請求 書 サンプル。 英語の請求書の書き方とテンプレートをご紹介

請求書の書き方から送り方までを完全網羅!パーフェクトガイド【Q&A付き】|業種・職種別請求書の書き方

請求 書 サンプル

「請求書」の基本単語は2つあります。 1-1.英語の「bill」で「請求書」を表現 「bill」の発音と発音記号は下記となります。 提供したサービスとその価格が明記されていているもので、それに対して「支払い」が求められている書類です。 レストランなどで食事して、お会計の時に明細として渡されるものも「bill」と言います。 特にアメリカでは、「bill」は、飲食店の「勘定書」というイメージが強い表現です。 電気や携帯電話の請求書など、一般家庭に毎月届く請求書も「bill」です。 ただし、これらの場合は、書類には「billing statement」と表記されていることが一般的です。 1-2.英語の「invoice」で「請求書」を表現 「invoice」の発音と発音記号は下記となります。 「invoice」は、主に企業間のやり取りで使われることが多い書類です。 貿易でも使う書類です。 買い物をした時にレシートの代わりに「invoice」と書かれたものを渡されることもあります。 「bill」と大きく違うのは、「送り状」と言われることもあり、支払いが伴わない場合もあるということです。 2.英語での「請求書」の書き方 英語の「請求書」は、大よそフォーマットが決まっているので、そのフォーマット通りに作成するだけです。 ここでは 「絶対に記載する重要事項」を紹介します。 「請求書」の基本の書き方のポイントを順番に解説します。 その1.「タイトル」 一番上のタイトル部分に「Invoice」と「請求書」であることを明記します。 その2.「請求書番号」 右端に「Invoice Number(請求書番号)」を記載します。 この「請求書番号」は、省略も可能です。 請求書を複数発行する場合は番号があると、問い合わせがあった時などやりとりがスムーズです。 その3.「発行元」 請求書の発行元の会社、つまり自社の情報を記載します。 記載位置は右側が一般的で、順序は会社名、住所、電話番号となります。 こちらも、参考にして下さい。 振込先など口座情報は、上記の自社情報の下かページの最後の余白などに「Bank Details」として記載します。 その4.「日付」 会社名と同じラインの右端に日付を書きます。 こちらも参考にして下さい。 その5.「顧客情報」 請求先の情報はタイトルの下の段の左上に書くのが一般的です。 記載の順番は、担当者名、役職、会社名、住所です。 その6.「請求内容」 顧客情報まで記載したら、請求詳細、単価、個数。 金額などを表にして記載します。 「請求書」の書き方はフォーマットによって書き方が変わるので、必ずしもこの書き方でなければならないということはありません。 インターネット上に、様々な英文請求書のテンプレートがあります。 それらを活用するととても簡単に作成できます。 また業種、請求内容によって変わってきますので、あえてここでテンプレート紹介は控えさせて頂きました。 ご了承下さい。 英文で「請求書」を送付する場合は、カバーレターを添えるのが一般的です。 メールの場合も本文中に一言添えて、「請求書」添付します。 カバーレターには、購入や取引のお礼の一言を記載します。 この他にも英文の書類について記事で詳しく解説しています。 4.英語の「請求書」に欠かせない表現 「請求書」に使われる英語表現を確認しましょう。 請求書を読む時や、作成する時の参考にして下さい。 「会社住所」:Company Address• 「株式会社」:Share Limited Company• 「ご担当者」:Company Representative• 「請求書番号」:Invoice Number• 「支払期日」:Payment Deadline• 「銀行詳細(振込先詳細)」:Bank Details• 「銀行名」:Bank Name• 「口座番号」:Bank Account Number• 「口座名義」:Bank Account Name• 「日付」:Date• 「価格」:Price• 「単価」:Unit Price• 「数量」:Quantity• 「小計」:Sub Total• 「合計金額」:Amount• 「詳細」:Description• 「消費税」:Sales Tax• 「税率」:Tax Rate まとめ:英語での「請求書」はポイントを押さえるだけ! 英語で「請求書」を表わすのは、基本の単語「bill」と「invoice」を覚えておきましょう。 それぞれ、ニュアンスの違いがありますが、厳密に使い分けられていない場合もありますのであまり神経質にならなくても大丈夫です。 「請求書」の基本的な書き方はそれほど難しくありません。 海外の人が来ることや、インターネットでの国際取引も増えています。 英文の「請求書」が必要になったら、フォーマットなども活用しながら、作成してみてくださいね。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

請求書のExcelテンプレート(フォーマット・ひな形)のご紹介と、請求書の書き方|請求書作成サービス「Misoca」

請求 書 サンプル

法人に所属せずに、個人事業主(フリーランス)として仕事を行う「フリーライター」は、案件を受注して原稿の納品が済んだ後には、取引先に請求書を提出する必要があります。 ここでは、ライターの請求書の基本的な書き方や特に注意すべき点などを説明します。 請求書の基本的な書き方 納品物に対しての対価を請求するための書類が「請求書」です。 ライターの場合、納品物は「原稿」となります。 請求書は、ライターが取引先に対し、報酬額や支払期日を知らせる役割を担っています。 請求書の書き方に入る前に、以下にライターの請求書のサンプルを掲載します。 (サンプル請求書) 請求書の書き方の注意点 ライターの請求書の書き方には、以下の点に注意する必要があります。 ・品目は、基本的に「原稿料」と記載すること ・合計額には、消費税が含まれている金額を記載すること ・振込手数料は、どちらが負担するのかを確認して記載すること 請求書の品目の書き方 ライターの請求書の品目は、基本的に「原稿料」です。 ひとつの取引先から複数の案件を同時に受注している場合には、どの媒体やどの記事に当たるのかを明記するようにしましょう。 また、原稿を作成するときの参考資料などの費用、取材のための交通費や宿泊費なども、取引先に請求することがあると思います。 その場合には、「資料代」「交通費」「宿泊費」などという品目を追加して請求しましょう。 ただし、支払われる経費が一定の金額なのか、実際にかかった金額を請求できるのかで、請求書の書き方は変わってきます。 「交通費5,000円」「宿泊費10,000円」など一定の金額が支払われるときは、原稿料と合算した上で、消費税を加算します。 実際にかかった金額が支払われるときは、レシートや領収書を添付するものですが、これらの金額には消費税が含まれています。 この場合は、消費税を加算した原稿料に加算して、請求合計額を算出します。 原稿料は源泉徴収税の対象になる フリーライターの原稿料は、源泉徴収の対象になっています。 そのため、自分が請求した金額から源泉徴収税が控除されて支払われることを認識しておく必要があります。 源泉徴収の手続きをするのは取引先ですが、こちらから提出する請求書に、請求額から源泉徴収税を控除した額をあらかじめ示しておく書き方もあります。 源泉徴収に対する正しい知識がないと、取引先にクレームを言ったり、不要な問い合わせをしたりして、トラブルになってしまう場合もあります。 支払い過ぎた源泉徴収税は、確定申告により返還されますので税金を納めすぎてしまう心配はありません。 収入が安定しないフリーライターの場合は、受注するときには源泉徴収税が控除されることを踏まえて、報酬額を決めるようにしましょう。 まとめ このように、ライターの請求書の書き方には、注意すべき点が何点かあります。 トラブルを避けるために重要なことは、請求金額や支払時期はもちろんのこと、振込手数料や源泉徴収税などの支払条件を、受注前によく確認しておくことです。 取引先との十分なコミュニケーションや請求書の正しい書き方を心がけて、仕事がスムーズに行えるようにしましょう。

次の

英語の請求書の書き方とテンプレートをご紹介

請求 書 サンプル

法人に所属せずに、個人事業主(フリーランス)として仕事を行う「フリーライター」は、案件を受注して原稿の納品が済んだ後には、取引先に請求書を提出する必要があります。 ここでは、ライターの請求書の基本的な書き方や特に注意すべき点などを説明します。 請求書の基本的な書き方 納品物に対しての対価を請求するための書類が「請求書」です。 ライターの場合、納品物は「原稿」となります。 請求書は、ライターが取引先に対し、報酬額や支払期日を知らせる役割を担っています。 請求書の書き方に入る前に、以下にライターの請求書のサンプルを掲載します。 (サンプル請求書) 請求書の書き方の注意点 ライターの請求書の書き方には、以下の点に注意する必要があります。 ・品目は、基本的に「原稿料」と記載すること ・合計額には、消費税が含まれている金額を記載すること ・振込手数料は、どちらが負担するのかを確認して記載すること 請求書の品目の書き方 ライターの請求書の品目は、基本的に「原稿料」です。 ひとつの取引先から複数の案件を同時に受注している場合には、どの媒体やどの記事に当たるのかを明記するようにしましょう。 また、原稿を作成するときの参考資料などの費用、取材のための交通費や宿泊費なども、取引先に請求することがあると思います。 その場合には、「資料代」「交通費」「宿泊費」などという品目を追加して請求しましょう。 ただし、支払われる経費が一定の金額なのか、実際にかかった金額を請求できるのかで、請求書の書き方は変わってきます。 「交通費5,000円」「宿泊費10,000円」など一定の金額が支払われるときは、原稿料と合算した上で、消費税を加算します。 実際にかかった金額が支払われるときは、レシートや領収書を添付するものですが、これらの金額には消費税が含まれています。 この場合は、消費税を加算した原稿料に加算して、請求合計額を算出します。 原稿料は源泉徴収税の対象になる フリーライターの原稿料は、源泉徴収の対象になっています。 そのため、自分が請求した金額から源泉徴収税が控除されて支払われることを認識しておく必要があります。 源泉徴収の手続きをするのは取引先ですが、こちらから提出する請求書に、請求額から源泉徴収税を控除した額をあらかじめ示しておく書き方もあります。 源泉徴収に対する正しい知識がないと、取引先にクレームを言ったり、不要な問い合わせをしたりして、トラブルになってしまう場合もあります。 支払い過ぎた源泉徴収税は、確定申告により返還されますので税金を納めすぎてしまう心配はありません。 収入が安定しないフリーライターの場合は、受注するときには源泉徴収税が控除されることを踏まえて、報酬額を決めるようにしましょう。 まとめ このように、ライターの請求書の書き方には、注意すべき点が何点かあります。 トラブルを避けるために重要なことは、請求金額や支払時期はもちろんのこと、振込手数料や源泉徴収税などの支払条件を、受注前によく確認しておくことです。 取引先との十分なコミュニケーションや請求書の正しい書き方を心がけて、仕事がスムーズに行えるようにしましょう。

次の