モペット 型 電動 自転車。 【楽天市場】電動自転車(モペット版)E

【モペットとは】電動自転車と原付バイクとの違いは?必要な免許や公道は走行可能?|sugar news

モペット 型 電動 自転車

モペットで納得できない交通取り締まりを受けました。 先日、一方通行の道路をモペットで走行(逆走)していました。 エンジンはかけておらず自転車での走行でしたが、取り締まり中の警察官に呼び止められ通行区分違反で切符を切られました。 一方通行の道路を通行する前に、きちんと一時停止しエンジンを切り、ペダルで走行を開始しました。 何度も説明し抗議したのにもかかわらず、警察官は「乗車姿勢をとっているのでダメ。 切符にサインしなければ出頭してもらう」といわれ渋々サインした次第です。 バイクでエンジンをかけずに、乗車姿勢をとって走行すれば違反になるのでしょうか? (下り坂をエンジンのかかっていない原付きにまたがって、ノーヘルや逆走などの状態で下っていた場合など) また、モペットで走行する場合は自転車扱いにはならないのでしょうか? 尚、もちろん一方通行は「自転車は除く」です。 モペットは、チャリ走行の時も「原付」の扱いだと警察庁の発表がありました。 なのでチャリ走行の時でも、 ・ 免許証が必要 ・ ヘルメットが必要 ・ 歩道は走れない。 ・ 片側2車線までなら、一番右のレーンに入って交差点の中央付近を通って右折する。 ・ 右側の路外の店に入る時も中央線に寄った状態で右折を待つ。 などの特性が生じる上、その一方通行のように「自転車の枠組には入らない」といったことが起きるので、注意が必要です。 実質チャリなのに道路の中央に寄っての右折とか怖いのだが、決まりごとなので仕方ない。 これで二段階右折とかしたら右左折方法違反。 もちろんお察しの通り、チャリ走行のみの運用だとしても、ナンバープレートや自賠責が必要です。 エンジンかけてなくても乗車して走行してれば違反です。 覚えておきましょう。 エンジン切れば走っててもオートバイ扱いじゃないということになると、下り坂でエンジン切ればは歩道を走っていいとか、エンジン切って惰性で歩道に突っ込んでも違法じゃない、なんてことになって怖いでしょ。 異議があるならサインせずに裁判で争えばいいんです。 警察への出頭を拒否しても逮捕しに来たりはしませんが、裁判に出頭しないと確実に敗訴します。 敗訴して確定判決の罰金命令を無視してると財産を差し押さえられるか労役場に留置するために身柄を拘束されます。 モペットについては残念ながらエンジンを切っていてもバイク扱いだという見解が出ているので争っても勝てないと思います。 satoko4989orzさんが免許を持ってるなら勉強不足です。 買うときにそれぐらい調べとか無いと。 免許を持ってない人に、日本国内のお店が、免許が必要ということを知らせず、公道走行可能であるかのように誤解させて売ったのであれば、損害賠償請求できると思います。 めんどくさいですけどね。

次の

激安の電動アシスト自転車のコスパは?中古や型落ちなど3つのお得な買い方

モペット 型 電動 自転車

モペットって、どんな乗り物? エンジンとペダルという2つの動力を使える2輪車「モペット」(海外では小排気量のバイクを総称して使われることもある)は、ヨーロッパではポピュラーな乗り物。 ヨーロッパでは近年までモペットに乗るのに運転免許はいらない国が多く、維持費が安いなどの優遇制度があったこともあり、電動アシスト自転車のように手軽に乗れる乗り物として流行していたのだ。 日本国内でも、戦後の復興期などには庶民の足として多くのモペットが走っていたようだが、1960年に免許が必要な原動機付き自転車(原付一種)に分類されるようになり、その後は、に代表される原付一種のバイクが主役となっていった。 これは、免許が必要なのであれば、動力性能にすぐれたバイクのほうがいいという選択の結果だろう。 7ccと小さいことと混合ガソリンを使用することで規制をクリアしている。 とはいえ、最高速度は20kmと決して速くはない。 だが、そもそもモペットはバイクではあるけれど、移動のための足という要素が強い。 ペダルをこいで走らせることもできるが、動力があるので乗っているだけで走行可能できる点においては、電動アシスト自転車よりもラクに移動できる。 また、モペットバイクはデザインがユニークなところも大きな魅力。 曲線を描くクルーザータイプの自転車のようなフレームに、イエローのガソリンタンクが映える。 タンカラーのグリップとサドルもクラシカルだ 原付一種に区分されるため、ナンバープレートやライト、テールランプなどの装備が必須。 7ccの空冷2ストロークエンジンを搭載。 15Kgmの最大トルクを発揮する ペダルは自転車に装備されているものと変わらない。 エンジンを切った状態でペダルをこいで走れるほか、エンジンのパワーが足りない時にペダルを回して走行をアシストすることもできる 一般的なバイクと違い、右手側に設けられたレバーでアクセルを操作する。 クラッチはない ブレーキは自転車用のVブレーキを採用。 ライトを点灯させるためのダイナモも装備されている 変速ギアも自転車用。 停止中にも変速できる内装の3段変速で、グリップを回してギアチェンジする タンクには約1. 5Lのガソリンを入れることができる。 ガソリンとオイルを自分で混ぜてもいいが、混合されたガソリンを用意するとラクだろう。 サドルの高さは調整できるが、そもそもの位置があまり高くないので身長が低めの人でも乗りやすいだろう。 足つき性がよく、車体も軽いため、ちょっと車体がふらついても問題なく支えられるはずだ ハンドルは低めにセットされているが、幅が広めなので押さえやすい エンジンをかける際には、エンジンで駆動するようになっているかレバーを確認しておこう。 エンジンに装備されたレバーで、動力を切り替えられる。 ペダルのみで走行する場合は、「FREE」の方向にレバーを動かす。 今回は、エンジンで駆動するので、レバーは縦向きのままにしておく ペダルを踏みおろすとエンジンがかかる なお、エンジンが冷えていてかかりにくい時に、エンジンに送るガソリンを濃くしてかかりやすくするチョークレバーもハンドル左側に用意されている エンジンをかけて走り出しても扱いやすい印象は変わらない。 50ccクラスの原付よりも小さい排気量のエンジンはパワフルではないものの、低回転からフラットなトルクを発生してくれるので、ゆっくりした速度でもコントロールがしやすいのだ。 リミッターではなく、性能的に速度を抑えているので、バイクに乗り慣れていない人でも怖さを感じることはないだろう。 また、排気音も普通のバイクよりも静か(下の動画参照)。 いざとなれば、エンジンを切ってペダルをこいで走ればいいので、夜間も安心だ。 自転車っぽい見た目なのにエンジン音が響くので、「なんだ、あれは?」とちょっと注目される(笑) 結構小回りも効くので、市街地での移動手段としては最適。 まずは、エンジンの力のみで登ってみたが、31. 7ccの排気量では急勾配の手前までしか登れず。 とはいえ、下の動画のように急勾配にさしかかるまでの坂はエンジン駆動で登れたので、急過ぎない坂なら心配しなくてもよさそう。 勾配がきつくなってくると、ペースダウン。 ペダルをこいでアシストしてみるが、登りきることはできなかった 結局、途中から押して登ったのだが、それほど車体は重くないのでさほど大変ではない 試乗を終えて フキ・プランニングのモペットは、もともと自転車に乗る体力がなくなった高齢者のために開発したのだそう。 そのため、乗りやすさや使い勝手は良好。 自転車しか乗ったことのない人でも、すぐに乗りこなせるほど簡単な操作性だった。 ただ、そうなると電動アシスト自転車でもいいような気がするが、電動アシスト自転車は動力を得るためには人力でペダルを回さねばならない。 そのアシストすらいらないのがモペットの魅力である。 もちろん、原動機付き自転車なので、軽自動車税もかかるし、二段階右折もしなければならない。 エンジンをかけずにペダルをこいで走行するにしても、ヘルメットの着用は必須だ。 このように、電動アシスト自転車と比べるとわずらわしく感じる部分はたしかにあるだろう。 しかし、乗り物としてのおもしろみもあり、めずらしさから注目されるのも快感だったりする。 販売価格は14万円(税別)と、ハイグレードな電動アシスト自転車よりも安い。

次の

ペダル付き電動バイク、普及へ「法律も変えていく」…ヤマハ2輪事業で初のベンチャー投資

モペット 型 電動 自転車

モーターの力で進む電動機付き自転車、通称「モペット」。 外見は電動アシスト付き自転車に似ているが、日本ではバイクの扱いだ。 ところが、ベトナムなど自転車のように免許なしで乗れる国もあり、母国と同じ感覚で運転する違反者が後を絶たない。 事故防止のため、警察が対策に乗り出した。 法令上、モペットの多くは出力0・6キロワット以下の「原付きバイク」。 公道を走るには免許や自賠責保険の加入、ヘルメット着用が義務だ。 車体にはウィンカーやナンバープレートも取り付けねばならない。 一方、在名古屋ベトナム社会主義共和国名誉領事館によると、ベトナムでは16歳以上で車体にナンバーを付けるなど、いくつかの基準を満たせば運転免許なしで運転できるという。 日本・ベトナム文化交流協会の職員(36)は「ベトナムでは、免許を持たない学生の間ではやっている」と話す。 そんなモペットに親しんだ若いベトナム人留学生を中心に、日本で無免許運転してしまうケースが相次いでいる。 愛知県警によると、同県犬山市では2年ほど前から、公道でモペットに乗るベトナム人の姿が目撃されるように。 ペダルをこがずに進む様子に、「危ない」と住民からの通報が相次いでいたという。 モペットの事故も複数起きており、名古屋市内では中国人やスリランカ人による違反走行も報告されている。 岐阜県でも9月、ベトナム人の男が道交法違反(無免許運転)容疑で書類送検された。 愛知県警は違反運転が広がる前に取り締まりを強化したい考えで、捜査関係者によると、指導後も無免許でモペットに乗り続けたベトナム人の男を近く、同容疑で書類送検する方針だという。

次の