ザバス 飲む タイミング。 ザバスのプロテインの種類&効果!飲むおすすめのタイミングや口コミも紹介

減量効果のあるプロテインの飲み方&最適タイミング&おすすめ5選を徹底紹介

ザバス 飲む タイミング

【プロテイン摂取3つのタイミング】 食生活の基本は1日3食ですが、 「プロテイン」にも摂取すべき最適なタイミングがあります。 ここではプロテインを摂取する3つの最適なタイミングをご説明します。 健康的な食生活と適度なトレーニング、そしてプロテインを飲むタイミングを意識すれば、 カラダづくりがとっても効果的になりますよ。 【3つの最適なタイミング】 1. 【運動後45分以内】はプロテイン摂取のゴールデンタイム プロテインを飲む最適なタイミングの1つ目は 運動後です。 運動後の摂取については、 「」でも解説していますが、運動後は激しく活動した筋肉が栄養補給と回復を行うため、体へ栄養を補給できる絶好のチャンス。 特に 運動後45分間以内は、筋肉へ送られるアミノ酸が3倍にまでアップします。 ぜひこのタイミングにプロテインを摂取しましょう。 特に筋肉を酷使するトレーニングをした後は、筋肉が大きく収縮することでどんどん分解が進んでいきます。 このとき、体が欲する栄養素が足りていないと筋肉が減ってしまうこともあるのです。 逆に、運動直後にプロテインをしっかり摂取しておけば筋力アップにつながります。 運動後45分以内のタイミングがいかに重要かわかりますね。 運動後に摂取するプロテインは、 吸収スピードの早い「ホエイプロテイン 」 と 「糖質」を 同時に摂取する事 がおすすめです。 また、炭水化物を同時に摂取し即効性の高いエネルギーを補給してあげると、さらに効果的です。 1食分30gあたりエネルギー116kcal、タンパク質6. 6g、糖質20. 7gが含まれています。 また、体に吸収されるスピードの速いホエイプロテインが使われています。 ココア味とピーチ味があり、ピーチ味は、甘酸っぱい香りで、フルーティーな味わいです。 さらりとした喉ごしで、後味がすっきりとしています。 ジュース感覚で飲めるため、運動後のドリンクとしておすすめのプロテインです。 2. 【就寝前】に飲むことで成長ホルモンの働きを促す プロテインを飲む最適なタイミングの2つ目は 就寝前です。 人は眠っている間もたえず成長ホルモンを分泌し続けていることをご存知でしょうか?成長ホルモンとは筋肉の成長を助けるもので、トレーニングと切っても切れない関係です。 そして、就寝前にプロテインを摂取すると成長ホルモンの働きを促してくれるメリットがあります。 シェイプアップしたいからといって空腹のまま眠りについてしまうと、成長ホルモンがうまく働かず傷ついた筋肉を十分に修復できない可能性もあるのです。 ただし、寝る直前に摂取すると胃へ負担がかかることがあります。 少なくとも就寝する30分~1時間前には摂取しておくのが良いでしょう。 就寝前に摂取するプロテインは、寝る前に タンパク質をゆっくりと補給してくれる 「カゼイン」や 「大豆プロテイン」がおすすめです。 就寝中のカラダにゆっくりと栄養を与えましょう。 トレーニング後もおすすめですが、就寝前に活用できるプロテインです。 プロテイン本来の味が苦手な人や、牛乳の味が苦手な人にも飲みやすいココア味で、牛乳など溶かすものにより工夫もしやすいためおすすめです。 【朝食時】に摂取すれば体が求めるタンパク質を補給できる プロテインを飲む最適なタイミングの3つ目は 朝食時です。 朝目覚めた時、人間の体は水分や栄養が全般的に不足している状態です。 飲食をせずにじっとしている睡眠時間は想像以上に長いものです。 例えば、前日の夕食を19時に食べていれば、朝7時の時点で12時間も空腹状態が続いていることになりますよね。 就寝前にプロテインを摂取していたとしてもその効果時間は切れてしまい、 カラダが新たな タンパク質を求めていると言えます。 ぜひプロテイン を摂取し、体へ タンパク質を補給してあげましょう。 肉・魚などタンパク質をたっぷり含まれた朝食を準備できれば、プロテインはアシスト程度の量で構いません。 が、忙しい現代人は手軽なパンやシリアルなどで朝食を済ませがち。 朝食内容とプロテインの量を調節して摂取するのがおすすめです。 朝食時に ホエイプロテインや ガゼインを取って、1日に必要な新しい栄養をチャージしましょう。 【こう考えよう!プロテインを飲むタイミングについて】 1. プロテインは体に摂り入れる栄養素の1つ そもそもプロテインはタンパク質であり、食事から摂取できる栄養素と同じものです。 例えば 、 タンパク質が含まれている肉・魚・豆腐・牛乳から摂ることと、プロテインを摂取することは同じことなのです。 だからこそプロテインを摂取する最適なタイミングは、食事から栄養素を摂取するタイミングと同じように考えて構いません。 つまり、 プロテインを飲むタイミング=食事を摂るタイミング、ということですね。 そして、「朝食は大切」「運動直後に タンパク質を摂取すると筋肉に良い」といった考えと同じなのです。 プロテインは粉末状のタンパク質。 食事と同様に考えて摂取すればOKです。 しかし、注意しなければいけないのは、プロテインには微量栄養素は含まれるものの、必要なそのほかの栄養素は摂りづらいという事です。 決して食事代わりにプロテインを摂取しようとはしないでください。 大切なのは、プロテインを飲むタイミングは食事と同じく決められたタイミングが常にあるという事です。 筋肉が回復するまでの2. 3日間も摂取する トレーニングをしない日はプロテインも摂取しない、これは間違いです。 理由は、筋肉が回復するには2. 3日間必要で、その間に も タンパク質を摂取することで回復を手助けできるからです。 トレーニングをした後、その日の夜、翌日の朝などはプロテインを意識して摂取する方は多いはずですが、トレーニングをしていない日の夜などは飲まないという方も多いのではないでしょうか。 プロテイン代を節約しているようで実は効果を薄めているので要注意です。 トレーニングをしていない日も、1日1~2回はプロテインを摂取することをおすすめします。 プロテインを摂取する最適なタイミング3つ、及びその考え方について解説しました。 効果的な摂取タイミングは 「運動直後45分以内・就寝前・朝食時」、そして 食事と同じように考えること、休みの日も摂取することが大切です。 健康的な体作りのために、ぜひこれらを意識してプロテインを摂取しましょう。 「」では、摂取タイミングだけでなく、プロテインに関する様々な情報を発信しています。 かっこいい体になりたい・美しい体をつくりたい・健康な体でいたいという方は是非ご活用ください!.

次の

プロテインを飲むタイミングは、1日3回です【朝・トレ後・寝る前】|筋トレのサイエンスノンフィクション

ザバス 飲む タイミング

ザバスとは 「ザバス」とは、サプリメントメーカーの名前ですが、実はザバスパッケージをよく見ると、小さく「meiji」と書いてあります。 そうです、このザバスは実は、 明治製菓のブランド名なのです。 明治製菓が作っていると聞くと何となくそのサプリお菓子みたいな感じがする人もいるので、ザバスと言うブランド名で出しているのです。 恐らく、ザバスのパッケージはほとんどの人が見たことがあるのではないでしょうか。 実はこのザバス、 国内売上げ額No. 1の実績があります。 やはり作っているところが明治製菓なので、販売網がすごいのでしょう。 スーパー、コンビニ、ドラッグストアに顔が効きますからね。 それらのお店に一気に置いてもらうことができたのが勝因かもしれません。 もちろんプロテインの品質も良いものですよ。 関連記事 ・ ザバスのプロテインの特徴3つ ザバスは明治製菓が出しているサプリメントのブランド名ということが分かりましたね。 なので、ザバスは何が良いかと言われると、まず第一に「 味がおいしい」ことが挙げられます。 何と言っても味に関してはお菓子メーカーですから、他のメーカーの追随を許しません。 女性や子供に鍛えてもらっていますから。 もちろんプロテインは味だけおいしくても意味がありません。 サプリメントとしてきちんと栄養補給ができないとダメです。 しかし、ザバスが発売されてからすでに38年が経ちます。 この間どんどん改良が加えられてきて、 15種類以上のプロテインを販売しています。 自分の目的に合った商品を摂ることで、非常に効率よく栄養補給ができるようになっています。 また、改良されたおかげで 水に溶けやすくなり、ダマになりにくいのも特徴です。 プロテインを最初に飲む人なら、まずこのザバスを飲んでおけば間違いないと言えるでしょう。 関連記事 ・ ザバスのプロテインは15種類以上 主な4種類のプロテインを紹介 ザバスのプロテインは先に少し紹介しましたが、15種類以上もあります。 最近では、競技別の商品やハイスペックモデルも発売していますし、究極に味にこだわった「アクアホエイプロテイン」という商品もあります。 主力商品を詳しく見ていきましょう! ハイスペックモデル こちらはハイスペックモデルの一つである、「プロ クリアプロテインホエイ100」になります。 何がハイスペックかというと、とにかく タンパク質の含有量が高いのです。 タンパク質の含有量が高いと、同じ量でもタンパク質を多く摂ることができますし、余分な成分を摂ることなく効率よくタンパク質を摂ることができます。 この商品に関しては 脂質は何と0です。 減量中のアスリートなどには良いでしょう。 ハイスペックモデルには他の商品もあります。 11種類のビタミンや4種類のミネラル、グルタミンペプチドを含んだ「プロ ホエイプロテインGP」や、回復に特化した「プロ リカバリープロテイン」などです。 それぞれ、パワー系の種目を行ったり、疲労を早く回復したいアスリートに良い商品です。 競技別プロテイン こちらは競技別のプロテインで、タイプ1~タイプ3まで分類されています。 それぞれ配合が異なり、その種目にあった配合になっています。 スポーツをやっている人であれば、こちらの商品も良いでしょう。 水専用 こちらは、 スポーツドリンク感覚で飲めるザバス独特のプロテインになります。 この商品を飲むと、今までプロテインを飲んできた人ほどビックリすると思います。 それくらい 飲みやすくておいしいです。 他のプロテインは何となく匂いがあって飲みにくい、という人にピッタリの商品です。 ただし、ちょっと高いのが玉に傷です。 ウェイトコントロール こちらは、 減量したい方のために作られた商品です。 こちらとは逆に、ウェイトを増やすために作られた商品もあります。 どちらを選ぶかは現在の体次第ですが、ウェイトを増やすための商品を晩御飯代わりにして体重を落とすという裏技もあります。 ・ ザバスのプロテインの効果とは ザバスのプロテインに限らずですが、きちんと筋トレをすることを前提とすれば、プロテインを飲むと 筋肉をつけることができます。 これがプロテインを飲んだ時のもっとも期待できる効果でしょう。 プロテインと言うのは日本語に訳すと「タンパク質」です。 タンパク質は体の大部分を作っている原材料のようなものなので、タンパク質が足りないと筋肉は作られないのです。 食事によってタンパク質を十分に摂ることができるなら、プロテインを飲む必要がない人も多いのですが、実はスポーツや運動をするとタンパク質はより必要となるのです。 なので、プロテインはハードに運動をしている人ほど必要になってきます。 また、中学生や高校生の成長期の子供が飲めば、 成長の助けになりますので、身長が伸びる可能性もあります。 (カルシウムなど他の栄養素も必要ですが) 筋肉がついて、身長も伸びる可能性があるのですから、飲まない手はないでしょう。 関連記事 ・ ザバスのおすすめプロテインを紹介 「ザバスのプロテインでもっともおすすめな商品は?」と訊かれた場合、何をおすすめしたらいいでしょうか。 初めてプロテインを飲む、という方に一番おすすめしたいのは、 スタンダード商品の「ホエイプロテイン100」でしょう。 お寿司屋に行ったら、まずは「並」や「たまご」を頼めと言います。 これはスタンダードな商品ほどそのお店の実力が出るからと言われているからです。 そのことはプロテインでも当てはまります。 まずはスタンダードな商品を買ってみて、そのブランドの実力(味や溶けやすいかなど)を確認しましょう。 この時点で全然気に入らなかったら、ザバス自体があまり合わないかもしれません。 また、他のブランドでもプロテインの味や臭いがどうしてもダメと言う人は、 水専用の「アクアホエイプロテイン100」を最初に買っても良いでしょう。 この味がダメと言う人はほとんどいないくらいおいしいプロテインなので、今までプロテインが苦手だと言っていた人でもおすすめです。 プロテインを飲み続けてる、 ヘビーユーザーだと言う人は、ハイスペックモデルもおすすめです。 長く飲んでいる人であれば、他のブランドのプロテインとの効果の違いを実感できるかもしれません。 関連記事 ・ ザバスのプロテインを飲むおすすめのタイミング ザバスのプロテインを飲むタイミングは、 運動後がもっとも最適なタイミングと言えます。 運動後は筋肉が疲労して、ダメージを受けた状態なので、回復のために栄養が必要なのです。 特にタンパク質は回復のためにもっとも必要な栄養素の一つ。 このタイミングでプロテインを飲んであげるのがもっとも良いでしょう。 一般的には運動後30分以内が「ゴールデンタイム」とも言われていて、もっとも効果が高いとされていますので、このタイミングで飲めるように用意しておきましょう。 また、タンパク質は一度に大量に摂っても吸収できる量に限りがあります。 なので、1日のうちで分割して摂ることをおすすめします。 例として 朝、間食の時間、夜(運動の後)の3分割で摂るなどです。 関連記事 ・ ザバスのプロテインの口コミを紹介 ザバスの口コミを見てみると 非常に良いことがわかります。 試しにAmazonや楽天などで口コミをチェックしてみてください。 そもそも、口コミの数が他のブランドのプロテインとまったく異なります。 他のプロテインが売れているものでも数百ですが、ザバスのプロテインはその何倍も口コミの数があります。 このことだけでも売れているプロテインというのはよくわかりますね。 売れている上に更に評価も高いです。 もっとも売れているスタンダードタイプのプロテインを見てみると、4. 3点もあるのです。 (2018年2月時点) これはAmazonを利用したことある人なら恐らく「驚異的な」数字だとわかるはずです。 ほとんどの人が口コミとして書いているのが「 おいしい」ということ。 かなりおいしいのがこれだけでわかります。 そして、ザバスのプロテインの口コミを見ていると、初めてプロテインを購入した人も多いことがわかります。 そのほとんどの人が満点近い評価をつけているので、初めての人にもおすすめであることがわかりますね。 とはいっても、中には味が合わない、という人もちらほらいる模様です。 しかし、味の好みは人それぞれですので、まったくいない方がおかしいでしょう。 関連記事 ・ ザバスのプロテインをよりおいしく飲むコツ ザバスのプロテインは基本的には、水で溶かしてもおいしく飲めるようになっています。 しかし、スタンダードタイプの場合は 牛乳に溶かした方がおいしいと感じる人が多いようです。 ただし、牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなってしまう日本人は一定の割合でいるので、そういう人は水で飲むしかありません。 スタンダードタイプを水で溶かしてマズイ、と感じるのであれば、 水専用の「アクアホエイプロテイン100」がやはりおすすめです。 水で溶かすと「まずい」と言うプロテインの常識を覆す商品です。 これでマズイと思うのであれば、プロテイン自体を飲むことができないのではないかというくらいに全然味が違います。 水でしか飲めないならこの商品で決まりでしょう。 ただし、水専用の「アクアホエイプロテイン100」はかなり価格が高いです。 できれば色々な商品を試して、水でもそこそこは飲める商品を探しておいた方が(体作りを長く続けたいのであれば)良いでしょう。 関連記事 ・ 女性にもプロテイン摂取がおススメな理由とは 女性にも基本的にはプロテインは必要です。 日本人女性はよく「ムキムキになりたくない」なんて言って筋トレを嫌がる傾向にありますが、では単に痩せるだけで綺麗な体になれるのでしょうか? 体は骨や血液等を除けば、基本的に脂肪と筋肉の2つでできています。 筋肉をつけたくないのであれば、脂肪を付けたいのでしょうか? 「それは違う。 筋肉も脂肪も両方要らないの」と言う人もいると思いますが、両方が一緒に減っていけば、同じ体型のままで体が小さくなっていくだけです。 要するに体脂肪率がまったく変わらず、体全体が縮んでいくわけです。 人は筋肉でシェイプ(体の形)を作っていきます。 筋肉がないと引っ込めるところを引っ込めることもできませんし、カッコいい体になることはできません。 カッコイイ体になりたいのであれば、 必要最低限の筋肉は女性でも必要なのです。 このことは体作りにおいて基本となる考えなので、覚えておきましょう。 筋肉は必要な部分だけにつければいいのです。 女性であれば、ヒップ、お腹、二の腕あたりでしょうか。 自分の鍛えたい場所を 適度に鍛えて、プロテインを飲めば理想の体型に近づくことができます。 プロテインを飲まなければ筋肉は育ってくれませんので、単に筋肉痛になるだけです。 要するにプロテインは女性も必要と言えるのです。 関連記事 ・ プロテインを飲む時の注意点 たまにプロテインと筋肉増強剤(ドーピングで引っかかる薬物)を勘違いしている人がいます。 「プロテインって飲んだら筋肉つくんだよね?」と言うような人です。 これはもちろん間違った知識です。 前述したように、プロテインというのは結局のところ「タンパク質」のことです。 タンパク質というのは、肉でも魚でも乳製品からでも摂ることが可能です。 ただ、大量に毎日肉や魚を摂り続けるのは難しいので、代わりにプロテインを飲んでいるだけなのです。 なので、肉や魚を食べているだけで筋肉がつかないように、プロテインを飲んでいるだけで筋肉がつくなんてことはあり得ません。 もし、筋肉が飲むだけでついたとしたら、それは薬でしょう。 プロテインはあくまでも「栄養補助食品」でしかありません。 簡単に言えば「形を変えた食事」なのです。 筋肉を発達させたければ、 運動は必須なのです。 飲んだだけで筋肉つけたいな…なんていうのは非常に危険な考え方です。 そういう考えでいると、筋肉増強剤のような薬物に手を出してしまうことになってしまうかもしれません。 もし、そんな考えが少しでもある方は考えを改める必要があるでしょう。 カッコイイ体に近道はありません。 関連記事 ・ プロテインのダイエット効果とは プロテインを飲むと痩せる、と思っている人もこれは間違った知識です。 あくまでもプロテインは単なるタンパク質です。 肉や魚と同じなのですから、プロテインを摂っただけで痩せるわけがないのです。 これで痩せるなら、肉や魚を食べれば食べるほど痩せるという話になってしまいますよね。 このことからも間違っていることはわかるでしょう。 しかし、こういう勘違いをする人がなぜいるかというと、恐らくですが、「プロテインダイエット」という言葉を聞いたことがあるからではないでしょうか。 「プロテインダイエット」は商品の名前で、これを飲むことで痩せると謳っている商品になります。 しかし、それにはカラクリがあって、この商品は「 食事置き換えダイエット」なのです。 食事をする代わりにプロテインダイエットを飲んでくれ、ということなのです。 プロテインダイエットのカロリーは食事に比べれば当然かなり少ないので、食事の代わりにプロテインダイエットを飲めば食事制限するのと同じことになります。 痩せるかどうかというのは、結局のところトータルカロリーを減らすしかありません。 このプロテインダイエットという商品はそれが無理なくでき、必要最小限の栄養は摂れるというのが売りなのです。 従って、プロテインを飲んだからと言って痩せているわけではありません。 プロテインを飲んだらどんどん痩せていくなら、そもそもボディビルダーが飲んでいるわけがありませんよね。 ちなみにタンパク質というのはダイエット中も必要な栄養素ですから、ダイエット中にプロテインを飲むという考え自体は間違ってはいません。 もちろん、そのプロテインがザバスのプロテインであっても良いわけです。 実際に、 ダイエットに向いているプロテインがザバスから出ていますしね。 関連記事 ・ プロテインは特徴別にタイプが3種類 プロテインには種類がいくつかあります。 もっとも有名で人気のある「ホエイプロテイン」。 これは牛乳から作り出され、 吸収も非常に良いのが特徴です。 「摂ったらすぐに吸収されるプロテイン」と覚えておきましょう。 2つ目はカゼインプロテインです。 こちらも牛乳から作られますが、ホエイプロテインとは特徴がまったく違い、 吸収スピードがかなり遅いです。 吸収が遅いなんてダメなプロテイン…と思う人もいるかもしれませんが、それは全然違います。 吸収が遅いということは 効果が長続きするということ。 寝る前に飲んでおけば成長ホルモンが分泌するタイミングにピッタリと合うのです。 また、腹持ちも良いので、飲んでいればダイエット時に空腹を我慢することが少なくなります。 3つ目はソイプロテイン。 こちらだけは大豆から作られており、女性向けのプロテインと言うことができるでしょう。 なぜなら、大豆のイソフラボンが女性ホルモンと形が非常によく似ているため、 女性ホルモンと似た効果があると言われているからです。 美肌を期待できるとも言われています。 また、こちらも腹持ちが比較的いいので、ダイエット向きです。 それぞれ特徴があるので、自分の目的に合わせて飲むことが大切です。 関連記事 ・ プロテインに価格差がある理由とは プロテインはメーカーによって非常に価格差がありますね。 中には同メーカーでも、非常に大きい価格差があります。 ザバスのプロテインもハイスペックモデルは非常に高いです。 これはメーカーや商品によって、 主に製法の違いによって価格が変わるのです。 製法が変わるとタンパク質の含有量も変わってきます。 タンパク質の含有量を高めるためには複雑な製法を用いないといけないので、価格が高くなるわけです。 タンパク質の含有量が高い方が一概に良い製品だとは言えませんが、日本人の多くは牛乳を飲むとお腹が下ってしまう人が多いでしょう。 それは牛乳に含まれる乳糖が原因なのですが、タンパク質の含有量が高い製品であれば、あるほど乳糖が少ないので、お腹が下る可能性が低くなります。 プロテインを飲んだら毎回下痢になるような人は、タンパク質の含有量が高い商品を飲んだ方が良いでしょう。 毎回下痢になってしまってはせっかく飲んでいるプロテインが無駄になってしまいますから。 あと、各メーカー味に工夫をしているので、 その味を出すために苦労をしているような商品は高いのかもしれません。 関連記事 ・ プロテインを飲む必要が無い人も 結局のところ、プロテインは飲んだ方が良いのでしょうか? 答えは「飲んだ方が良い」と言えます。 しかし、 トレーニングや運動をまったくしない人は飲む必要はありません。 プロテインを飲んだって痩せるわけではないからです。 もし、食事の代わりにプロテインを飲んで痩せたとしても、運動による刺激が筋肉に与えられていないので、体重減少と同時に筋肉も落ちてしまいます。 それでは体重を落とす意味がほとんどありません。 (体脂肪が同じか、むしろ増えることになるので) 筋トレや運動をしている人でも、 食事で十分な量のタンパク質を摂れているという自信のある人は摂る必要はないでしょう。 栄養補給の基本は食事なので、食事で摂れている栄養素はサプリメントで摂る必要はないからです。 このあたりは自分の食生活を振り返る必要があるでしょう。 ただし、タンパク質というのは運動をしている人ほど量が必要になってきます。 運動の強度が上がればタンパク質の必要量も増えるので、運動強度が高いと思ったら、やはりプロテインを飲むことを考えた方が良いでしょう。 ・ザバスのプロテインを飲んで運動をきちんとすれば筋肉が効率よくつく。 ・ザバスのプロテインは15種類以上あり用途によって選ぶことができる。 ・ザバスのプロテインの口コミは非常に良く、ほとんどの人が満点近い評価をつけているので、初めてプロテインを飲む人にもおすすめ。 いかがでしたでしょうか。 今回はザバスのプロテインについて紹介させていただきました。 日本ではもっとも有名なプロテインブランドですし、製造元も明治製菓ということで味もおいしいです。 海外には安いプロテインも多くありますが、それらは日本人に合っていなかったり、中には勝手に変な薬が入っている商品まであります。 買うならやっぱり安心の日本製が良いでしょう。

次の

その知識は古いかも!?プロテインを飲むタイミングは目的によって違います

ザバス 飲む タイミング

趣味の筋トレが講じてパーソナルトレーナーの資格まで取得してしまった者です。 もはや今では【プロテイン】はアスリートの為のツールでは無く一般の方誰もが使用する時代となりました。 身体作りの一環として当たり前の様に使用する方も普通になりスポーツショップやドラッグストアだけでなくコンビニでさえも当たり前に販売されている昨今。 巷にはプロテイン・・・健康食品系サプリメント・・・様々な種類が乱立、プロテインも粉状やタブレット、種類もホエイやソイ、HMBサプリメント、EAAサプリメント・・・ 今度は誰もが【自分に合ったサプリメント】を選別する事も当たり前になってきています。 これまで百種類上のサプリメントを使用してきた筆者が今回解説・紹介するのは数あるサプリメント系の中でも日本で最も知名度の高い安定の【ザバスのホエイプロテイン】について解説して行きます。 ホエイプロテインの種類 ホエイプロテインは牛乳由来の【動物性プロテイン】でソイプロテインの様な植物性プロテインとは違います。 筋肉量を増やしたい・キープしたい方に最もオススメのプロテインで消化吸収に優れているのも特徴です。 そしてホエイプロテインの中でも種類は3つに分れます。 基本的に3種類に分かれており 【WPC】=ホエイプロテインコンセントレート 【WPI】=ホエイプロテインアイソレート 【WPH】=加水分解ホエイプロテイン ・・・同じホエイプロテインでも違いがあったんだ!? そう!! 種類はこのように3つに分かれていて下に行くにつれ値段は高くなります。 理由としてタンパク質の含有量や吸収速度の速さ、加工の繊細さなどにより値段が変わってきます。 しかし基本的には一般人からアスリートまで幅広く愛される高品質でありながら低価格を実現されたホエイプロテインです。 ザバス・ホエイプロテインはWPI ホエイプロテインは基本的に自身のトレーニングの目標やアレルギー、摂取のタイミングや価格などを鑑みて選びます。 より安価なホエイプロテインを求めるならばWPC。 乳糖不対症であるならばWPIはその他2つよりも乳糖含有量は少なくタンパク質の含有量は多いWPI。 最も質の高いホエイプロテインはWPH、メリットはホエイプロテインを摂取するにあたり最大限の効果を発揮します。 ただ高価であることがデメリット。 今回御紹介しているザバスのホエイプロテインはその中でもタンパク質の含有量に特化した上で比較的リーズナブルな【WPI】=ホエイプロテインアイソレートを厳選使用されたプロテインです。 ザバス・ホエイプロテインはいつ飲む?飲むタイミングは? ホエイプロテインは吸収が早い事が特徴ですので、その利点を生かし運動後30分以内に摂る事がオススメです。 その他には起床後すぐ、または間食に使用する事も良いとされます。 要は【吸収が早い】という点を活かすという事、空腹時は特に吸収が良いので空腹時 起床後・小腹がすいた間食 、筋トレ後間もない吸収の良い状態に摂取する事で効果を発揮します。 ザバス・ホエイプロテインを飲む際の注意点 ホエイプロテインだけでなくプロテイン全体に言える事ですが 〇過剰摂取は肝臓や腎臓に負担をかけます。 一度に大量摂取する事は避けましょう。 一度の摂取量は20g~30gを目安にしましょう。 〇サプリメントは食事とのバランスが大事。 一日に必要なタンパク質をチェックして食事だけで補えない分をサプリメント等で補うようにしましょう。 〇タンパク質を大量に摂取する必要がある人は、間食をプロテインにする事でタンパク質を多く摂取することが可能ですが、必要の無い人は過剰に摂取する事は避けましょう。 1gあたり4Kcalあると言われるタンパク質、使われないタンパク質は脂肪として蓄えられますので、逆に太る事になります。 男女の1日に必要なタンパク質 目安 厚生労働省による日本人の食事摂取量基準では・・・ 成人男性・・・60g 成人女性・・・50g とされています。 ここからさらに【運動している・していない】によって異なってきます。 何も運動していない人・・・体重0. 1kgあたり0. 8g~0. 9g 例・体重70kgならば56g~63g 軽い運動をしている人・・・体重0. 1kgあたり1. 2g~1. 5g 例・体重70kgならば84g~105g 筋肉や体重を増やしたい人・・・体重0. 1kgあたり2g 例・体重70kgならば140g この事を意識しておきましょう。 日本で最も知名度の高いSAVAS ザバス ・ホエイプロテインを激安入手しよう! 日本でも今では運動をしない人も知っている認知度を誇る【明治・SAVAS ザバス 】 そんな安心の日本メーカーのプロテインの中でも特に認知度の高いザバス・ホエイプロテイン。

次の