

急逝した人気歌手ソルリを見送る人々…国民請願、弔問、関連キーワードの変更まで

ソルリ 追悼 芸能人

歌手兼女優ソルリの悲報が今も衝撃を与え続けている。 韓国芸能界を超えてソルリへの追悼が続く。 去る10月14日にソルリがこの世を去ったなかで、多くの人々がソルリの訃報に切なさを表わしている。 10月16日、警察によると、解剖によって事故や事件の疑いは発見されなかったという1次結果が出た。 自ら命を絶ったと捜査の結論が下される見通しだ。 韓国芸能界はストップ状態に陥った。 ソルリを哀悼するために、予定されていたショーケースや制作発表会などのイベントがキャンセルされたり、延期されたりしている。 キャンセルや延期は難しい決断だが、そこに参加する芸能人や関係者はいずれも悲報のなかでイベントを進行するのは難しいと見ており、故人を追悼する思いで一致した。 ソルリと親交があった芸能人たちも、動揺しながらも彼女を見送った。 ソルリ 普段からソルリと厚い親交があったKARA出身のク・ハラは、SNSライブ放送を通じて「ソルリ、オンニ(姉)が日本にいて行けなくて、ごめん。 このように挨拶するしかできなくてごめん」とし、「その場所であなたがしたいことをして過ごして。 あなたの分まで頑張って生きる」と思いを伝えた。 親友の歌手IUも5枚目のミニアルバム『ラブポエム』の発売を控えていたが、アルバム発売を無期限延長し、コンテンツの事前公開を中断した。 ソルリと縁を結んだ人気ユーチューバーのパク・マルレもSNSを通じて、「優しくて善良なソルリ。 天国で君がしたいように生きなさい。 愛している」と哀悼した。 有名人だけでなく、大衆もソルリの訃報を悲しみ、追慕している。 ポータルサイトで「ソルリ」を検索したときに表示される関連キーワードを変えようという努力が続いている。 これまでソルリの関連キーワードは、問題性のある単語が多数であった。 それを変更しようとネットユーザーたちが乗り出したのだ。 SNSとオンラインコミュニティ上では、「ソルリ 愛している」「ソルリ ゴブリン(ソルリの曲のタイトル)」「ソルリ 桃(IUがソルリのために作った曲のタイトル)」などを検索しようという呼びかけがあった。 それによって該当の検索ワードは、ポータルサイトのリアルタイム検索ワード上位圏に浮上したりもした。 (写真=パク・マルレInstagram) 国民請願も登場した。 ソルリは生前、無分別な悪質コメントに悩まされてきた。 高い認知度と話題性を持っていたソルリだっただけに、彼女の発言はすべてがイシューになった。 ソルリはSNSを通じて「ノーブラ」を支持し、自分の主張を率直に明らかにしてきた。 堂々とした態度に支持する人も多かったが、侮辱的な非難も少なくなかった。 ソルリがこの世を去った後、多くの人々が彼女を苦しめたような悪質コメントに対する処罰強化を求めている。 また、インターネット実名制を進行しなければならないという国民請願まで登場した。 悲しすぎる突然の別れをこれ以上増やしてはならないという声だ。 ソルリを愛して応援したファンたちは、彼女の最後を見送るために弔問を行った。 ソルリの所属事務所SMエンターテインメントと遺族は、すべての葬儀を非公開としたが、ファンの弔問は受け入れることにした。 SMエンターテインメントは「遺族の意に沿って、惜しみしない応援と支持をくれたファンが温かい挨拶をソルリに送れるように、別の弔問場所を用意した」とし、ファンの弔問が可能な場所と時間を公開した。 所属会社関係者が現場を守るなかで、彼女を愛したファンたちが最後の挨拶を伝えた。 外部サイト.

次の