牛乳 で プラスチック。 牛乳からできた工業製品はどこで手に入るの?│一般社団法人日本乳業協会

生分解性プラスチックの合成: 牛乳に含まれるカゼインからガゼインプラスチックを合成する

牛乳 で プラスチック

目標 プラスチックを合成することでプラスチックが合成されて作られていることを実感し、またろ過操作を習得する 教育上期待する効果 プラスチックは身の回りに溢れているが多くは石油を原料にする上に温和な条件下で合成できない。 ところがであるプラスチックは常温常圧で無触媒で合成可能である。 合成過程を体験することで、プラスチックが人工的に合成されて生産されているものであることを体感する。 高等学校化学では高分子合成についても触れる。 この際この実験で モノマー が寄り集まって 重合 プラスチック ポリマー ができたことを思い出せれば理解が早まると思われる。 実験操作にはろ過作業が含まれる。 必要なもののみろ過で取り出し洗浄するというのは合成の基本操作であり、観察・実験の技能に含まれる。 具体的な活用法 中学校1年理科では無機物・物の区分、金属の性質と並んでプラスチックについて指導する。 プラスチック、特に合成樹脂は日常の様々なところで利用されており、生徒の筆箱の中にすら多くの合成樹脂を見つけることができることを学ぶ。 またプラスチック製品が引き起こす環境問題についても学び、その中でが取り上げられる。 その後に当実験を実施することが望ましい。 試薬 材料• 成分無調整牛乳: 200 ml• 酢: 20 ml 牛乳は供給源として用いる。 ガスコンロ• オーブン機能付き電子レンジ• 500 mlガラス製計量• 15 ml計量スプーン• 5 ml計量スプーン• ガーゼ• ガラスコップ• クッキングシート• キッチンペーパー 計量スプーンはの代用として利用した。 実験手順 500 mlガラス製計量を鍋底につけた状態で200 mlの線付近まで鍋に水を入れ、計量を取り出して沸騰させた。 500 mlガラス製計量で成分無調整牛乳200 mlを量り取り、沸騰した鍋に入れて湯煎した。 このとき小皿を乗せて牛乳の蒸発を防止した。 5分間湯煎を続けた後、酢を15 ml計量スプーンと5 ml計量スプーンを用いて20 ml量り取り、加えた。 5 ml計量スプーンで軽く撹拌した。 湯煎を外した。 ガーゼをコップに被せて、ガーゼがずれないように輪ゴムで固定し重力ろ過装置を組み立て、ろ過を行った。 ガーゼを500 mlガラス製計量に付け替え、輪ゴムで固定し、水道水を少量ずつ300 mlを使って洗浄した。 をしき、個体を長方形状に敷き詰めた。 キッチンペーパーを上から重ねて十分に体重をかけるようにして圧縮脱水した。 結果と考察 オーブンで加熱しただけでは十分乾燥できず、電子レンジを利用したときに急激に水蒸気が発生して破裂音が生じ表面にヒビが入った。 また同時に油状のものが発生した。 参考文献1の報告によれば、無脂肪乳ではサラサラとした手触り、濃い牛乳ではベトベトした手触りだったとあることから乳脂肪分が表面に出てきたものと考えられる。 また表面が焦げたようになっているのもこの油分が局所的に熱変性したものと考えられる。 すなわち、このベタつきをなくすためには、酢を加える前に食塩水などの極性溶媒を投入して分液する等の操作によって乳脂肪分を取り除く必要があった。 酢を加えたことで固体が分離したのは等電点沈殿によるものと考えられる。 牛乳に含まれるは分子間の静電気的反発によって凝集できずコロイドとして存在している。 しかしpHが変動し等電点になったときはこの静電気反発による斥力が失われvan der Waals引力を打ち消すものがなくなるため、粒子が大きくなり沈殿する。 この授業で必要とするワークシートやプリントの例示 末尾に添付。 参考文献•

次の

米企業、植物由来のプラスチック使用で100%再生可能な牛乳パックをつくる

牛乳 で プラスチック

目標 プラスチックを合成することでプラスチックが合成されて作られていることを実感し、またろ過操作を習得する 教育上期待する効果 プラスチックは身の回りに溢れているが多くは石油を原料にする上に温和な条件下で合成できない。 ところがであるプラスチックは常温常圧で無触媒で合成可能である。 合成過程を体験することで、プラスチックが人工的に合成されて生産されているものであることを体感する。 高等学校化学では高分子合成についても触れる。 この際この実験で モノマー が寄り集まって 重合 プラスチック ポリマー ができたことを思い出せれば理解が早まると思われる。 実験操作にはろ過作業が含まれる。 必要なもののみろ過で取り出し洗浄するというのは合成の基本操作であり、観察・実験の技能に含まれる。 具体的な活用法 中学校1年理科では無機物・物の区分、金属の性質と並んでプラスチックについて指導する。 プラスチック、特に合成樹脂は日常の様々なところで利用されており、生徒の筆箱の中にすら多くの合成樹脂を見つけることができることを学ぶ。 またプラスチック製品が引き起こす環境問題についても学び、その中でが取り上げられる。 その後に当実験を実施することが望ましい。 試薬 材料• 成分無調整牛乳: 200 ml• 酢: 20 ml 牛乳は供給源として用いる。 ガスコンロ• オーブン機能付き電子レンジ• 500 mlガラス製計量• 15 ml計量スプーン• 5 ml計量スプーン• ガーゼ• ガラスコップ• クッキングシート• キッチンペーパー 計量スプーンはの代用として利用した。 実験手順 500 mlガラス製計量を鍋底につけた状態で200 mlの線付近まで鍋に水を入れ、計量を取り出して沸騰させた。 500 mlガラス製計量で成分無調整牛乳200 mlを量り取り、沸騰した鍋に入れて湯煎した。 このとき小皿を乗せて牛乳の蒸発を防止した。 5分間湯煎を続けた後、酢を15 ml計量スプーンと5 ml計量スプーンを用いて20 ml量り取り、加えた。 5 ml計量スプーンで軽く撹拌した。 湯煎を外した。 ガーゼをコップに被せて、ガーゼがずれないように輪ゴムで固定し重力ろ過装置を組み立て、ろ過を行った。 ガーゼを500 mlガラス製計量に付け替え、輪ゴムで固定し、水道水を少量ずつ300 mlを使って洗浄した。 をしき、個体を長方形状に敷き詰めた。 キッチンペーパーを上から重ねて十分に体重をかけるようにして圧縮脱水した。 結果と考察 オーブンで加熱しただけでは十分乾燥できず、電子レンジを利用したときに急激に水蒸気が発生して破裂音が生じ表面にヒビが入った。 また同時に油状のものが発生した。 参考文献1の報告によれば、無脂肪乳ではサラサラとした手触り、濃い牛乳ではベトベトした手触りだったとあることから乳脂肪分が表面に出てきたものと考えられる。 また表面が焦げたようになっているのもこの油分が局所的に熱変性したものと考えられる。 すなわち、このベタつきをなくすためには、酢を加える前に食塩水などの極性溶媒を投入して分液する等の操作によって乳脂肪分を取り除く必要があった。 酢を加えたことで固体が分離したのは等電点沈殿によるものと考えられる。 牛乳に含まれるは分子間の静電気的反発によって凝集できずコロイドとして存在している。 しかしpHが変動し等電点になったときはこの静電気反発による斥力が失われvan der Waals引力を打ち消すものがなくなるため、粒子が大きくなり沈殿する。 この授業で必要とするワークシートやプリントの例示 末尾に添付。 参考文献•

次の

日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」緊急スタート!:農林水産省

牛乳 で プラスチック

カゼインプラスチックといいます。 続いて牛乳からプラスチックのスプーンを作ってヨーグルトを食べてみます。 材料と必要な物は以下になります。 レモン汁、または酢• 牛乳を温める鍋• ふきん• ボウル• 電子レンジ• フタ付きの耐熱食器• キッチンペーパー、またはろ紙など吸水できるもの。 牛乳から作り出すプラスチックはカゼインプラスチックというもので、牛乳に含まれるタンパク質から作られます。 普通のプラスチックは土に埋めてもそのままですが、これは生分解性プラスチックと言って微生物により分解されて土に返ります。 とってもエコなプラスチック。 工業的にはホルムアルデヒドを使って作られます。 しかし、加熱でも同様の作用を与えることができるので、家に有る物で作ることができます。 では、早速作っていきましょう。 沸騰すると吹きこぼれてくるので注意。 酢でもいいですが、匂いがキツイ。 まず牛乳を沸騰するぐらいまで加熱します。 加熱したら牛乳にレモン汁を徐々に加えます。 するとモヤモヤとした固形物が浮いてきますのでレモン汁を入れるのを止めてそれを集めます。 ふきんで漉します。 いわゆるカッテージチーズの出来上がり。 分離された液体は乳清(ホエー)と言われもの。 カルシウムなど多く含み食べられますが、レモン汁や酢を加えているので香りが味がキツイです。 ふきんで漉して固形物を集めます。 この固形物の多くがカゼインタンパク質。 まずはこの状態で軽く絞って水気を切ります。 これがプラスチックになります。 水を替えて3、4回洗浄。 続いて集めたものを水で洗います。 これで集めたカゼインタンパク質に混ざっている水溶性物質を洗い流します。 洗ったらよく絞って脱水です。 紙粘土のように見えなくもない。 集めたカゼインタンパク質は成形後更に水を抜いていきます。 オーブンシートなどを敷いたまな板で行うと裏返す時に便利です。 スプーンの形状に成形。 スプーンというよりヘラぐらいの厚みと大きさ。 ここで出来るだけ脱水することが成功の秘訣。 脱水はキッチンペーパーなどを使って入念に行いましょう。 この時しっかり押して十分な圧力をかけます。 ここで脱水が足りないとうまく固まりません。 成形と脱水が済んだら最後の過熱工程です。 形は悪いがスプーンです。 加熱は電子レンジで行います。 固めたものを耐熱食器に入れてフタをして1分づつ加熱。 様子を観察しながら加熱します。 かなり熱くなるのでやけどに注意してください。 加熱1分。 加熱2分。 まだフカフカしています。 加熱3分。 ここで一度裏返す。 加熱4分。 部分的に硬くなってきました。 重合反応というものが起きているそうです。 加熱5分。 ほぼ全体的に固まっています。 残念ながら私は機械系の学部出身で重合が何なのか細かく聞かれても困ります。 加熱6分。 全体が硬く固まりました。 完成です。 ちなみに、卒業論文のテーマは振動搬送に関して。 化学は一切関係無し。 全体が硬くなり、フタに水滴が付かなくなってきたら完成です。 見た目よりも軽く、ちょっとパンのような香りがします。 しかし、手触りはまぎれもなくプラスチック。 では出来たての牛乳スプーン(?)でヨーグルトを食べてみましょう。 体温ヨーグルトと牛乳スプーン。 変な匂いはしませんよ。 ちゃんとすくえます。 スプーンは全く問題なく利用できます。 折れたり、こぼれたりすることなく、強度は十分。 味も全く問題なし。 旨い! 体温ヨーグルトも問題なく出来上がっていました。 若干スプーンが大きく厚みがあって食べづらいけれども、そのあたりは手作りということで大目に見ます。 いずれにしろ、食べる物も食べる道具も牛乳から作ることができました。 まだ間に合うぞ! 牛乳からプラスチックのスプーンを作る製作時間はおよそ1時間でした。 ヨーグルトと合わせても半日あれば実施可能です。 残り2週間あれば十分実施してまとめる事ができます。 最後の追い込みは牛乳でどうでしょう? ちなみに、牛乳から作るプラスチックは成形する形を変えれば色々なものが作れます。 また着色も出来るので、ちょっとした小物を作ってみるなんてのでもいいでしょう。 実は、スプーン以外に皿を作ることにも挑戦したのですが、過熱の際に縮むので上手く皿の形にならず、ただの丸い板になってしまいました。 複雑な形は向いてないようです。 この中にニセモノのソフトサラダがあります。 どれでしょう? 皿のつもりが食品サンプルになってしまいました。 Ad by DailyPortalZ.

次の