セスキ 炭酸 ソーダ 油 汚れ。 セスキ炭酸ソーダでキッチン掃除 家中丸ごとピカピカ

セスキ炭酸ソーダとは?掃除の絶対厳守な注意点と凄さ!!

セスキ 炭酸 ソーダ 油 汚れ

Contents• 1.まずは定番の掃除洗剤を見ていこう セスキ炭酸ソーダが話題になったのはここ数年です。 それまでは「重曹」や「お酢」といった掃除洗剤が主役でした。 いまでもこれらの掃除洗剤は使われていますが、セスキとの違いや、何の掃除に対して使った方が良いのかは、あまり知られていません。 では体にやさしい掃除洗剤について順番に見ていきましょう。 1-1.自然派洗剤の代表「重曹」の使い方は? 重曹は炭酸水素ナトリウムとも呼ばれ、もともと人体にある物質なので安全性が高いとして有名です。 掃除洗剤だけでなく、入浴剤や胃腸薬などとして昔から使われてきました。 弱アルカリ性でなので、酸性である 「油汚れ」に強いです。 そのため、換気扇フィルター、ガスレンジの周り、電子レンジの汚れなど、 基本的にキッチンの油汚れに使うと良いでしょう。 また、洗濯の際にも役立てることができます。 いつもの洗濯に重曹大さじ1~2を加えるだけで、洗濯物がふっくらとなり、柔軟剤代わりになるでしょう。 デメリットは弱アルカリ性のため、とても頑固な汚れは落とせないことが多いです。 また、アルミや銅といったものに使ってしまうと、茶色に変色することもあります。 1-2.お酢やクエン酸は水垢に強い お酢は食品として使われており、臭いがキツイものの、安全性のある掃除用具としても活用されています。 そもそもお酢には酢酸(さくさん)とよばれる酸性の性質を含まれており、これが雑菌を抑える効果があります。 洗面所やお風呂、キッチンなどの水垢汚れに効果的でしょう。 重曹は油汚れに強いですが、お酢の場合は水垢です。 お風呂を掃除することでピカピカにし、雑菌を予防するためカビ予防にもなります。 お酢の弱点は、塩素系の洗剤まぜてしまうと危険性が生じることです。 シンク汚れに有効ですが、排水溝に塩素洗剤などがおいてあると、有害物質が発生することもあり注意が必要です。 また、クエン酸もお酢と同じ作用であり、お酢とは違い無臭です。 臭いが気になる方はクエン酸を水で薄め、掃除洗剤として使うと良いでしょう。 1-3.今注目の過炭酸ナトリウムとは 過炭酸ナトリウムは、炭酸ソーダと過酸化水素が混在してできたものです。 酸化力が強いため、漂白剤や除菌剤、消臭剤などに使うと効果があります。 ただ、重曹やお酢と違い、食べてしまうと腹痛の原因にもなります。 小さなお子さんがいる家庭では注意が必要でしょう。 しかし、使ったあとは炭酸ソーダと酸素、水に分解するため、環境に負荷をかけません。 そうした意味では自然にやさしい洗剤といえるでしょう。 過炭酸ナトリウムは100円ショップなどでよく売っており、カビやしつこい汚れをみるみる落とす力があります。 衣類の汚れや染みをきれいに落とせるため、洗濯時に洗剤代わりに活用しても良いでしょう。 また、洗濯槽クリーナーとしても使え、一度試すとカビ汚れが目に見えて落ちていくでしょう。 2.セスキ炭酸ソーダの使い方 上記で紹介した洗剤は、使いやすいものの「頑固な汚れには落ちにくい」といったこともあります。 そこで近年注目されているのが「セスキ炭酸ソーダ」です。 これは重曹と同じアルカリ性であり、人体に触れても害はない洗剤として人気があります。 では、セスキ炭酸ソーダの使い方やメリットについて見ていきましょう。 2-1.そもそもセスキ炭酸ソーダとは セスキ炭酸ソーダは、「炭酸ソーダ」と「重炭酸ソーダ」によってできているものです。 重曹に比べるとアルカリ濃度が強いため、 重曹よりも強力に汚れを落とすことができます。 しかし、洗浄力がありながら、手荒れの心配は少ない適度なアルカリ濃度であるため、子供から大人まで安心して使うことができるでしょう。 自分でセスキ炭酸ソーダを作るのは難しいですが、ドラッグストアや100円ショップなどで手軽に購入できます。 常温で長期間保存が可能であり、使った後も色落ちの心配や跡が残るといったことはほとんどありません。 界面活性剤よりも環境に優しく、使いやすい洗剤として人気があります。 2-2.セスキ炭酸ソーダはこんな場合に便利! セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性なので、 油汚れなどの酸性に対して効果を発揮します。 油汚れは重曹が効果的ですが、重曹よりも洗浄力が高いのがセスキです。 そのため、 重曹で落とせなかった汚れにセスキ炭酸ソーダが活躍できると覚えておくと便利でしょう。 また、タンパク質などの皮脂汚れや血液汚れ、手垢汚れにも対応しています。 ドアノブや取っ手、各部屋のスイッチ部分などにセキス炭酸ソーダをかけてからしっかり拭くと、ピカピカにすることができます。 プラスチック容器やお弁当につかうシリコンカップなども、洗う前にセキス水をかるくスプレーすれば、より油汚れをしっかり落とすことができるでしょう。 その他にも 水垢を落とす効果もあるので、窓ガラスや鏡の拭き掃除にも使うことができます。 2-3.セスキ炭酸ソーダのメリット、デメリット セスキ炭酸ソーダのメリットは 「使いやすく」「汚れがすぐに落ちる」ことです。 重曹と同じように安全性は高いうえに、重曹よりも汚れを落とす力は強いです。 また 「無香料」なのも使いやすいポイントです。 市販の強力洗剤は汚れが落ちやすいものの、洗剤独特の匂いが強いこともあるでしょう。 余計な香りがせず、また泡立つこともないため、使ったあとはかるく拭くだけで掃除が完了します。 一方でデメリットは 「激しい泥汚れには対応しない」「肌が弱い人は手荒れの可能性がある」ということです。 セスキ炭酸ソーダは多くの汚れを落としてくれますが、あまりにも凄まじい服の泥汚れには対応できません。 洗濯時に使うこともできますが、真っ白な靴下に激しい泥はねといった衣類をきれいにすることは難しいでしょう。 また、洗浄力が強いため、 肌にやさしい原料であっても、人によっては肌荒れを起こすこともあります。 そうした場合は手袋をして使うようにしましょう。 3.セスキ炭酸ソーダは掃除以外でも使える 台所の油汚れ、洗面台やお風呂の水垢汚れに万能のセスキ炭酸ソーダですが、実は掃除以外にもたくさんの用途があります。 では、それらの具体的な使い方について見ていきましょう。 3-1.皮脂汚れにも対応!洗濯時にも便利 セスキ炭酸ソーダは、水に溶けやすくて油汚れや皮脂汚れも落してくれます。 そのため、 洗濯のときに使っても良いでしょう。 このとき、洗濯洗剤は入れる必要はありません。 たくさん入れてしまうと洗濯物がべたつくので注意が必要ですが、すすぎ1回でしっかりと洗いあげることができます。 また、ワイシャツの襟や袖の汚れは皮脂汚れが目立つ場所ですが、ここでもセスキ炭酸ソーダが活躍します。 気になる箇所にセスキのスプレーをかけ、放置した後ブラシなどでこすりましょう。 その後洗濯をすればきれいに汚れを落とすことができます。 また、セスキ炭酸ソーダは消臭効果もあるので、臭いが気になる衣類をセスキ炭酸ソーダでつけ置きしておくと、臭いが取れやすくなります。 3-2.入浴剤としても使える 重曹が入浴剤として活躍できるように、実はセスキ炭酸ソーダも入浴剤として使うことができます。 セスキ炭酸ソーダは市販の入浴剤に使われていることが多く、身体を温める効果もあるのです。 使い方はいたって簡単であり、貯めたお風呂に大さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを混ぜるだけです。 いれることでお湯が柔らかくなり、肌触りが良くなります。 皮脂汚れを落としてくれる効果もあるので、肌がツルツルになるでしょう。 しかし、肌の弱い人には刺激が強いこともあります。 はじめて使う際には、少量ずつ試してみると良いでしょう。 まとめ セスキ炭酸ソーダが売り出されたころは、そのあまりの使いやすさに品切れが続出しました。 現在では100円ショップなどでも簡単に購入することができ、家庭に1本あれば掃除のときになにかと便利です。 セスキ炭酸ソーダは、無臭であり、低刺激のため子供からお年寄りまで安心して使うことができます。 水垢やカビ予防にもなるため、浴室においてこまめに使えば、日頃から清潔なお風呂に入ることができるでしょう。 重曹でも十分汚れを落とすこともできますが、重曹では対応できない頑固な汚れに、セスキ炭酸ソーダはとても役立ってくれます。

次の

セスキ炭酸ソーダとは、血や皮脂汚れに効果大!掃除・洗濯の強い味方|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

セスキ 炭酸 ソーダ 油 汚れ

まず、セスキ炭酸ソーダを使う前にセスキ炭酸ソーダとは何なのかという事ですが、実際には「セスキ炭酸ナトリウム」の事です。 掃除などで使用される事の多い重曹と違い、非常に水に溶けやすい性質で、アルカリ度は重曹水よりも高くなるので、酸性の汚れには非常に高い効果を発揮します。 もともと天然由来の成分で、家庭用洗剤や入浴剤にも使用される事もあり、安心して使用する事が出来ます。 セスキ炭酸ソーダで油・ヤニ汚れを掃除して簡単綺麗に 掃除する前の扉表面の汚れ 掃除をする前の室内の扉表面です。 長年掃除をしていなかったので扉表面には、油汚れや手垢、タバコのヤニ汚れなどが付着し、非常に汚い状態です。 もちろん、扉周りの壁紙(クロス)にも同様の汚れが付着しています。 掃除方法は、セスキ炭酸ソーダをスプレーして拭き取るだけ• 粉末タイプのセスキ炭酸ソードを水に溶かしてスプレーしてもいいのですが、スプレーボトルを用意したりするのも面倒だったので、スプレータイプのセスキ炭酸ソーダを購入して使用。 セスキ炭酸ソーダ水で掃除するのはとても簡単で、汚れている部分にスプレーしそれを雑巾などで拭き取るだけです。 セスキ炭酸ソーダをスプレーしたはなから、扉に付着した油・手垢・ヤニ汚れが溶け出し、扉の表面を垂れていきます。 垂れている水分の色は茶色く、セスキ炭酸ソーダの効果がすぐに実感出来る位です。 セスキ炭酸ソーダで落ちた汚れを雑巾で拭くと、このように汚れが雑巾に。 汚れた面にセスキ炭酸ソーダをスプレーして、ただタオルで拭くだけ。 特別強くこすったりする必要もなく、油や手垢、ヤニ汚れが簡単に落ちていきます。 余りに簡単に汚れが落ちていくので、逆にビックリするぐらいです。 こんなに簡単に汚れが落ちるならもっと早く、セスキ炭酸ソーダを使って掃除しておけばよかったと後悔。 掃除した後の扉表面の状態 このように汚かった扉表面が、セスキ炭酸ソーダを使って掃除したら綺麗な状態になりました。 掃除前の油・手垢、ヤニ汚れが綺麗さっぱり落ちて、とっても気持ちがいい見た目に。 室内の扉一枚をセスキ炭酸ソーダを使って綺麗にしたら、扉表面に付いていた汚れが雑巾に移り、雑巾自体はこんなに汚い事に。 CFシート(ビニール系床材)の汚れも綺麗に落ちる CFシート(ビニール系床材)も非常に汚れていたので、ついでにセスキ炭酸ソーダで掃除してみました。 ちなみに、水だけで拭いても黒い汚れ等は落とせず、家庭用洗剤を使って掃除しようと思っていました。 CFシートにセスキ炭酸ソーダをスプレーして雑巾で拭くだけで、黒く汚れていた部分が綺麗になってくれました。 掃除した部分としていない部分が明らかに違い、汚れた部分が気になりどんどん掃除していきたくなる位、セスキ炭酸ソーダの効果はスゴイです。 壁紙(クロス)の汚れや電気スイッチに付いた手垢など、この後セスキ炭酸ソーダで部屋中を掃除し綺麗な状態に。 部屋中をセスキ炭酸ソーダで掃除しようと思ったら、スプレーボトルタイプのセスキ炭酸ソーダでは明らかに足らないので、粉末タイプを用意した方がはるかにお得です。

次の

セスキ炭酸ソーダとは、血や皮脂汚れに効果大!掃除・洗濯の強い味方|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

セスキ 炭酸 ソーダ 油 汚れ

セスキ炭酸ソーダの効果は重曹とどう違うの? 正式名称を「セスキ炭酸ナトリウム」と呼ばれるセスキ炭酸ソーダは、ドラッグストアや100円ショップでも購入できる無機化合物です。 家庭用の洗剤や、入浴剤に配合されていることの結晶状の薬品で、 性質はアルカリ性。 ただし、あまり濃度の高くないアルカリ性なので、子どもを含め人が手で直接触れても手荒れを起こすことはあまりありません。 高い洗浄力を持っているため、重曹と並び、人と地球の両方にやさしい掃除用洗剤として近年注目されています。 ちなみに、同じように家庭での掃除洗剤として用いられる重曹とセスキ炭酸ソーダの共通点と違いは、以下の通りです。 重曹とセスキ炭酸ソーダの共通点• 同じアルカリ性の無機化合物である• 油汚れ、タンパク質による汚れに対し洗浄力を発揮する 重曹とセスキ炭酸ソーダの違い• セスキ炭酸ソーダの方が、重曹よりアルカリ濃度が高い• 水にも溶けやすいさらさらした結晶状で、長期保存しやすい• 結晶状であるため研磨剤としては使えないが、洗濯洗剤として使える セスキ炭酸ソーダはどんな汚れの掃除に強いの? アルカリ性のセスキ炭酸ソーダは、 油やタンパク質を主成分とする以下のような汚れに強く、高い洗浄効果を発揮します。 セスキ炭酸ソーダが高い洗浄力を発揮できる汚れ• コンロや換気扇など、キッチン周りに付着した油汚れ• 衣類やドアノブ、スイッチなどについた手垢や皮脂汚れ• 血液 一方で、以下のような激しい汚れ、またセスキ炭酸ソーダの使用が適さない材質のものに付着した汚れは、落とすのが難しいでしょう。 セスキ炭酸ソーダでは落とせないと考えられる汚れ• 油汚れのうち、機械油や口紅など重度、または濃度の高いもの• 衣類や布にのこったシミ、激しい泥の汚れ• 皮革製品、木製の床やタンス、アルミ製のキッチン用品、カーペット、畳などセスキ炭酸ソーダの使用で変質・変色の恐れがあるものの汚れ セスキ炭酸ソーダのおすすめの使い方は? ここからは、家庭のお掃除で役立つセスキ炭酸ソーダの使い方を4つご紹介していきます。 想定している用途に合わせ、上手に使い分けてください。 日常のお掃除に使うなら:スプレーで吹きかけるのがおすすめ 水500mlに対し、セスキ炭酸ソーダを小さじ1混ぜると、毎日のお掃除用洗剤として使えるセスキ炭酸ソーダ水溶液ができます。 水溶液を作ってスプレーボトルに入れ、汚れが気になるところに吹きかけてから拭き取れば、油汚れや手垢、皮脂汚れをきれいに落とせます。 油汚れの多いコンロ周りや換気扇は、全体にまんべんなくスプレーした後数分放置してから拭き取ると、汚れが落ちやすくなります。 頑固な油汚れを落とすなら:漬け置きするのがおすすめ! セスキ炭酸ソーダ水溶液を吹きかけただけでは落ちない頑固な汚れには、 全体を水溶液に漬け置くことで対抗しましょう。 水溶液を大きめのバケツなどに入れ、ここに汚れが気になるものを全体が沈むように約10分漬け置きします。 漬け置きが終わったら、スポンジで汚れをこすって落とします。 もしまだ汚れが落ちないようなら、さらに漬け置き時間を長く取ってくださいね。 洗濯洗剤として使うなら:結晶のまま投入するのがおすすめ! 衣服をセスキ炭酸ソーダできれいにしたいときは、普通の粉洗剤と同じように洗濯機にセスキ炭酸ソーダを結晶のまま投入して使えます。 ただし、入れすぎると洗濯後に衣服がベタベタしてしまうので、必ず規定の量を守って使ってくださいね。 洗濯槽をきれいにしたいなら:投入して漬け置きするのがおすすめ! 洗濯機そのもののお掃除にも、セスキ炭酸ソーダは使えます。 市販の酵素系洗濯槽クリーナーと同じように、洗濯槽に水・お湯を溜めてセスキ炭酸ソーダを投入。 標準コースで洗濯機を廻し、排水の前段階で止めて数時間漬け置きます。 6~7時間すると汚れが浮いてくるので、網などで救い取ってください。 あとは、改めて標準の選択コースですすぎ・排水・乾燥まで行えばOKです。 おわりに:身の回りの皮脂汚れ、油汚れにはセスキ炭酸ソーダが使える! アルカリ性で油汚れを中和する作用のあるセスキ炭酸ソーダは、重曹と並び、家庭での掃除・洗濯にも使える便利な無機化合物です。 水に溶かして吹き付けたり、汚れが気になるものを漬け置きしておけば、ほとんどの皮脂・油汚れは落とせるでしょう。 ただし、汚れや対象物の性質によっては、使えないこともあります。 本記事を参考に適切な使い方、落とせる汚れについて理解し、上手に活用しましょう。

次の