コーヒー 豆 分量。 コーヒーの基本的な抽出方法と種類

秘蔵!コーヒー豆知識・コーヒー豆量と層の厚み

コーヒー 豆 分量

ペーパードリップでおいしいコーヒーを入れる時、 コーヒー豆の分量で迷う方は多いようです。 ただし、コーヒーは、その人の好みの濃さや味のタイプ、抽出したいコーヒーの量によっても、豆の分量は変わってきます。 また、コーヒー豆のロースト(焙煎)度合いによって、濃さや苦みが変わってきますので、それに対しても、お好みの豆の分量は変化します。 あと、ペーパードリップの場合、自分で「お湯の量」や「抽出スピード」をコントロールできますよね。 そのため、コーヒー豆の分量以外にも、味の調整をすることが可能なのです。 ですから、簡単に言えば、ペーパードリップのコーヒー豆の分量は 「お好み」というのが一番しっくりきます。 ただし、それだとまったく目安にならないと思いますので、極々一般的な分量をご紹介しましょう。 ペーパードリップの分量の目安 では、ペーパードリップにおける、ごくごく一般的なコーヒー豆の分量をご説明しましょう。 まず、コーヒー豆の焙煎度は 「シティロースト」と呼ばれる、ちょっとだけ深煎りのコーヒー豆を使用します。 挽き方は、中程度の、文字通り 「中挽き」です。 コーヒーのエキスは、 「200㏄」抽出するとしてみましょう。 抽出時間は 「3分前後」を目安にしてください。 コーヒーの濃さに関しては、ニュアンスで伝えるのが難しいですが、「やや濃いめの抽出液」という感じでしょうか。 この場合のコーヒー豆の分量は、だいたいメジャーカップ1杯分。 つまり、ペーパードリップ一杯分の豆の分量は、大体 「14~15g」ということになります。 ただし、ペーパードリップのコーヒー豆の分量は、1人分が15gなら、2人分は30g、3人分は45g・・・というように単純な倍数にはなりません。 1人分を基準に分量を考えると、1人分から2人分、2人分から3人分・・・と抽出する量が増えるにつれて、使うコーヒー豆の分量は少なくなる傾向にあります。 インスタントコーヒーなら粉を溶かすわけですから、単純に倍数でOKですが、ペーパードリップは抽出する作業です。 そのため、たくさんの量を抽出するより、少しだけ抽出することの方が、抽出効率が悪くなってしまうのです。 次に、分かりやすい目安をご説明しましょう。 ペーパードリップの豆の分量は、抽出量によって割合が変わる ペーパードリップの豆の分量は、抽出するコーヒーエキスの量によって、使う割合が変わってきます。 簡単に言うと、1人分よりも2人分、2人分よりも3人分の方が、使う豆の分量の割合は少なくて良いということになります。 大体の分かりやすい目安は、以下のような感じです。 出来上がったコーヒーの味わいに応じて、コーヒー豆の分量、ロースト(焙煎度)、抽出時間などを調整するようにしましょう。

次の

【コーヒー豆の2杯分以上の分量】

コーヒー 豆 分量

コーヒーを淹れるときは豆の分量をきっちり量ることが重要 レギュラーコーヒーを淹れるとき、 プロは絶対にコーヒー豆の分量を量っています。 専用のスケールを使用するほどこだわる部分で、美味しいコーヒーを淹れるためには必要な工程です。 自分でコーヒーを淹れる場合も、スケールなどを使用してコーヒー豆の量を1g単位までこだわることで、単純に味の濃さや風味の違いが分かり、自分好みのコーヒーを淹れることができるでしょう。 そのためにも、コーヒー初心者でも上級者でも、豆の分量は量ることをおすすめします。 1杯をドリップするときのコーヒー豆の量は? それでは実際に自分でドリップコーヒーを淹れるとき、コーヒー豆の分量はどれくらいが適正なのかを見てみましょう。 コーヒー1杯分は何mLなのかを知る コーヒー豆の適正分量を知る前に、コーヒー1杯分の量を知る必要があります。 というのも、一般的なコーヒーカップは120mL仕様のものが多いですが、メーカーによってばらつきがあるのです。 120~190mL程度まで幅があることもよくあることなので、まずは自分が使用するコーヒーカップが何mLなのかを確認しておくことが大切です。 その微妙なコーヒーカップの容量の違いが、コーヒー豆の量を判断基準となります。 マグカップを使用する場合は要注意 コーヒーを淹れるカップには、マグカップもありますよね。 コーヒーカップよりも大容量なので、たくさん飲む方はこちらを日常使いしている方も多いでしょう。 マグカップを愛用している場合、基本の容量は240~260mL程度となっているので、コーヒーカップの倍の量となっています。 そのため一般的なコーヒー豆の適量で作ると薄くなってしまうので、何mLに対して何gのコーヒー豆が必要なのかを確認しましょう。 スプーン1杯分(10~15g)を目安にする 120~190mLのコーヒーカップで1杯淹れるなら、コーヒー豆の量は10g~15g程度が一般的な適量となっています。 何mLに対して何gのコーヒー豆がベストなのかは自分の好みに合わせればいいので、基本的な分量を微調整しながら、何度か試してみると良いでしょう。 また、はかりなどがあれば正確にコーヒー豆の分量を計測することもできますが、ない場合は持っているスプーンで量ることも可能です。 大さじが量れるスプーンならすり切り1杯で5gなので2杯を目安に、小さいコーヒースプーンしかないようなら1杯で1gとなるので、10杯必要となります。 メーカーによっては専用のメジャースプーンを出していることもありますが、その場合はすり切り1杯でコーヒー1杯分となっていたり、大さじと同じで2杯分で1杯となっていたりとまちまちです。 メーカーによってサイズが異なるので、しっかり調べた上で自分に合ったもの探してみましょう。 メーカーごとのメジャースプーン1杯分の比較 参考までに、コーヒー器具を扱う有名なメーカーには、どんなメジャースプーンがあるのかご紹介します。 カリタ10g は少し少なめの8gを採用しています。 これはメリタのドリッパーの穴が小さめで、抽出するまでに時間がかかるため少ない量でも良いとされているからです。 コーヒー豆は粉にすると容量が増えるので注意 ここでひとつ注意したいのが、 コーヒー豆を挽いて粉にしたとき、同じ重さでも容量が少し増えるということです。 豆の状態ですりきり1杯だった場合、粉にすると山盛り1杯で同じグラム数となります。 なんとなく粉状にした方が体積は減りそうですが、実は増えるというのは驚きですね。 コーヒーを豆から購入したり、粉から購入したりとばらつきがある場合は、スプーンのみで量るのは難しくなります。 電子スケールなどを使用した方が、より正確に重さを量ることができるので用意しても良いですね。 コーヒー豆は焙煎度で重さが変わる コーヒーの生豆を購入し、自宅で焙煎しようと思っている場合も注意が必要です。 生豆の重さには2割程度の水分が含まれているので、焙煎をすることで蒸発します。 そのため 焙煎後のコーヒー豆は、生豆より軽くなるのです。 さらに焙煎度合いでも重さが変わり、深煎りのものより浅煎りの方が重くなります。 焙煎度合いを変える場合はスプーンのすりきりで量ると誤差が出るので、電子スケールで量るのがおすすめです。 2杯分淹れる場合、豆の量は倍ではないので注意! 1杯分淹れるときの豆の量は10~15g程度でしたが、2杯淹れるときは倍量の20~30gとすると、いつもと味が変わってしまう可能性があります。 インスタントコーヒーなら単純に倍にしても同じ味が再現できますが、ドリップコーヒーはそうはいきません。 層を作ることでコーヒーの成分を抽出しやすくなり、美味しいコーヒーを淹れることができます。 このときコーヒーの粉の量が少ないと層が作れず薄味のコーヒーになってしまうのです。 そのため1杯分のコーヒーというのは、層を作るために少し多めに使用する必要があります。 しかし2杯目以上で淹れる際は、コーヒーの層が作れる最低限の量は確保されているので、味の濃さを調整する程度の量を足せばいいだけとなるのです。 具体的には、1杯分を10gのコーヒー豆で淹れている場合、2杯分は15g、3杯分なら20gと5g程度足していくと、1杯目のときと同じ味を複数杯淹れる場合でも作ることができますよ。 コーヒー豆の分量をこだわれば美味しいコーヒーが淹れられる コーヒー豆の分量は、何mL淹れるのかによって微調整し、しっかりと量ることで安定的に美味しいコーヒーが淹れられるようになります。 一般的には120~190mL淹れる場合、コーヒー豆は10g~15g程度用意しましょう。 そしてスプーンなどの容量で量る場合は、豆の状態と挽いたとき、焙煎度合いで量が変わるので、しっかりグラム数が量れる電子スケールなどがおすすめです。 コーヒー豆の配分次第で自分好みのコーヒーに近づけるので、ぜひこだわってみてください。

次の

結局何グラムがいいの? 1杯あたりのコーヒー豆のオススメ分量|珈琲特急便

コーヒー 豆 分量

コーヒー豆を挽くとは? コーヒーといえばインスタントか粉で淹れるという人が多いものですが、そもそもコーヒー豆を挽くとは、どのようなことなのでしょうか。 豆は粉砕することにより香りを発する コーヒー豆を挽くとは、コーヒー豆を粉砕して粉にすることです。 コーヒー豆を粉砕することを専門用語では「グラインド」と言いますが、実はこのコーヒーをグラインドした瞬間こそ、コーヒー豆の香りをもっとも強く味わうことができるのです。 そのため、コーヒーをグラインドすることは、コーヒーの香りを楽しむためには非常に重要になります。 挽き方によって味や香りに違いがでる コーヒー豆を挽くとは、単にコーヒーを粉状にするだけではありません。 コーヒー豆の挽き方には様々な方法があり、また引いたコーヒー豆の状態も千差万別です。 コーヒー豆を挽いてできた粉のひとつひとつの粒の大きさは「粒度」と呼ばれますが、この粒度が小さいさらさらした細挽きの粉の場合、表面積が大きくなるため、コーヒーの成分がお湯の中に抽出されやすくなります。 反対に粒度が大きい場合、お湯と接触する面積が少ない分、コーヒーの成分の抽出は抑えられるということになります。 さらにコーヒーを抽出するための道具によってもお湯とコーヒーの粉の接触の範囲や面積、接触の仕方も異なるため、コーヒーの豆を挽くときには、使用する道具に最適の粒度にすることも必要です。 コーヒー豆の挽き方と特徴 それでは、コーヒー豆の挽き方を変えることで、具体的にはどのような味や香りの特徴が生まれるのでしょうか。 粗挽き 粒度が大きく、粗目に挽いたコーヒーは「粗挽き」と呼ばれます。 この言葉は缶コーヒーのキャッチフレーズなどで耳にしたことがある人も多いはず。 粗挽きは一般的にはザラメの砂糖ほどの粒のサイズ。 粗挽きで引いた場合、苦味は抑えられ、逆に酸味が強調されます。 そのため、飲み口はさっぱりとさわやか。 特に粒の粒度が粗いため、雑味が出にくくコーヒー本来の味わいを楽しむことができます。 粗挽きはお湯で直接煮だす方法が適しているとされ、フレンチプレスやパーコレーターなどに向いていると言われています。 中挽き 中挽きは粗挽きよりも目の細かいサイズに挽いたコーヒーです。 粒のサイズはザラメとグラニュー糖の間程度の大きさで、雑味が出にくくクリアな味わいを楽しむことができます。 サイフォンやネルドリップといった抽出方法に適している目の粗さで、カフェで提供されるコーヒーでも多く使用されます。 コーヒーメーカーを使用しても美味しいコーヒーが入れられるので、すっきりした味わいを求める場合、家庭でもよく使用されるコーヒーです。 中細挽き 中細挽きはグラニュー糖程度のサイズに挽いたコーヒーです。 もっとも一般的に使用されるコーヒーで、特に指定しない場合、中細挽きの豆を使用されるケースが多いようです。 中細挽きの豆は味、香りともにバランスに優れていて、どのような飲み方でもクセがなく飲みやすいのが特徴。 ペーパードリップやコーヒーメーカーでも美味しいコーヒーが淹れられるということもあり、お店や家庭など様々なシーンで楽しまれているのが中細挽きの豆です。 中細挽きの豆はもっとも豆本来の特徴が味わえるということもあり、自分の好みのコーヒーを探したい、豆の特徴を知りたいといった場合、この中細挽きの豆を基準に粒度を調整するという方法もあります。 細挽き 細挽きは白砂糖とグラニュー糖の中間のサイズに挽かれた豆です。 細挽きは豆とお湯が接触する面積が増えるため、しっかりとコーヒー豆の成分を抽出することができます。 そのため、コーヒーの苦味やコクをしっかり味わいたいときにおすすめです。 また、豆を細かく粉砕するため、香りを十分に楽しむことができます。 ただし、細挽きの場合、香りや風味が飛びやすいという特徴もあるため、挽いてすぐに楽しむ場合に適しています。 細挽きのコーヒーはしっかりとした味が楽しめるため、水だしのコーヒーに適しています。 しっかりと水とコーヒーが接触することで、長時間かけてコーヒー豆の成分を抽出することができ、また格別の一杯を味わうことができます。 また、ペーパードリップで淹れた場合には、苦味もコクもしっかりとした味わいのコーヒーが楽しめます。 そのため、ある程度コーヒーに慣れている方や、コーヒーにこだわりのある方に向いた挽き方と言えるでしょう。 極細挽き 極細挽きはもっとも細かいコーヒーの挽き方です。 粒度は白砂糖ほどのサイズで、お湯との接触する面積も非常に大きくなるため、苦味をしっかりと抽出することができます。 この極細挽きに最適なのがエスプレッソ。 苦味を全面に押し出したエスプレッソは、極細挽きのコーヒーでなければ味わうことができません。 その他、極細挽きのコーヒーは直火でコーヒーを抽出するマキネッタや、トルコ式のコーヒーでも使用されます。 豆の分量 コーヒーの味は豆の挽き方だけでなく、豆の分量によっても大きく異なります。 自分好みのコーヒーの味を探すには、豆の分量にも注意するとよいでしょう。 豆の使用量でも味に違いがでる コーヒーを抽出する場合、使用する豆の量は焙煎の深さによっても異なります。 一般的に、浅炒りの豆ほど量が少なく、深煎りの豆の場合はやや豆の量が多くなります。 一般的に基準とされているのは、150cc~180ccのお湯に対してメジャースプーン1杯 10~12グラム 程度。 二人分であれば、280cc~300ccに対して、メジャースプーン2杯となりますが、このとき18~22グラムとやや少なめの豆を使用するのがコツになります。 もしコーヒーの豆を多めに使用した場合には苦味とコクがあり、逆に少なめに使用した場合には、さっぱりとした味わいとなります。 豆の量に関しては、慣れれば目分量でコーヒー豆を入れることもできますが、最初は10グラムをきちんと軽量して、味の感じを覚えておくと、理想のコーヒーの味に近づけることができます。 また、あまり大量のコーヒーをペーパードリップなどで一度に入れようとした場合、コーヒー豆がフィルターの目を塞いでしまいお湯との接触時間が長くなり、苦味の強いコーヒーになってしまいます。 使用しているドリッパーの種類にもよりますが、多くても二人分から始めてみると適切なコーヒーを抽出できるでしょう。 なお、最初にコーヒーを淹れる場合や、初めての豆を試してみる場合には、もっとも特徴が現れやすい、中細挽きの豆を使用するのがおすすめです。 コーヒーを淹れる場合には、極端に多い少ないがあると、十分にコーヒーの美味しさを引き出すことができません。 まずは基本の量を守り、少しずつコーヒー豆を増減させるなどして自分好みの味を見つけるとよいでしょう。 まとめ コーヒーは使用する豆の量だけでなく、豆の焙煎や挽き方などによっても大きく味が異なる非常に奥の深い飲み物です。 といっても難しく考える必要はありません。 まずは手に入りやすい豆を購入して、自分なりの工夫をしてコーヒーを淹れ、好みの飲み方をしてみるだけでも、コーヒーの楽しさを味わえることでしょう。

次の