近接 センサー。 近接センサ(本体)の選定・通販

近接センサーとは?近接センサーの特徴とメリットデメリット

近接 センサー

Android端末で人気の高い有名な端末と言えばXperiaですよね。 Xperiaもそうですがスマホには非常に多くのセンサーが内蔵されています。 今回はその中でも 「近接センサー」と呼ばれるセンサーについてお話ししていきたいと思います。 近接センサーとは? 上記でもお伝えしましたが、Xperiaには非常に多くのセンサーが埋め込まれています。 中でも少し古い機種になりますが、XperiaZには10種類近くものセンサーが搭載されているそうです。 すごいですよね。 その多くのセンサーの一つ近接センサーは、主に通話時に活躍するセンサーになります。 具体的に言いますと、電話をかけた際に耳などで画面のタッチパネルが反応しないよう自動的に画面を暗くするものとなっています。 Xperiaのタッチパネルは 静電式タッチパネルを採用しているので、皮膚等が触れるとタッチパネルが反応するようになっている為、電話の際に勝手に操作してしまったりするのです。 このような誤作動を防ぐ為に、近接センサーは必要なものというわけです。 近接センサーはXperiaの画面上部、Sonyロゴの右側に見えるものになり、ほとんどの端末がこの場所になります。 丁度耳で隠れるところになりますね。 通話が終わっているのに画面が真っ暗なまま操作が出来なかったり、通話をこちらから切ることが出来なかったりしてしまうようです。 こうなってしまうと一度電源ボタンを押してホーム画面に戻らないと操作できないですね。 ただ、上記のような症状が出たからと言って、必ず近接センサーが破損しているのかと言うとそうでもありません。 なので、破損しているのが近接センサーなのか確かめる必要があると思います。 確認の方法は、自分のスマホに電話をかけてみて近接センサーのところを手で覆ってみることが一番簡単な確認方法になります。 近接センサーが不具合起こした時の対処法 近接センサーはセンサー部分が覆われてしまうと反応してしまう為、保護フィルムや汚れが付着して覆ってしまうと正しく機能されないことがあります。 なので、この場合は汚れを拭き取ったり、フィルムを正しく張り直すことで改善されますよ!! また画面がズレていたり、画面が浮いたりすることでセンサーの位置がズレて正しい反応をしないことがあります。 近接センサーなんて聞いたこともない方も多いと思いますが、電話をする際の重要な機能となります。

次の

近接センサ(本体)の選定・通販

近接 センサー

Xperiaの近接センサー Xperiaと言えば、ソニーモバイルコミュニケーションズが販売する世界的にも有名なスマートフォンです。 国内での人気も高く、日本製のスマホの中では常にトップを争うほどの支持を受けているのは有名な話です。 Xperiaも、その他のスマホと同じく非常に多くのセンサーを内蔵しており、各センサーからの情報を元に高度で複雑なシステムを成り立たせています。 本記事では、これら多彩なセンサーの中でも、「近接センサー」と呼ばれている装置について重点的にお話をしていきたいと思います。 Xperiaの近接センサーって何?どんな役割があるの? Xperiaの近接センサーとはなにか Xperiaを含むスマホの表面は、かなり多くのセンサーが埋め込まれています。 たとえば少し古い機種ですが、Xperia Z には10種類近くものセンサーが搭載されています。 あの小さな筐体にこれだけのセンサーが埋め込まれているとは驚きです。 このセンサー構成は続くXperiaシリーズを通して基本的に変わっていません。 参考: Xperiaの近接センサーの役割はなにか 近接センサーは、各種センサー群の中で、主に通話を補助する目的で搭載されています。 具体的には、スマホをかける際に耳などでタッチパネルを反応しないよう、自動的に画面をオフにする働きをしています。 Xperiaは静電式タッチパネルを採用しているので、基本的に皮膚などの部位に触れるとタッチパネルが反応します。 それによる誤動作を防ぐために近接センサーは存在していたのです。 画像は筆者が現在使用しているXperia Z5のものです。 ちょうど通話する時に、耳にくっつくような場所に配置されているのが分かるかと思います。 特に多いのが、通話時の不意な動作による不具合で、通話中オフになっていたはずの画面が突然オンになってしまい、画面に触れている場所によっては勝手に通話を終わらせたり、アプリを勝手に何個も起動してしまうような事も。 この場合、まるでスマホがブラックアウトしたような状態になってしまい、画面を操作できないなんて事態にもなってしまいます。 こうなると、電源ボタンを押して一度ホーム画面に戻らないといけなくなる可能性もあります。 それは、無料でかけられる番号などを使って、自分のxperiaに直接電話をかけ、近接センサーに指などをあてて動作するかどうかを確かめます。 メリットとしては実際に近接センサーを動作させて確かめる方法なため、不具合があればはっきりと原因を特定できる点です。 デメリットは、準備に少し手間がかかるのと、センサーの故障以外の原因の場合では特定ができない点でしょうか。 スマホは、光センサーで周りの環境にあわせて画面の照度を変更する機能があります。 これを利用して、指などでセンサー部分を覆うことで機能させ、不具合があるかどうかを焼しかめられます。 もし画面の照度がそのままだったりすると、センサー部分に何か異常が起きている可能性があります。 意外とこのパターンでおきる近接センサーの不具合が多く、もし画面前面を覆うような保護フィルムを付けていたら、一度はがしてからセンサーをテストすると正常に動作するかもしれません。 スピーカーモードを使えば、耳にスマホを当てずに会話ができるようになるため、タッチパネルの誤動作を防ぐことができます。 デメリットとしては、スピーカーモードを使うと、相手の声もスピーカーを通して大音量で再生されるため、人に聞かれたくない会話の時や人の多い環境では使いづらい時があったりします。 Xperiaを近接センサーの故障で修理する場合 近接センサーを含めた、スマホの故障した部位を修理するには、主に二通りの方法があります。 それは、スマホの修理を専門とする業者に修理を依頼するか、キャリアスマホなら契約しているキャリアの窓口から修理を依頼する方法です。 どちらも長所と短所があり、故障した状況やXperiaの状態によって使い分けることでよりお得に修理ができる場合があります。 例として、Xperia Z5の修理料金を載せてみます。 表示されている料金は2万円台~からと、決して安くはない金額が提示されています。 一方で、docomoなどといったスマホキャリアを通してXperiaを使用している場合、キャリアの契約内容によってはかなり安く修理ができることがあります。 例えば、docomoのケータイ補償サービスに加入していると、月額300~500円で、全損を含めたスマホの修理を5000~7500円で引き受けることができます。 修理頻度にもよりますが、スマホ修理業者に出すよりもかなり安く済ませられる可能性があります。 程度にもよりますが、早い所だとその日のうちに修理が完了する場合もありますが、キャリアだとたいていの場合一度窓口に預けてから工場へスマホを発送するため、どうしても時間がかかりがちになります。 週単位で待つことになるので、修理期間は業者と比べてだいぶ遅くなってしまいます。 このパターンでは、保存されたデータは全て消えてしまうことになります。 また、複数の箇所が故障していて交換修理となった場合はほぼ間違いなくデータは消されてしまうため、データのバックアップはなるべくしておきましょう。

次の

ほぼすべてのスマホに搭載されている機能、近接センサー。その役割とは?

近接 センサー

センサーとは まず センサーとは何かについて考えてみましょう。 センサーは大雑把に言うと 人間で例えると目とか、 触感とかと同じです。 人間は目で見て認識しますが、 機械は目がないのでワークの動きや流れを認識出来ません。 そこで機械がワークの情報を認識するために様々なセンサーがあるのです。 その様々な種類の中から今回は 近接センサーについての解説をします! 近接センサーとは 私がよく使用する汎用的な近接センサーは円筒の形をしています。 近接センサー概要図 円筒型のケーブルが出ていない側が検出面になっていて ワークが近付くと反応します。 まるであたかもワークが見えないスイッチを押している様子でもあり、 近接スイッチと呼ばれることもあります。 近接センサーの検出方法 近接センサーは名前の通り物が 近くに寄ってくると反応するセンサーです。 近接センサーにも種類がありますが、 金属が寄ってきたら反応するタイプが多いです。 多くは LEDランプ内蔵で反応している時はランプが点灯します。 近接センサー反応時のLED点灯 検出距離も様々ですが、検出面から〇〇mmと記載されていたりします。 近接センサーの反応出来る範囲は直線的ではなく、 楕円形を半分に切った 形 の反応範囲になります。 そのため横からワークが動いてくる場合、少しでもズレがあると 反応するタイミングが狂ってしまいます。 ワークのズレによる検出タイミングのズレ 近接センサーを用いた制御を行なっている場合、反応するタイミングのズレで位置関係等が変わってしまう場合があるため 高精度な制御には向きません。 ワークが近接センサーに直線方向で向かってくる場合には検出のズレは起こりにくいですが、横方向から来る場合には検出するタイミングのズレが生じます。 検出することで物やワークが「近づいてきたよ」という 信号を近接センサーが送ることが出来ます。 近接センサーが検出し、リレーやシーケンサに信号を送り、次へ次へと機械や設備が動作していけるようになります。 そのため近接センサーの検出のタイミングは重要になってきます。 高精度な制御には向かない• 取り付けが面倒• 金属のみ• 検出距離が短い 先ほども書いた通り検出範囲が広いた め大雑把な検出になりやすいです。 検出範囲を狭めるためには径が小さい小型の近接センサーを用いる必要があります。 取り付けは基本的にナット2つで挟み込んで固定するため位置が出しにくいです。 そもそも高精度には向かないのにセンサーを交換する度に若干の位置の調整が必要になります。 単純にワークを見るだけなら光電センサーの方が検出出来る距離も長いので、他の種類のセンサーに比べれば 検出可能な距離は短く感じます。 近接センサーの種類 近接センサーも色々な種類があります。 ここまでは私がよく使用する円筒形のタイプを紹介してきましたが、他のタイプもあります。 小型・薄型タイプ近接センサー 例えば小型でネジ1本で取り付けられる 超小型のタイプや、ネジ2本で取り付けられる 薄型のものもあります。 取り付けられるスペースや検出される側の形状を考慮して近接センサーの種類を選定すると良いでしょう。

次の