下町ロケット2018 ドラマ 動画。 ドラマ|下町ロケット2015の動画を無料で見れる動画配信まとめ

ドラマ|下町ロケット2018の動画を無料で見れる動画配信まとめ

下町ロケット2018 ドラマ 動画

第1話 新シリーズ幕開け! ロケットから撤退か? 夢を諦めずに立ち向かえ!! 元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」の経営者となっている佃 阿部寛。 自社が開発したバルブシステムを、帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に提供するなど、佃製作所は順調に回っていた。 ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれないと、帝国重工の財前 吉川晃司 から告げられ、佃はショックを受ける。 そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。 性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。 そんな中、佃製作所の経理部長・殿村 立川談春 の父親が倒れた。 殿村の実家は300年続く農家。 父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と山崎 安田顕。 すると、トラクターを運転する殿村を見た佃はあることに気づく。 それは、佃の中に新たな夢が生まれた瞬間だった・・・。 愛とプライドをかけろ!! 殿村 立川談春 の実家へ行き、「トランスミッション開発」という新たな夢を持った佃 阿部寛。 ギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利するなど順調そうな佃製作所であったが、ギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受け、コンペの話が白紙になろうとしていた。 特許侵害を指摘したケーマシナリーに話を持ち掛けたのは、佃製作所とも因縁のある弁護士・中川京一 池畑慎之介 だった・・・。 そこで、佃が自社の顧問弁護士である神谷修一 恵俊彰 に相談すると、予想外な答えが返ってくる。 ギアゴーストに全面協力することにした佃製作所だが、度重なるトラブルに難航し、社内は不穏な空気に。 特許侵害訴訟からギアゴーストは逃れることができるのか? 牙をむいた帝国重工に立ち向かえ ギアゴーストの協力のもと、新作バルブシステムの開発も順調に進み、最後の難関である燃焼実験のみとなっていた。 そんなある日、帝国重工の水原 木下ほうか に呼ばれた佃 阿部寛 は、信用調査を受け入れなければならないと告げられる。 その背景には、ギアゴーストとの買収話が関わっているという。 信用調査の当日、殿村 立川談春 が自宅を出ようとすると、父・正弘 山本學 が倒れてしまい、緊急手術に。 殿村不在のなか、帝国重工の審査部信用管理室の安本 古坂大魔王 に詰められる佃製作所メンバーは、指示された覚えのない書類の不備で窮地に立たされてしまう。 果たして佃製作所はこのピンチをどう乗り切るのか!? この国の未来のために~帝国重工との対決 島津 イモトアヤコ から、ギアゴーストはダイダロスと資本提携をしたと聞いた佃 阿部寛 たち。 急いで伊丹 尾上菊之助 のもとを訪れるが、的場 神田正輝 への復讐 ふくしゅう に燃える伊丹は、佃製作所からの恩義を忘れ、「あなたたちとでは生き残ることはできない」と非情な宣告をする。 それを聞いた佃は激高するが、伊丹は取り合わない。 そんな折、財前 吉川晃司 が佃を訪ねてくる。 財前は新規事業として、無人農業ロボットの開発を目指していると告白。 それは、高齢化が進み、深刻な労働力不足にあえいでいる日本の農業を救いたいという思いからだった。 そこで、新しく帝国重工が開発する農機具のエンジンとトランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいというのだ。 さらに財前は他の協力者として、北海道農業大学の教授で、無人農業ロボット研究の第一人者である、野木 森崎博之 の名前を挙げる。 野木は佃の大学時代の同期で、互いを高めあった親友。 そんな野木を新規事業に協力するよう、説得してくれと頼まれる佃だったが・・・。 逆転へ ある日、佃製作所を訪れた財前 吉川晃司。 佃 阿部寛 らに笑顔で迎えられ、試作中のトランスミッションの説明を受ける財前だったが、その胸中は複雑だった。 その後、佃製作所の役員たちが集まった会議室で財前が告げたのは、突然の取引中止だった。 聞けば、帝国重工の次期社長候補と目される的場 神田正輝 により、エンジンとトランスミッションの内製化の方針が急きょ決定したという。 長年取引のあったヤマタニに仁義を通し、社運を賭けた決断だっただけに、佃をはじめ社員たちも抗議するが、板挟みの財前にはどうすることもできない。 さらに財前は、佃製作所の離脱によりプロジェクトから降りると言う野木 森崎博之 を説得してくれないかと言い出す。 自分たちははしごを外され、そのうえ親友・野木の説得と、さすがに虫がよすぎると激高する佃だったが・・・。 中小企業VS帝国重工 食うか食われるか!? 満を持して、記者会見の場で無人農業ロボットの開発を発表した帝国重工の次期社長候補・的場 神田正輝。 しかし翌日、朝のニュース番組で取り上げられていたのは重田 古舘伊知郎 や伊丹 尾上菊之助 らが手掛けた下町トラクター「ダーウィン」だった。 さらに追い打ちをかけるように、週刊誌に的場に関連する記事が。 それは、今までいくつもの下請け会社を潰してきたという、的場の暴露記事だった。 怒りに震え、後のない的場は無人農業ロボット「アルファ1」の開発を急がせる。 一方、佃 阿部寛 ら佃製作所のメンバーも、敵ながら重田らの鮮やかな手腕に驚きを隠せなかった。 そんな時、野木 森崎博之 から大規模な農業イベント「アグリジャパン」が開催されることを聞いた佃は、殿村 立川談春 を誘い会場へ足を運ぶ。 佃 阿部寛 と財前 吉川晃司 から、日本の農業の未来を救いたいという熱い思いを聞いた正弘 山本學 は、300年続いた自身の田んぼを、「アルファ1」の実験農場として貸し出すことを決意する。 そのかいもあって、より精度の高い走行テストができるようになり、佃たちは製品化を急ぐ。 そして時間はあっという間に過ぎ、首相視察のデモンストレーションイベント当日。 佃製作所のメンバーはじめ、前回のリベンジに燃える的場 神田正輝 は首相の到着を待つが、なかなか現れず、到着が大幅に遅れてしまう。 それにより、首相は敵方のダーウィンのデモを見たら帰ると言い、反論する的場や財前だったが・・・。 果たして再対決の勝負の行方は!?

次の

ドラマ|下町ロケット2015の動画を無料で見れる動画配信まとめ

下町ロケット2018 ドラマ 動画

第1話 新シリーズ幕開け! ロケットから撤退か? 夢を諦めずに立ち向かえ!! 元宇宙科学開発機構の研究員で、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」の経営者となっている佃 阿部寛。 自社が開発したバルブシステムを、帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に提供するなど、佃製作所は順調に回っていた。 ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれないと、帝国重工の財前 吉川晃司 から告げられ、佃はショックを受ける。 そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。 性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。 そんな中、佃製作所の経理部長・殿村 立川談春 の父親が倒れた。 殿村の実家は300年続く農家。 父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と山崎 安田顕。 すると、トラクターを運転する殿村を見た佃はあることに気づく。 それは、佃の中に新たな夢が生まれた瞬間だった・・・。 愛とプライドをかけろ!! 殿村 立川談春 の実家へ行き、「トランスミッション開発」という新たな夢を持った佃 阿部寛。 ギアゴーストのコンペで大森バルブに勝利するなど順調そうな佃製作所であったが、ギアゴーストがライバル企業のケーマシナリーから特許侵害の指摘を受け、コンペの話が白紙になろうとしていた。 特許侵害を指摘したケーマシナリーに話を持ち掛けたのは、佃製作所とも因縁のある弁護士・中川京一 池畑慎之介 だった・・・。 そこで、佃が自社の顧問弁護士である神谷修一 恵俊彰 に相談すると、予想外な答えが返ってくる。 ギアゴーストに全面協力することにした佃製作所だが、度重なるトラブルに難航し、社内は不穏な空気に。 特許侵害訴訟からギアゴーストは逃れることができるのか? 牙をむいた帝国重工に立ち向かえ ギアゴーストの協力のもと、新作バルブシステムの開発も順調に進み、最後の難関である燃焼実験のみとなっていた。 そんなある日、帝国重工の水原 木下ほうか に呼ばれた佃 阿部寛 は、信用調査を受け入れなければならないと告げられる。 その背景には、ギアゴーストとの買収話が関わっているという。 信用調査の当日、殿村 立川談春 が自宅を出ようとすると、父・正弘 山本學 が倒れてしまい、緊急手術に。 殿村不在のなか、帝国重工の審査部信用管理室の安本 古坂大魔王 に詰められる佃製作所メンバーは、指示された覚えのない書類の不備で窮地に立たされてしまう。 果たして佃製作所はこのピンチをどう乗り切るのか!? この国の未来のために~帝国重工との対決 島津 イモトアヤコ から、ギアゴーストはダイダロスと資本提携をしたと聞いた佃 阿部寛 たち。 急いで伊丹 尾上菊之助 のもとを訪れるが、的場 神田正輝 への復讐 ふくしゅう に燃える伊丹は、佃製作所からの恩義を忘れ、「あなたたちとでは生き残ることはできない」と非情な宣告をする。 それを聞いた佃は激高するが、伊丹は取り合わない。 そんな折、財前 吉川晃司 が佃を訪ねてくる。 財前は新規事業として、無人農業ロボットの開発を目指していると告白。 それは、高齢化が進み、深刻な労働力不足にあえいでいる日本の農業を救いたいという思いからだった。 そこで、新しく帝国重工が開発する農機具のエンジンとトランスミッションを佃製作所に供給してもらいたいというのだ。 さらに財前は他の協力者として、北海道農業大学の教授で、無人農業ロボット研究の第一人者である、野木 森崎博之 の名前を挙げる。 野木は佃の大学時代の同期で、互いを高めあった親友。 そんな野木を新規事業に協力するよう、説得してくれと頼まれる佃だったが・・・。 逆転へ ある日、佃製作所を訪れた財前 吉川晃司。 佃 阿部寛 らに笑顔で迎えられ、試作中のトランスミッションの説明を受ける財前だったが、その胸中は複雑だった。 その後、佃製作所の役員たちが集まった会議室で財前が告げたのは、突然の取引中止だった。 聞けば、帝国重工の次期社長候補と目される的場 神田正輝 により、エンジンとトランスミッションの内製化の方針が急きょ決定したという。 長年取引のあったヤマタニに仁義を通し、社運を賭けた決断だっただけに、佃をはじめ社員たちも抗議するが、板挟みの財前にはどうすることもできない。 さらに財前は、佃製作所の離脱によりプロジェクトから降りると言う野木 森崎博之 を説得してくれないかと言い出す。 自分たちははしごを外され、そのうえ親友・野木の説得と、さすがに虫がよすぎると激高する佃だったが・・・。 中小企業VS帝国重工 食うか食われるか!? 満を持して、記者会見の場で無人農業ロボットの開発を発表した帝国重工の次期社長候補・的場 神田正輝。 しかし翌日、朝のニュース番組で取り上げられていたのは重田 古舘伊知郎 や伊丹 尾上菊之助 らが手掛けた下町トラクター「ダーウィン」だった。 さらに追い打ちをかけるように、週刊誌に的場に関連する記事が。 それは、今までいくつもの下請け会社を潰してきたという、的場の暴露記事だった。 怒りに震え、後のない的場は無人農業ロボット「アルファ1」の開発を急がせる。 一方、佃 阿部寛 ら佃製作所のメンバーも、敵ながら重田らの鮮やかな手腕に驚きを隠せなかった。 そんな時、野木 森崎博之 から大規模な農業イベント「アグリジャパン」が開催されることを聞いた佃は、殿村 立川談春 を誘い会場へ足を運ぶ。 佃 阿部寛 と財前 吉川晃司 から、日本の農業の未来を救いたいという熱い思いを聞いた正弘 山本學 は、300年続いた自身の田んぼを、「アルファ1」の実験農場として貸し出すことを決意する。 そのかいもあって、より精度の高い走行テストができるようになり、佃たちは製品化を急ぐ。 そして時間はあっという間に過ぎ、首相視察のデモンストレーションイベント当日。 佃製作所のメンバーはじめ、前回のリベンジに燃える的場 神田正輝 は首相の到着を待つが、なかなか現れず、到着が大幅に遅れてしまう。 それにより、首相は敵方のダーウィンのデモを見たら帰ると言い、反論する的場や財前だったが・・・。 果たして再対決の勝負の行方は!?

次の

下町ロケット 新春ドラマ特別編

下町ロケット2018 ドラマ 動画

目次はこちら• 下町ロケットという題名からただのロケット開発のドラマと思いがちだが実際導入部では佃製作所という中小企業の人間ドラマであり佃製作所が開発した特許に関する裁判ドラマであり、又中小企業関連の融資に関する銀行ドラマでも有る。 大企業の中小企業に対する悪どい手口や大手弁護士事務所との関係、利益のみしか考えない銀行のやり口、そんな悪徳銀行、悪徳企業・悪徳弁護士に対抗して中小企業がどのような防衛手段をとって会社を立て直していくかをドラマ化したものである。 この物語下町ロケットにはや・のような金融・裁判系の物語から本題へと進んでいきます。 この物語は阿部寛さんの魅力が満載の大ヒット作です。 阿部寛往年のヒット作 佃製作所と佃航平 佃製作所は昭和39年創業の東京大田区に有る精密機器製造会社である。 かつては電子部品を主力としていたが、航平が社長になってからは精度がより求められるエンジンや周辺のデバイスを手がけるようになり売上は3倍にも成長していた。 中小企業であっても、ことエンジンに関する技術とノウハウは大企業にも勝っているという評判は航平の実績によるものが大きかった。 しかし、現段階で航平にはロケット開発の研究者としてではなく、会社の経営者としての問題が山積みとなっていた。 それでも航平はロケット制作の夢を諦めきれず困難を乗り越え夢に邁進し続けるのであった。 下町ロケットはそんな航平と佃製作所の社員の物語である。 下町ロケット2015ロケッ編の動画リンク 下町ロケット2015は第一話から第五話までがロケット編、第六話から第十話までがガウディー編となっています。 ロケット編 ロケット編はその名の通り下町ロケットの題名を決定づけた宇宙開発事業でのロケットエンジンに欠かすことのできないバルブシステムの開発に関するエピソードです。 第一話初回スペシャル 中小企業が大企業に勝負! 夢とプライド 物語の始まりはイキナリのロケット発射失敗から始まる、ロケットエンジン開発担当者の佃航平(阿部寛)は責任を取り宇宙科学開発機構を後にする。 7年後、佃航平は親の跡をつぎ佃製作所の社長となっていた、しかしここでも又取引先の会社に取引を打ち切れら再度の挫折を味わっていた。 下町ロケット2015 第二話15分枠大SP 娘の愛で20億買収の危機を救えるか 中島工業の会社乗っ取りを阻止するため神谷弁護士の出した提案は逆訴訟だった、中島工業に対し他の特許での訴訟を起こし中島側の訴訟に対抗しようとするものだった。 そんな中、帝国重工が命運を懸けて挑んだロケット開発の肝となるバルブシステムの特許が佃製作所の持っている特許に抵触していることが発覚した。 中島工業との裁判の最中、帝国重工との特許販売問題をも抱え込んだ航平だったが、家庭内では娘の問題をも抱えていた。 下町ロケット2015 第三話 新たな敵・帝国重工が牙をむく! 中島工業にとの2つの裁判に全面勝訴し金銭的なリスクがなくなった航平は、帝国重工に対してバルブシステムの特許売却・使用契約もせず、ロケット用のバルブシステムの部品供給の提案をした。 自社独自でのロケット開発を望んでいる帝国重工社長が絶対に許可を出さないと分かっていた財前宇宙開発部長は佃製作所の弱みを握り状況を打破しようと考えていた。 下町ロケット2015 第四話 反撃開始! 下請けの屈辱をはらせ!! 佃製作所からのロケットエンジンのバルブの部品供給を断るため佃製作所を訪れた財前だが、そこで帝国重厚の技術力を凌駕する程の佃製作所の技術力の高さを見せつけられ考えを変えざるを得なくなっていた。 財前は佃製作所からの部品供給なしでは特許の取得も叶わないことを理由に佃製作所からのロケットエンジンのバルブ部品供給を上司に願い出た。 飽くまで特許使用契約を良しとする本部長の水原は、佃製作所からの部品供給を断る口実に佃製作所の作った部品のテストを行うことに決めた。 下町ロケット2015 第五話 ロケット編完結 涙と感動の打ち上げ 佃製作所の一部の社員の悪意でテスト用バルブに不良品が混入した件は財前部長の介入で事もなく治められたが、どうしても佃製作所の部品納入に難を示す水原本部長は製品テストの合格後にも最大の壁が立ち塞がるのだと不気味に言い放った。 下町ロケット2015 下町ロケット2015ガウディ計画編の動画リンク 下町ロケット2015第六話からはガウディ計画編となります。 ガウディ計画編 ガウディ計画では心臓弁膜症の治療のための人工弁開発の物語です、当時人工弁に日本製はなく外国製の物ばかりでした、しかし外国製では日本人の子供には大きすぎて適合できなかったのです。 そこで、日本人の子供にも適合可能な日本製の人工弁を開発するのがガウディ計画の目的となるのです。 第六話 NASAからの刺客! 医療編へ ロケット計画の成功から3年、佃製作所は大幅に業績を伸ばしていた。 そんな航平の前に又新たな難問が湧いて出た、帝国重工のバルブシステムの納入がコンペで競われる事となったのだ。 競う相手はNASAのテクノロジーを売り物にする椎名直之社長(小泉孝太郎)のサヤマ製作所だった。 下町ロケット2015 第七話 反撃開始!! 町工場vs医療の野望 ガウディ計画に参入することを決めた佃製作所には大きな困難が待ち受けていた、サヤマ製作所と手を組んだ貴船恒広(世良公則)教授は医療機器の審査機関PMEAに手を回しガウディ計画の認可阻止を企み、協力者の株式会社サクラダの資金調達をも困難にさせていった。 帝国重工へのバルブ納入のコンペで佃制作所の製品はサヤマ製作所の製品を上回る好結果を出した、しかし帝国重工内の会議の結果バルブ納入の権利を失ってしまった。 航平はその事実を重く受けた上でガウディ計画の続行を決断した。 下町ロケット2015 第九話15分拡大 財前失脚…佃vs椎名! 技術は嘘をつかない 貴船恒広教授がサヤマ製作所から納入されたコアハートを移植した心臓病患者の容態が急変し死亡した。 死亡原因は容態急変時のスタッフの処置ミスと弁明する貴船恒広教授だったが、コアハート自体に欠陥が有ったのではと医療ジャーナリストの咲間倫子演 ()が調査を始めていた。 下町ロケット2015 第十話最終回 裏切り者は許さない 日本プライドを持て! ロケットの夢・人工弁の夢を打ち上げろ!! コアハートの検査結果に不審を覚えた航平たちはデータ偽装を疑い、帝国重工の検査機器を使用させてもらえるよう財前部長(吉川晃司)に申し出た。 財前は航平の申し出を快く聞き入れデータの検証を行った、結果サヤマ製作所が作ったコアハートにデータの偽装が有ったことが発覚した。 下町ロケット2015 下町ロケット2018の動画リンク 下町ロケット2018は2015のロケット編・ガウディ計画編に続きゴースト編となっています。 ゴースト編 ゴースト編は「ギアゴースト」と言う名の創業5年のべンチャー企業の事である。 元帝国重工出身の社長が経営するギアゴーストは創業五年で年商100億を達成した将来有望な商売先なのだ、航平はこのギアゴーストに挑み商談を成功させようとしていた。 第一話 新シリーズ幕開け!ロケットから撤退か?夢を諦めずに立ち向かえ!! 初のロケット発射成功以来帝国重工はロケット産業で幾多の成功を収めてきた、しかし藤間社長の退任が噂されロケット事業に影が差し始めた。 そんな中経理部長の殿村の父親が倒れ外村は故郷へと帰ってしまった。 下町ロケット2018 第二話 15億円をかけた戦早くも大ピンチ!愛とプライドをかけろ!! ギアゴーストのコンペに勝利し一安心の航平だったが新たな問題が発生する。 帝国重工が今回発射するロケットのエンジンを変更すると言ってきたのだ、エンジンの変更には新たなバルブシステムが必要となり新しいバルブシステムを開発しなければならなくなるのだ。 帝国重工のロケット開発の未来のために絶対に必要だと説得され航平は断ることができなかった。 下町ロケット2018 第三話 大逆転なるか!牙をむいた帝国重工に立ち向かえ 未来に夢をつなぐ新型エンジン用のバルブシステムのテストが成功して歓喜に湧く佃製作所の面々と帝国重工の社員たちだったが、この成功を快く思わない者が居た。 一方ギアゴーストの買収も順調に進んでいた。 下町ロケット2018 第四話 涙の別れ!鬼の経理が退社!! 裏切者は誰?逆襲へ 帝国重工の信用調査を突破した航平たちはギアゴーストの出資に積極的に動こうとしていたが、そのな時神谷弁護士から近しい人の中に内通者の存在を告げられ不信感を募らせる。 下町ロケット2018 第五話 完結!ゴースト編〜負けたら終わり! 予想不可能な展開!! 逆転なるか!? 神谷弁護士から今回の裁判は勝つことが難しいかもしれないと釘を差された航平とギアゴーストの島津・伊丹であったが、航平は正しい我々が負けるはずはないと二人を勇気づけた。 ギアゴーストの島津・伊丹は末長弁護事務所に赴き末長弁護士の解任を申し出た、末長弁護士は裁判原告側の弁護士と旧知の仲だったのだ。 下町ロケット2018 ヤタガラス編 ヤタガラス編ではギアゴーストの裏切りにより窮地に追い込まれる航平が人工衛星のヤタガラス計画で農業とロケットとの未来を夢見て躍進していく姿を描くものです。 第六話 新シリーズに突入! この国の未来のために〜帝国重工との対決 ギアゴーストの伊丹大(尾上菊之助)が島津裕(イモトアヤコ)と航平を裏切りダイダロスと資本提携を結んだ、航平は伊丹に考えを変えるよう諭したが聞く耳をも高い伊丹は航平への恩を仇で返すような言葉さえ吐いた。 島津はギアゴーストを退社し、航平もギアゴーストとの関係を破棄する決断をしようとしていた。 その頃、帝国重工の財前はヤタガラスを使った農業改革を目指して農業機械の自動運転化を図ろうとしていた。 下町ロケット2018 第七話 帝国重工が佃をつぶしにかかる!逆転へ 下町ロケット2018 第八話 大企業に復讐しろ!中小企業VS帝国重工食うか食われるか!? 元は宇宙科学開発機構のロケットエンジン開発者で現在は親のとを継いで経営者となった。 しかし、今も開発研究を続けロケット開発に命をかけている。 佃利菜(つくだ りな) 演: 航平の娘。 航平の生き方に反抗する、反抗期の真っ只中娘。 佃和枝(つくだ かずえ) 演: 航平の母。 和泉沙耶(いずみ さや) 演: 航平の元妻。 JAXS研究員。 航平とは元同僚でも有る。 山崎光彦(やまさき みつひこ)演 — 佃製作所技術開発部部長。 殿村直弘(とのむら なおひろ) 演: 経理部部長。 白水銀行から出向社員で会社には愛着がなく銀行への復帰を望んでいたが徐々に会社への愛着が生まれる。 神谷修一(かみや しゅういち)演: 神谷法律事務所所長。 佃製作所の危機を救う弁護士。 財前道生 演: 帝国重工宇宙航空部部長。 藤間秀樹 演: 帝国重厚社長。 椎名直之 演: サヤマ製作所社長。 島津裕 演: ギアゴースト副社長。 主任エンジニア。 元帝国重工で働いていたがリストラされて伊丹と共にギアゴーストを興した。 伊丹大 演: ギアゴースト社長。 元帝国重工で働いていたがリストラされて島津と共にギアゴーストを興した。 その他の出演者 ・・・・・・・・・他.

次の