ホーム ルーム ドラマ。 アシガールSP

よるドラシリーズ「アイ'ムホーム」

ホーム ルーム ドラマ

主演は。 第21回と、・で開催された第22回にて上映された。 映画上映に先駆けて・原案の元、によってコミカライズされ、に単行本「ルームロンダリング 上巻」 、には下巻が発売された。 映画版と同年に製作のもと、深夜ドラマ枠「」にて映画版のキャストを一部引き継いでテレビドラマ化。 あらすじ [ ] 5歳の時に父を亡くし、その後母も失踪。 祖母のもとで育つが、18歳で天涯孤独となった八雲御子。 そんな御子の前にある日突然、叔父の雷土悟郎が現れ、住む場所とワケありの仕事を用意してくれる。 しかし、その仕事とは、事故物件に住んで事故の履歴を帳消しにし、浄化された状態で物件を次の住人に渡すというものだった。 これをきっかけに御子は幽霊が見えるようになり、幽霊と奇妙な共同生活を始めるようになる。 キャスト [ ]• 八雲御子 - 天涯孤独となった女性。 春日公比古 -• 虹川亜樹人 -• 千夏本悠希 -• 雷土悟郎 - 劇中歌 [ ]• 「 ヘバ! - 、、• 、 - スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 - 片桐健滋、梅本竜矢• 製作 - 中西一雄、小西啓介、• プロデューサー - 浅野由香、里吉優也• 音楽プロデューサー - 田井モトヨシ• 撮影 - 江崎朋生• 照明 - 浜田研一• 録音 -• 美術 -• 装飾 - 櫻井啓介• 衣装デザイン - 小川久美子 テレビドラマ [ ] ルームロンダリング ジャンル テレビドラマ 脚本 監督 出演者 オープニング 「The Everglow」 エンディング 「或いは」 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 2018年11月5日 - 11月26日(毎日放送) 2018年11月7日 - 11月28日 (TBS) 放送時間 毎週月曜0:50 - 1:20(日曜深夜)(毎日放送) 毎週水曜1:28 - 1:58(火曜深夜)(TBS) 放送枠 ドラマイズム 放送分 30分 回数 4 特記事項: テレビドラマ版は全4話。 5・6話はTSUTAYAプレミアム独占配信。 【毎日放送】最終話は『MBSドキュメンタリー 映像'18』(0:50 - 1:50)放送の為、60分繰り下げ(1:50 - 2:20)。 【TBS】第3話は前夜の『サッカー』(19:00 - 21:20)及び『短縮版』(21:20 - 22:20)の為、20分繰り下げ(1:48 - 2:18)。 よりの制作により、をはじめとするの一部で放送の深夜ドラマ枠「」の作品として放送。 主演は。 時系列は、映画版のその後の話となる。 キャスト(テレビドラマ) [ ]• 八雲御子 - (幼少期:知久杏朱 )• 春日公比古 -• 虹川亜樹人 -• 寺田 -• 西前 -• 雷土悟郎 -• 銭亀 -• 山尾純也 -• キャンディ -• 大野まくず - (幼少期: )• 大野保 -• 蒔苗三平太 -• 宗冬はぐむ - 込江大牙 スタッフ(テレビドラマ) [ ]• 原案・監督 -• 脚本 -• 主題歌 - 「或いは」()• オープニングテーマ - 「The Everglow」()• 制作 - 、• CINEMATOPICS. 2018年6月18日. 2018年7月1日閲覧。 映画ナタリー. 2018年6月24日. 2018年7月1日閲覧。 コミックナタリー. 2018年5月11日. 2018年10月30日閲覧。 株式会社ネットネイティブ. 2018年9月19日. 2018年7月1日閲覧。 2018年12月1日閲覧。 2018年12月1日閲覧。 HIRATA Beans. 2018年12月1日閲覧。 音楽ナタリー. 2018年9月19日. 2018年10月30日閲覧。 株式会社シネマトゥデイ. 2018年9月19日. 2018年10月30日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 外部リンク [ ]• roomlaundering -• roomlaundering -•

次の

有田プレビュールーム|TBSテレビ

ホーム ルーム ドラマ

ストーリー [ ] のとある街に暮らす3家族(井上家、吉永家、桜井家)の子供達のをめぐるコメディドラマ。 から東京に転勤してきた井上家の長男・翼()は都内のに入園するが、周りは名門を目指す子供ばかり。 ・若葉(山口智子)は最初驚いていたものの、やがてカリスマ教師・小沢頼子()が講師を務めるに翼を通わせ始め、次第に受験戦争にはまっていく。 結婚生活の初心を忘れ、翼の受験に狂った若葉は夫・実(布施博)と翼のしりをたたく悪妻になり…。 概要 [ ] お受験をめぐるドラマはこの後いくつか作られたものの(『』、『』)、本作はそれらとは一線を画す名作と評される。 井上家を軸としつつ吉永家や桜井家の人間模様も同じように丁寧に描いていたこと、井上夫婦のやりとりのセリフの軽妙さ、脇役俳優陣の個性溢れる演技などが今もなお評価される要因であろう。 前年に『』をヒットさせた山口智子と野際陽子の再共演と同作の脚本を手掛けた西荻弓絵が再び脚本を担当したこともあり、放送前からの前評判も高かったが、徐々に人気を集め、最終回は26. 連続ドラマ化されて間もなかった枠は『』と本作によって軌道に乗り、同枠としては平成初期の傑作となった。 このドラマの放送により、小学校受験を表す俗語「 お受験」が広まった。 従前には、有名小学校の受験関係者、経験者の間においても「お受験」の呼称は一般的ではなかった。 キャスト [ ] 井上家 [ ] 井上 実 演 - 紙おむつメーカーの営業マン。 大学入学や就職も「体育会系枠」で来たこともあり、お受験には否定的で若葉と対立する。 井上 若葉(旧姓・宮坂) 演 - 実の妻。 「子供はのびのび育てたい」という考えの明るく元気な普通の主婦だったが、次第にお受験にハマる。 である。 井上 翼 演 - 明るく天真爛漫な男の子。 幼児教室に入った際、授業についていけなかった事&祖母を「タキババ」と呼んでいる事を周りの園児達から「間違っている」と言われ、頼子先生に促されて教室の後ろで見学していた実&若葉に「お父様、お母様ごめんなさい」と慣れない言葉で謝罪させられる(若葉がお受験にハマるきっかけにもなった)。 勉強は苦手だが、父・実が体育会系な事もあって運動は得意。 井上 タキ 演 - 実の母。 何かあると田舎から出てくるが、典型的な田舎のお婆ちゃんでよく武雄とは対立している。 翼からは「タキババ」と呼ばれ親しまれている。 吉永家 [ ] 吉永 英世 演 - 実の上司で同期の友人。 社内では実と同期だが、東京大学出身のエリートで出世競争では遥かに上を行っている。 家庭内では早苗に頭が上がらず、夕食後や家に居づらい時(早苗がイライラしている時など)進・学と共に競歩をしながらお受験の練習をする。 吉永 早苗 演 - 英世の妻。 教育ママ。 長男・進のお受験失敗を姑に責められた事もあり、学のお受験に執念を燃やす一方で学ばかりに構っている現状から進の反感を買っている。 吉永 進 演 - 大沼勇(現・南イサム) 学の兄で小学生。 お受験に失敗し、公立小に通っている。 両親には反発する反面、兄弟仲は良く、また英世との日課の競歩には必ず参加していた。 吉永 学 演 - 幼児教室でも常に成績優秀で周囲から期待されているが、早苗が自分(学)にばかり構って兄が心を閉ざし気味になっている事を幼いながらも気にしている。 翼とは反対に勉強は出来るが、運動は苦手。 桜井家 [ ] 桜井 聖(きよし) 演 - かがりの夫、有名私立出身のお金持ち。 娘のお受験はかがり任せ。 愛人がいたが、かがりにお受験終了後の離婚を突きつけられて改心する。 桜井 かがり 演 - きよしの妻。 常に全身で固めている事から「エルメス」と呼ばれている。 その派手な身なりから幼稚園内では浮いていた事もあって若葉と意気投合する。 桜井 さやか 演 - 『クレヨンしんちゃん』のの物真似をするのが好きな女の子。 両親を「きよし・かがり」と名前で呼んでしまう。 母親同士が仲良い事もあり、よく翼と遊んでいた。 宮坂家 [ ] 宮坂 菜穂 演 - 若葉の妹で高校生。 甥の翼とは仲が良く、若葉不在時にはよく翼の子守に来ている。 宮坂 武雄 演 - 若葉・菜穂の父。 二人の娘を溺愛しており、孫・翼のお受験にも率先して協力する。 その他 [ ] 小沢 頼子 演 - 翼・学・さやか達が通う幼児教室の先生。 園児の保護者達を容赦なく叱りつけるなど厳しい面があるが、子供思いで教育熱心。 序盤は大雑把な若葉を頼子が叱りつける展開が恒例となっていた。 玉ねぎヘア(のような髪型)と袴姿がトレードマーク。 原 槙子 演 - 若葉の親友で独身。 恋人がいたが失恋してしまい、その事を実に相談していた所、周囲から誤解を招いてしまい、ある騒動の原因になる。 鍋 オタク 演 - 実の同僚(後輩)。 眼鏡をかけた恰幅の良い体型で、大学時代は部に所属。 槙子のお見合い相手として井上家の食事会に呼ばれるが、そこで鍋奉行としての本性を現し、一同を唖然とさせた。 物語終盤では槙子と恋仲になっている。 沢田雪子 -• 大内部長 -• 水谷秋絵 -• 鈴木広司 - スタッフ [ ]• 脚本 -• 演出 - (第1、2、6 - 8話)北川雅一(第3、4、10、11話)(第5、9、最終話)• 主題歌 - 「」• 演出補 - 近藤誠、村山知久、、福澤克雄• 協力 - 、、、、さくら総合リース、ドレクセルヘリティジジャパン、、、ヌーベルバーク• 資料協力 - 矢崎葉子 『うちの子は受かります』• プロデュース -• プロデュース補 -• 製作著作 - 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 演出 Vol. 1 1994年1月 09日 お受験バトル開始! 生野慈朗 Vol. 2 1月16日 女房 受験にハマる Vol. 3 1月23日 ダンナさんの悪口 北川雅一 Vol. 4 1月30日 発情するXマス Vol. 5 2月 06日 お受験崩壊家族 福澤克雄 Vol. 6 2月13日 5歳の落ちこぼれ 生野慈朗 Vol. 7 2月20日 必見! 裏口入学法 Vol. 8 2月27日 パパ 離婚しないで Vol. 9 3月 06日 受験夫婦の偏差値 福澤克雄 Vol. 10 3月13日 合格の秘訣3ヵ条 北川雅一 Vol. 11 3月20日 絶体絶命! 傷だらけの翼 Vol. 12 3月27日 翼の合格発表 福澤克雄 平均視聴率 20. スウィート・ホーム DVD(全6枚組 2007年4月25日発売) 注釈 [ ].

次の

韓国・中国・台湾ドラマ ナインルーム | BS11(イレブン)

ホーム ルーム ドラマ

「アシガールSP」の再放送が決まりました。 総合:2019年2月9日(土)午前1時35分~3時4分(金曜深夜) BS4K:2019年2月27日(水)午後2時40分~4時19分 「アシガールSP」DVD・BDの発売が決まりました! お待たせしました!「アシガールSP」DVDおよびブルーレイの発売が決まりました。 BS4Kで放送されたスペシャル版のほか、特別編「唯&若君 時空を超えた恋のキセキ!」なども収録されます。 NHKDVD「アシガールSP」(DVD) NHKVIDEO「アシガールSP」(ブルーレイ) 発売日:2019年4月2日(火) 詳しくは番組関連グッズのページをご覧ください 「アシガールSP」オリジナルサウンドトラック! 「アシガールSP」のオリジナル・サウンドトラックが2018年12月25日(火)より音楽配信サイトにて配信されます。 『LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門』 2018年12月19日(水) 総合 よる10時 『LIFE!』と『アシガールSP』がコラボ! 『1. 5ch』スペシャルコンテンツ公開中! 1. 5chで「LIFE!」&「アシガールSP」コラボスペシャル・オリジナルコント動画が公開中です! 【ドラマのみどころ・制作からのメッセージ】 脚本のことば …宮村優子 初めましての方も、お久しぶりの方も。 ようこそアシガールの世界へ! 視聴者の皆さまの熱い声援に支えられ、走りだけが取り柄の平成の女子高生唯と、戦国時代を生きる若君忠清さまの時空を超えたラブストーリー、再びお目見えとなりました。 スタッフのひとり、そしてアシラバ(アシガールラバーズ!)のひとりとして厚く御礼申し上げます。 また、連載で未完の物語を脚本執筆するにあたっては、原作者・森本梢子氏からいただいた何枚にもわたるイラスト入りの詳細なメモにも大感動。 ドラマの唯や若君とともに、このチャーミングな世界をできるだけ「真空パック」できるよう、新旧スタッフ一同、一丸となって「励め」とばかりに気合い入れてみましたっ。 歴史の教科書には載っていなくても、唯も若君も、じいも、お袋さまも、兄上さんも、高山の熊も足軽軍団も、みんなみんな生きております。 皆さまにお目にかかるのを心から楽しみにしております。 前にも増してふたりを愛しく思っていただけたら。 それではクリスマスの夜に。 しゃっ。 演出の言葉 …伊勢田雅也 このドラマは不思議なドラマです。 ふだんほかのドラマを撮っている時、辛いことばかり考えてしまうのですが、「アシガール」ではなぜか居心地がいいのです。 撮影のスケジュールはきつくて大変なのに、もっと撮っていたいと感じてしまうのです。 その居心地の良さみたいなものが、熱心なアシガールファンの思いとどこかで通じているような気がします。 なるべく前回と同じように作ろうと思い、一年ぶりに黒島さんと健太郎君に会った時、そういう話だけしました。 心配だったのは彼らが、一年前より役者として成長していることでした。 微妙に上手くはまっていた要素が変わって全体の良さが崩れてしまうというような心配をしたのです。 でもその心配は不要だったようです。 彼らの成長が、作品自体も成長させたと、完成したものを見て思います。 制作の言葉 …陸田元一 「アシガール」の最初のシリーズをやることは、実は大きなチャレンジでした。 あのかっちりしたNHKの時代劇枠にタイムスリップもの!? しかも原作はコミック!? 何と言っても森本梢子さんが築いた原作の世界観の魅力。 戦国を疾走する唯の姿に、生きるとは何かという問いかけを潜ませた宮村優子さんの脚本の素晴らしさ。 「唯そのもの」と森本さんからも太鼓判を頂いた、黒島結菜さんのキラキラした躍動感。 オーディションで選んだ伊藤健太郎さんの若君らしい実直さ。 それらを彩る冬野ユミさんの、いま心からこぼれ出たような音楽。 極上のクリスマスプレゼントをお楽しみください。

次の