ゆうちょ 電話 番号 変更。 ゆうちょ認証アプリ 登録手続きで電話番号が不明?

お問い合わせ-ゆうちょ銀行

ゆうちょ 電話 番号 変更

対応OS iPhoneをご利用の方 iPhone5S~iPhone8 : iOS10. 0~13. 3 iPhoneX~iPhone11 : iOS11. 0~13. 3 Androidをご利用の方 Android5. 0~10. の商標です。 のサービスマークです。 また、上記のご利用環境でも、端末によっては、ご利用いただけない場合があります。 あらかじめご了承ください。

次の

ゆうちょ通帳アプリで「電話番号に問題がある」と表示される場合の対処法について

ゆうちょ 電話 番号 変更

黄色で示された電話番号が使用されるのだが、この番号が登録されていないと厄介である。 変更には、ゆうちょ認証アプリが必要だが、登録手続きそのものがゆうちょ認証アプリなのでどうすることもできない。 そこで本日、書面での手続きをしようとサポートセンターに電話を入れると、窓口で対応するのでキャッシュカードと本人証明となる免許証などを持参してご来店くださいとのことだった。 早速、最寄りのゆうちょ銀行支店へ出向いて手続きをする。 その際、キャッシュカードだけで簡単に変更できた。 申請書類に電話番号を記入して提出、その場で即新しい電話番号が登録された。 なお、電話番号は固定電話である必要はなく、携帯電話でも問題はない。 音声通知で確認コードを知らせてくるので、電話なら何でもOKと云うことらしい。 本人確認は特になく、キャッシュカードの提示だけでOKだった。 自宅に帰ってゆうちょ認証アプリの登録手続きを行ったが、問題なく登録できた。 今回は、ダイレクトに移行した際に、電話番号がどのように引き継がれたかが・・・そのへんが怪しい限りではあるが、今となっては経緯は不明である。 いずれにしても、ゆうちょ認証アプリがないと、ネット上での様々な手続きが制限されるので、是非とも登録しておきたいところである。 125•

次の

キャシュカード暗証番号「忘れた!」「変更したい!」ときの手続方法

ゆうちょ 電話 番号 変更

現在利用している「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」が近くサービス終了になるということで、ゆうちょから新しく提供されているアプリ「ゆうちょ通帳アプリ」をダウンロードした。 それを使い始めるにあたりちょっと面倒なことがあったので記録しておきたい。 というのも、このアプリの本人確認用のパスコードは電話の自動音声で伝えられるのだけど、ぼくのゆうちょの口座はいま使っている携帯の番号ではなく、実家の固定電話の番号と紐づけられていたので、このアプリをすぐに使い始めることができなかったのだ。 だから、通帳と紐づいている電話番号を、手元にある携帯のものに変更する必要がある。 変更のための手段は複数あり、ぼくは郵便局のATMを利用して電話番号を変更してきた。 今回は、その変更の手順を紹介する。 郵便局のATMで通帳の連絡用電話番号を変更する操作手順 ゆうちょダイレクト残高照会アプリが使えなくなる 現在ぼくが便利に利用しているのは「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」だ。 ゆうちょダイレクトのサイトにアクセスしなくても、アプリ上で残高や取引履歴を簡単に確認することができる。 しかしこのアプリは、2020年7月31日にサービス提供が終了することになっていて、その代替として、あらたに「ゆうちょ通帳アプリ」が案内されている。 左がゆうちょダイレクト残高照会アプリ、右が新しいゆうちょ通帳アプリ。 ゆうちょ通帳アプリ こちらがゆうちょ銀行の「ゆうちょ通帳アプリ」のページ。 ぼくも早速導入したのだけど、初回の本人確認のところで躓いてしまった。 認証用の数字は電話の自動音声で伝えられる仕組みなのだけど、ぼくの通帳に記録されている連絡用の電話番号は、実家の固定電話のもので、すぐに電話を受けることができない。 それよりスマホの電話番号で本人確認できたほうが便利だ。 この際、通帳に紐づいている電話番号を、スマホのものに変更することにした。 ゆうちょ通帳の連絡用電話番号の変更 ゆうちょの「よくある質問」のページを見て、ゆうちょの口座に登録されている電話番号を変更するには2通りの方法があることがわかった。 赤い点線部分が ゆうちょATMで変更する方法。 実線部分が、 ゆうちょダイレクトで変更する方法だ。 ぼくはまず、郵便局まで行かなくていい後者の方法を試みた。 ゆうちょダイレクトはすでに利用しているから、「ゆうちょ認証アプリ」をダウンロードすればいいわけだ。 しかし、このゆうちょ認証アプリを利用するためには、これまた口座に登録されている電話番号、つまり実家の電話でパスコードを聞きとる必要があったのだ。 あらら…。 がっかり…。 そしてこんなツイートをした。 ゆうちょ通帳アプリ。 誰がこんなシステムを作った。 — 堂周 dousyuOC というわけでこの日は変更を諦めざるを得なかった。 ぼくが言いたいのはこういうことだ。 同じ名義のゆうちょダイレクトにログインしているのだから、ゆうちょダイレクトに紐づいている携帯の電話番号で本人確認できてもいい。 そもそも電話による音声メッセージではなくて、SMSで番号を送ってくる認証方式のほうがいい。 もうちょっとみんなに使いやすいとありがたいよね。 ATMで口座の連絡用電話番号を変更する方法 結局郵便局におもむき、ATMを操作して、通帳に紐づいている電話番号を変更した。 ATMの操作自体は、拍子抜けするほど簡単だった。 必要なものは 通帳と、変更用の電話番号を覚えていくこと。 ゆうちょのATMの基本画面はこうなっている。 口座の電話番号を変更するには、左側にある、画像内で赤で囲った「電話番号変更」と書かれたボタンをタッチする。 すると通帳を挿入するように促されるので、通帳を入れて、次の画面で表示される現在の電話番号の下の欄に、新しい電話番号を入力する。 これだけで簡単に電話番号の変更が完了した。 ぼくは通帳のほかに、念のためゆうちょのキャッシュカードや免許証なども持っていったのだけど、それらは必要なかったし、窓口に行く必要もなかった。 ゆうちょ通帳アプリの本人確認 あとはゆうちょ通帳アプリを使ってみるだけだ。 スマホでゆうちょ通帳アプリを起動して、初回設定を済ませる。 メモを用意して「電話を受ける」をタップすると、まだ着信も来ないうちから「番号を入力してください」みたいな画面に切り替わってやや動揺したが、数秒後に電話がかかってきて、微妙に聞き取りにくい機械音声で5桁の数字が読み上げられた。 それをスマホの画面に入力することで、めでたく通帳アプリが使用できるようになった。 ただ、やっぱりSMSで数字を送ってもらったほうが便利だし、ゆうちょダイレクトの連絡先の番号でも認証できた方がいいなあ…とぼくは感じた。 アクセスする時間帯で猫ちゃんのセリフが変わるようだ。

次の