内祝いお礼。 お祝いのお礼は何割くらいが無難?相場や渡し方など内祝いのマナー

初節句の内祝いにお礼の手紙やメッセージカードは必要?書き方と文例を紹介 | 知恵の焦点

内祝いお礼

2019. 13 お祝いをいただいたならば、お礼として内祝いを贈ることが習慣です。 結婚祝いの引き出物や出産内祝いとして、お菓子をはじめ、食べ物ギフトは人気があります。 食べ物を内祝いにすることのメリットはどのようなことなのでしょうか? そこで今回は、お礼の内祝いにおいての食べ物ギフトの有用性とはをご紹介します。 食べ物の内祝い 人生の節目において、いろいろな「おめでたいこと」があります。 「おめでたいこと」では、身内や友人など、お付き合いのある方から「お祝い」をいただくでしょう。 そして、いただいた側は「内祝い」をお礼の気持ちを込めて贈ることが、日本では習慣となっています。 一方、そのために悩ましいことは「内祝いには何を贈ればよいのだろう?」ということではないでしょうか? 最近の「内祝い」では、「贈り分け」と「実用性」の傾向がみられるようです。 それは、 相手に応じて、ふさわしく喜ばれるものを贈りたい また、 相手がすぐに消費でき保管の場所をとらないものを贈りたい という観点からです。 そのような傾向からも、「内祝い」の品選びとして重用されているものとして「食べ物ギフト」が挙げられます。 相手の好みがわかっていれば、なおさら、お菓子をはじめ、コーヒーや紅茶、お酒などの嗜好品は喜ばれるでしょう。 また、地元の名産品など、ご当地紹介の意味合いも込められてよいでしょう。 注意点 「食べ物ギフト」のメリットは、比較的短期間のうちに消費され、保管場所に相手が困らない、という点にあります。 その食べ物が、相手本人をはじめ、相手家族や複数に分けて消費することが可能であれば、より「幸せのおすそわけ」の意味も込められ、喜ばれるでしょう。 「消費期限」「賞味期限」に気をつける 食品関係において最も気をつけるべき点は「消費期限」「賞味期限」でしょう。 特に、生菓子やご当地銘産品、果物や生鮮食品などの生ものは、「消費期限」「賞味期限」が相手の手元に届いてから数日以内、という可能性もあります。 どうしても贈りたい場合には、「すぐに召し上がっていただきたいのですがよろしいですか」と事前に相手の了承をとっておいたほうがよいでしょう。 さらに、配送の場合、相手がしばらく不在で受け取れず、やっと手元にわたったときには期限が切れてた、ということのないよう、手配には気をつけなければなりません。 好き嫌いやアレルギー 食べ物のなかでも、内祝いとして最も利用度が高いものはお菓子類ではないでしょうか? 広く出回っていますし、種類も多く、内祝いとして選びやすい分野です。 一方、お菓子類には、牛乳や小麦粉、卵など、アレルギーのある人にとっては口にすることができない原材料が含まれていることがあります。 せっかく贈った内祝いが、先方の体質や体調のために、喜んでいただけなかった!ということのないよう、気をつけましょう。 その他お菓子類に限らず、先方の好き嫌いやアレルギーが事前にわかっていれば、それにあわせた品選びをするのは当然のことです。 ただし、お菓子類は、先方がアレルギーや好き嫌いのために口にされることがなくても、「消費期限」「賞味期限」さえ十分な期間があれば、別の友人、職場などに回して活用してもらうことも可能です。

次の

出産祝いのお返しの「のし」:「御礼」でいいの?書き方、内のし?外のし?

内祝いお礼

2019. 13 お祝いをいただいたならば、お礼として内祝いを贈ることが習慣です。 結婚祝いの引き出物や出産内祝いとして、お菓子をはじめ、食べ物ギフトは人気があります。 食べ物を内祝いにすることのメリットはどのようなことなのでしょうか? そこで今回は、お礼の内祝いにおいての食べ物ギフトの有用性とはをご紹介します。 食べ物の内祝い 人生の節目において、いろいろな「おめでたいこと」があります。 「おめでたいこと」では、身内や友人など、お付き合いのある方から「お祝い」をいただくでしょう。 そして、いただいた側は「内祝い」をお礼の気持ちを込めて贈ることが、日本では習慣となっています。 一方、そのために悩ましいことは「内祝いには何を贈ればよいのだろう?」ということではないでしょうか? 最近の「内祝い」では、「贈り分け」と「実用性」の傾向がみられるようです。 それは、 相手に応じて、ふさわしく喜ばれるものを贈りたい また、 相手がすぐに消費でき保管の場所をとらないものを贈りたい という観点からです。 そのような傾向からも、「内祝い」の品選びとして重用されているものとして「食べ物ギフト」が挙げられます。 相手の好みがわかっていれば、なおさら、お菓子をはじめ、コーヒーや紅茶、お酒などの嗜好品は喜ばれるでしょう。 また、地元の名産品など、ご当地紹介の意味合いも込められてよいでしょう。 注意点 「食べ物ギフト」のメリットは、比較的短期間のうちに消費され、保管場所に相手が困らない、という点にあります。 その食べ物が、相手本人をはじめ、相手家族や複数に分けて消費することが可能であれば、より「幸せのおすそわけ」の意味も込められ、喜ばれるでしょう。 「消費期限」「賞味期限」に気をつける 食品関係において最も気をつけるべき点は「消費期限」「賞味期限」でしょう。 特に、生菓子やご当地銘産品、果物や生鮮食品などの生ものは、「消費期限」「賞味期限」が相手の手元に届いてから数日以内、という可能性もあります。 どうしても贈りたい場合には、「すぐに召し上がっていただきたいのですがよろしいですか」と事前に相手の了承をとっておいたほうがよいでしょう。 さらに、配送の場合、相手がしばらく不在で受け取れず、やっと手元にわたったときには期限が切れてた、ということのないよう、手配には気をつけなければなりません。 好き嫌いやアレルギー 食べ物のなかでも、内祝いとして最も利用度が高いものはお菓子類ではないでしょうか? 広く出回っていますし、種類も多く、内祝いとして選びやすい分野です。 一方、お菓子類には、牛乳や小麦粉、卵など、アレルギーのある人にとっては口にすることができない原材料が含まれていることがあります。 せっかく贈った内祝いが、先方の体質や体調のために、喜んでいただけなかった!ということのないよう、気をつけましょう。 その他お菓子類に限らず、先方の好き嫌いやアレルギーが事前にわかっていれば、それにあわせた品選びをするのは当然のことです。 ただし、お菓子類は、先方がアレルギーや好き嫌いのために口にされることがなくても、「消費期限」「賞味期限」さえ十分な期間があれば、別の友人、職場などに回して活用してもらうことも可能です。

次の

結婚祝いの内祝のお礼のメールの返し方を教えてください。

内祝いお礼

出産祝いお返しのしの表書き、悩みますよね。 いわゆる「御礼」でいいのでしょうか。 いただいたお祝いに対してお返しするものなので、御礼でいい気もしますが・・・。 出産祝いお返しのしの表書き、正解は「内祝」です。 では、なぜ「内祝」なのでしょう。 そもそも「内祝」というのは、「お祝い事のあった家が、その喜びを身内と分かちあう」ために用意される品だったそうです。 言い換えれば、「幸せのおすそ分け」ですね。 なので、本来はお祝いをいただいたかどうかに関わらず、一緒に喜んで欲しい人に差し上げるものだったのです。 ですから、「御礼」や「お返し」はもらったから返すというような意味にとらえられることもあるため、表書きは「内祝」とし、メッセージなどを添える際にも、「お返し」という言葉は避け、「こころばかりの品をお贈りさせていただきます」などとするといいようです。 そして贈る品についてですが、定番のタオルや寝具などの日用品や石けんなどの消耗品、スイーツなどの食料品から、受け取った側が好きなものを選べるカタログギフトは人気があります。 贈る側としても、何を贈ったらいいかわからない時、やはりカタログギフトは強い味方ですよね。 金額の目安はいただいた品の半額相当(半返し)が一般的です。 出産祝いのお返しの「のし」の書き方 出産祝いお返しのしの書き方についてですが、まず、出産祝いお返しのしには「紅白の蝶結び(花結び)」のしを使用し、文字の書き方は、水引の上に「内祝」、下には親御さんの名前(名字)を書くのではなく、生まれた赤ちゃんの名前を書きます。 これは、赤ちゃんから「ありがとう」を初めて伝える贈り物が出産祝いのお返し=内祝だからです。 そして、赤ちゃんの名前のお披露目という意味もありますので、読み方が難しい場合はふりがなをつけるといいでしょう。 贈る品物についても悩みどころですよね。 特に、センスのいい人へ贈るギフトは「タオル・・・普通過ぎるよね。 スイーツ・・・好きじゃなかったらどうしよう」とあれこれ喜んでもらえるか、気に入ってくれるかと思い、難しくなりがちです。 そんなときやっぱりカタログギフトは、相手の方に好きなものを選んでいただけるので重宝します。 そして、カタログギフトは3,000円から20,000円以上のものもあり、内容も品物だけでなく、ディナーなどのお食事券や温泉やホテルなどに泊まれる宿泊券など、様々な種類がありますので、お返しする金額に合わせて選ぶことができます。 感謝の気持ちを込めて、素敵な内祝を贈りたいですね。 出産祝いお返しのしは内のしにするのがいいのでしょうか。 それとも外のしのほうがいいのでしょうか。 そもそも内 外というのはどういうことでしょう? 外のしは包装紙の上からのしをかけること、内のしは品物の上に直接のしをかけて包装紙で包むことです。 のしは古来、贈り物に添え、それを風呂敷で包んで届けていたので、包装紙が風呂敷の役割をしていると考えると、内のしのほうが正解となります。 また、出産祝いお返しのしとして、控えめな内のしのほうが好まれる傾向にあるようですが、最近は外のしのほうが一般的であるともいえます。 地域によっても異なるので厳密なルールはありませんし、内 外いずれにしても、感謝の気持ちをこめてお返しをすることに意味があると思います。 定番のタオルなども、ブランドやオーガニックコットンを使ったナチュラル志向のものなどが喜ばれるようです。 贈り先の好みやライフスタイルなどを考慮したものがセンスのいい贈りものと言えるでしょう。 とはいえ、なかなか喜ばれる贈り物を選ぶのは大変ですよね。 そんな中、ここ何年も根強い人気を誇っているのはカタログギフト。 贈り先の方が本当に必要で好みのものを選んでいただけるカタログギフトは最強の贈りものかもしれません。

次の