カット野菜レシピ。 簡単・時短で包丁要らず!カット野菜を使ったサラダレシピまとめ

力尽きた日は【チンするだけ】豚こま×「カット野菜」で即完成!豪華ボリューム「蒸ししゃぶ」

カット野菜レシピ

自炊が続かない理由 一人暮らしを始めたばかりの頃、多くの方が「自炊を頑張って節約しよう!」と考えていたのではないかと思います。 しかし、東京での一人暮らしは自炊のハードルが高いのです。 スーパーが不便・値段が高い 地方のスーパーと違い、都内近郊のスーパーは割安感が低めです。 コンビニと変わらない定価で売られていることもしばしば。 わざわざスーパーに足を運んでも、お得に買い物ができないならコンビニで済ましてしまった方がよいですよね。 そもそも近所にスーパーがない、帰宅時間には閉店している…など、利用したくてもできないといったこともあります。 使いきれない食材が余る 一人暮らしだと、食べる量にも限りがあります。 カレーを大量に作って食べ続ける…などの方法もありますが、暑い季節になれば足も早く、すぐに悪くなってしまいます。 また、友人との付き合いや大学の課題、残業など、様々な事情で自炊できない日が続くことも。 まだ大丈夫かな?と思っていた食材が賞味期限切れになってしまった!…なんて無駄が発生すると、自炊に対するモチベーションも下がってしまいますよね。 キッチンが狭い 一人暮らしの部屋は、とにかくキッチンが狭いです。 地方から上京してきた方は特に強く感じたことでしょう。 シンクが小さく野菜を洗うことすらままなりません。 広い調理場があれば…と諦めてしまう人も少なくありません。 そんな一人暮らしの悩みを取り払った、簡単自炊レシピをご紹介します。 一人暮らしの味方、カット野菜 どこのコンビニでも販売しているカット野菜。 水洗いせずそのまま食べられるものもあり、とっても便利です。 キャベツの千切りだけが入ったもの、もやしやニンジン、玉ねぎが入ったものなど、バリエーションも様々。 用途に合わせて選ぶことができます。 一人~二人分の量でパックされているので、残してしまうこともありません。 今回ご紹介するのは、カット野菜を活用したとにかく簡単なレシピ。 時間や手間がかかるものは一切ご紹介しません。 すぐに作ってすぐに食べられる、後片付けもラクチンなものばかりですよ。 レベル1:超簡単!いつものご飯にひと手間で健康レシピ まずご紹介するのは、毎日コンビニでごはんを買っているあなたでもできるレシピ。 ミックス野菜半分を耐熱容器に入れ、野菜が半分被るくらい水を入れる。 電子レンジ500Wで3分ほど加熱。 同時にカップラーメンにお湯を注ぎ準備をしておく。 スープが薄くならないよう、メモリより少な目にお湯をいれる(麺にお湯が被る程度)。 野菜に火が通っていることを確認したら、カップラーメンに入れて完成。 濃い場合には後からお湯を足して調整すればOK! コンビニ弁当のラーメンを購入した場合390円~600円程度かかってしまいますが、この方法なら300円以内で楽しめます。 量のかさ増しもできるので、たくさん食べる人にもおすすめですよ。 ドラッグストアなどの安いカップラーメンを買いこんでおけば、もう少し節約できそうです。 食パンをトーストする。 出来上がった食パンに千切りキャベツとから揚げをのせ、マヨネーズをかけてサンドする。 いつものトーストも一工夫すれば、しっかりとした一品に。 ファーストフード店でハンバーガーを買うより断然お得です。 レベル2:火を使わない簡単レシピ レベル1の料理は、超初心者向け。 サラダチキンを適当な大きさにカットする。 シリコンスチーマーなどの容器に野菜とサラダチキンをいれ、500W3分程度加熱する。 お好きな調味料をかける。 千切りキャベツと一緒に食べていたサラダチキンも、温野菜と食べるとまた違った味わいに。 熱を加えるだけでだいぶ印象が変わりますよ。 また、チキン自体は既に火が通っているので、電子レンジでの調理でも安心して食べられます。 豆腐をカットし、ミックス野菜とシリコンスチーマーに入れる。 調味料を入れ、500W4分程度加熱する。 コンビニやネットでも買える一人鍋調味料。 様々なバリエーションがあるので飽きません。 キムチなどのトッピング、〆にうどんを入れたりと、アレンジ方法も豊富です。 レベル3:ホットプレートでできる!簡単レシピ 最後は、しっかり料理をして節約したい方に向けたレシピ。 キッチンが狭くて調理できないなら、リビングで調理してしまいましょう! パーティ用に購入したホットプレート、実は自炊でも使えるんです。 小麦粉にほんだしを小さじ2杯程度入れ、卵、キャベツと混ぜる。 最後にイカ天を入れ、さっくり混ぜる。 油をひき、180度に熱したホットプレートで両面焼く。 コンビニで買えるものだけを使ったお好み焼きです。 お肉がなくても、イカ天をトッピングすれば味がしっかりついて一気に本格的になります。 ベーコンやチーズをいれてもおいしいです。 さいご 自炊、というには少し簡単すぎるものもありましたが、ちょっとだけ工夫すれば、食費を節約することができます。 1日たった100円でも、30日続ければ3000円に。 浮いたお金でちょっぴり贅沢するのもいいですね。 もし、忙しくなってミックス野菜を余らせる場合には、すぐに冷凍してしまいましょう。 お好み焼きや野菜炒めにすれば、問題なく食べられますよ。 もやしが入っているものは悪くなりやすいので、毎日自炊しない方は違う野菜が入ったものを選ぶとよいです。 面倒に思ったり、ツラいと感じることは長く続きません。 コンビニを賢く活用して、無理なく自炊を続けてみましょう。

次の

簡単・時短で包丁要らず!カット野菜を使ったサラダレシピまとめ

カット野菜レシピ

カット野菜宅配サービスおすすめランキング カット済みの野菜を通販で購入できるサービスをランキング形式でご紹介します。 価格の安さや味の良さなど、実際に試してみておすすめしたいカット野菜宅配サービスはこちらです! 1位:イエコック【カット野菜宅配の代表格!】 ここがおすすめ! 新鮮で安心な野菜がカット済みの状態で配送してくれます。 仕事や子育てなどで毎日忙しいけれど、毎日野菜を使った料理を食べたい!というご家庭におすすめです。 イエコックのカット済み野菜はカット日から3日から4日程度の賞味期限となっています。 温野菜の方が1日賞味期限が長いので、冷野菜から使っていくのがおすすめです。 また、カット前の野菜は放射線検査を実施しているので心配ありません。 毎日、野菜を使った料理を手軽に作りたい方、野菜の皮むきやカットが苦手な方、野菜をカットした後のごみを出したくない方などにおすすめ!多くの願望を叶えてくれる便利なカット野菜宅配サービスです! 野菜をカットし冷蔵したものと、カットに加え、スチーム加熱済み野菜の2パターンがあります。 スチーム加熱済みの野菜はそのまま食べられるのも便利です。 カット方法は、千切り・スライス・スティック・乱切り・皮付乱切り・半月短冊・角切り・おろし・ミジン切りなど19通りのカットタイプを選べます。 通常の野菜と比べると少しだけ高くなりますが、カットの手間が省けることを考慮するとまったく問題にならない価格帯です。 セットの野菜は予め内容が決まっていますが、毎回自由に希望の野菜を変更することができるので欲しい野菜だけを購入することができます。 セットの種類は複数あり、下記から自由に選べます。 ・ライトパック 約10袋2,100円 ・バリューパック 約14~15袋程度 2,500円 ・メガパック 18袋程度 3,300円 ・ミニパック(ひとり暮らしの方におすすめ) 6袋 1,490円 配送方法・配送料 関東・中部・近畿地方への配送は360円 東北・中国・四国地方への配送は420円となります。 定期便のお試し期間は(配送4回)は送料無料で利用できます。 備考 定期便のみでの利用となりますが、次回配送日の5日前までに連絡することでいつでも解約することができます。 野菜を使った和食・洋食・中華など時短料理のメニューが豊富!単品の野菜を購入でき、野菜の種類が豊富なのが魅力です。 野菜以外にも、卵や肉、朝食のお供になるハムや牛乳なども注文できます。 単品で買える野菜は、スーパーで販売されている野菜と変わらない価格で、野菜の美味しい地方の野菜が購入できます。 配送方法・配送料 ヤマトクール便での配送。 初回お試しセットは送料無料で届けてくれます。 2回目以降の送料は3,500円未満の場合は1,010円。 000円以上の利用で送料無料となります。 温め方法 電子レンジ \ 公式サイトでCHECK! / カット野菜の鮮度は? 多くの人が経験したことがあると思いますが、カットした野菜は時間の経過とともに色が変色してしまいます。 色が変色し、保存状態によっては味が悪くなったり水分なども抜けてきてしまうということがあります。 通販で購入できるカット野菜も鮮度が落ちるのでは?と心配しる方もいるかもしれません。 しかし、昨今のカット野菜は一味違います。 昨今のカット野菜は、鮮度を長持ちさせるために、カットする際の切断刃の切れ味やカット後の真空パック梱包、保存温度などに配慮しているので鮮度が大幅に変わります。 長持ちするのは特殊な薬剤を使っているからじゃないの?と昔の噂を真に受けてしまう方もいると思いますが、そのような処理をしなくても以前よりも鮮度が保てるほどに技術が向上しています。 カット野菜ならカロリーがわかる! スーパーなどで購入した野菜にはカロリーは記載されていませんが、カット野菜にはそれぞれの袋にグラムあたりのカロリーは記載されています。 毎日の食事から摂取するカロリーを管理したいときや、ダイエットをしているときなどは、通常の野菜を購入して自分でカロリーを計算するよりも、カット野菜を利用した方が簡単にカロリー管理をすることができます。 また、などは野菜だけでなく、使用している肉や調味料なども含めたカロリーを表記してくれているので、徹底したカロリー管理を行いたい場合はミールキットを利用するのもおすすめです。 カット野菜で手軽にスープが作れる! カット野菜を活用することで忙しいときにササッと調理して食べられるスープメニューを簡単に作ることができます。 もう一品おかずを増やしたい!というときにもおすすめのは、イエコックのレシピサイトでチェックできます。 例えば、• にんじんのホワイトスープ• かぼちゃのコンソメスープ• じゃがいもの豆乳スープ• にらと牛肉のスープ• にらたっぷりお味噌汁• ミニトマトのサンラータン風スープ• 人参・玉ねぎ・じゃがいものシチュー など、スープメニューが10分程度で作れるので、温かいスープを食べたい!という女性にもおすすめです。 野菜をカットする時間を短縮できるので、料理を作ることも苦にならなくなるのもカット野菜の魅力の一つです。 >> カット野菜の賞味期限はどれくらい? カット野菜は、冷野菜の場合はカット日から3日程度、スチーム熱処理された野菜の場合は4日程度、冷凍野菜の場合は30日から数ヶ月までの長期賞味期限のものもあります。 なるべく生の状態のカット野菜が欲しいという場合は、賞味期限は短くなりますが、イエコックなどで販売されている冷野菜で注文するのがおすすめです。 カット野菜は冷凍で賞味期限を伸ばせる! 賞味期限をなるべく伸ばしたいという場合は、カット済みの野菜が届いたら適切な方法で冷凍保存することで、さらに長く保存することができます。 上手に冷凍保存することで、美味しさを逃さずに保存が可能です。 冷凍後は約1~2週間ほど美味しく食べられます。 2週間以上冷凍したものを食べるのはおすすめできないので、1週間程度を目安に使い切るのが良いです。 そのまま冷凍できる野菜・カット野菜の冷凍方法 カットされている状態でそのまま冷凍できる野菜は 玉ねぎ・人参・ニラ・ピーマン・長芋・里芋・インゲンなどです。 一般家庭用の冷凍庫での冷凍後は、野菜の質も変わりますが、それぞれ用途に合わせた使い方をすることで普通の野菜と変わらず美味しく食べることができます。 ・たまねぎ カレーやスープなどの下味に使うのが良いです。 凍ったままフライパンや鍋で炒めることができます。 ・にんじん 冷凍すると少しスカスカした質感になりますが、煮物などで使うのがおすすめです。 ・にら ニラは冷凍してもほとんど食感は変わらない使う料理に合わせて予めカットしてから冷凍するのがおすすめです。 ・ピーマン ピーマンも冷凍しても味や食感は損ないにくい野菜です。 細切りにして冷凍するのがおすすめ。 ・ながいも 長芋は、意外にもすりおろしてから冷凍するのがおすすめです。 薄切り・スティック状にカットしてから冷凍するのもおすすめです。 ・さといも 里芋は半分にカットしてから冷凍するのがおすすめです。 ・いんげん インゲンはそれぞれが重なった状態で冷凍してしまうとくっついてしまうので、大きめのふくろに重ならないように入れて冷凍するのがおすすめです。 冷凍したインゲンは煮物などで使うのがおすすめ。 冷凍野菜は栄養価が低かったり、美味しくないのでは?と思っている方も多いと思いますが、昨今の冷凍技術の向上で、冷凍された野菜でも通常の野菜と大きな差がないくらい美味しい野菜を販売している会社も多くあります。 冷凍野菜の通販サービスに関しては別途特集ページでご紹介します。 カット野菜は栄養がないと言われるのは本当? カット野菜はカットしたり、洗ったりすることで栄養価が全然なくなってしまうのでは?と思っている人も多いと思います。 実際、野菜に含まれている栄養素の中でも水に流れてしまいやすいはいくらかその成分を失ってしまいます。 ビタミンの中で水に流れやすいビタミンはビタミンB1・B2・Cですが、カットして洗われたカット野菜でも6割から7割り程度はしっかりと残っています。 その他のビタミンのビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミンは流れずにそのままの栄養価を保っていると言われています。 カット野菜は安全?「カット野菜は体に悪い」とは事実? 野菜をカットすると、保存状態によっては時間の経過とともに変色してしまいます。 これは通常の野菜であれば当たり前の変化です。 販売されているカット済み野菜は、一昔前、「販売されているすべてのカット野菜は、変色しないように次亜塩素酸ナトリウムで洗っているから体に悪い」というような取り上げ方をされ嫌煙されるようになりましたが、次亜塩素酸ナトリウムは水道水の消毒にも使われている成分です。 次亜塩素酸ナトリウムでの消毒は主に食中毒を防ぐために処理されたもので意外にも身近なものです。 気になる場合はカット野菜を水で洗い流し、調理時に加熱をすることによってほとんどが分解される性質のものです。 カット野菜ではなく、通常の野菜には土が付着しているものも多いと思います。 菌のことに触れると、土は菌の宝庫といえます。 水で洗い流して菌を落とすことができますが100%落とせるとは限りません。 過剰に気にしすぎることで何も食べられなくなってしまうということにも繋がりかねません。 過剰に気にしてしまう場合は、通常の野菜もカット野菜もしっかりと水洗いをして、熱処理した調理法で料理を作るのが良いでしょう! カット野菜は洗うべき?そのままでも大丈夫? カット野菜は洗った方がいいの?という疑問を持っている人は多いと思います。 コンビニやスーパーなどで販売されているサラダ用カット野菜には、洗わなくても食べられるというような明記もされているのでそのまま食べる人も多いと思います。 スーパーやコンビニに陳列されているときには、最近が繁殖しにくいと言われている10度以下で保存・陳列されていますが、保存状態や購入してから食べるまでの時間や環境によっては、食べる前に洗った方が良いです。 洗わないという場合は、茹でたり焼いたり電子レンジで温めたりと、75度以上で加熱してから食べることで菌は死滅するので食中毒の心配は軽減します。 また、カット野菜の多くは、食中毒などを防ぐために塩素消毒されています。 塩素は水道水の消毒にも使われているものですが、気になる場合は、一度カット野菜を水で洗って食べるのがおすすめです。 カット野菜の値段はいくらくらい? カット野菜は処理されている分、通常の野菜に比べてやや高く感じるものが多いと思います。 いくつかの野菜を例に挙げて比較してみます。 イオンネットスーパーの野菜の価格とイエコックのカット野菜の価格を比較したものです。 野菜の種類 通常の野菜の値段目安 カット済みの野菜の値段目安 じゃがいも 一個当たり 60円程度 カット済みじゃがいも100g 168円 ごぼう 150g 約200円 カット済みごぼう100g 227円 きゅうり 100g 約70円 カット済みきゅうり(ささがき切り)100g 250円 たまねぎ 半玉100g 約40円 カット済みたまねぎ(半月スライス)100g 144円 と、ざっと3種類の野菜で比較してみましたが野菜によってはとても割高になるという印象です。 いつも安く買えるような玉ねぎやきゅうりなどの野菜は少し割高感を感じるものの、処理が面倒なゴボウは大差ない印象です。 下処理が苦手な野菜はカット済み野菜を購入して、自分でカットするのも面倒ではないというものは通常の野菜を購入することで食費を抑えながらも、料理の手間を減らせるのでおすすめです。 セブンイレブンなどのコンビニで買えるカット野菜 画像出典:セブンイレブン公式サイト セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニでは昨今、食材の食品も拡充しています。 中でもコンビニのカット済み冷凍野菜の種類の豊富さは注目です。 ブロッコリー 156円• カットほうれん草 108円• きざみオクラ 116円• きざみねぎ 108円 などを始め、カット済みですぐに使える冷凍の野菜を冷凍庫にストックしておけるのが便利です。 比較的小分けにされて販売されているので、ひとり暮らしの方におすすめのサイズ感です。 家族みんなで食べる料理の野菜として利用する場合は、スーパーや通販で購入できるカット野菜の方が、量に対しての価格が安くなるのでおすすめです。 まとめ カット済み野菜は、買い物の時間の節約や料理の手間を圧倒的に軽減してくれるのが魅力です。 やはりカット処理してもらっていることもあり、通常の野菜を購入するよりもやや値段は高めではありますが、毎日の忙しさを軽減してくれたり、時間を節約できることを考えればとても安いと言えるでしょう。 毎日の食事に野菜を取り入れながら、時間の節約にもなるカット済み野菜を賢く利用してみることをおすすめします。 特にイエコックのカット野菜は、毎週カット野菜セットを届けてくれるので定期的に野菜を食べる生活になっていきますし、毎週利用しても月に1万円程度で収まるのでコスパも良く、料理の手間と食費を抑えるためにカット野菜を利用したいという方におすすめです。

次の

一人暮らしの味方!? 「カット野菜」を徹底研究 [一人暮らし] All About

カット野菜レシピ

圧力調理バッグで簡単調理「チーズタッカルビ」 鶏もも肉を一口サイズにカットし、カット野菜と一緒に圧力調理バッグに入れておきます。 そこに調味料を加えて混ぜ合わせ、電子レンジで8分加熱し、そのまま3分放置してください。 温かいままお皿に盛り付け、仕上げにとろけるチーズをのせれば、簡単「チーズタッカルビ」の完成です。 レンチンで簡単ボリューム満点「豚バラ焼きそば」 豚バラを一口サイズにカットし、圧力調理バッグにカット野菜・焼きそば麺と一緒に入れ、電子レンジで5分加熱します。 加熱が終わったらそのまま庫内で3分放置し、開封して粉末スープを入れて混ぜ合わせてください。 あとはお皿に盛り付ければ、圧力調理バッグで作れる「豚バラ焼きそば」の完成です。 ささっと5分で完成「ちゃんちゃん焼き」 サラダチキンを適当な大きさに切り、耐熱容器にカット野菜と一緒に入れます。 調味料を入れてからざっくり混ぜ、ラップをかけてから4分加熱すれば出来上がり。 混ぜ合わせてチンするだけで作れる、簡単「ちゃんちゃん焼き」の完成です。 シリコンスチーマーだけで作れる「豚バラ肉の重ね蒸し」 シリコンスチーマーにカット野菜と豚バラ肉を順番に重ね、調味料をかけて電子レンジで7〜8分加熱すれば「豚バラ肉の重ね蒸し」の完成。 重ねてチンするだけの簡単調理なので、いつでもお腹が空いた時に作れる時短レシピです。 混ぜて温めるだけの簡単レシピ「カット野菜と豆腐のキッシュ」 豆腐の水を切り、電子レンジで3分加熱しておいてください。 卵・潰した豆腐・キャベツ・ソーセージを加え、お好みでクレイジーソルト・レモン汁で味付けをしたら、シリコンスチーマーで6分加熱。 あとは予熱で火を通せば、「カット野菜と豆腐のキッシュ」の完成です。 レンジでどんな「カット野菜」料理を作った? アイラップで限界焼きそば。 カット野菜をアイラップにドーン!焼きそばの麺をドーン!上をねじねじしてレンジで3分。 お肉やウインナーがあればハサミで適当に切って野菜と麺の間に。 お肉いれるときはレンジで5分くらい。 レンジ終わったら、袋の中でソースまぜまぜ。 麺、野菜、ケチャップで炒めて、皿に盛ったら仕上げにパセリ散らして15分で出来上がり。

次の