ダウンタウン。 ダウンタウン浜田雅功が後輩・今田耕司に全幅の信頼を置く理由

“松本ローン”の融資条件に暗い影「ダウンタウン2世」の壮絶末路と自己破産

ダウンタウン

闇営業問題でお笑い芸人が揺れている。 だが、ダウンタウンはそんな問題とは無縁のようだ。 松本人志&浜田雅功を中心とする「ダウンタウンファミリー」は同じ関西出身で、東京でも成功を収めた芸人によって構成されている。 メンバーはみな同じよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で、20代の修業期間に2人からお笑いスパルタ教育を受けた。 ダウンタウンをアイドル人気にした伝説の夕方帯番組「4時ですよ〜だ」 毎日放送 出身で、トガッていた時代のダウンタウンを間近で見ていた。 多くの後輩のなかでも、浜田が特にかわいがっていたのは今田だと言われている。 「2人は年齢こそ違いますが、三重県にある日生学園第二高等学校の出身です。 80年代から90年代にかけて、『ニッセイ』といえば泣く子も黙るスパルタ校で知られていました。 実家から通うことが許されず、完全寮制。 丸坊主で、学友と同室。 就寝、起床、勉強の時間が厳格に決まっていて、先生・先輩・後輩のタテ社会は絶対的です」 週刊誌記者 家へ帰ることが許されるのは、年2回。 お菓子の持ち込みは禁止。 親との面談は月に1回。 保護者がいても、学校の敷地外へ出てはいけない。 親からの差し入れもNG。 万が一、お菓子などをもらおうものなら、即没収だったという。 「浜田が当時の驚愕エピソードとして盛んに語るのは、素手でトイレ掃除をしていたことです。 ゴム手袋なしで便器を磨いていて、汚れは爪で削り落としていたとか。 そんな中、浜田は副寮長になったのですから、天才MCとしての片鱗はこのころからあったのかもしれません」 前出・週刊誌記者 浜田の卒業後に入学・入寮してきたのが今田。 2人は学生時代こそ接点はなかったが、今田が吉本興業 当時 に所属したことで接近。 先の「4時ですよ〜だ」に続いて、伝説のコント番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」 フジテレビ系 でも共演。 2000年代になって独り立ちした今田は、全国キーの大型特番でメイン司会者になるまでの成長を遂げた。 ちなみに、浜田は日生時代、脱走を試みている。 高校1年生のときに逃げ込んだ先は、兵庫県尼崎市にあった松本の家だ。 テレビもラジオも雑誌もない毎日を送っていた浜田は、松本家にあった新聞に載っていた歯磨き粉の広告を見て、「まっつん 松本 、歯みがき粉が3色になってるぞ!」と驚いたという。 それは、当時発売されて爆発的な人気だったストライプの歯磨き粉「アクアフレッシュ」だった。 現在は青山高等学校と名を変え、スパルタ指導はなくなった日生。 浜田と今田、2人のいう偉大なスターを生んだのは、同校最大の自慢かもしれない。 (北村ともこ).

次の

志村けんさんがダウンタウンを愛した訳「俺を殴るの浜ちゃんだけ」

ダウンタウン

陣内智則 【現役放送作家X氏の芸能界マル秘ウラ話】新型コロナウイルスによる肺炎で志村けんさんが亡くなったが、後輩で唯一、この大物芸人の頭を叩けるツッコミ芸人が、ダウンタウンの浜田雅功だ。 志村さんは「リアクションで怒るか怒らないか、どう笑いに持っていくか。 タイミングがよけりゃ受けるけど、その自信がないから、他の人はやらないんじゃない?」と、浜田のツッコミを受け入れていた。 浜田は先輩にツッコむ時、収録前に楽屋にあいさつに行くという。 浜田は「世間話をしながら、『今日、もし失礼あったらすみません。 じゃあ、この後よろしくお願いします』って、スタジオ入るから。 『何しとんねん!』ってバーンって殴っても、筋を通してるやん。 断りを入れてる以上、向こうもそんなに。 怒られたことないしね、それやっとけば」と言う。 そんな浜田の後を追う、ツッコミ芸人候補が陣内智則だ。 関西芸能界の女帝・上沼恵美子に対しても「オバハン」とためらいなくツッコむのだ。 「僕は相手に対し、『どこまでいけんのやろ?』って思ってる。 そういう、ギリのところを探る。 『この人、ここまで行ったら、イヤがるんかな?』とか。 でも、結構喜ぶ人、多いよね。 こっちがキツく言った方が、ケタケタって笑って。 『この器の人ってスゴいな』と思って」 陣内は、ダウンタウンの松本人志にも「全然おもんないやん」とツッコめる。 他の芸人からすると「よくそんなこと言えるな」という感じだが、「だからそんなん、松本さんがおもろいに決まってるからよ。 絶対的な帝王やから。 でも、みんな言われへん。 でも、笑ってくれはるし」と説明する。 ある時、テレビを見ていた先輩から「陣内、最近元気ないぞ」と注意を受けたという。 「お前のキャラは、もっと行ってええねんで。 あれがお前の良さやのに。 かわいげがあんねんから、もっとツッコんで。 もっとキツくやっても、お前は嫌われへんねん」 こんな連絡をくれたのは、なんと闇営業問題で吉本興業を離れた宮迫博之だという。 「宮迫さんからそれを言われて『ありがとうございます』って言うて。 最後に『誰が言うとんねん!』って言うたけど(笑い)」 だが、プライベートでは失敗したこともある。 ヒロミと飲みに行った時のこと。 「ヒロミさんに『どこまで行けんねやろ』って思って、『ロミヒーはさぁ…』って言った。 最初は笑っててんけど、途中で『お前、ロミヒーはダメだぞ』『俺とお前、そんな深くないんだからさ』って」 今後、陣内のツッコミに大いに期待したい。 23歳でラジオ番組で放送作家デビュー。 PTAから苦情が絶えない某人気バラエティー番組やドラマの脚本を手掛ける。

次の

ナイナイがダウンタウンとの共演語る「普通にバクバクする」

ダウンタウン

仕事を失った若手芸人を救おうと、ダウンタウンの松本人志は、「無利子無担保」「1人上限100万円」「返済期間は5年」という破格の条件でお金を貸し出すプランを発表。 一部メディアによると、すでに多くの若手芸人が融資を申し出ているそうだから、松本一人で審査するわけにもいかず、吉本興業のスタッフが審査に関わるのは当然の話かもしれない。 また、お笑いの実力とともに重要視されるのは、ふだんの素行。 とくに酒とギャンブルに溺れているとの情報が少しでも耳に入ったら貸さないということ。 在阪のテレビ関係者が明かす。 「借金と聞いて、まず吉本関係者の脳裏に浮かぶるは伝説の漫才コンビ・りあるキッズでしょう。 このコンビは1996年に放送された『輝く日本の星!? 次代のダウンタウンを創る』という番組で結成され、安田がボケ、長田がツッコミを担当。 前出のテレビ関係者が続ける。 「デビュー当時から甘やかされていましたからね。 ポーカーにハマって芸人の先輩や後輩から金を借りまくって借金総額は1億円近くにふくらんだとか」 コンビ解散後、ボケ担当の安田はほそぼそとピン芸人として活動を続けているようだが、ツッコミの長田はどこにいるのか。 古くから長田を知るお笑い関係者が語る。 「コンビ解散後も大阪のスナックや地域のお祭りなど、営業の仕事で食いつないでいたそうです。 やつれるどころか、リアルきっず時代よりも太っていましたよ。 『お前、それ借金太りやないか』なんて突っ込まれていましたから。 最後に見かけたのは1年くらい前ですかね。 どうやらとっくに自己破産したそうで、お金を貸してた友人からは『ふざけんな!』と猛バッシングを浴びて、また行方をくらましたそうです。 こういう輩がいるから、いつまでたっても芸人の地位が低く見られてしまうんですよね。 そういう意味でも、今回の松本さんの融資プランに長田の一件が影響しているのは間違いないでしょう」 松本人志のポケットマネーが、本当に苦しんでいる芸人に渡るよう、陰ながら見守りたい。 (近田ラリー).

次の