エンディング アゲイン。 ワイルド・スピード7の主題歌、亡き親友に贈る曲が最高に泣ける

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群

エンディング アゲイン

しかし、7作目の撮影中に悲劇が… 凄腕ドライバーのブライアン・オコナー役を演じていたポール・ウォーカーさんが亡くなりました。 チャリティ活動に熱心な方で、自然災害の救援活動を行う財団リーチアウトワールドワイドを2010年に設立し熱心に活動されてました。 第7弾『ワイルド・スピード SKY MISSION』期間中の休日、ポール・ウォーカーさんはチャリティーイベントに出席。 その後、知人が運転する車の助手席に同乗し、カルフォルニア州内で沿道の街灯と木に激突して炎上。 速度超過で外傷と熱傷の影響が強く、40歳と言う若さで亡くなりました(2013年11月30日) 撮影は、一時中止されたが... お蔵入りの可能性もあった中、相棒役でもあり盟友のヴィン・ディーゼルや「ワイスピ」関係スタッフ陣の強い繋がりと熱い想いで、すでに撮影済みだったウォーカーさんの出演シーンは削除せず、そのまま使用。 ブライアン役の代役をボールの2人の弟ケイレブとコーディが引き継いでくれたことから撮影が続行されました。 本作は、製作期間中に急逝したポール・ウォーカーさんへのキャストやスタッフ全員の特別な想いが込められた最高の出来栄えに仕上がり完成しました。 彼の最後の雄姿は、エンディングでCGとしても登場しており、ファンならずとも胸を打ちます。 見所は最後のエンディング 第7弾『ワイルド・スピード SKY MISSION』のオリジナル・サウンドトラック。 エンディングを飾る 「シー・ユー・アゲイン」と題された曲はラッパーのウィズ・カリファとチャーリー・プースによるもので突然の訃報から、故ポール・ウォーカーに捧げられた曲です。 歌詞(和訳付き) It's been a long day without you my friend 友よ お前がいなくなってから長い月日が過ぎた And I'll tell you all about it when I see you again また会う時に その時のことを話すよ We've come a long way from where we began 俺たちは 最初に比べ 遠くまでやって来た Oh I'll tell you all about it when I see you again また会う時に その時のことを話すよ When I see you again また会う時に Damn who knew 誰にも分からないさ All the planes we flew 共に世界を回ったことも Good things we've been through 俺たちが過ごした最高な出来事も That I'll be standing right here talking to you ここで立ちながら お前に話しかけている About another path 違う道筋を I know we loved to hit the road and laugh 俺たち 車で旅して 笑い合うのが好きだった But something told me that it wouldn't last だが何かが俺に告げるんだ 永遠には続かないと Had to switch up 切り替える必要があった Look at things different See the bigger picture 物事の見方を変えて 目の前のことに捕らわれないように Those were the days hard work forever pays 辛いことが報われると思える日々だった Now I see you in a better place お前が天国にいるのが見えるよ How could we not talk about family when family's all that we got? 家族が全てだった俺たちが 家族について語らない訳がないだろ Everything I went through you were standing there by my side 俺が過ごした出来事には いつもそばにお前がいた And now you gonna be with me for the last ride 最後のドライブにお前は今 俺といる So let the light guide your way 光が お前の行く先を照らし Hold every memory as you go いく時は 思い出を携えて And every road you take will always lead you home お前の歩んできた道が お前を家に導いてくれる It's been a long day without you my friend 友よ お前がいなくなってから長い月日が過ぎた And I'll tell you all about it when I see you again また会う時に その時のことを話すよ We've come a long way from where we began 俺たちは 最初に比べ 遠くまでやって来た Oh I'll tell you all about it when I see you again また会う時に その時のことを話すよ When I see you again また会う時に エンディング曲「シーユーアゲイン」はリリース直後大反響を呼び「 全米シングル・チャート1位」を獲得しました。 チャーリーの曲にかける想い 「僕の友達が同じような状況で亡くなったとき、すごいショックだった。 ポール・ウォーカーの事故も胸が痛んだ。 だから、ポールと友人のことを思いながらピアノに向かってコードを弾いたら、自然と歌詞があふれ出てきたんだ」とチャーリーはコメントしている。 出典: 作曲者のチャーリーは、ポールさんと同時期に亡くなった友人のことも考えながら、この曲を書いたと話しています。 まさに「亡き親友に贈る曲」。 感動しますね。 まとめ 今作がスクリーンで、ポール・ウォーカーさんを観られる、本当の最後の作品となってしまいました。 しかし、彼はきっとこれからもこの作品と共に永遠にスクリーンの中で生き続けることでしょう。 「FOR PAUL」 大切な人にシェアしよう。

次の

【エンディング アゲイン】 EP.01

エンディング アゲイン

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 ジャンル 脚本 演出 秋山純 出演者 エンディング 「」 製作 プロデューサー 黒田徹也(テレビ朝日) 清水真由美(MMJ) 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 木曜21:00 - 21:54 放送枠 木曜ドラマ テレビ朝日 放送分 54分 回数 9 特記事項: 初回と最終回は15分拡大(21:00 - 22:09)。 『 同窓会〜ラブ・アゲイン症候群』(どうそうかい〜ラブアゲインしょうこうぐん)は、からまで毎週木曜日21:00 - 21:54に、系の「」枠で放送された日本の。 主演は、、、。 キャッチコピーは「 恋で人生捨てられますか。 」 このドラマのリメイク版が2012年4月から韓国のJTBCで放送された。 登場人物 [ ] 宮沢家 [ ] 宮沢朋美〈45〉 演 - (15歳:) 牧ノ台中学校の卒業生。 夫が損害保険の会社に勤めていたが、され、なおかつ仕事を探そうとしないため、夫と2人の子供を養うために光和大学付属病院の社員食堂でパートとして働いている。 高級住宅街に立派なマイホームを持っていたが、仕事を探さない夫のせいでローンが払えなくなり、同窓会当日、古い賃貸へ引越した。 同窓会では、どれだけ出世したか、どれだけ幸せな結婚をしたかが問われるので、最初は行くのを拒んでいたが、ふとした気の迷いから出席してしまい、そこで30年振りに再会した杉山と再び恋に落ちていく事となる。 その過程で家庭では徐々に孤立していく事になり、娘の彩とは一度杉山とは会わないと約束したが、偶然とはいえ、調度捜査のため出向いていた杉山と再会し、その事が原因で杉山が追っていた犯人に負傷させられ、警察で事情聴取を受けた事がきっかけで、家庭から完全に孤立してしまう。 その後、杉山が入院する病院へ向かい、そのまま駆け落ちする形を取った。 しばらくは遠出した先の宿泊施設で過ごしていたが、大久保が倒れた事や家族に全てを話して打ち明ける決心をお互いにして東京に戻り、大久保の見舞いに行った後自宅に戻る。 最終的には夫、誠一郎に絶対に離婚しない代わりに好きなだけ会えば良いと半ば諦め気味で杉山と会う事を容認された。 大久保の死後は互いの家族が許してくれたら大久保の葬儀が行われた日に毎年会う事を杉山と約束し、一度杉山と別れた。 中学時代は応援部でをしていたため、男子に人気だった。 杉山とは相思相愛だったが 、お互い恋愛に不器用なため、思いを告げあっただけだった。 宮沢誠一郎〈48〉 演 - 朋美の夫。 外資系の損害保険会社に勤務していたが、リストラに遭ってしまい 、現在は無職。 再就職先が見つからない焦りと苛立ちを覚えてはいるが、プライドが高いゆえになかなか見つけることができず、一日中、家にいる日々。 そのことで朋美に辛く当たる事が増えてきている。 朋美が自分とは別の男と恋が芽生えている事に気付き、日に日に負の感情が大きくなっていく。 その過程で杉山の妻である佳菜子と知り合い、お互いが会うことを止めて貰うよう頼み込んだが、最後は半ば諦め気味で絶対に離婚しない代わりに杉山と付き合うことを容認した。 宮沢彩 演 - 朋美の長女で、中学三年生。 同窓会出席後の母の変化にいち早く気付き、不倫の疑惑を抱く。 その過程で杉山の息子、大地とひょんな事から知り合う事になり、互いの親の不倫疑惑を共に確かめ始めていく。 朋美の不倫に嫌悪して一度は拒絶と反発の意思を向けたが、最終的には完全に許したわけではないものの、朋美が杉山を好きになった気持ちを多少は理解を示した。 宮沢達也 演 - 朋美の長男で、小学五年生。 ぼんやりとした所があるが、母、朋美の様子が変化したのが、同窓会に行ったのがきっかけとなっている事を察しているなど、勘が鋭い一面がある。 杉山家 [ ] 杉山浩介〈45〉 演 - (15歳:) 牧ノ台中学校の卒業生。 妻子を持つの組織犯罪対策部五課の刑事。 佳奈子とは共にで勤務していたことがきっかけで結婚した。 多忙な日々ゆえ、息子の事は妻に任せっきりとなってしまっている。 仕事では強面の暴力団連中に引けを取らない迫力で、果敢に立ち向かうが、不器用な性格。 同窓会で再会した朋美に再び惹かれていくが、同級生の福島を刑事ではなく、友人として探し始め、朋美との恋の影響でバラバラになっていく家庭に苦悩していく。 とある事件の犯人を追っていた際、偶然朋美に遭遇してしまったことがきっかけで犯人に負傷させられてしまった上、それを期に警視庁から左遷扱いの形で所轄への異動をさせられ、それを聞いた佳奈子から責められた上、息子大地にまで突き放されてしまう。 それがきっかけで朋美と駆け落ちをする形で遠出の旅に出る。 暫くは遠出先の宿泊施設で過ごしていたが、大久保が倒れたのを機に全てを家族に打ち明ける事を決意、東京に帰ると大久保を見舞った後、自宅へ戻る。 大久保の死後は、互いに会う事が許されたら、毎年大久保の葬儀の日に待ち合わせの場所で会う約束を朋美と交わし、1度は朋美と別れた。 最終話のラスト辺りで腕時計を見ながら警察署を出て何処かへ向かうシーンがあるが、朋美に会いに行ったかは定かではない。 杉山大地〈15〉 演 - 杉山の長男で、中学三年生。 母思いで、父の危険な仕事が母の心配の種であることに苛立ちを覚えており、それが元で父に反発的な態度を取る。 ひょんな事がきっかけで、朋美の娘、彩と知り合い、父の不倫を疑い始める。 杉山佳奈子〈37〉 演 - 杉山の妻で専業主婦。 かつては夫と同じ交番に勤務する婦人警察官だったが、結婚を期に専業主婦となった。 多忙な夫が家庭を顧みない事は半ば諦め気味で一人息子・大地の高校受験に情熱を注ぐ。 夫の不貞に気付き始めたのを気に彼女の中で何かが崩壊し始め、徐々に恐ろしい感情が生まれていく。 西川家 [ ] 西川陽子〈45〉 演 - (15歳:) 牧ノ台中学校の卒業生。 専業主婦だが、外食グループを経営する夫、正隆がおり、高級マンションでセレブな生活を送っている。 1児の母だが血は繋がっておらず、正隆の愛人との間に出来た娘を引き取って育てているがあまり仲は良くなかったが、正隆との離婚を決心した事などの数々のきっかけが重なり、急速に距離が縮まって行く。 中学時代は勉強一筋の地味な少女であり 、同級生の杉山に想いを寄せていたが、同じく想いを寄せていた朋美には敵わないと半ば諦めて朋美に譲る形を取っていた。 西川正隆〈47〉 演 - 陽子の夫。 外食チェーン社長。 西川真奈 演 - 正隆が愛人に生ませた娘で、かなり我が儘な性格。 大久保家 [ ] 大久保真一〈45〉 演 - (15歳:) 牧ノ台中学校の卒業生。 雑誌『週刊プライム』の編集長。 色物のワイシャツを着ていることが多い。 が有るため、薬とペットボトルの水が欠かせない。 江川麻美〈41〉 演 - 別居中の妻。 牧ノ台中学校の出身者 [ ] 亀村太一〈45〉 演 - 居酒屋「亀ちゃん」店主。 朋美たちの同級生。 福島和彦〈45〉 演 - 国交省官僚。 朋美たちの同級生。 駆け落ちをして失踪する。 板倉真理子〈45〉 演 - 主婦。 朋美たちの同級生。 警視庁 [ ] 竹原俊太 演 - 杉山の部下。 警視庁部長 演 - 杉山の上司。 飯塚 演 - 課長。 杉山の上司。 その他 [ ] 寅田富士子 演 - 大久保の担当医。 菊川早苗 演 - 西川の愛人。 高村亜紀 演 - 女子アナ。 大久保の元恋人。 大野真弓 演 - 光和大学付属病院の社員食堂のパート。 朋美のパート仲間。 大久保の上司 演 - 島田珠恵 演 - 光和大学付属病院の社員食堂のパート。 浩太 演 - 「亀ちゃん」の従業員。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 、、秋山純• 主題歌 - 「」 ()• プロデューサー - 黒田徹也(テレビ朝日)、清水真由美(MMJ)• 制作 - 、 放送日程 [ ]• 最終回は15分拡大で放送されたが、最終回の拡大放送は同枠では『』以来。 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2010年4月22日 30年ぶりの再会…事件が始まり私は壊れた 藤田明二 14. () - 2010年から月曜〜木曜日13:55 - 15:45の2話集中放送。 系 前番組 番組名 次番組 2012年のテレビドラマ(ラブ・アゲイン症候群) [ ] 2012年4月25日からJTBCにて放送。 ラブ・アゲイン 各種表記 : 러브 어게인 : ロブ オゲイン : Leobeu Eogein 題: Love Again 出演 [ ]• イム・ジヒョン(宮沢朋美に相当) -• ソ・ヨンウク(杉山浩介に相当) - リュ・ジョンハン• キム・ミヒ(西川陽子に相当) - イ・アヒョン• イ・テジン(大久保真一に相当) - チェ・チョルホ• チョン・ソンギュ(宮沢誠一郎に相当) - チョン・ノミン• オ・スジン(杉山佳奈子に相当) - チョン・ヘス• ソン・インス(西川正隆に相当)• ナム・シヨン(江川麻美に相当) - ユン・ダギョン• ヤン・ジョンハ(亀村太一に相当) - オ・ジェイク• キム・ウチョル(福島和彦に相当) - キム・ジングン• パク・ソンジュ(板倉真理子に相当) - ユン・イェヒ 脚注 [ ]• Smartザテレビジョン 2010年4月22日. 2015年6月17日閲覧。 2012年3月29日. 2016年5月18日閲覧。 2010年3月19日. 2016年5月18日閲覧。 Smartザテレビジョン 2010年3月19日. 2015年6月17日閲覧。 2010年4月19日. 2016年5月18日閲覧。 2010年5月6日. 2016年5月18日閲覧。 Smartザテレビジョン 2012年3月29日. 2015年6月17日閲覧。 外部リンク [ ]• 日本版• - (2010年6月15日アーカイブ分)• 韓国版• この項目は、に関連した です。

次の

Playlistの新作韓国ウェブドラマ「XX」のキャストプロフィール、経歴、Instagramをまとめました!

エンディング アゲイン

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 ジャンル 脚本 演出 秋山純 出演者 エンディング 「」 製作 プロデューサー 黒田徹也(テレビ朝日) 清水真由美(MMJ) 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 木曜21:00 - 21:54 放送枠 木曜ドラマ テレビ朝日 放送分 54分 回数 9 特記事項: 初回と最終回は15分拡大(21:00 - 22:09)。 『 同窓会〜ラブ・アゲイン症候群』(どうそうかい〜ラブアゲインしょうこうぐん)は、からまで毎週木曜日21:00 - 21:54に、系の「」枠で放送された日本の。 主演は、、、。 キャッチコピーは「 恋で人生捨てられますか。 」 このドラマのリメイク版が2012年4月から韓国のJTBCで放送された。 登場人物 [ ] 宮沢家 [ ] 宮沢朋美〈45〉 演 - (15歳:) 牧ノ台中学校の卒業生。 夫が損害保険の会社に勤めていたが、され、なおかつ仕事を探そうとしないため、夫と2人の子供を養うために光和大学付属病院の社員食堂でパートとして働いている。 高級住宅街に立派なマイホームを持っていたが、仕事を探さない夫のせいでローンが払えなくなり、同窓会当日、古い賃貸へ引越した。 同窓会では、どれだけ出世したか、どれだけ幸せな結婚をしたかが問われるので、最初は行くのを拒んでいたが、ふとした気の迷いから出席してしまい、そこで30年振りに再会した杉山と再び恋に落ちていく事となる。 その過程で家庭では徐々に孤立していく事になり、娘の彩とは一度杉山とは会わないと約束したが、偶然とはいえ、調度捜査のため出向いていた杉山と再会し、その事が原因で杉山が追っていた犯人に負傷させられ、警察で事情聴取を受けた事がきっかけで、家庭から完全に孤立してしまう。 その後、杉山が入院する病院へ向かい、そのまま駆け落ちする形を取った。 しばらくは遠出した先の宿泊施設で過ごしていたが、大久保が倒れた事や家族に全てを話して打ち明ける決心をお互いにして東京に戻り、大久保の見舞いに行った後自宅に戻る。 最終的には夫、誠一郎に絶対に離婚しない代わりに好きなだけ会えば良いと半ば諦め気味で杉山と会う事を容認された。 大久保の死後は互いの家族が許してくれたら大久保の葬儀が行われた日に毎年会う事を杉山と約束し、一度杉山と別れた。 中学時代は応援部でをしていたため、男子に人気だった。 杉山とは相思相愛だったが 、お互い恋愛に不器用なため、思いを告げあっただけだった。 宮沢誠一郎〈48〉 演 - 朋美の夫。 外資系の損害保険会社に勤務していたが、リストラに遭ってしまい 、現在は無職。 再就職先が見つからない焦りと苛立ちを覚えてはいるが、プライドが高いゆえになかなか見つけることができず、一日中、家にいる日々。 そのことで朋美に辛く当たる事が増えてきている。 朋美が自分とは別の男と恋が芽生えている事に気付き、日に日に負の感情が大きくなっていく。 その過程で杉山の妻である佳菜子と知り合い、お互いが会うことを止めて貰うよう頼み込んだが、最後は半ば諦め気味で絶対に離婚しない代わりに杉山と付き合うことを容認した。 宮沢彩 演 - 朋美の長女で、中学三年生。 同窓会出席後の母の変化にいち早く気付き、不倫の疑惑を抱く。 その過程で杉山の息子、大地とひょんな事から知り合う事になり、互いの親の不倫疑惑を共に確かめ始めていく。 朋美の不倫に嫌悪して一度は拒絶と反発の意思を向けたが、最終的には完全に許したわけではないものの、朋美が杉山を好きになった気持ちを多少は理解を示した。 宮沢達也 演 - 朋美の長男で、小学五年生。 ぼんやりとした所があるが、母、朋美の様子が変化したのが、同窓会に行ったのがきっかけとなっている事を察しているなど、勘が鋭い一面がある。 杉山家 [ ] 杉山浩介〈45〉 演 - (15歳:) 牧ノ台中学校の卒業生。 妻子を持つの組織犯罪対策部五課の刑事。 佳奈子とは共にで勤務していたことがきっかけで結婚した。 多忙な日々ゆえ、息子の事は妻に任せっきりとなってしまっている。 仕事では強面の暴力団連中に引けを取らない迫力で、果敢に立ち向かうが、不器用な性格。 同窓会で再会した朋美に再び惹かれていくが、同級生の福島を刑事ではなく、友人として探し始め、朋美との恋の影響でバラバラになっていく家庭に苦悩していく。 とある事件の犯人を追っていた際、偶然朋美に遭遇してしまったことがきっかけで犯人に負傷させられてしまった上、それを期に警視庁から左遷扱いの形で所轄への異動をさせられ、それを聞いた佳奈子から責められた上、息子大地にまで突き放されてしまう。 それがきっかけで朋美と駆け落ちをする形で遠出の旅に出る。 暫くは遠出先の宿泊施設で過ごしていたが、大久保が倒れたのを機に全てを家族に打ち明ける事を決意、東京に帰ると大久保を見舞った後、自宅へ戻る。 大久保の死後は、互いに会う事が許されたら、毎年大久保の葬儀の日に待ち合わせの場所で会う約束を朋美と交わし、1度は朋美と別れた。 最終話のラスト辺りで腕時計を見ながら警察署を出て何処かへ向かうシーンがあるが、朋美に会いに行ったかは定かではない。 杉山大地〈15〉 演 - 杉山の長男で、中学三年生。 母思いで、父の危険な仕事が母の心配の種であることに苛立ちを覚えており、それが元で父に反発的な態度を取る。 ひょんな事がきっかけで、朋美の娘、彩と知り合い、父の不倫を疑い始める。 杉山佳奈子〈37〉 演 - 杉山の妻で専業主婦。 かつては夫と同じ交番に勤務する婦人警察官だったが、結婚を期に専業主婦となった。 多忙な夫が家庭を顧みない事は半ば諦め気味で一人息子・大地の高校受験に情熱を注ぐ。 夫の不貞に気付き始めたのを気に彼女の中で何かが崩壊し始め、徐々に恐ろしい感情が生まれていく。 西川家 [ ] 西川陽子〈45〉 演 - (15歳:) 牧ノ台中学校の卒業生。 専業主婦だが、外食グループを経営する夫、正隆がおり、高級マンションでセレブな生活を送っている。 1児の母だが血は繋がっておらず、正隆の愛人との間に出来た娘を引き取って育てているがあまり仲は良くなかったが、正隆との離婚を決心した事などの数々のきっかけが重なり、急速に距離が縮まって行く。 中学時代は勉強一筋の地味な少女であり 、同級生の杉山に想いを寄せていたが、同じく想いを寄せていた朋美には敵わないと半ば諦めて朋美に譲る形を取っていた。 西川正隆〈47〉 演 - 陽子の夫。 外食チェーン社長。 西川真奈 演 - 正隆が愛人に生ませた娘で、かなり我が儘な性格。 大久保家 [ ] 大久保真一〈45〉 演 - (15歳:) 牧ノ台中学校の卒業生。 雑誌『週刊プライム』の編集長。 色物のワイシャツを着ていることが多い。 が有るため、薬とペットボトルの水が欠かせない。 江川麻美〈41〉 演 - 別居中の妻。 牧ノ台中学校の出身者 [ ] 亀村太一〈45〉 演 - 居酒屋「亀ちゃん」店主。 朋美たちの同級生。 福島和彦〈45〉 演 - 国交省官僚。 朋美たちの同級生。 駆け落ちをして失踪する。 板倉真理子〈45〉 演 - 主婦。 朋美たちの同級生。 警視庁 [ ] 竹原俊太 演 - 杉山の部下。 警視庁部長 演 - 杉山の上司。 飯塚 演 - 課長。 杉山の上司。 その他 [ ] 寅田富士子 演 - 大久保の担当医。 菊川早苗 演 - 西川の愛人。 高村亜紀 演 - 女子アナ。 大久保の元恋人。 大野真弓 演 - 光和大学付属病院の社員食堂のパート。 朋美のパート仲間。 大久保の上司 演 - 島田珠恵 演 - 光和大学付属病院の社員食堂のパート。 浩太 演 - 「亀ちゃん」の従業員。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 、、秋山純• 主題歌 - 「」 ()• プロデューサー - 黒田徹也(テレビ朝日)、清水真由美(MMJ)• 制作 - 、 放送日程 [ ]• 最終回は15分拡大で放送されたが、最終回の拡大放送は同枠では『』以来。 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2010年4月22日 30年ぶりの再会…事件が始まり私は壊れた 藤田明二 14. () - 2010年から月曜〜木曜日13:55 - 15:45の2話集中放送。 系 前番組 番組名 次番組 2012年のテレビドラマ(ラブ・アゲイン症候群) [ ] 2012年4月25日からJTBCにて放送。 ラブ・アゲイン 各種表記 : 러브 어게인 : ロブ オゲイン : Leobeu Eogein 題: Love Again 出演 [ ]• イム・ジヒョン(宮沢朋美に相当) -• ソ・ヨンウク(杉山浩介に相当) - リュ・ジョンハン• キム・ミヒ(西川陽子に相当) - イ・アヒョン• イ・テジン(大久保真一に相当) - チェ・チョルホ• チョン・ソンギュ(宮沢誠一郎に相当) - チョン・ノミン• オ・スジン(杉山佳奈子に相当) - チョン・ヘス• ソン・インス(西川正隆に相当)• ナム・シヨン(江川麻美に相当) - ユン・ダギョン• ヤン・ジョンハ(亀村太一に相当) - オ・ジェイク• キム・ウチョル(福島和彦に相当) - キム・ジングン• パク・ソンジュ(板倉真理子に相当) - ユン・イェヒ 脚注 [ ]• Smartザテレビジョン 2010年4月22日. 2015年6月17日閲覧。 2012年3月29日. 2016年5月18日閲覧。 2010年3月19日. 2016年5月18日閲覧。 Smartザテレビジョン 2010年3月19日. 2015年6月17日閲覧。 2010年4月19日. 2016年5月18日閲覧。 2010年5月6日. 2016年5月18日閲覧。 Smartザテレビジョン 2012年3月29日. 2015年6月17日閲覧。 外部リンク [ ]• 日本版• - (2010年6月15日アーカイブ分)• 韓国版• この項目は、に関連した です。

次の