ポケモン 名前 由来。 五十音順のポケモン一覧

ビクティニの由来

ポケモン 名前 由来

最近ではスマートフォンのゲームアプリ「ポケモンGO」が話題になりましたね。 単に流行り物だからという物珍しさもあるのでしょうが、かつてポケモンに熱中した懐かしさも相まってつい手を出してしまったという人も多いんじゃないでしょうか。 私自身もその口で、特に初代ポケモンの赤緑世代ドンピシャでした。 「ポケモン言えるかな?」という当時の全種類151種類を羅列した歌がありましたがソラで歌えるほどでした。 今でも8割くらいは歌えますね。 なので、最近の新しいポケモンにはついていけなくなっても、ポケモンGOはやってみようと手を出してみたんですね。 今はもう飽きちゃいましたけど・・・ でもやっぱり、初代ポケモンは良いですね。 何が良いって、その「ゆるさ」です。 特に名前のゆるさはいい感じ。 ポケモンの名前って最新版でも適当だな~ってのは結構ありますが、初代は特に適当だと思います。 任天堂もまさかここまで売れるとは思っていなかったであろうことがよく伺えます。 さて、こちらではそんないい感じの適当さがある初代ポケモンの名前の由来についてお伝えしていきたいと思います。 フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメ いわゆる御三家です。 この3匹なくしてポケモンは語れないでしょう。 初代ポケモンは男の子のほうがプレイしている割合は多かったので、やはりヒトカゲが一番人気だったように思えます。 赤と緑で赤版のほうが人気だったのもパッケージにあるヒトカゲの最終進化形であるリザードンがかっこよかったからに他ならないですね。 これがポケモン図鑑のNo. 1~No. 3を占めるわけです。 もしかしたら「進化」という成長システムは、新しくポケモンを考える必要がないからという横着さから来ているんじゃないかと疑いたくなるほどです。 リザードはトカゲを英語で言ったものがリザードでこれもそのまんまで、リザードンはリザードとドン(首領)を合わせたものになっています。 当時小学生の私は、「リザードンはなぜドラゴンタイプじゃないんだろう」と不思議に思っていたものですが、名前がもうトカゲであることを表していたので当然ですね。 カメールは亀+テール(尻尾)で、カメックスは亀+MAXから来ています。 コラッタ、ポッポ ご存じ、最初に戦う雑魚ポケモン2匹。 コラッタは進化するとラッタになりますが、ラッタは「ラット」から来ており、そのラッタの小さい版ということで小+ラッタでコラッタ。 ポッポは鳩ぽっぽから来ています。 進化したピジョンはそのまんま鳩です。 ピジョットはピジョン+ジェットから来ています。 このように、ポケモンの名前の由来というのは基本、「そのまんま」というのが多いです。 ポケモンプレイヤーが最初に目にするであろうポケモンの由来がいきなりこうですからね。 安直といえばそれまでかもしれませんが、このストレートさが老若男女に受け入れやすい適度なゆるさになっているのかもしれませんね。 ピカチュウなんてほんとに「ピカッ」と「チュウ」を合わせただけの単純なものですが、今やポケモンを象徴するほどの人気を博していますからね。 ということで、ここからは「そのまんま」ではなく、少し考えないとわからないポケモンの名前の由来をお伝えします。 ユンゲラー 当時小学生の私にはこれはよくわかりませんでしたが、スプーン曲げで有名な超能力者ユリ・ゲラーが由来です。 これはそのまんまといえばそのまんまなのですが、面白い逸話があります。 名前からしてもユリ・ゲラーを元にしているのは明白で、これは当然ユリ・ゲラー側も黙ってはおらず2000年に任天堂に対して肖像権の侵害をしたとして約101億円の損害賠償を求めました。 曲げたスプーンを持っている姿も明らかにそうですからね。 この裁判は任天堂に分が悪いものがありました。 しかし、最終的にはなんとユリ・ゲラーが訴訟を取り下げるという結果に終わりました。 これは任天堂側の弁護士がすごかったのです。 ユリ・ゲラー側は「ユンゲラーは超能力を使える自分の権利を侵害している」という主張をしていたのですが、それに対して 「もしあなたとユンゲラーが同じだというのならば、この場でユンゲラーと同じように超能力を使ってみてください」 と言い放ったのです。 これにはユリ・ゲラーも黙るしかありませんでした。 まあ、今ではポケモンも全世界で知られるほどの存在ですから、ポケモンが売れるたびにあやかれるという意味では悪くないんじゃないでしょうか。 「ポケモンのユンゲラーの元になったユリ・ゲラーです」という自己紹介だけでもつかみはばっちりですね。 ちなみにユンゲラーの進化前のケーシィはアメリカの預言者エドガー・ケイシーが由来に、進化後のフーディンはアメリカのマジシャンであるハリー・フーディーニが由来になっています。 このように、実在の人物をモデルにしたポケモンも結構います。 これは元ネタを知らないとよくわからないですね。 サワムラー、エビワラー 当時小学生の私でも、「名前みたいなポケモンだな~」と思っていたものですが、やはりそうでした。 サワムラーはキックポケモン、エビワラーはパンチポケモンとして知られていますが、サワムラーの由来は伝説のキックボクサー沢村忠から、エビワラーの由来はボクシング元世界フライ級王者・海老原博幸から来ています。 カビゴン これも実在の人物がモデルだったりします。 これまで紹介したものは国内外の有名人がモデルでしたが、カビゴンは急にスケールの小さい内輪話になります。 「開発スタッフの西野弘二さんという方のあだ名」なんだそうです。 確かにこれはカビゴンに似ていますね。 しかしこんなものの由来はプレイヤーがわかるはずもありませんね。 あるいは御三家のところで紹介したリザードのように、英語の知識が試されるポケモンというのも多数存在します。 ということで、ここからは英語のLessonになります。 トランセルなんて、まさかこんなかっこいい言葉が由来になっているとは知りませんでした。 何が寄生なのかというと、実はこのパラスというポケモンは上のキノコに下の虫が寄生されているというポケモンなのです。 パラセクトに進化すると、大きくなったのは上のキノコのほうで、下の虫は変わらないどころか寄生が進んで目がなくなってしまっています。 最終的にパラセクトはキノコに乗っ取られて死んでしまうという怖い話もありますね。 イーブイ ご存じ、多様な進化をすることで有名なイーブイです。 初代であればブースター、シャワーズ、サンダースの3種類ですがその後ポケモンの新作が増えるにつれてエーフィ、ブラッキー、リーフィア、グレイシア、ニンフィア・・・とイーブイの進化形も増え続けています。 おそらく今後も増えていくことでしょう。 そんな進化の起点となるイーブイの由来になったのはevolution 進化)という単語。 これは大人になってからなるほどな、と思わせてくれますね。 ミュウツー ご存じ、初代ポケモンの中で最強最悪のポケモンですね。 これは割と有名かもしれませんが、最後にはふさわしいかと思います。 Mutant 突然変異体 が語源になっており、ここからミュウ、ミュウから作り出されたミュウツー(Mutant+two というわけです。

次の

五十音順のポケモン一覧

ポケモン 名前 由来

名前の由来は、スプーン曲げで有名な超能力者のユリ・ゲラーだとされています。 2000年にユリ・ゲラー本人が「イメージを盗用された」と訴訟を起こしましたが、この裁判では任天堂が勝訴しています。 脱出のマジックで知られ、「アメリカで最も有名な奇術師」とされているハリー・フーディーニが名前の由来といわれています。 この名前は本名ではなく芸名。 当時の人気マジシャンの名前を参考にした名前なんだそうです。 この「ケーシィ」「ユンゲラー」「フーディン」の名前は、日本国内版だけのもので、北米版など海外で販売されたポケモンでは別の名前になっています。 名前の由来は「キックの鬼」と呼ばれた伝説のキックボクサー・沢村忠とされています。 名字そのままの名前になっていますね。 名前の由来はボクシング元世界フライ級王者の海老原博幸とされています。 パンチポケモンにふさわしい名前です。 その名前は、英語でのアシカの鳴き声が由来だといわれています。 また、アメリカの子供向け絵本に登場するアシカがこう呼ばれているから、という説もあります。 その名前の由来はヘビの種類を意味する英語「boa」 ボア を逆から読んだ形になっています。 シンプルですが、なるほどと思えるネーミングですよね。 名前は有名な毒ヘビの一種であるcobra コブラ を逆から読んだものになっています。 ただし、読み仮名を逆に読むアーボとは違い、こちらは英語をそのまま逆に読んだものです。 その名前の由来は、ポケモン開発会社のスタッフである西野弘二氏のあだ名だといわれています。 攻略本の「かいはつスタッフずかん」にお姿が掲載されていましたが、たしかにカビゴンのようにふくよかで愛らしい方でした。 ちなみに、ポケモンのアニメ版の主人公の名前・サトシは、ポケモンの原案者である田尻智氏の名前が由来になっています。 海外メディアでのインタビューで「サトシは子供のときの自分」と語られていました。 他にも、登場するポケモンの名前は、そのポケモンの特徴をうまく捉えた巧みなネーミングになっています。 中にはアーボやアーボックのように英単語をうまくアレンジした名前もあります。

次の

登場人物の名前の由来一覧

ポケモン 名前 由来

みなさん、おはようございます。 ごろーです。 突然ですが皆さんはポケットモンスターことポケモンをプレイしたことはありますか? 私は大のポケモン好きで初代からずっとやっています。 …と言いつつ、2016年発売のサン・ムーンはタイミングを逸してしまい未プレイですが笑 【おすすめ!】 しかしそれ以外のシリーズはほとんどやっており、赤・緑・青・ピカチュウ・金・銀・クリ スタル・ルビー・サファイア・エメラルド・ダイヤモンド・パール・プラチナ・ブラック・ Y・オメガルビー・アルファサファイア等と、かなりの数をやっていますね笑 そんなポケモンシリーズに最新作であるポケットモンスター ソード・シールド タイトル自体は大分前に発表されはしましたが、同時に発表された御三家以外の伝説のポケ モンや新ポケモン等については未発表でした。 それらの続報が公式からあり、発売日が 2019年11月15日に正式発表されました! 毎回11月中旬の発売なので、予想していた方も多いかもしれませんが笑 そして今回公表された、ソード・シールドのパッケージを飾る顔役の伝説のポケモン、 ザシアンとザマゼンタの名前の由来とその元ネタが私は気になりました。 今作の舞台はイギリスと言われているので、それに関係するのだと思い調査してみましたの で、その結果をご紹介したいと思います。 題して、『伝説ポケモンのザシアンとザマゼンタ名前の由来は?元ネタも調査!』です。 それでは、ご覧ください。 Contents• 伝説ポケモンのザシアンとザマゼンタ名前の由来は? 観てる。 今度の舞台になるガラル地方、逆さから見たらもろグレートブリテン島ですね。 緑地公園っぽいのいっぱい映ってたし、でも雪降ったりもしてたし、イギリスじゃね?と思ったら、案の定。 そんなポケットモンスターソード・シールドのパッケージを飾る伝説のポケモンがザシアン とザマゼンタです。 ザシアン ザマゼンタ ソード=ザシアン、シールド=ザマゼンタということで、お互いにソードとシールドを思わ せるいでたちですよね^^ そんなザシアンとザマゼンタですが、名前の由来はなんでしょうか? これは両者に共通する「ザ」を抜くと、色の一種とされる シアンとマゼンタになることから 名前の由来はシアンとマゼンタであることが予想されます。 シアンは青緑っぽい色であり、マゼンタは赤紫っぽい色であり、ザシアンとザマゼンタの色 ともマッチングしているので、ほぼ間違いないんじゃないでしょうか? 伝説ポケモンのザシアンとザマゼンタの元ネタも調査! 次にザシアンとザマゼンタの姿の元ネタですが、イギリスと聞いて有名なイメージの一つに アーサー王伝説があります。 アーサー王について名前を知らない人でも、 アーサー王の聖剣である エクスカリバーについ てはお聞き及びの方もいるんじゃないでしょうか? イギリスの人にとってはアーサー王伝説はとても有名であり、日本のRPGなどのゲームなど では決まってエクスカリバーという最強に近い武器があるので、ゲーム好きの人にも馴染み があるかもしれません笑 そんなアーサー王伝説でイメージされる聖剣・騎士がザシアンとザマゼンタの容姿や今作の タイトルのモチーフになったのではないでしょうか? 見た目は騎士っぽい感じの狼という風に私は感じたました。 特にソードの伝説ポケモンであるザシアンは剣を咥えていることもあり、アーサー王を 思わせます。 アーサー王は狼や犬を飼っていたということもあるので、それも影響しているのかもしれま せんね。 ザマゼンタの方は盾っぽいたてがみからライオンを思わせます。 イギリスはライオンのイメージもありますよね。 そして盾の騎士というとアーサー王伝説で有名な円卓の騎士の1人である、 ギャラハッド卿 の 十字盾を思わせます。 最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!.

次の