共和党 民主党 違い。 アメリカ大統領選挙の共和党と民主党の違いは?歴代大統領はどっちが多い?

いまさら聞けない民主党|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

共和党 民主党 違い

独立国民、民主共和党または共和国として登録された市民。 民主党と共和党は米国の2大政党です。 最近、中立的かつ代替的な政党がより顕著になっているが、民主党と共和党は歴史上最大の2つの政党であり、議席の大半を上院と下院に置いている。 民主党と共和党は、経済的、政治的、軍事的、社会的問題を含むいくつかの重要な問題について反対意見を述べている。 彼の相手がロバと呼ばれた後、ジャクソンは彼のキャンペーンのポスターに、賢く、勇敢で強い意志と信じられた動物のイメージを使用することに決めました。 この象徴は、漫画家トーマス・ナストが新聞の漫画でロバを使ったときに有名になった 1。 民主党は反連邦派閥として1828年に始まり、米国の主要な政治勢力の1つに成長した。 1874年、トマス・ナストは漫画の1冊に象を導入し、強く威厳のある動物は共和党の象徴となった 2。 GOPは1854年に始まった。 数年後、民主党の反対派であった奴隷制を廃止し、違憲とみなされた。 民主党は左派であり、自由主義であり、通常は進歩性と平等と関連している。 共和党は、代わりに、右利きであり、伝統的であり、株式と経済の自由に関連し、「適者生存」の理想と結びついている。 税金 共和党員は、貧困層と貧困層の両方で同じシェアを払うべきだと信じている。 税金(そして場合によっては減税を受ける)。 大規模な減税が政府の収入の減少につながる可能性があるとしても、減税後には、裕福な人や起業家が投資して雇用を創出する可能性が高いと信じている。 社会全体共和党もまた、このような増加が中小企業に悪影響を与える可能性があるため、最低賃金の引き上げに反対している。 共和党員は銃規制法に反対していると信じており、• 少数民族は貧困層のための税金を引き下げ、登録なしで弾薬を得ることができるはずです。 共和党も自衛権を強く支持している。 民主党は武器支配の増加を支持しているが、第2改正案はアメリカの伝統の重要な部分であり、銃器を使用する権利は保持されるべきだと認識している。 民主党は、攻撃兵器禁止の復活を主張し、政府がバックグラウンドチェックシステムを強化するべきだと考えている。 投票者ID法• 共和国は、投票のために写真の身分証明書を要求しています。 そのような措置は選挙の不正行為を防止すると信じています。 民主党は、誰もが差別的かもしれないと信じているので、投票権と写真の身元確認に反対する権利があると信じています。 宗教や伝統の影響を大きく受けた共和党員は、政府が中絶を制限すべきだと考えている。 実際、共和党員は、胎児は生きる基本的な権利を持っていると考えている。 民主党はRoe vs Wadeを支持しており、女性は妊娠に関する自分の意思決定権を持っていなければならず、政府は女性の妊娠に関与する権利がないと考えている。 中絶を廃止する代わりに、民主党は、すべての学校で性教育のレベルを高めることによって、意図しない妊娠の数を減らそうとしている。 意識の高まりはまた、性感染症の症例の数を減らすだろう。 同性愛者の結婚• 同性愛者の結婚には同意せず、結婚は男性と女性の間だけでなければならないと信じています。 共和党員は同性愛者のカップルは子供を養子にするべきではないとも考えている。 連邦政府レベルの同性愛者の差別に反対し、同性カップルは異性愛者のカップルと同じ権利を持ち、子供を養子にする権利を含むべきだと考えている。 政府の限界 共和党は、より小さな政府が良いと信じている。 共和党の見解によれば、政府はより少ない責任しか持たず、経済面で干渉すべきではない。 民主党は、政府がアメリカ人の支援と支援に強い役割を果たすべきだと考えている。 公的分野における政府の介入には、企業およびヘルスケアシステムのための規制の創設が含まれる。 移民 共和国は強力な国境管理を支持し、特に特定の国からの移民制限を強要しています。 共和党員は、入国管理をより厳格に管理することがアメリカの労働者にとって有益であり、テロ攻撃に関連するリスクを軽減すると考えている。 トランプ大統領が彼の任務の開始から数日後に提案したムスリム禁止は、移民と統合に関する共和党の立場の明確な例である• そして 民主党は一般的に移民政策を開く方がより好都合です。 確かに、彼らは支配権がなければならないと信じておらず、誰もが同国で許可され、亡命を許可されるべきである。 彼らは亡命希望を求める手続きが速くなければならず、大量追放はテロと失業に関連するすべての問題の解決策ではないと考えている。 死刑 伝統的に、共和党員は死刑に賛成であり、特定の犯罪については正当な処罰であると信じています。 ほとんどの民主党は死刑に反対しており、死刑は生涯の文章に移すべきだと考えている。 ヘルスケア 民間ヘルスケアシステムを支援する共和党は、国家保健システムの規制が完全に政府に委ねられてはならないと考えている。 民主党は公衆の保健医療を支援しており、政府は医療費を賄うことに苦労しているアメリカ人を支援するために介入すべきだと考えている。 個人対集団の権利 共和党は個人の権利と「生き残り」を信じている。 そして• 民主党は個人の権利よりも集団的権利を信じている。 両者の違いは明らかであるが、すべての民主党が同じ考えを持っているわけではなく、すべての共和党がGOPの伝統的信念を支持するわけではない。 両当事者は非常に大きくなっているため、特定の問題にどこが本当に立っているのかを理解することはほとんど不可能です。 例えば、伝統的に共和党員は中絶に反対し、死刑に賛成だが、共和党代表が自由選択の支持を表明し、死刑執行を非難したケースがある。 さらに、共和党員は伝統的に私的な領域で干渉してはならない「小さな政府」を主張しているが、中絶に対する政府の規制を課す必要性を主張するときには、「大きな政府」の姿勢を支持している。 同じように、民主党は経済的・社会的意思決定に介入すべき「大政府」を主張しているが、自由選択を支持し、政府が中絶について言及してはならず、女性の妊娠を妨げるべきではないと考えている。 民主党と共和党は、1999年から1999年にかけてアメリカの政治シナリオを形作った2つの主要な力である。 過去数十年間、民主党共和党大統領と共和党大統領は絶えず交代してきたことに注目するのは興味深いことです。 このような傾向は、アメリカ社会が重要な問題について深く分かれていることを示している。 共和党は、経済的、社会的、政治的問題について、自由で左派の民主党に反対している。 共和国は、武器の使用や減税、ペナルティ。 彼らは中絶、同性結婚に反対しており、民間の医療システムをサポートしています。 そして、• 民主党は、開放的な移民政策を支持し、金持ちが高額税金を払い、銃器の使用に関するより多くの規制を支持し、死刑に反対するべきだと考えます。 彼らは自由選択、同性結婚と同性カップルの養子縁組を支持し、政府は医療を含む経済的、社会的問題に介入すべきだと考えている。 しかし、両当事者は非常に大きく多様であるため、実際にどこに立っているのかを明確にし、それらを明確に区別する行を特定することは非常に複雑です。 事実、両国の過激派や中等教育を見つけることができ、国内外の資産の進化は、移民、銃規制、死刑、同性結婚、中絶などの重要な問題について意見や見方を変えることにつながることが多い。 したがって、民主党と共和党の伝統的な立場はかなり異なるが、現実はむしろぼやけており、立場はきちんとしたものではない。

次の

アメリカの民主党と共和党の違いについて

共和党 民主党 違い

これは人を助けるのは政府やコミュニティであり、経済や福祉、市場に積極的に介入するべきだ!と言うことです。 消費者を守るには政府の規制が必要、社会的責任もあると考えています。 民主党は福祉に手厚く、貧しく弱い人達の味方 、革新的、リベラルなどと言われます。 共和党 一方共和党は「アメリカ人は有能なんだから、自由にやった方が良い!政府の規制は出来るだけ少なくしたい!」と考えているので「 小さな政府」と言われます。 人を助けるのは個人、教会、グループ等で、政府の規制は市場や資本主義、雇用の促進に邪魔だと考えています。 共和党は保守的と言われます。 税金を上げることに対して賛成! 共和党 税金は誰に対してもフラットであるべき、上げるべきではない!賃金は市場によって決めるべき。 必要書類が無い移民に対しても、国外追放はしないよーん。 むしろアメリカ市民権取得への道をオファーするよ! 共和党 移民反対だね。 クリーンエネルギー大国になることにより、雇用と安全を受けとるぜ! 共和党 地球温暖化は疑問が残る。 それは個人の選択だから! 共和党 人工中絶や同性婚には反対。 結婚とは男女が一緒になること! これは宗教が絡んでいる所が大きいのかなと思います。 同性婚はキリストの教えと反しており、話が成り立たないのがあるのだと思います。 日本で言うなら未だに刀を振り回している人がいる、みたいな感覚でしょうか。 そう比較するとちょっと考えらないですよね。 銃問題についてはライフル協会の兼ね合いもありますし、かなりの人が所持してますし、陸続きだから禁止してもどこからか入ってきそうだし・・。 米国から銃を完全に無くすというのは実質難しいのではないかと私は思います。 スイスやカナダも銃の所持は合法なのに、よく乱射事件が起こるのはアメリカということは、やっぱり場所によっては治安が悪すぎなんだな・・と感じたりもします。 私は実生活で恐怖を感じたことは1度も無いです。 でも発砲事件が起こりえるのだという不安は常にあります。 語学学校で両党の政策の違いを簡単に勉強した時、銃規制についてのディスカッションのヒートアップ具合が凄かったです。 賛成と反対で女同士のバトルが勃発って感じで、どちらも全く引きませんでした。 私は日本の様に銃を一切無くせばいいのにとその時は思いました。 でも銃所持賛成の意見をあんだけ強く主張する人を初めて見たし、自分の身は自分で守るのだという、綺麗ごとではないリアルな現状があるのだなということはわかりました。 なので自分の身は自分で守るとか、やられる前にやるんだ!と思っている人多いと思います。 同性婚について、とあるキリスト教一派の友達と話をしたことがあるのですが、同性婚を認めると自分達の宗教が説いていることと辻褄が合わないので、認められないんだと言っていました。 その宗派の中にもゲイがいたりして、破門というような事が起こっているのは私も過去にニュースで見たりしてました。 近年は寛容傾向になっている様ですが、宗派で分裂が起こったりと矛盾が表面化してきているのは確かだと思います。 2020年の民主党の当代表を選ぶ際、ゲイをカミングアウトしているピート候補がいましたが、宗教とも絡んでいるので、そういったマイノリティが大統領になるという道のりはまだ険しいのかなあと感じました。 もっと年月がたてばわかりませんが、今のアメリカだとまだ反対する人も結構多いのでは?と私は思いました。 この点に関してはアメリカよりヨーロッパの方が進んでいると感じます。 地球温暖化についてですが、日本人にとっては共和党が主張するような「それはただの地球の周期だ、温暖化じゃない!」と言っているのが信じがたいと思います。 私も最初は何言ってるんだ?と思っていました。 でもそれが無知だとかそういう訳ではなく、研究で周期だと主張している人もいるので、そういった根拠から来ている様です。 とは言えそれは建前で、実際はアメリカにある資源を使って行かないと困る人達がいるからじゃないかなあ?と私は思ってしまいます。 選挙というのは誰かがどちらかの政党を選んだとして、自分と反対意見の相手を嫌いになってしまう、というのが傾向としてあるそうです。 生き方とか価値観に関わるようなトピックにおいて両党で意見が180度全く違いますから、わからなくもないですよね・・。 日本でもそうか。 大統領選は国の政策を選ぶことですし、あくまでも国をよくする為の意見とか議論ということを忘れない様にしたいですね。 私は一票を投じることが出来なければ、文句を言うことも出来ませんが、興味関心から理解へと繋がりますし、両党の違いを知っておいた方がニュースとかでも話がわかりやすいと思います。

次の

民主党員と共和党員の脳の違いをスキャン技術で探る

共和党 民主党 違い

はじまりは… 1800年より前に、トーマス・ジェファソン氏が立ち上げた政党が、その起源だと言われている。 イメージカラーは「青」 民主党のイメージカラーは「青」。 この色が定着したのは、共和党・ブッシュ元大統領と民主党・ゴア氏が戦った2000年の大統領選挙のときだと言われている。 それ以前は、民主党が「赤」だったり、共和党が「黄」だったこともあった。 民主党支持層が多い州を「blue state=青い州」と呼ぶ。 シンボルは「ロバ」 民主党のシンボルとして、最も認知されているのが「ロバ」。 由来は、1829年に、初めての民主党所属の大統領となった、アンドリュー・ジャクソン第7代大統領にまでさかのぼる。 ジャクソン大統領は、選挙中、共和党員たちから、「Jackson」の名前から、のろまやまぬけを意味する「jackass=ロバ」とからかわれた。 ジャクソン大統領は、それを逆手に取ってロバをみずからのシンボルにしたことが起源とされている。 そして2010年には、民主党=Democratic Partyの頭文字、「D」を使った新しいロゴを発表している。 歴代大統領は… 直近の民主党所属の大統領といえば、オバマ前大統領。 黒人初の大統領として注目を集めた。 さかのぼると、クリントン元大統領や、カーター元大統領、在任中に暗殺されたケネディ元大統領。 そして、第二次世界大戦の最中のトルーマン元大統領やルーズベルト元大統領も民主党所属の大統領。 支持基盤は? 「民主党」と聞いて思い浮かべることばは? リベラル、大都市、人種的マイノリティー(黒人、ヒスパニック、アジア系など)、労働組合、貧困層…? 大都市が集まる東海岸や西海岸などでは、近年は、民主党の支持基盤が強い「青い州」が多い。 共和党は、白人支持層が多いのに対し、民主党はマイノリティーの支持層を集めている。 民主党の支持基盤が変遷!? 前回の大統領選挙で、民主党の指名争いで、クリントン氏と最後まで激戦を繰り広げたサンダース氏は、みずからを「社会民主主義者」と呼び、熱狂的な若者を中心に幅広い支持を得た。 サンダース陣営の運動員の1人だったオカシオコルテス下院議員は、左派・プログレッシブの勢いを象徴する議員。 サンダース氏やウォーレン氏、オカシオコルテス氏のような左派を代表する議員が増え、中道派と左派の立場が際立ってきている。 以前は、共和党は「金持ちの人たち」の党、民主党は「貧しい人たち」の党というイメージがあった。 しかし、いまではそれが逆転し、民主党には富裕層、高学歴という印象が定着しつつある。 また、民主党が労働組合を支持していたこともあり、労働者は民主党とみられてきたが、トランプ大統領の当選によって共和党は労働者の党になりつつあるとの指摘もある。 (国際部記者 佐藤真莉子).

次の