スマホ の 画面 を テレビ に 映す。 AndroidをPS4にミラーリングする二つの方法

パソコン画面にスマホ(Android)の画面を映す方法【ミラーリング】

スマホ の 画面 を テレビ に 映す

スマホとテレビを接続する3つの方法 まずは、「そもそもどんな方法があるのか実はよくわかっていない」という方々のために、3つの接続方法の特徴と、それぞれのメリット、デメリットをご紹介していきます。 iPhoneならAppleTV アップル ティーヴィー 、AndroidならChoromeCast クロームキャスト やMiracast(ミラキャスト)レシーバーを利用するのが基本です。 設定が難しい場合がある• 有線と比べて通信が不安定になることがある• 販売価格が高め 2. 有線接続には、「Apple Lightning Digital AVアダプタ」「MHLケーブル」「スリムポートtoHDMIケーブル」「USB Type-C to HDMIケーブル」などを利用します。 iPhoneなら基本的にApple Lightning Digital AVアダプタの一択。 Androidなら、利用機種に応じて、対応している規格のケーブルを「MHLケーブル」「スリムポートtoHDMIケーブル」「USB Type-C to HDMIケーブル」の中から選ぶというのが基本です。 設定が難しい場合がある• 有線と比べて通信が不安定になることがある• 対応テレビが少ない AndroidとiPhone(iOS)それぞれのおすすめ接続方法 テレビ出力をしたいスマートフォンの機種や、何を出力したいのかによって、おすすめの接続方法や用いる機器が変わります。 ここからは、利用環境別のおすすめ接続方法をご紹介していきます。 iPhone、iPadの場合 iPhone、iPadを利用している場合は、「AppleTV アップル ティーヴィー 」もしくは「Apple Lightning Digital AVアダプタ」を利用することになります。 単純にスマホの画面をテレビに出力したいだけなので、あれば圧倒的に「Apple Lightning Digital AVアダプタ」がおすすめです。 AppleTVの場合、32GBの安い方を選んだとしても、2万円以上の出費を覚悟しなくてはならず、あまり手軽だとは言えません。 その点、Apple Lightning Digital AVアダプタなら、Apple公式サイトで5,200円(税抜)で購入できますし、Amazonや楽天市場ならもう少し安く購入できます。 有線接続用のケーブルを購入する場合、あまり安易に短いものを購入すると、後々「失敗した!」と感じてしまうかもしれません。 短いものほど安価で購入できますが、あまり短すぎると、接続したスマホがテレビ近くに固定されてしまい、操作がし辛くなることもありますので、長さは慎重に選ぶようにしましょう。 USB Type-C対応機種の場合 USB Type-C対応機種の場合、MHL非対応機種がほとんどで、有線での接続方法がないということも多いようです。 一応は、USB type-C用のテレビ出力ケーブルも存在しますが、スマホ側が非対応となっていることが多く、一部の機種でしか利用できません。 そうなると、残された選択肢は、ワイヤレス接続ということになります。 Androidでワイヤレス接続するなら、Chromecastが有名ですね。 使い方も比較的簡単で、情報も多いので、ワイヤレス接続って難しそうという方にはおすすめです。

次の

iPhone/iPadの画面をテレビに映す 有線/無線による接続方法を徹底解説

スマホ の 画面 を テレビ に 映す

スマホとテレビを接続する3つの方法 まずは、「そもそもどんな方法があるのか実はよくわかっていない」という方々のために、3つの接続方法の特徴と、それぞれのメリット、デメリットをご紹介していきます。 iPhoneならAppleTV アップル ティーヴィー 、AndroidならChoromeCast クロームキャスト やMiracast(ミラキャスト)レシーバーを利用するのが基本です。 設定が難しい場合がある• 有線と比べて通信が不安定になることがある• 販売価格が高め 2. 有線接続には、「Apple Lightning Digital AVアダプタ」「MHLケーブル」「スリムポートtoHDMIケーブル」「USB Type-C to HDMIケーブル」などを利用します。 iPhoneなら基本的にApple Lightning Digital AVアダプタの一択。 Androidなら、利用機種に応じて、対応している規格のケーブルを「MHLケーブル」「スリムポートtoHDMIケーブル」「USB Type-C to HDMIケーブル」の中から選ぶというのが基本です。 設定が難しい場合がある• 有線と比べて通信が不安定になることがある• 対応テレビが少ない AndroidとiPhone(iOS)それぞれのおすすめ接続方法 テレビ出力をしたいスマートフォンの機種や、何を出力したいのかによって、おすすめの接続方法や用いる機器が変わります。 ここからは、利用環境別のおすすめ接続方法をご紹介していきます。 iPhone、iPadの場合 iPhone、iPadを利用している場合は、「AppleTV アップル ティーヴィー 」もしくは「Apple Lightning Digital AVアダプタ」を利用することになります。 単純にスマホの画面をテレビに出力したいだけなので、あれば圧倒的に「Apple Lightning Digital AVアダプタ」がおすすめです。 AppleTVの場合、32GBの安い方を選んだとしても、2万円以上の出費を覚悟しなくてはならず、あまり手軽だとは言えません。 その点、Apple Lightning Digital AVアダプタなら、Apple公式サイトで5,200円(税抜)で購入できますし、Amazonや楽天市場ならもう少し安く購入できます。 有線接続用のケーブルを購入する場合、あまり安易に短いものを購入すると、後々「失敗した!」と感じてしまうかもしれません。 短いものほど安価で購入できますが、あまり短すぎると、接続したスマホがテレビ近くに固定されてしまい、操作がし辛くなることもありますので、長さは慎重に選ぶようにしましょう。 USB Type-C対応機種の場合 USB Type-C対応機種の場合、MHL非対応機種がほとんどで、有線での接続方法がないということも多いようです。 一応は、USB type-C用のテレビ出力ケーブルも存在しますが、スマホ側が非対応となっていることが多く、一部の機種でしか利用できません。 そうなると、残された選択肢は、ワイヤレス接続ということになります。 Androidでワイヤレス接続するなら、Chromecastが有名ですね。 使い方も比較的簡単で、情報も多いので、ワイヤレス接続って難しそうという方にはおすすめです。

次の

iPhone・スマホの画面を「無線」でテレビに映す方法

スマホ の 画面 を テレビ に 映す

スマホやタブレットを有線でテレビとつなぐ• 引用元: インターネット環境があるのが大前提 先ほどご紹介した方法のどちらを用いるとしても、スマホやタブレットの画面をテレビに表示させるにはインターネット回線が必須になります。 当たり前の話しですが、スマホやタブレットにウェブサイトや動画を表示させるにはインターネット通信をする必要があるからです。 インターネット回線は以下2つの両方、もしくはどちらかの目的で利用します。 スマホ・タブレットをインターネットに接続させる• スマホ・タブレットの画面をWi-Fi経由でテレビに映す スマホやタブレットに表示されるウェブサイトや動画をテレビに映すためには、そのスマホやタブレットがインターネットに接続できる環境が必要です。 Wi-Fi通信対応のテレビや、テレビにネット通信対応機器を接続する場合、スマホとタブレットとの連携をするために自宅にWi-Fi通信ができるインターネット環境が必要になります。 スマホやタブレットのカメラで撮影した写真や動画をテレビに映すだけなら対応ケーブルだけ用意すれば済みます。 しかし、YouTubeなどのネット動画をテレビに映すなら最低でもネット回線は必要と考えましょう。 動画配信サイトを見るなら光回線によるWi-Fiを使うのが理想 スマホやタブレットに表示されている配信サイトの動画をテレビへ映す場合、通信速度が速く制限がかからないインターネット回線を使いたいところです。 主要の動画配信サイトが推奨している下り速度の数値をまとめました。 7Mbps以上 HD画質(高画質):3. 5Mbps以上 4K(最高画質):15Mbps以上 U-NEXT 標準画質:1. 5Mbps以上 高画質:3Mbps以上 FOD 10Mbps以上 DAZN 標準画質:5Mbps以上 高画質:9Mbps以上 上記の推奨速度を踏まえたうえで、インターネット回線4種類の最大通信速度を見比べてみましょう。 回線種別 最大通信速度 光回線 1Gbps以上 ホームルーター 867Mbps モバイルルーター 867Mbps スマホ用のLTE回線 225Mbps 理論上ではどの回線を利用してもネット動画の再生は可能といえます。 しかし、ホームルーターとモバイルルーター、LTE回線では一定の条件に該当すると速度制限がかかるので注意が必要です。 光回線以外の回線に設けられている速度制限の内容をまとめました。 回線種別 速度制限の対象になる条件 制限時の通信速度 速度制限を受ける時間帯 ホームルーター ソフトバンクエアー:基本的にはないが、夜に速度規制はかかる WiMAX:直近の3日で10ギガの消費 ソフトバンクエアー:5~7Mbps WiMAX:1Mbps ソフトバンクエアー:毎日夜20時から深夜1時まで WiMAX:直近3日で10ギガを消費した翌日の18時から深夜2時 モバイルルーター 直近の3日で10ギガの消費 1Mbps 直近3日で10ギガを消費した翌日の18時から深夜2時 スマホ用のLTE回線 契約プランで決められているデータ容量の使い切り 最大128Kbps 利用料金の〆日まで WiMAXのホームルーターとモバイルルーターは3日間で10GBを消費すると速度制限がかかるようになっています。 速度制限を受ける時間は翌日の18時から深夜2時までの6時間と短めではあります。 しかし、出せる速度は1Mbpsとなりあらゆる配信サイトの推奨値以下になるので、受けると実質的に動画の再生はできなくなってしまいます。 (配信サイトによっては動画再生が可能ですが、画質は標準以下になります) 10GBは高画質の動画を約15時間再生すると消費するので、スマホやタブレットで動画を見る頻度が高い人にはWiMAXはおすすめできません。 ソフトバンクエアーも夜になると速度が5~7Mbpsになるので、利用する配信サイトによっては動画の再生が難しくなります。 LTE回線に設けられている速度制限には特に気をつけなければならず、契約プランで決められたデータ量を使い切ると、料金の〆日が過ぎるまで通信速度がウェブサイトへのアクセスすらできないほど低速になります。 光回線には速度制限が一切ないので、どれだけスマホやタブレットで動画を再生しても通信速度が遅くなりません。 それぞれの回線が設けている速度制限の内容を考えると、スマホやタブレットで再生している動画をテレビに映して見るのであれば、自宅に光回線を引いてWi-Fiを飛ばすのが望ましいです。 FPSやTPSなどのオンラインゲームで遊ぶ場合も光回線を使いたい オンラインゲームのプレイ画面をテレビに映したいと考えている人もいるのではないでしょうか? テレビへの映し出しに関係なく、スマホやタブレットでオンラインゲームを遊ぶのであれば光回線によるWi-Fi環境を使っておきたいところです。 特に荒野行動やフォートナイトなどのバトルロイヤル系のゲームで遊ぶ場合、光回線の重要性が高まります。 バトルロイヤルなどの対戦ゲームで遊ぶ場合、通信速度の速さに加えてPing値も重要です。 Ping値とは回線の応答速度で、数値が低いほどラグ(遅延)が起きにくくなります。 オンラインゲームをするときはPing値を1ケタ、最悪でも10~20msには抑えておきたいところです。 ホームルーターやモバイルルーターのPing値は高く、動きが激しいゲームには向いていません。 利用者からの口コミを調査しておきましたが、ホームルーターとモバイルルーターはPing値が良くないという声が多く見られました。 WiMAXでCODやったらping高すぎて玉当たりがコンマ5くらい遅くてやる気もげた エーペックスは全然できるのにな こーゆー差ですよCODさん — おもちーず APEX. スマホ・タブレットをテレビで見る方法 スマホやタブレットをテレビで見る方法は3つあり、自分の環境や好みにあったものが選べます。 費用をかけたくない人は対応ケーブルを使う方法、すでにテレビに通信機器を接続している人はWi-Fi経由での映し出しがオススメです。 変換アダプターやHDMIケーブルでスマホ・タブレットをテレビにつなぐ もっとも簡単で手っ取り早く費用がかからない選択肢は、スマホやiPhone対応のHDMIへの変換アダプターやケーブルを使う方法です。 HDMIへの変換アダプターやケーブルを使う方法はスマホやタブレットをテレビにつなぐだけとシンプルで、簡単にスマホやタブレットの画面をテレビへ映したい人にオススメです。 変換アダプターやケーブルはAmazonや家電量販店で買えるうえに、販売価格も1,500円から2,000円と安いので、あまりお金をかけたくない人にも向いています。 Androidのスマートフォンやタブレットでは変換ケーブルを用意するだけで済みますが、iPhoneやiPadでは変換アダプターとHDMIケーブルが必要になるので注意してください。 Apple TVを使ってiPhone・iPadの画面を Wi-Fi経由でテレビに映す Wi-Fi接続に対応していないテレビを使っているiPhoneやiPadユーザーの人には、Apple TVの利用がオススメです。 Apple TVとiPhoneやiPadを同じWi-Fiに接続する• コントロールセンターを開く• 「画面ミラーリング」をタップ• 表示されるリストの一覧から「Apple TV」を選択 コントロールセンターの開き方は利用している機種ごとに異なります。 iPhone X以降の機種やiOS12以降が搭載されているiPadでは、画面の右上隅から下に向けてスワイプするとコントロールセンターが表示されます。 iPhone 8以前の機種やiOS11以前が搭載されたiPadを利用している場合、画面の下から上に向けてスワイプするとコントロールセンターが表示されます。 Apple TVを使う方法は一見魅力的ですが、販売価格は2万円前後と安くありません。 Apple TVをテレビにつなげばiPhoneやiPadの画面を映し出す必要がなくなるのでベストな方法とは言い難いです。 すでにApple TVをテレビにつないでいる人なら費用をかけずにiPhoneやiPadの画面をテレビに映せるので、試しに使ってみるといいでしょう。 AndroidではAndroid TVを使って Wi-Fi経由でテレビに映す Android TV対応のスマートボックス(以下、Android TV)を使い、Wi-Fi経由でスマホやタブレットの画面をテレビに映す方法もあります。 Android TV側でAirReceiverLiteを起動する• 設定画面に進み「AirPlay」にチェックを入れる• iPhone、もしくはiPad側でコントロールセンターを開く• 「画面ミラーリング」をタップ• 表示された機器リストのなかから利用しているAndroid TVの名称をタップ Android TVは5,000円代から購入できるので、Apple TVと比べると手が出しやすいです。 しかし、Android TVがあればわざわざスマホやタブレットの画面を映さなくてもテレビでインターネットが利用できるので、変換アダプターやケーブルを使う方法と比べると優先順位は低めです。 スマートテレビを利用してスマホ・タブレットの画面をテレビに映す Android TV内蔵のスマートテレビを利用するのも一つの方法ですが、あまりオススメはできません。 既にインターネットに対応していないテレビ使っている場合、スマートテレビを利用するには買い換えが伴います。 手間や費用を考えると新居への引越しといった事情がない場合を除いて現実的な手段とはいえないからです。 スマートテレビの販売価格の振れ幅は広いですが、HD画質対応モデルでも25,000円からなので、決して安い買い物ではありません。 4K対応モデルになると50,000円以上の出費が伴う場合もあります。 注意点:オンラインゲームをするときは Wi-Fi経由のテレビへの画面表示は危険 スマホやタブレット用のオンラインゲームの画面をテレビへ映す場合、Apple TVやAndroid TVを使ってのWi-Fiを経由する方法は避けるべきです。 ゲームのタイトルにもよりけりですが、オンラインゲームの中にはスマホやタブレットに多くの負荷をかけるものがあり、発熱を招く恐れがあるからです。

次の