公務員 ボーナス 新卒。 地方公務員の給料の上がり方を分析

公務in

公務員 ボーナス 新卒

【大卒公務員】の「給料」「年収」「ボーナス」「手当」「貯金額」大公開!!! 今回は、大卒公務員(1~2年目)の給料・ボーナス・貯金額を公開したいと思います!公務員になりたいと考えている方は、参考にしてください 自己紹介:公務員2年目で超早期退職しました まず、簡単に自己紹介させていただきます。 私は、大卒で公務員となり、2年間務めたのち、2019年3月で超早期退職しました! 仕事を辞めてからは、ブログやYouTubeで好きなこと(読書)を発信するだけで稼げるのか実践中です! 本当は30歳までに 1000万円を貯めてから仕事を辞めようと思っていましたが、待ちきれませんでした。 笑 私が上司に退職を告げてから、辞めるまでの経緯について詳しく知りたい方は、関連記事をご覧ください。 実際のところ、どうなのかというと、 「薄給」です!!!笑 具体的には、大卒の1年目の月収は 18万円でした! 公務員は、毎年1月に昇給するので、詳しくは以下のとおりです。 4月~12月(1年目):18万円 1月~12月(1・2年目):18万5千円 1月~3月(2年目):19万5千円 お世辞にも高いとは言えませんね、、、 間違いなく民間企業に就職した人の方が給料が高いです。 大卒公務員(1~2年目)のボーナス:手取り33万円 続いて、ボーナスの額について発表します! 先に言ってしまいますと、1年目で手取り33万円でした! ボーナスが支給されるのは、6月と12月の年2回です。 具体的な金額については以下のとおりです。 1年目 6月: 9万円 〃 12月:33万円 2年目 6月:32万円 〃 12月:35万円 1年目の6月のボーナスの額が低い理由について。 また、夏よりも冬のボーナスの方が支給額が若干高いです。 景気に左右されず必ずボーナスが支給されることは、公務員の大きなメリットだと思います。 しかし、ボーナスの額も民間企業と比べても多いとは言えません。 大卒公務員(1~2年目)の年収:源泉徴収票公開! 月収とボーナスの額が分かれば大体の「年収」が分かると思いますが、計算が面倒という方のために、源泉徴収票を公開します! 1年目(4月~12月分):217万円 2年目(1月~12月分):315万円 手当:それほど恩恵を感じませんでした! 公務員は「手当」が充実していると言われますが、実際のところはそんなに恩恵を感じませんでした。 後ほど説明しますが、「公宅」は安く借りられたので、それはありがたかったです。 住居手当:およそ家賃の半額程度 一番身近な手当は、 住居手当だと思います。 住居手当は、およそ家賃の半額程度支給されます(限度あり)。 出張手当:1泊1万円程度 また、 出張手当も出ます。 ホテルに泊まる場合は、1泊あたり1万程度支給されます。 なので、5千円のホテルに泊まれば、5千円(1万円ー5千円)をポケットマネーにすることができます。 配偶者手当など、他にも手当はありますが、私にはそれほど恩恵はありませんでした。 2年間で貯めた貯金額:250万円 続いて、貯金額を発表します。 2年間で貯めたお金は250万円でした。 ここまでで、 ・月収 ・ボーナス ・年収 ・手当 について説明しました。 ご覧いただいたとおり、世間でウワサされているように「薄給」であることが分かっていただいたと思います。 では、その給料で生活していけるのか、また、貯金はできるのかと心配になった方もいるかと思います。 結論から言いますと、生活も貯金もできます! 冒頭で書きましたが、私は2年間で 250万円貯めることができました。 これは、私が公務員だったから貯めることができたというわけではありません。 貯金できるかどうかはその人次第です。 ひと月あたりの生活費の内訳:生活費は8万円程度 私のひと月における生活費の内訳は以下の通りです。 それは、「家賃が格安」であったことと「お金を使わなかった」からです。 2年間で250万円貯められた最大の要因は、家賃が格安だったからです。 公宅に入れるのかどうかは、自治体によって違いますので、公務員が全員格安の公宅に入れるわけではありません。 また、公宅によっても値段が違います。 新しいところならもっと高いです。 そして、もちろんですが、家賃が安いだけではお金は貯まりません。 お金があればある分だけ使ってしまう人であれば、お金はすぐになくなります。 私は、 最大の趣味である 「本」には、お金を使いますが、それ以外のものはほぼ全く買いません。 最近流行りの ミニマリストに近いかもしれませんね。 結論:固定費を下げてムダを省けばお金は貯まる 結論、お金を貯める方法は、「固定費を下げる」ことと「お金を使わない」ことです。 先程の例から、家賃などの固定費を下げて、お金を使わなければ、お金が貯まることがわかります。 お金を使わないというのは、全く使わないのではなく、 「ムダなものには」です。 私は、先程も申し上げたように、自己投資として本にはお金を使っています。 月によっては本に2万円以上費やすこともありました。 しかし、 使うところ絞って、それ以外は使わないと決めれば、自然とお金は貯まります。

次の

公務員の夏のボーナスはいくらもらえる?2020年夏最新版

公務員 ボーナス 新卒

公務員のボーナス(賞与)とは ボーナス(賞与)とは基本給・諸手当の定期給以外で支給される特別配当・特別報酬になります。 民間企業の場合ですとボーナスと言われることが多いのですが、 公務員は期末手当・勤勉手当と呼称されています。 なお、期末手当と勤勉手当は一緒ではなく、違った報酬になります。 期末手当とは在籍期間に応じて支給されるものです。 勤勉手当とは勤務評定に応じて支給されるものです。 勤勉手当で差が生まれるのでは?と思われるのですが、実際に同期、同い年、同じ階級であればほぼ一緒のボーナス額になります。 これは警察官、消防士、教員、地方公務員(事務職・技術職)、国家公務員においても同様のことが言えます。 このページの目次 CLOSE• 公務員、ボーナスは何カ月分? 過去の期末手当・勤勉手当の平均月数を調べてみました。 東日本大震災後に一時は年間賞与が4ヶ月分以下でしたが、近年においては以前と同じ待遇に戻ってきています。 平成27年度及び平成28年度は両方とも4.2ヶ月分ですが、勤勉手当の率が若干変更になっています。 基本的には夏のボーナスより冬のボーナスの方が支給額が多いのが特徴的になります。 なお、今回は国家公務員を例に掲載していますが、地方公務員についても概ね同等程度と考えていいでしょう。 ちなみに民間の場合ですと一部の超高待遇の企業であれば5ヶ月分~7ヶ月分のボーナスを支給されているケースを除けば大企業でも2ヶ月分~3ヶ月分、中小企業の場合ですと「ボーナス無し」も珍しくはなく、ある場合は1ヶ月分程度の会社が多いです。 さらに言えば景気が悪くなれば当然賞与カットの可能性もありますので、様々な点を民間と比較するといかに公務員のボーナス制度が優遇されているかが分かると思います。 確かに今までも「削減」はありましたが、「完全カット」はありませんので、生活設計の中で充てにしやすいですね。 平成27年度の国家公務員一般職員の例 国家公務員:約65万円 地方公務員:約80万円 国家公務員の方が低いと感じますが、管理職を除いていますので、実際には地方公務員と同等レベルのは80万円程度と言われています。 地方公務員の場合ですと自治体によって差があるのが特徴的になります。 高待遇の市役所、政令都市の場合ですと平均で90万円を上回るケースもあると言われています。 平均支給額をチェックする時のポイントは管理職が含まれているか?含まれていないか?です。 発表されている組織も結構ありますので、就職を希望しているのであればチェックしてみるのも1つの手です。 年代別の平均ボーナス表 年齢 年間平均額 18歳~19歳 約40万円 20代 約80万円 30代 約135万円 40代 約180万円 50代 約210万円 概ねの目安として参考にしてくださいませ。 賞与は役職(階級)が高ければそれだけ多く支給されることになりますので、公務員の出世に差が出る40代、50代は階級によっても大きく異なります。 なお、50代中盤程度になると夏・冬共にボーナスが100万円以上になる例も珍しくはありません。 一般的に事務職・行政職より基本給の高い警察官・消防士・教員の方がボーナス額は大きい傾向があります。 公務員のボーナスQ&Aコーナー.

次の

新卒1年目でボーナスはもらえる?支給時期と支給額について解説!

公務員 ボーナス 新卒

この記事でわかること• ボーナスの支給日は? ボーナス支給日は、公務員と一般企業とでは微妙に違います。 公務員にも色々有り、特に地方公務員の場合には各条令で定められており、全国一斉ではないようです。 そこで今回は 国家公務員と一般企業について調べてみました。 国家公務員の支給日 公務員の場合は 「勤勉手当」と言いますが 毎年6月30日です。 これは法律で定められていて毎年変わりません。 ただし、当該日が土曜日または日曜日の場合は、直近の金曜日になります。 従って2018年は当該日が土曜日ですので6月29日ということになりますネ。 一般企業の支給日 一般企業のボーナス支給日は、各企業によって違いますし、ボーナスが支給されない所も有ります。 ボーナスの規定は労働基準法には無いので会社次第なんですね。 スポンサーリンク 一般企業の平均支給額 大手企業の2017年夏のボーナス平均支給額は、 83万9560円だったそうです(日本経済新聞社 2017年夏のボーナス調査(5月9日時点)。 一方、事業所規模5人 以上の一般企業の2017年夏のボーナス平均支給額は、36万8272円と予想されていました。 (三菱UFJリサーチ&コンサルティング「2017年夏のボーナス見通し」より) 大手企業ってすごいですね・・・。 私は一般企業の平均額にも遠く及びません。 ところで、ここまでご覧頂いた方の中には、今年就職したばかりとか、私の様に転職組と言う方もいらっしゃるでしょう。 私も過去に何回か職場を変えていますが、その度にボーナスは満額は貰えませんでした。 ということで次に 新入社員さんや転職者さんの場合、夏のボーナスはどうなるのかについてザックリと見ておきましょう。 新卒者や中途採用者のボーナスは満額貰える? 新卒社員の場合は企業にもよりますが、4月1日採用でボーナス支給が7月だとすると 在職期間は約3か月ということになります。 また、 中途採用者の場合も、たまたま算定対象期間開始日に採用されない限りは 在職期間が半端になります。 となると当然満額は貰えません。 企業によって違いますが 日割りまたは月割りで貰える所と 定額・定率 支給という所が有る様です。 日割り・月割支給 これは最も一般的な方法の様です。 また、BさんとCさんとではCさんはBさんよりも 1ヶ月在職期間が短いだけで支給されない、ということになります。 この様に、人によって損得の差が激しくなるのが欠点と言えます。 ちなみに私も国家公務員の時の最初の夏のボーナスは、日割りでいただけました。 また一般企業でも、転職して最初のボーナスは日割りで支給されましたね。 まとめ 以上、今回は夏のボーナスについて調べてしてみました。 やはり公務員は良いよなぁ~。

次の