呼べよ花の名前を。 MIU404(ミュウ404)主題歌の歌詞と発売日

ノーサイドゲーム主題歌の歌詞と発売日

呼べよ花の名前を

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩いた 身体の奥底で響く 生き足りないと強く ああ 始まるさ 噛み終えたガムの味 噛み切れないままの心で 一つ一つ無くした果てに ようやく残ったもの これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい Wow wow… 何に喩えよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 枯葉を揺れば まだ続く 行こう花の咲かないうちに Wow wow… これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ恐れるままに花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない世界が消えない 馬と鹿が主題歌のノーサイドゲームってどんなドラマ? 米津玄師の馬と鹿が主題歌のノーサイドゲームとはどんなドラマなのでしょうか?Wikipediaにあらすじがありましたので、楽曲を詳しく理解するためにも前提知識として引用します。 トキワ自動車経営戦略室次長の君嶋隼人は、滝川桂一郎が出したカザマ商事買収案件に反対する意見書で、滝川と対峙していた。 この案件は、結局取締役会で見送られたが、それからおよそ3か月後、君嶋は横浜工場総務部長に左遷させられる。 横浜工場総務部長は、トキワ自動車のラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャー兼務と決まっていて、君嶋はラグビーについてまったくの素人ながら、着任早々監督選びに悪戦苦闘することになる。 アナリストの佐倉多英やキャプテンの岸和田徹の助言を受けながら、新監督は柴門琢磨に決まり、いよいよ新生アストロズが始動し、快進撃を続ける。 そして、君嶋は元上司・脇坂賢治から、見送られたはずのカザマ商事買収案件が復活したことを聞く。 引用: どうやらノーサイドゲームというドラマは企業エンターテイメントドラマのようですね!様々な 困難や逆境に立ち向かっていく様が描かれているのでしょう。 この逆境という言葉。 歌詞の意味を理解する上でかなり重要になりそうです。 なぜなら、米津玄師さんが以下のようなツイートをしているから。 逆境に立ち向かっていくヒーロー的なキャラを音楽で描くのはかなり難しいですが、一体どんな楽曲に仕上がっているのでしょうか。 歌詞の意味をしっかりみていきましょう。 「馬と鹿」とは動物の名前ですが、どういう意味で曲名として使われているのでしょうか? 馬と鹿。 この文字を見ただけで「馬鹿(バカ)」という言葉が頭によぎりますが、なぜ米津玄師は馬鹿を馬と鹿と表現したのでしょう。 考えていてもわからないので、まずは「馬と鹿」を分けて考えてみましょう。 まず、馬という動物から。 馬は昔から 高貴で縁起がいい動物であるとされています。 また、 綺麗 清潔か否かではないほう)というイメージがある動物ですよね。 現代でも競馬など賭け事や牧場の愛されつ動物の一つとして活躍している動物です。 次に鹿という動物。 鹿は、「古事記」に鹿の神「アメノカク(天迦久)」が登場したり、 神の使いとして鹿が使われたりするなど、古くから鹿は 神格化されている動物です。 また、鹿島神宮や春日大社では鹿が神の使いとして丁重に保護されているようです。 また、日本では勝利の象徴として、鹿が用いられていたそうです。 参考:) これらを包括すると、馬と鹿には「 高貴なもの」というイメージがあるわけです。 馬鹿という言葉とは全く真逆なイメージですよね。 つまり、米津玄師さんがあえて「馬と鹿」と曲名にしているということは馬鹿という意味で曲名にしたのではなく、 「高貴」や「大切にされるもの」という意味を込めるために「馬と鹿」という曲名をつけたのでしょう。 解釈 色々なものに傷つけられる春。 そんな痛みがあるにもかかわらず麻酔のようなものはあえて打たない。 自分の心の奥底から「もっと強く生きろ」と声が聞こえる。 噛み終えたガムのように味がないけれど、決してガムが切れないように強い心で前に進む。 一つ一つ着実に無くしてった果てにようやく残ったものが今だから。 米津玄師さんが言っていた通り、逆境の中をひとつひとつ進んでいく様をストレートに表現した歌詞ですね。 歪んで傷だらけという歌詞は、単純に外傷だけではなく、 心の傷も含まれるのだと思います。 この曲の主人公は「今」の環境以外に残っているものはないのかもしれませんね。 だから、たとえ傷だらけでも痛みを感じないように麻酔を打って、痛みを感じないようにしようなんて甘えずに、 今の環境を維持しようとなんとか しがみつきながら前に進んでいるのかもしれません。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ花の名前を ただ一つだけ 張り裂けるぐらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい 解釈 この感情が愛ではないなら他になんと呼んだらいいのだろうか。 ただ一つだけの大切な人に想いを伝えろよ。 張り裂けるくらい。 ああ、鼻先が触れて、唇が触れて、呼吸が止まる... 痛みは消えないままでいい。 「呼べよ花の名前」という歌詞。 ここは、主人公が感じている「愛」の対象の女性のことを言っているのだと思います。 また、呼吸が止まるという表現。 これは、主人公が想いの女性に告白して、付き合った後 キスをするシーンを表現しているのでしょう。 つまり、後に続く「痛みは消えないままでいい。 」という歌詞の痛みは、 キスの最中に感じているということになります。 では、この「痛み」という歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか。 おそらくですが、先ほど歌われていた傷の痛みではなく、 張り裂けるぐらい好きだったのに想いを伝えられなっかった過去の自分の痛みのことを指しているのだと思います。 過去の無力な自分は消さずに、好きな人とキスという人生で一番幸せな時間を過ごすなんて、きっと主人公は自分を 決して否定しない人物なのでしょうね。 何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を癒えば まだ続く 行こう花の咲かないうちに Wow….. 解釈 君と僕は何に例えられるかな。 踵に残る傷が似ている僕が馬で君が鹿だろうか。 雷雲が避けて晴れ間が出るように、君と出会えたことは美しいものだ。 まだ、僕たちの物語は始まったばかりだ。 急いで行こう。 この天気で花が咲く前に。 踵とは「かかと」という意味ですが、馬にも蹄の踵と書いて 蹄踵(ていしょう)と呼ぶ部分があります。 わかりやすい画像がありましたので、引用させていただきます。 この蹄踵(ていしょう)という部分。 馬の第二の心臓と呼ばれるほど大切なものらしいです。 なんでも、蹄踵(ていしょう)が原因で 命を落とす馬がいるほどとか。 曲の冒頭の歌詞で、主人公は心も傷を負っていると解釈しましたが、 その心の傷は死にたくなるほど辛いものだったということを「踵に残る似た傷」という歌詞で表現しているのだと思います。 そんな死にそうな主人公も、大切な「君」と出会うことで、雷雲が避けて晴れ間出るように、心が晴れて言ったのかもしれませんね。 これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか僕は知らなかった 呼べよ恐れるままに 花の名前を 君じゃなきゃ駄目だと 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい あまりにくだらない世界が綺麗だ 馬鹿臭い.

次の

米津玄師 馬と鹿 歌詞&動画視聴

呼べよ花の名前を

大切な愛犬のHちゃんを亡くしたことでアニマルコミュニケーションのリーディングを依頼されたAさん。 今はワークショップに参加してくれています。 Aさんはアニマルコミュニケーションができるようにと瞑想をしたりして頑張っていらっしゃるところです。 今回開催したワークショップでAさんの愛犬Hちゃんのアニマルコミュニケーションを実習として行うことにしました。 Aさんはなかなかハナちゃんを感じられないけれど、その中で体験したことについて質問があるといいます。 その質問内容は 「アニマルコミュニケーションを自分で練習をしていたら急にある歌のフレーズが浮かんできて消えなかった。 そこに意味があるのだろうか?」 というもの。 まず、浮かんできた歌はというと「米津玄師 馬と鹿」だと判りました。 良くあるのは歌詞に自分に必要なメッセージが含まれていることがあると言う事です。 この曲の歌詞の一部には 「これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい」 とあります。 歌詞の中の「花の名前・・・」実はAさんの愛犬の名前は ハナちゃんなのです。 Aさんはこの歌詞が心に触れ感動をされていました。 ハナちゃんの姿は見えなくともメッセージはこのような形でも届くこと、改めて感動とともに感謝しました。 —-***—-***—- リーディング、ワークショップについては こちらのページ「スピリチュアル・リーディング及びワークショップについて」に詳細があります。 またリーディングは現在は 状況によって可能な場合を除き 電話、スカイプ、Lineのみで行っております。 ワークショップは通常通り会場での開催と、電話、スカイプ、Line、zoomなどでのご参加の両方が可能です。

次の

呼べよ 花の名前を

呼べよ花の名前を

大切な愛犬のHちゃんを亡くしたことでアニマルコミュニケーションのリーディングを依頼されたAさん。 今はワークショップに参加してくれています。 Aさんはアニマルコミュニケーションができるようにと瞑想をしたりして頑張っていらっしゃるところです。 今回開催したワークショップでAさんの愛犬Hちゃんのアニマルコミュニケーションを実習として行うことにしました。 Aさんはなかなかハナちゃんを感じられないけれど、その中で体験したことについて質問があるといいます。 その質問内容は 「アニマルコミュニケーションを自分で練習をしていたら急にある歌のフレーズが浮かんできて消えなかった。 そこに意味があるのだろうか?」 というもの。 まず、浮かんできた歌はというと「米津玄師 馬と鹿」だと判りました。 良くあるのは歌詞に自分に必要なメッセージが含まれていることがあると言う事です。 この曲の歌詞の一部には 「これが愛じゃなければなんと呼ぶのか 僕は知らなかった 呼べよ 花の名前をただ一つだけ 張り裂けるくらいに 鼻先が触れる 呼吸が止まる 痛みは消えないままでいい」 とあります。 歌詞の中の「花の名前・・・」実はAさんの愛犬の名前は ハナちゃんなのです。 Aさんはこの歌詞が心に触れ感動をされていました。 ハナちゃんの姿は見えなくともメッセージはこのような形でも届くこと、改めて感動とともに感謝しました。 —-***—-***—- リーディング、ワークショップについては こちらのページ「スピリチュアル・リーディング及びワークショップについて」に詳細があります。 またリーディングは現在は 状況によって可能な場合を除き 電話、スカイプ、Lineのみで行っております。 ワークショップは通常通り会場での開催と、電話、スカイプ、Line、zoomなどでのご参加の両方が可能です。

次の