生協 保険。 生協でも自動車保険はお得なの?生協自動車保険のメリット・デメリット

生協の保険

生協 保険

医療保険に入ろうと思っているんですが、コープ共済が良いのか他の医療保険が良いのか悩んでいます。 コープ共済は安くて良いと聞いたんですが、どちらに入るべきですか? コープ共済と医療保険どちらに入るべきなのか? 医療保険を考える際、必ず選択肢に上がるのが「共済」です。 共済にも何種類かありますが、その中でも「コープ共済」は馴染みがあり、加入を考える人も多いようです。 共済は安くて保障もそこそこしっかりしている、という特徴があります。 そのため、安い保険を求める場合には選びたくなります。 ただ、医療保険については保険会社のものも安くすぐれたものがあります。 では、医療保険を選ぶならコープ共済と保険会社のどちらを選んだほうが良いのでしょうか。 保障内容や料金を比較して考えていきます。 それぞれを比較してみよう さっそく、コープ共済と保険会社の医療保険を比較していきます。 比較に用いるのは、それぞれ次の保険です。 コープ共済 コープ共済では以下の保険で考えます。 「メットライフ生命 Flexi(フレキシィ)」 なお、この保険はです。 比較条件 保険料を算出するにあたっては、それぞれ以下の条件で計算しています。 年齢性別 : 30歳男性• 入院日額 : 5,000円• 付加特約 : 先進医療特約、通院保障特約• 払込期間 : 終身 なお、以下の比較表では優れていると思われる方に この色を付けています。 5万円(一律) 先進医療特約 なし 2,000万円まで+一時金5万円 死亡給付金 10〜110万円 なし 通院保障 なし 1通院3,000円(入院後の通院) その他特約 なし がん特約、死亡特約 住宅災害保障 3、15、30万円 なし 女性保険プラン 有り。 女性特有の疾病で入院時に1日3,000円上乗せ。 女性特有の疾病で入院時に1日5,000円上乗せ。 その他特記事項 なし が付属 保障される期間 65歳まで(定期) 一生涯(終身) 月額保険料金 2,000円 2,063円 保障内容はメットライフ生命がやや優勢 保障内容のを比べてみると以上のようになります。 保障内容としてはメットライフ生命が、細かい保障が多く充実しています。 また、メットライフ生命は保障も一生涯続きますが保険料は割安です。 ただ、コープ共済も• 長期入院保障• 住宅災害保障 といった独自の保障があります。 そのため、この保障内容の違いだけでは、どちらを選ぶかはイマイチ決め手にはなりません。 しかし、 コープ共済には大きなデメリットがあるのです。 保障内容と保険料も変わってしまう 65歳以降は、コースが変わることに伴い、保障内容と保険料も変わってしまいます。 保障内容は減少し、保険料は高額になってしまいます。 65歳までの保障内容と比べてみると違いは一目瞭然です。 85歳で終了してしまう保障を得るために、毎月6,000円近い金額を支払うのはとてももったいないです。 コープ共済の終身医療保険はどんな保障内容なのか コープ共済には、定期タイプだけではなく、一生涯保障が継続する終身タイプの医療保険も存在します。 一生涯保障が続くのであれば、老後の医療保障としては安心のように思えます。 では、実際に保障内容がどのようになっているかを見てみます。 入院保障• 手術保障 のみとなります。 最近の保険会社の終身医療保険では、治療方法の変化に合わせて• 先進医療保障• 等が付いています。 しかし、コープ共済の終身医療保険にはこれらの保障はありません。 そのため、せっかくの終身医療保険でも保障内容は物足りないといえます。 一生涯の医療保険としては、保障内容で他社に劣ってしまいます。 コープ共済のメリットとデメリット コープ共済のメリット• 長期入院時の保障がある• 死亡保障が付いている• 住宅災害の補償が付いている• 保険料が65歳まで全年齢で一律2,000円 コープ共済のデメリット• 先進医療保障や通院保障がない• 65歳以降に保障が減り保険料も高額となる• 85歳以降は保障を継続することができない• 終身医療保険の保障内容が物足りない メットライフ生命のメリットとデメリット メットライフ生命のメリット• 先進医療保障や通院保障が充実している• 一生涯の保障が受けられる• 定期保険と比べても保険料が割安• が付帯する メットライフ生命のデメリット• 死亡保障がない• 入院保障日数がコープ共済より短い• 住宅災害の補償がない このようになります。 これらを踏まえて、コープ共済と医療保険のどちらを選ぶべきかの結論を出します。

次の

「コープ共済」と「医療保険」を徹底比較!どっちに入るべき?

生協 保険

生協の女性保険の一番のいいところは、シンプルで分かりやすいということ。 大手の保険会社でたくさんある保険の商品のいいものには補償内容はかなわないかもしれません。 でも、低価格で最低限の補償はきちんと補償されています。 例えば・・・• まだ若くて、会社員になったけれど、保険に入るように言われた・・・• 保険にとりあえず入りたいけど、どれにしようか迷う• 家族ができた!今は、とりあえず安い保険に入りたい! こんな女性には生協の女性保険《たすけあい 女性コース》はオススメです。 保険といえば、毎月いくら払って、どんな補償を受けることができるのか、が一番知りたいこと。 でも、いろいろは保険を見比べていると、「人によって違う」ことが多く出てきてしまって結局はっきりわからないことが多いのです。 でも、今回取り上げる生協が扱っている女性保険《たすけあい 女性コース》は、毎月の賭け金は3種類で自分で選ぶことができ、どんな時に補償ができるのか、いくら降りるのかも一目瞭然なのです! 以上の通り、保険料は他社のものよりもかなりお安く設定されています。 では、補償は最低限なのでは???と思いますよね。 いえいえ、そんなことはありません。 事故や病気による入院は5000円から10000円が日額で補償されます。 女性特有の病気や女性に多くみられる病気になったらそこに3000が上乗せされます。 もちろん事故による通院の補償されます。 これは日額1000円から2000円。 手術給付金は20000円から160000円。 手術の内容によって金額は変わりますが、手術の金額は病院によって変わることはないので安心してくださいね。 自分の言っている病院は手術代が高くて保険が役立たなかった!なんてことにはなりません。 その他、270日を超える入院には30万円から60万円の給付金。 事故後遺障害では40000円〜1000000円の補償を受けられます。 事故による死亡や重度障害も、1000000円から3000000円とかなり手厚くなっています。 なんとその他、家族が亡くなったり、火災や風水害による住宅災害にも10000円から300000円の補償がおりることになっているのです。 生協のお安い保険料の女性保険にもかかわらず、意外と安心なポイントが付いているのですよ。 生協といえば、地域に密着したサービスが売り。 一番多く利用されているサービスはおそらく宅配サービスだと思います。 お家まで、毎週決まったスタッフが商品をお届けするので、契約が長くなればもう顔見知り。 もし生協の女性保険《たすけあい 女性コース》に加入すれば、そんなスタッフがいるので万が一きになることがあってもすぐに解決することができます。 大手の保険では、聞きたいことがすぐにしれないこともあって当たり前。 もちろん電話で聞くことはできますが、すぐに繋がらなかったり、初めての人に電話口であれこ聞くのはストレス・・・そんな人もいるかもしれないですよね。 女性保険ならなおさら、顔見知りの人に話を聞いてほしいこともあるかもしれません。 そんな悩みも、生協の女性保険《たすけあい 女性コース》は優しくフォローしてくれますね。 ここまで紹介した生協の女性保険《たすけあい 女性コース》。 実は、プラス100円を足すだけで、先進医療保障もつけることができるのです。 先進医療保障とは、健康保険の診療で認められていないほどの高いレベルの最新の医療技術のうちでも、厚生労働省が定めた医療行為のことのみをいいます。 現在で70種類程度あります。 この治療の技術には高いレベルが求められ、健康保険には入らないので、高額療養費制度にも認められず、負担がかなり高くなってしまいます。 100円だけでこの先進医療保障をつけられたらとても安心といえるでしょう。 ただ、「たった100円」なのです。 たった100円でまかなえる保険料ということは、そのような状況にあって保険料が降りるようなシチュエーションは、あまりないといえるでしょう。 そういったことも考えて付加保険の加入も考えましょう。 あれもこれも、が可能な保険はいくらでも高くなってしまいます。

次の

生協(コープ)で入れる自動車保険の見積もり

生協 保険

保障商品一覧• 病気やケガ• 健康に不安がある方• がんや三大疾病• 子ども• 自転車や賠償事故• 介護や就業不能• 車やバイク• 火災や地震• ペットやレジャー• 商品を検討中の方• あなたにあった商品• 保障選びのコツ• CO・OP共済について• 保険について• ご契約者の方• 共済金の請求・各種手続• 組織情報• パルシステム共済連について• 社会的取り組み• (株)パルふれあいサービスについて• パルシステムの保障サイトは「パルシステム共済生活協同組合連合会」と「株式会社パルふれあいサービス」が共同で運営しています。 パルシステム共済生活協同組合連合会 生命保険会社の資料請求をご希望の方は下記をご確認ください。 [保険商品のご提案にあたって] 弊会は、複数の生命保険会社(5社)と代理店委託契約を締結しています。 組合員様への保険商品の募集に関しておすすめの保険会社を経営方針として定めています。 弊会の保険募集人は、生命保険契約に於いては、組合員様と引受保険会社との保険契約の媒介を行うもので、 告知受領権や保険契約の締結の代理権はありません。 *上記に加えて、新商品発売・商品改定等により例外的に推奨生命保険会社(推奨保険)を追加する場合があります。

次の