サフィニア 切り 戻し。 サフィニアが枯れかけています・・・その後。

サフィニアの花を種から育てたい

サフィニア 切り 戻し

ペチュニアは育てやすい花ですが、過湿に弱いのが弱点。 高温多湿の梅雨はペチュニアが傷みやすい時期です。 梅雨を元気に乗り越え、また花を咲かせ続けるためにもペチュニアの「仕立て直し」にチャレンジしましょう。 こんな状態になっていませんか? 6月〜7月のペチュニアは「花の谷間」。 春に咲かせた花を手入れせずそのままにしておくと左の絵のように 「鉢の中いっぱいに根詰まりしてしまう」 「ペチュニアの調子が落ちて、花が咲かなくなる」 「茎はヒョロヒョロと伸び、株元のボリュームは薄くなる」 といった状態になってしまいます。 調子が落ちると、病気にもかかりやすくなり要注意です。 このような状態を回復させるために必要なのが、「仕立て直し」。 茎や葉の剪定を行ない、大きなサイズの鉢に植え替えます。 梅雨になったらやっておきたい仕立て直し 1.切り戻し(剪定) 剪定は根元から10〜15cmのところで行います。 葉の脇に小さな芽が出ている部分のすぐ上を、剪定バサミで切って下さい。 小さな芽まで切ってしまわないように注意すること。 花まで切り落としてしまうのはもったいない気がしますが、仕立て直しをすればまた次々と咲いてくるのであまり気にしないこと。 2.鉢増し 根詰まりしている鉢は、ペチュニアの株に対してサイズが足りていない証拠です。 今のサイズより二まわりほど大きな鉢に『鉢増し』をしましょう。 鉢の底には、「鉢底石」(なければ軽石などでも代用可)を2〜3cm入れます。 3.肥料を加える プランター培養土に肥料を混ぜ合わせて鉢に入れます。 4.土を増し、水やり 土を入れる量は、ペチュニアの株を置いた時に、鉢のウォーターラインの高さよりやや低めになるくらい。 植え替え後、水をたっぷりと与えます。 仕立て直し後 剪定&鉢増しを完全に終えた状態。 茎も短く、サッパリとした株になりました。 約1ヵ月後 左の写真の状態から約1ヶ月で、このようにこんもりと花が咲き始めます。 梅雨どきの管理 水やり ・夏は乾きやすいので、表面が乾いたらたっぷりと与える。 土の表面が乾いたら、朝・夕1回あげる表面が湿っている時は一日おいても大丈夫 ・梅雨どきは湿度高いので軒下に移動させる。 (ペチュニアは過湿が嫌い!ちょっとした注意が必要)・日照不足にも注意。 梅雨の晴れ間には十分に日光浴を。 肥料 ・切り戻し後、芽吹いてボリュームがまた出てきたら月に2回ほど肥料を与えましょう。 夏は暑いので吸収のよい液肥のほうが負担をかけません。 花がら摘み ・随時花が咲いていくので、終わった花はどんどん取ります。 そのままにしておくと、花が柔らかいので腐りやすくなります。 置き場 ・夏は水を切らさなければ、日当たりが良く風通しの良い所におきましょう。 ・ペチュニアは半耐寒性なので、秋遅くまで咲きます。 玄関の中や南向きのテラス内などに置けば、50%以上は生き残って越冬させることも可能です。 (その場合は葉を剪定したうえ、腐葉土でマルチングしましょう。 ) ペチュニアは春の植え込みも大切ですが、梅雨どきの仕立て直しも大切です。 また花がこんもりと咲いて、元気に夏を越し、秋まで長く楽しめます。

次の

【わかりやすい】ペチュニアの切り戻し方法!剪定です!4月~9月の間でしたらバッサリ切ってしまって良いです。

サフィニア 切り 戻し

置き場所 日光を大変好みます。 半日以上直射日光の当たる日当たりの良い戸外で管理してください。 日当たりの悪い場所や日陰で管理すると花付きや生長が悪くなります。 水滴が当たると花が傷むことがあるので、雨の日は軒下など雨の当たらない場所に移動させましょう。 水やり 土の表面が乾いたら株元にたっぷりと与えてください。 ある程度の乾燥には耐えるので、水の与えすぎには注意しましょう。 肥料 お届け後すぐに付属の固形肥料を3錠与えます。 その後1ヶ月に1度追肥をして頂くとより多くの花を咲かせます。 花が終わって刈り込んだ後も忘れずに行ってください。 5月〜9月 肥料を切らすと花つきが悪くなるので、10日に1度液肥を与えましょう。 花が咲き終わったら・・・ 花がらはこまめに取り、咲き終わった花は、花茎ごと切り取ってください。 枝が伸びて株元に花が少なくなってきたら、 株元から葉を数枚残して、15cm位の高さまで切り戻しを行ってください。 花を残しておきたい場合は、半分程度の枝を選んで切り戻します。 切り戻しの適期は梅雨前です。 切り戻しをすることで風通しがよくなり、株全体の傷みが少ない状態で夏を迎える ことができます。 植え替え 冬越しできた場合は4月下旬〜5月頃、ひとまわり大きな鉢に植え替えてください。 植物の汁を吸い栄養を取ってしまう為、生育が悪くなります。 「ベニカXスプレー」等の市販の殺虫剤をまいて駆除します。 サフィニアを育てるポイント ・枝の下の葉は光が当たりづらいため、葉が黄色く変色し、落ちることがあります。 ・枯れた葉や花がらをそのままの状態にしておくとカビが発生し、病気の原因となります。 ・花がらはこまめに取り、土の表面に枯れ葉がないか確認しましょう。 基本的に一年草ですが、温度が保てれば冬越しも可能です。 春になって新芽が出てきたら、ひとまわり大きな鉢に植え替えましょう。 真夏、真冬を除いて挿し木で増やすことができます。 切り戻しの際、切り落とした茎を使用するとよいでしょう。 A: 次の3つのことが原因として考えられます。 1 水不足・・・春〜夏はお水を十分に与えてください。 2 肥料不足・・・月に1度の固形肥料プラス液体肥料も与えて頂くとよいでしょう。 3 蒸れ・・・多湿によって起こる場合があります。 できるだけ風通しの良い場所で管理してください。

次の

ペチュニアの育て方サフィニアの管理摘心・摘芯ピンチ切り戻しの方法夏の花の種類品種別栽培ノウハウ越冬サントリー

サフィニア 切り 戻し

サフィニアとは? サフィニアは、1989年に開発された比較的歴史の浅いペチュニアの園芸品種です。 サントリーと京成バラ園芸が共同で開発した品種で、サントリーの駐在員が、ブラジルを原産とするペチュニアを数系統持ち帰ったことが、品種改良のはじまりでした。 名前の由来 通常のサフィニアに比べて、地をはうように生長する力強さが特徴です。 枝が波打つように広がる様子から、「Surfing(サーフィン)」と「Petunia(ペチュニア)」を合わせて、サフィニアと名付けられました。 また、暑さや雨にも強く花壇に植えられることも人気の理由です。 今では、夏のガーデニングには欠かせない存在の1つとなっています。 暑さに弱いことから一年草として扱われますが、サフィニアは本来多年草です。 暖かい地域でうまく管理すると、冬越し翌年も花を咲かせてくれます。 サフィニアの花言葉とは? 『咲きたての笑顔』 開発元であるサントリーフラワーズのサフィニア誕生20年を記念した応募企画で決まった花言葉です。 次々に蕾を付け、花を咲かせ続ける姿が、毎日笑顔を振りまいているように見えることから付けられました。 サフィニアの種類や品種は? サフィニア・マックス サフィニアの中でも最も草丈が高く、ボリュームのある株に育ちます。 花色はピンク、グレープ(青みのあるピンク)、パープルなどがあります。 丈夫で育てやすく、雨にも強いので、鉢植えだけでなく、花壇植えやグランドカバーとして楽しむことができます。 サフィニア・ブーケ 草姿がコンパクトにまとまる品種で、場所を選ばずに育てることができます。 満開のときの姿が花束のように見えることから、名付けられました。 夏の暑さに強く丈夫で、花色も豊富ですよ。 サフィニア・アート 花びらの中央に星形の模様が入る複色品種です。 朝顔と咲き姿が似ており、枝がたくさん生えることから、ボリュームのある株に仕上がります。 サフィニア・フリル カーネーションのように花びらが八重に重なる品種です。 夏の暑さにまけず、エレガントな花をたくさん咲かせ続けます。 ライラックブルーやホワイトなど、優しい花色のものがあります。 サフィニアの育て方!苗植えの時期と方法は? サフィニアの種は販売されていないため、一般的に苗から育てはじめます。 苗植えは、4~5月が適期です。 雨によって枯れる心配はありませんが、草姿が乱れることを考えて、鉢やプランターに植えるのがおすすめです。 鉢植えなら10号鉢に1株、60cmプランターに2~3株が植え付けの目安。 地植えにするときは、日当たりのよい場所に株同士の間隔を30cm以上空け、梅雨に雨除けをすると安心です。 サフィニアの育て方!土作り、水やり、肥料の与え方は? 土作り 水はけのよい土を好みます。 鉢やプランター植えは、赤玉土(小粒)6:腐葉土4の割合で混ぜた土がおすすめです。 市販のサフィニア用培養土や花と野菜用培養土を使ってもかまいません。 ナス科の植物は連作障害を起こしやすいので、ナス科を育てた土を使わないようにしましょう。 水やり 土の表面が乾いていたら、たっぷりと水を与えます。 特に生育期の夏は水切れを起こしやすいので、水分が蒸発しにくい朝と夕方の2回水やりをするとよいですよ。 花に水がかかると傷んで枯れてしまうので、注意してください。 肥料 たくさんのは花を咲かせるために、肥料が必要です。 植え付けるとき、土にゆっくりと効く緩効性化成肥料を混ぜておきます。 そして、植え付けから1週間たったら、9月まで1~2週間に1回液体肥料を与えます。 サフィニアの剪定!摘心、花がら摘み、切り戻しの時期と方法は? 摘心 つるが30~40cmほどに生長したら、たくさんの枝が茂るように摘心を行います。 植え付けてから2~3週間後が作業のタイミングです。 つるの先端を5~10cmほど切り取ると、左右に新しいつるが生え、株がこんもりと大きく育ちます。 花がら摘み 咲き終わった花をそのままにしておくと、株が蒸れて病気や害虫を引き寄せてしまいます。 しぼんでしまった花は、花首から切り落としてしまいます。 切り戻し 植え付けてから2ヶ月半ほどたって一通り花が咲き終わり、花数が少なくなってきたら切り戻しのタイミングです。 株元から10~15cmほどのところでつるを大胆に切り落としていきましょう。 しばらくすると、株は再び生長し、秋まで花を楽しめますよ。 サフィニアの育て方!植え替えの時期と方法は? 翌年の4~5月に、鉢底から根がでていれば、1回り大きな鉢に植え替えます。 植え替えの手順は、植え付け時と同じです。 サフィニアの増やし方!挿し木の時期と方法は? 摘心したつるを使って、挿し木で数を増やすことができます。 切り口を2~3時間水に浸けた後、赤玉土(小粒)など清潔な土に挿します。 土が乾かないよう水やりをして日陰で管理すると2~4週ほどで発根しますよ。 サフィニアの栽培で注意する病気や害虫は? アブラムシ 新芽や茎葉に寄生する害虫で、株の栄養を吸い取って弱らせます。 特に春~夏に多く発生し、すす病を誘発する恐れがあるので、定期的に薬剤を散布して予防しましょう。 見つけたときも、薬剤を散布して駆除してください。 ハダニ 梅雨明けに大発生することがある害虫で、葉っぱの裏に寄生してかすり状の傷を付けます。 発生したらすぐに殺虫剤で対処しましょう。 湿気を嫌うので、霧吹きで葉の乾燥を防ぐと、発生を抑えることができますよ。 サフィニアの育て方のポイントは? こまめに切り戻しをすることがポイントです。 サフィニアはペチュニアに比べて暑さに強いとはいっても、湿度の高い環境を苦手としています。 切り戻しによって、株が蒸れることを防ぎます。 また、つるの先端をこまめに切ると、底から左右に新しいつるが生え、大きな株に育ちますよ。 大株ならサフィニアマックスがおすすめ サフィニアは、原種となるペチュニアに比べて丈夫で育てやすい性質を持っています。 また、花色が鮮やかなことも、夏のガーデニングでよく利用されるポイントです。 特に大きな株に生長するサフィニア・マックスは、夏の花壇をたくさんの花でいろどってくれますよ。 ぜひ、夏のガーデニングの仲間に入れてみてくださいね。

次の