カイゴジョブ アカデミー。 カイゴジョブアカデミーを詳しく解説【学費・メリット・評判・口コミ】

カイゴジョブアカデミー新大阪校(新大阪駅、南方駅、西中島南方駅周辺)【カイゴジョブアカデミー】福祉用具専門相談員講座

カイゴジョブ アカデミー

・介護職員初任者研修 ・介護福祉士実務者研修 ・福祉用具専門相談員 ・全身性ガイドヘルパー ・同行援護従業者 ・介護福祉士 利用者の事情に合わせて資格取得を目指せる! これらの資格は介護の仕事をする上でどれも役に立ちます。 カイゴジョブアカデミーであれば、上記の資格を取得するためのサポートを受けることができます。 また資格取得だけでなく、 就職支援も行ってくれるため、これまで介護の仕事をしたことがないという方であっても、安心してカイゴジョブアカデミーを利用することができます。 またカイゴジョブアカデミーは、 働きながら資格取得を目指すことも可能です。 そのため仕事をしながら、資格取得を目指す方もたくさんいます。 最短1ヶ月で修了する 短期コースもあるなど、利用者のニーズにも幅広く対応しています。 カイゴジョブアカデミーの資格取得で必要な学費と条件 カイゴジョブアカデミーでは取得する資格ごとに、 必要になる学費が異なるという特徴があります。 ここでは カイゴジョブアカデミーの学費と 資格取得条件について、それぞれの資格ごとに紹介していきたいと思います。 介護職員初任者研修:最短1ヶ月で取得できる入門資格! 上記の中でも、はじめに必須となるのが 介護職員初任者研修です。 受験するには 130時間の講習を受けることが条件となっています。 とはいっても取得ハードルはそれほど高いわけではありません。 介護職員初任者研修は介護職の 基本的な知識や技術を学びます。 こちらは 最短1ヶ月で取得することも可能です。 1ヶ月で取得できるので、カイゴジョブアカデミーに入ってから1ヶ月もすれば、介護職の求人を紹介してもらうこともできます。 つまりは介護職における入門編的な資格というわけですね。 介護職員初任者研修のの取得で必要になる学費 カイゴジョブアカデミーにおける、介護職員初任者研修の学費は 49,800円となっています。 こちらの学費は全国の施設で一律ですので、どこで受講しようとも費用は変わりません。 また短期集中の最短1ヶ月で取得できるコースや、週1回のスクーリングで取得できる 土曜日コースでも同じ学費となっています。 介護福祉士実務者研修:介護に関するより深い知識と技術を取得できる 介護福祉士実務者研修は上記でご紹介した、介護職員初任者研修の上級資格にあたります。 入門的な知識からさらに進んだ、 高度な技術と知識を習得できますので、取得していることでより人材としての評価を得ることができるでしょう。 介護職員初任者研修よりも取得難易度はもちろん高くなりますが、 無資格・介護職未経験であっても受験することは可能です。 介護福祉士実務者研修を取得するための条件 介護福祉士実務者研修を取得するには、 規定のカリキュラムを受講している必要があります。 下級資格にあたる介護職員初任者研修では、150時間の講習を受けていることが条件でしたが、介護福祉士実務者研修は 450時間講習を受ける必要があります。 介護福祉士実務者研修の取得で必要になる学費 介護福祉士実務者研修の学費は、 介護資格を保有している場合だと金額が安くなります。 また関東と関西では異なる金額となっています。 関東と関西の学費を比較すると 関西のほうが若干安くなっています 介護福祉士実務者研修を受講する際の学費の違いに関しては以下のようになります。 値引き対象となる資格 関東の学費 関西の学費 介護職員初任者研修 82,000円(税抜) 73,149円(税抜) 介護職員基礎研修 30,000円(税抜) — ホームヘルパー1級 80,000円(税抜) — カイゴジョブアカデミー卒業生 65,000円(税抜) 68,519円(税抜) 無資格 100,000円(税抜) — 福祉用具専門相談員:転職やスキルアップ志望者にもおすすめ 福祉用具専門相談員の資格は、 大阪のカイゴジョブアカデミーでのみ受講可能となっています。 介護保険の指定を受けた 福祉用具の貸し出し・販売事業を行っている職場で活躍することができます。 近年生まれた資格なので、一般ではあまり聞き慣れない資格かもしれません。 しかし経験を問わず誰でも取得できる資格でありながら、 転職やスキルアップにも有効なのでおすすめです。 福祉用具専門相談員を取得するための条件 福祉用具専門相談員の資格を取得するには、 合計50時間のカリキュラムを修了し、筆記による 修了評価をパスする必要があります。 最終的に修了評価をパスしなければ、資格を取得することはできませんが、内容はそこまで難しくはなく、しっかりと学んだことを理解していれば、高い確率で合格できると言えます。 カイゴジョブアカデミーで、福祉用具専門相談員の資格を取得する場合の学費については、 申し込み方法によって価格が異なっており、詳しくは以下のようになります。 福祉用具専門相談員の取得で必要になる学費 通常申し込みの方 41,000円(税抜) 初任者研修を申し込んだ方 初任者研修を修了した方 37,038円(税抜) このようにカイゴジョブアカデミーで初任者研修を修了している、又は初任者研修と併せて申し込みした場合は、 学費が割引となる特典があります。 一つ注意しておきたいのが、カイゴジョブアカデミーで福祉用具専門相談員の資格を取得できるのは、 大阪キャンパスのみという点です。 全身性ガイドヘルパー:3日間のカリキュラムで取得できる 全身性ガイドヘルパーは障害のある方の外出などで、補助を行う専門的な資格です。 こちらの資格を持っていることで、冠婚葬祭・旅行の時に補助を行うことが可能になります。 また全身性ガイドヘルパーの資格は 比較的挑戦しやすいという特徴もあります。 まず受講期間が3日間と短いこと、そして短期でカリキュラムが修了するので、学費も 他の資格より安くなっていることが理由となっています。 全身性ガイドヘルパーの取得で必要になる学費 カイゴジョブアカデミーにおける全身性ガイドヘルパーの学費は、 申し込み方法によって異なる金額となっています。 通常申し込みの方 18,519円(税抜) 初任者研修を申し込んだ方 初任者研修を修了した方 16,667円(税抜) このように他の資格と比較しても、かなり安い学費となっています。 ただしこちらの全身性ガイドヘルパー講習も、 大阪キャンパスのみの受付となっていますので、関東のカイゴジョブアカデミーでは取得することができない点に注意です。 同行援護従業者:研修を修了すれば資格を取得できる 同行援護従業者の資格も一般ではあまり聞き慣れないと思いますが、こちらの資格も比較的取得しやすいうえに、介護の仕事をする上で役に立つ資格なのでおすすめと言えます。 こちらの資格は試験のようなものはなく、 必須となる研修を修了することで資格を取得できます。 また研修を修了すると 同行援護サービス提供責任者になることができます。 同行援護サービス提供責任者になるには、 必須の資格となっていますので、重要度も徐々に高まっているようです。 同行援護従業者資格の取得で必要になる学費 カイゴジョブアカデミーで同行援護従業者資格を取得する場合は、申し込み方法のほか 一般課程と 応用課程を選択することができ、学費の金額もそれぞれに対応した金額となっています。 一般課程 同行援護従業者になることができる 応用課程 サービス提供責任者になることができる また一般課程と応用課程を 併せて申し込みすることも可能です。 同行援護従業者の資格は福祉施設での仕事のほか、自宅で介護を行う際にも応用でき、 あらゆる介護の場面で役立つという優れた利点があります。 介護福祉士:介護職系の資格の中で最高の国家資格 介護福祉士は介護業界唯一の 国家資格となります。 国家資格というだけに業界からの信頼性も大きいと言えるでしょう。 試験の難易度も相応に高くなっていますが、介護業界で活躍したいと希望するのであれば、是非トライすることをおすすめします。 カイゴジョブアカデミーでは必須科目を全面的にサポートしてくれる、 試験対策コースを受講することができます。 介護福祉士を取得するための条件 介護福祉士は未経験からでも目指すことが可能となっています。 しかし目指す課程で 実務経験が必要になってくるので、介護職で全くの経験がないまま取得することはできません。 また試験を受けるには以下のような条件を満たす必要があります。 ・3年以上の実務経験を有している ・介護職員実務者研修の資格を取得している ・福祉系の学校に通い所定の教科の単位を取得する 以上の条件から、介護福祉士の資格を取得するには、 最低でも3年の期間を要すると言えるでしょう。 介護福祉士の取得で必要になる学費 カイゴジョブアカデミーでは以下の金額で、介護福祉士の試験対策コースを受講することが可能となっています。 関東 関西 通常申し込みの方 30,000円(税抜) 34,000円(税抜) 初任者研修を申し込んだ方 初任者研修を修了した方 20,000円(税抜) 30,000円(税抜) 介護福祉士は介護職関連の資格の中でも、現時点で 最高の資格となっています。 職場によっては介護福祉士を取得していることによって、 資格手当が発生する場合もあります。 すでに受験資格をクリアしているのであれば、介護福祉士資格の取得に是非挑戦してみましょう! カイゴジョブアカデミーを利用した人の口コミ・評判 28歳・男性 介護職で2年ほど働いていました。 その経験をさらに活かしたいと思い、スキルアップを目指して、カイゴジョブアカデミーに入学しました。 講師の方々はいずれも経験豊富で指導も熱意があり、授業を受けながらスキルだけでなく、介護の仕事に対する大事な心構えも改めて学ぶことができました。 また授業内容もわかりやすく、現場で役立つ知識がたくさんあったので、仕事に対するモチベーションもより上がりました。 カイゴジョブアカデミーで学んだことで、介護職の技術とマインドが大きく成長したと実感しています。 カイゴジョブアカデミーは介護職を目指す全ての人におすすめ! 今回はカイゴジョブアカデミーで取得できる 資格・学費・口コミを、まとめてご紹介させていただきました。 介護の仕事は未経験からでも働ける場合がありますが、働く前と実際に働いてからの ギャップが大きいと言われています。 そのため未経験からいきなり現場に入ると、大きなストレスを感じる可能性もあります。 カイゴジョブアカデミーでは未経験のからでも通うことができるほか、現役で介護職をしている講師も多く在籍していますので、 現場のリアルな情報を得ることができます。 よって研修を受けながら介護の現場で働く自分の姿を、より具体的に描けるでしょう。 しっかりと準備した上で、現場に入ることができるのは大きなメリットと言えます。 資格取得はもちろん、求人の紹介も安心して頼れる! また無事資格を取得したとしても、ひとりで就職活動をするのは心許ないですが、カイゴジョブアカデミーであれば 就職までサポートしてくれるので安心です。 自分で探すよりも 評判の良い施設の情報を集めやすくなるので、就職活動においても有利に立てると言えるでしょう。 これから介護職を目指す方、スキルアップをしたい方は是非カイゴジョブアカデミーを検討してみてくださいね。

次の

カイゴジョブアカデミーの口コミ・評判【メリット・デメリットを解説】

カイゴジョブ アカデミー

カイゴジョブアカデミーの教室は、ほぼ駅から徒歩10分以内。 なかには、徒歩3分以内で通学可能な教室もあります。 通学にとても便利ですね。 そして、受講料の安さはカイゴジョブアカデミーの特徴といえるでしょう。 初任者研修の場合、通常受講料で4万円台、地域限定で(関西など)2万円台で受講可能です。 いくつか特定の条件を満たせば、特待生制度により無料で受けることもできます。 受講生専任のキャリアアドバイザーによる就職・転職までのサポート、何回でも振替受講可能など、就職時や受講中も手厚いフォローもあり、安心して受講できる環境が整っているスクールといえますね。 注意すべき点としては、開講スケジュールです。 コースは豊富に用意されていますが、各教室で毎月すべてのコースが開講されているわけではないようです。 新宿校では「短期コース」が毎月開催されているのに、立川校と町田校は開講していない、なんてこともあったりします。 受講前に各教室の開講スケジュールは、よく確認するようにしましょう。 現時点では開講教室が少ない(東海・九州エリアには教室無い)ため、ニチイ・三幸といった大手スクールに比べて知名度は低いかもしれませんね。 カイゴジョブアカデミーの介護職員初任者研修講座 カイゴジョブアカデミーの初任者研修は、短期コース(週3日)や、土・日コース(週2日)、土曜コース(週1日)と開講コースが豊富です。 受講生にとって、最適なコース選択ができるのは良いですね。 一方で、すべてのコースが毎月開講されているわけではないようです。 受講前にはHPやパンフレットで最新情報をチェックするようにしましょう。 受講料は、関東エリアで42,120円、関西エリアで21,600円となっています。 大手スクール【ニチイ:110,000円台、三幸:64,000円〜80,000円台、ベネッセ:44,000円〜49,000円台】と比較しても、お得ですよ。 5ヶ月 【日曜コース】約3ヶ月 自宅学習 3〜5回の添削 スクーリング 15日間(130時間) カイゴジョブアカデミーの実務者研修講座 カイゴジョブアカデミーの実務者研修講座は、受講料の安さと豊富なコース設定が特徴といえるのではないでしょうか。 受講料は、ニチイ・三幸・ベネッセの大手スクール3社の場合、91,800円〜190,290円(初任者研修・ヘルパー2級取得者)、カイゴジョブアカデミーは79,000円となっています。 受講コースは、短期コース(週3日)や土日コース(週2日)、土曜コース(週1日)とライフスタイルに合わせてコース選びができます。 注意すべきは、すべての教室で実務者研修を開講していない点です。 希望する教室で開講しているかは、HP・パンフレットでも最新情報をチェックしてみてください。

次の

カイゴジョブアカデミーで介護資格を取得!口コミや評判から、メリット・デメリットを徹底解説!

カイゴジョブ アカデミー

介護職員初任者研修とは?講座・カリキュラムについてご紹介 介護スキルを講義と演習で学ぶことができる『介護職員初任者研修』は、 これから介護の仕事を始める人に取得してほしい資格です。 「介護の現場で働くことに興味は持ったけど、初めに何をすれば良いか分からない…」など、なかなか一歩を踏み出せない方は、ぜひここで介護職員初任者研修がどのくらいの期間や、費用、カリキュラムで取れるかを理解して、一歩踏み出してみて下さい。 そもそも介護の仕事って? まず、介護職員の現場での仕事は大きく分けると2種類あります。 掃除・料理・洗濯等の身の回りの世話を行なう 「生活援助」と、利用者さんの身体に触れて食事・排泄・入浴等の日常生活の支援を行なう 「身体介護」です。 介護職員初任者研修は、介護の入門資格 「介護職員初任者研修」とは、基本的な介護技術を学べる介護の入門資格となります。 2013年以前に存在していたホームヘルパー2級や介護職員基礎研修といった資格の代わりとなる研修で、在宅・施設関係なく必要な介護技術と基本的な考え方を学べます。 特に受験資格も必要なく、難易度は 130時間の研修を受けさえすれば問題なく取得できるレベルなので、介護職として働く方にはまずこの研修を修了するのがオススメされます。 介護職員初任者研修を取得するメリット 介護の基本的なスキルを身につけられる介護職員初任者研修ですが、取得によってこんなメリットが得られます。 厚生労働省発布の介護職員数の推移によりますと、2016年度末時点で要介護者数約622万人に対して、介護職員数が約183万人という結果が出ています。 さらに、厚生労働省発布の「第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数」についての報告によりますと、2020年度末には約216万人、2025年度末には約245万人の介護職員が必要とされています。 つまり、2020年度末までに約26万人、2025年度末までに約55万人の介護職員を確保しなくてはなりません。 (出典) 年間平均6万人以上の介護職員を確保しなければならず、大変重要な問題となっています。 高齢化社会で需要が高まっていることで、介護福祉関連の求人も増えていく見通しです。 よって、ほかの業界と比べると 職を失うリスクが少ないといえます。 昇格したり長期間勤務することで給与が段階的に上がったり、資格手当ての支給や、更に上位の資格取得の支援されるメリットもあります。 介護職員初任者研修を修了しておくと、その実務者研修の一部を免除されることもできますし、何より正社員の介護職員としての採用の可能性が格段に上がります。 また、経験をもとに管理職などの新たなキャリアも歩むことも出来、 介護職のキャリアとして好スタートを切れるでしょう。 例えば、自身の体の負担を最小限に減らして介護をする方法を教わることができ、将来的に家族や、知り合いが介護を必要とした時に研修の内容を活かすことができます。 その中でも、高齢者に対しての接し方は十分な配慮が必要となります。 基本的に介護職員よりも年上であることが多いため、これまで培ってきたプライドを傷つけないように対応します。 また、高齢者と話をする時は、目線を合わせて話したり、ドアを開けたりする、転倒しやすい場所などに注意する、などがあります。 これらの対応の仕方は、飲食店などの他のサービス業にも共通します。 介護職員初任者研修を取得していることで、高齢者への気配りの幅が広がることは、他のサービス業でも活かすことができます。 介護職員初任者研修を取得したらどのような仕事ができるの? 具体的な仕事内容 様々な介護サービスを提供する事業所で介護職員初任者研修を取得した方を募集しています。 訪問介護事業所のヘルパーの仕事内容は、ご利用者のご自宅に伺い、 入浴、排せつ、食事などの介助を行ったり、家事のお手伝いをしたりします。 訪問する時間が決まっているため、定時制での支援となることが特徴です。 デイサービスなどの通所サービスの介護職員の仕事内容は、ご利用者に事業所へ通っていただき、 通所の送迎、機能訓練、入浴、排せつ、食事などの介助を行います。 特別養護老人ホームなど入所施設の介護職員の仕事内容は、 入所施設内で、入浴、排せつ、食事などの介助に加え、お部屋の整理整頓のお手伝いなどをします。 交代制の24時間体制で支援を行うという特徴があります。 資格を取得することでどの程度給与は上がるの? 介護職員初任者研修を取得していると、資格手当が付与される場合があります。 勤務する事業所により異なりますが、 相場として約5,000円の資格手当が付与される場合があります。 弊社が運営している介護の求人サイト「カイゴジョブ」によると、介護職員初任者研修の資格有無で違いが生まれています。 一般的に、入所系、通所系の介護福祉事業所では、介護報酬面で介護職員初任者研修取得者の配置人数等による影響がないことから付与されない事業所が多いようです。 一方、訪問介護事業所では、資格取得者の提供するサービスに介護報酬を算定できることから資格手当が付与される傾向にあります。 しかし、中には資格手当を付与していない事業所もありますので注意が必要です。 介護福祉業界は、介護職員初任者研修を含めた介護福祉関連の資格を取得していると 給与面での優遇があるため、資格を取得してから仕事に従事した方がよいでしょう。 介護職員初任者研修の講座内容・カリキュラムは? 研修内容 では実際に研修ではどんなことを学ぶのか?が気になるところですが、厚生労働省が発表している科目は以下の通りです。 全国共通の内容で、講義と演習を一体的におこなっているカリキュラムとなります。 「介護の基本」など介護知識の根幹から学ぶことが出来るので、一方的ではなく利用者の個性を重視した介護を学ぶことが出来ます。 介護職員初任者研修過程・カリキュラム 科目 時間数 職務の理解 6時間 介護における尊厳の保持・自立支援 9時間 介護の基本 6時間 介護・福祉サービスの理解と医療との連携 9時間 介護におけるコミュニケーション技術 6時間 老化の理解 6時間 認知症の理解 6時間 障害の理解 3時間 こころとからだの仕組みの生活技術 75時間 振り返り 4時間 合計 130時間 (出典) 資格の取得期間はどれくらい? 規定の受講時間は 130時間で、例えばカイゴジョブアカデミーでは、 最短で14日間のカリキュラムで修了が可能です。 しかし修了後は、どの都道府県で修了したかに関わらず、「介護職員初任者研修修了者」として全国でご活躍いただけます。 ホームヘルパー2級との時間数の違いは、30時間の施設学習がなくなり、代わりに90時間分、上に書いた衣服の着脱方法や移動移乗のためのボディメカニクス等の介護演習を行う実技スクリーニングの時間がある点です。 資格の取得方法は、通信と通学の2種類 130時間もの研修の取得方法は、 通信と通学の2種類があります。 反対に、千葉県など、すべて通学形式のみで学習するように都道府県の規定で定められているエリアもあります。 通信 介護職員初任者研修でも通信コースがありますが、自宅で学習する「通信」のみで全カリキュラムを修了することはできず、スクリーニング 通学 を行うことが必須です。 自宅学習のみで資格を取得する事は出来ないので注意が必要です。 介護職員初任者研修では通信形式に出来るカリキュラム数が40. 5時間以内と決められており、一般に通信教育の時間数が多い形式が通信コースと呼ばれています。 通学 学校やスクールに通いながら、授業を受ける形式です。 校舎によっては、夜間コースや平日コース(週1~4回など)土日のみのコースなど1週間の中のコマ数や時間帯などのスケジュールは様々です。 規程の130時間を受講さえすれば、働きながらでも資格が取得出来るように週1日のみで開講している講座もありますし、最短で14日間のご通学で取得出来るコースもあります。 試験はあるの? 修了試験があります。 介護職員初任者研修ではカリキュラム修了後に行なわれる 修了試験(筆記試験)に合格することで修了となります。 試験内容はカリキュラムの内容から出題され、かつ選択式の試験です。 仮に不合格の場合でも再試験を受けることができます。 介護職員初任者研修の資格に向いている人はどんな人? 介護職員初任者研修の資格を取得したいと思っている人は、介護福祉業界に興味があることでしょう。 これから介護福祉業界で働きたいと考えている人、または、 介護福祉業界で働くために必要な資格を探している人などに向いています。 介護職員初任者研修の資格は、介護福祉関連の基本的な知識やスキルを身につけられるため、介護福祉業界に興味があって踏み出したいと思っている人の第一歩といえます。 カイゴジョブアカデミーの講座の特長 自宅学習と通学を組み合わせた 受講しやすいコース 15日間の通学で知識や技術を学び、並行してテキストをもとに自宅学習することで知識を定着させます。 短期集中で短い期間で通学することで忙しい方も受講できます。 また、自宅で学習した内容は担当講師に添削してもらえるため、最大限の学習効果が期待できます。 また、添削の回数も資格・エリアによって異なります。 (例)関東の初任者研修では、添削は3回です。 授業を休んでも「電話1本」+「無料」で振替可能 体調を崩した場合や交通機関の乱れなど致し方ない理由で授業を欠席する場合は、事前に校舎に電話を入れるだけで無料で授業の振替可能です。 他に開講中の教室に授業を振り替えて受講することができます。 実際に働くまでをサポートします ここまで一般的な介護職員初任者研修の内容、費用についてご説明しましたが、カイゴジョブアカデミーは 校舎も駅チカが多く、 無料で振替可能で、ご希望の方には修了後の 就業支援も無料サポートがついています。 そしてそれに加えて、 実質無料で受けられるキャンペーンを行っています。 カイゴジョブアカデミーの介護職員初任者研修講座について、詳しく知りたいという方は、資料やお電話にて詳しくご案内いたします。 ぜひお問い合せください。 カイゴジョブアカデミーの介護職員初任者研修受講の流れ• step1 開講式 初日の朝、30分のオリエンテーションを実施します。 その際に、テキスト・課題ファイルをお渡しします。 研修中の注意や、課題の出し方等の説明の後、すぐに講義が始まります。 step2 講義の受講 + 課題の作成 まず、介護のプロとなるべく座学で必要な知識の講義があります。 介護職の仕事の内容から、介護保険制度、疾病や老化の理解等を学んでいきます。 同時進行で、テキストの自学の成果として、課題を提出していきます。 〆切りに従ってペースを守って取り組んで下さい。 回答は全てテキストの中にあります。 step3 介護技術演習 ここからが介護の真髄「介護技術」の演習です。 介護される人もする人も「安全・安楽」が基本。 小柄な方でもボディメカニクスを使えば、大柄な方の移動もカンタンです。 腰を痛めないように、きちんと理論を守って行います。 プロとして働けるように、食事・睡眠・排泄・整容などの技術を身に付けていきます。 step4 総合生活支援演習 + 修了評価 ホームヘルパー2級からの大きな変更点として、演習の総まとめのチェックと修了評価テストがあります。 どちらも総復習というだけのことですので、難しいことはありません。 修了評価対策もバッチリですし、万が一合格点に達しなくても、無料で何度でも受けられます。 step5 修了証の授与 修了評価はその日に採点して、合格者には修了証をお渡しします。 講座の費用 お申し込みタイプ 受講料 通常のお申し込み 東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知の校舎 39,000円 (税抜・テキスト代込) 大阪・兵庫の校舎 29,000円 (税抜・テキスト代込) 特待生 0円 (テキスト代も無料!) 特待生とは 対象条件にあった人の受講料とテキスト代が0円になるキャンペーンです。 介護の資格取得から現場デビューまで介護業界専門のキャリアアドバイザーから徹底サポートが受けられます。 特待生キャンペーン対象条件• 介護業界に興味があり、 常勤・非常勤問わず求職中の方• 介護職員初任者研修期間中もしくは介護職員初任者研修修了後すぐに就業が可能な方• )は、 途中で特待生を辞退することも可能です受講を継続し修了したい場合は、通常の受講料金をお支払い頂くことで 引き続き介護職員初任者研修の受講継続・修了が可能です。 特待生キャンペーンはなぜ無料で資格が取得できるの? 弊社が提携している40,000件以上の事業所でご就業頂いた場合、事業所から紹介料をいただき授業料に充てるためお客様に講座を無料で提供できます。

次の