スマホ 充電 なくなる。 一気に電池残量がなくなる不具合!9の対処法と原因!【android】

うっかりやってない? スマホの充電時にやってはいけない5つのNG

スマホ 充電 なくなる

【その1:バッテリーを使い切ってからの充電はNG!】 ひと昔前までは、「バッテリーにはメモリー効果があり、100%使い切ってから充電しないと消耗が早まる」といわれていました。 しかし、これは昔の法則です。 現在のスマホに使われる最新式のリチウムイオン電池なら、メモリー効果を気にする必要はありません。 もはや迷信といってもいいでしょう。 むしろ、100%使い切ることでバッテリーに与えてしまうダメージのほうが問題になります。 なので、使い切る前に充電するよう心がけましょう。 【その2:充電回数によってバッテリーは消耗する?】 充電を繰り返せばバッテリーが消耗するのは本当です。 しかし、単純に充電回数が増えれば……というものではありません。 バッテリーの寿命は充電回数に基づきますが、それは「100%使い切ってからフル充電」した回数のこと。 【その1】でも触れた昔の法則には、継ぎ足し充電も「1回」にカウントするという、間違った考え方が含まれているのです。 充電回数が少ないほどいいのは確かですが、神経質になるあまり、かえってバッテリーに悪いことをしては本末転倒です。 他にもっと、注意しなければいけないポイントがあるのですから。 ただでさえ発熱する充電時に、さらに負荷をかけるなど、最もやってはいけないことです。 不便ですが、バッテリーを長持ちさせるためには我慢しましょう。 【その4:寝る前充電はダメ?】 就寝時に充電ケーブルを繋ぐ方は多いでしょうが、その是非は? 満充電後の充電は過充電となり、バッテリーに悪影響を及ぼします。 ひと昔前のスマホの場合、どうしても充電をし過ぎてしまう睡眠時に充電を行うことはあまりオススメできませんでした。 しかし、現在のスマホには防止機能が内蔵されているため、ケーブルを繋ぎっぱなしでも過充電にはなりません。 また、多くのスマホでは80%まで急速充電し、残り20%はゆっくり充電する機能も内蔵されています。 急速充電はバッテリーに大きな負荷をかけますが、早く充電しないと使い勝手が悪い。 そうしたバランスを考慮しての設定です。 ならば寝る前充電でもOK? そこで問題になるのが「発熱」です。 充電状態では発熱し続けるため、やはり繋ぎっぱなしは避けるに越したことはありません。 【その5:残り20%になったら充電】 20%という数値に科学的な根拠はありませんが、気づくと充電切れというケースを防ぐ意味でも、ひとつの目安になるはずです。 フル充電も弊害と背中合わせなので、難しい理屈は抜きにして、 「バッテリーに優しいのは20%~80%」と覚えておきましょう。 残り20%になったら充電し、80%程度になればOK。 それだけでも「やってはいけないこと」「やらないほうがいいこと」の大半を防ぎ、結果的にバッテリーを長持ちさせられます。

次の

スマホの充電がすぐなくなる時の原因や解決方法10選

スマホ 充電 なくなる

以前にもこのような症状があり修理してもらったのですがまたなりました。 前に修理したときは原因が自分ではまったく分からなかったのですが、今回はどうやらプロセスが裏でたくさん起動して電池の消費を早めているんだと思います。 タスクキラーアプリでプロセスを終了させると添付画像のように90~110MBくらいメモリクリアされます。 今までではこんなにも削除するほど起動なんてしていなかったのですが、まだこれで削除されるんなら問題はないです。 なぜか使ってないのに数分でこのプロセスが再び立ち上がって電池の消費を早めています。 これでは充電が減る一方でたまに増えるときもゆっくり増えMAXになんか程遠いので使いものになりますせん。 どうか改善方法を教えてください。 修理に出すのが一番だとは思うんですが、修理にだすとアプリのデータがすべて消えてしまいます。 ソフトバンクの店員にアプリをSDに移しておくと後で再ダウンロードすればデータは消えませんといわれたので、SDに移してもらって修理し、再ダウンロードしてもデータが消えていたから信用できないからです。 なるべく修理せずに直す方法知りたいのでどうか回答お願いします。 補足ちゃんと充電中のランプはついてますし、マークも出ています。 なのに電池はたまりません。 あとアプリは移せるのは移して修理後にダウンロードしなおしてくださいといわれてました。 充電中に減るのは充電されていないからです。 決まった温度まで上がると充電がカットされる仕組みになっています。 温度が下がるとまた充電始めます。 温度が上がらないように、使うしかありませんよ。 SHARPに修理出しても無駄無駄無駄です。 あと全てがSDカードに移せるわけではありません。 必ずダウンロードしなおさないといけないアプリ等はありますね。 充電中のランプが消えていたり、電池マークが充電中になっていないと充電されていません。 なかなかデータを読み込まない時などはどんどん熱くなります。 安全のためなので充電カットしてもしょうがないですよね。 ちなみにアダプターを本体からぬけばちょっとだけ充電できたりします。 スマホにはよくないんだと思いますが。

次の

おや?スマホの充電ができない!? 覚えておこう!充電トラブルの原因と対処法

スマホ 充電 なくなる

CATEGORY• オリジナルスマホケース• オリジナルiPhoneケース• iPhoneのモデルから選ぶ• iPhoneケースの種類から選ぶ• オリジナルAndroidケース• Androidの機種から選ぶ• Androidケースの種類から選ぶ• オリジナルスマホアクセサリー• オリジナルスマホリング• オリジナルモバイルバッテリー• インジゲーターあり• インジゲーターなし• 2000mAh~• 3000mAh~• 4000mAh~• ワイヤレス充電器• その他スマホ関連グッズ• オリジナルグッズ• オリジナルアパレル• オリジナル雑貨・小物• オリジナル文房具• スマホの充電がすぐになくなる主な原因 バッテリーを使い切ってからの充電 スマホの充電がすぐになくなる原因、その一つ目はバッテリーを使い切って充電することです。 バッテリーにかかる負担のことを考慮して、すべて使い切ってから充電するという方法をとっている人もいるのではないでしょうか。 実はこの行為は、逆にバッテリーに、負担をかける行為となるのです。 この充電法を繰り返し行うとバッテリーに負担がかかり、充電できる容量が、少なくなっていきます。 そのため、満タンにしたはずの充電がすぐになくなるというような状況に陥ってしまうのです。 そうならないためにも、スマホの電池がなくなってしまう前に、充電するようにしましょう。 頻繁に充電をする スマホの充電を行うと、熱が発生します。 スマホは熱に弱いため、頻繁に充電する行為はスマホによくない状況のように感じますが、頻繁に充電をすること自体は、そこまで大きな影響を与えるわけではありません。 むしろ、充電がなくなる前に充電することが出来るので、充電切れの状態になるよりも、スマホにはやさしい行為だと言えます。 しかし、ここで注意しなければならないのは、充電が満タンになることです。 充電する際の注意すべきポイント 頻繁に充電をするとなると、すぐ充電が満タンになることが予想されます。 充電が満タンになった後も、充電器から外さず、そのまま充電を続けた場合、スマホのバッテリーはダメージを受けます。 たまった容量を少量ずつ消費し、またすぐ充電して補うという行為を絶え間なく続けることとなるからです。 頻繁に充電をする際には、充電状況を確認し満タンのまま放置することがないように気を付けるようにしましょう。 ながら充電 スマホを充電している時でも、ついついスマホを触ってしまうこともあるのではないでしょうか。 充電が減ってきたときになくならないようにと充電したはずが、同時にスマホを操作することで、充電にかかる時間は長くなります。 さらに、スマホのバッテリーは充電をためるための働きと操作による充電の消耗を同時に行うことになるので、ダメージを与えてしまうこととなるのです。 充電中はスマホの操作をしないよう心掛けるか、入浴時などスマホを使用しないタイミングで充電を行うなど、充電するタイミングを考えて、ながらスマホをしないように気を付けましょう。 寝る前の充電 寝ているときは、スマホを触ることもないので、寝る前に充電をする人もいるのではないでしょうか。 寝る前に充電器に取り付け、朝起きた時に充電器から外すという人も多いのではないかと思います。 寝ているので、ながらスマホをする心配はないのですが、充電が満タンになっても気づくことが出来ません。 先ほども述べたように、満タンの状態で充電を続けることも、スマホに負担となるのです。 就寝準備を行う際に充電を始め、寝る前には充電器から外すようにすると、程よく充電を行うことができ、満タンの状態で放置することも避けられます。 純正品を使っていない スマホを充電する際に使用する充電器は、どのようなものを使っていますか。 スマホを購入した時に付いている純正品であれば基本的に問題はないのですが、中には紛失したり、使用できなくなるなどの理由で、新しく購入した人もいるかと思います。 スマホの充電器は様々な場所で販売されていて安くで購入できるものもあります。 ですが、同じように見える充電器でも製品によって安全性などが異なってきます。 充電ケーブルの中身が製作元で違ってくるからです。 ここで確認してほしいのが、モバイル充電安全認証のMCPCマークがついているかどうかです。 純正品を使用することが一番理想的ですが、違うものを購入するという場合は、MCPCマークがついているものを選ぶようにしましょう。 高温の場所に長時間放置する スマホを車内などの高温になりやすい場所で長時間放置することも、バッテリーに負担を掛けます。 熱に弱いスマホは熱いところが苦手です。 そのため、高温の場所に長時間放置すると、熱を逃がすことが出来なくなり、負担が掛かるのです。 高温の場所に放置することがないよう気を付けましょう。 また、スマホケースをつけたまま充電するのも、熱を逃がすことが出来なくなるので危険です。 充電をする際はなるべくスマホケースを外して充電をした方が良いでしょう。 スマホの充電を長持ちさせるための解決方法 スマホの設定を変更する スマホの設定は初期のまま変更していない場合には、その設定を変えることで充電の減りを防げる可能性があります。 スマホではwi-fiやBluetoothといった便利なワイヤレス機能を使用することが出来ます。 ですが、その機能は常に使用するわけではありません。 使用しないときでも、機能がオンになっていると、充電を消耗します。 使わないときには、充電が減らないように機能をオフにしておく必要があります。 これは、wi-fiやBluetooth以外の機能にも当てはまります。 使用しない機能をオフにすることに加えて、液晶画面の明るさや通知設定などの細かい設定変更を行うとさらに充電の減りを抑えることが出来ます。 不要なアプリを削除する 使わなくなったアプリをそのまま放置しておくことも、充電の減りと関係があります。 不要なアプリはそのまま残しておくのではなく、削除することで、充電の消耗を減らすことが出来るのです。 時々、スマホ内になるアプリを見直し、不要アプリをなくしていくことをお勧めします。 スマホの使用環境を意識する スマホを使用する際の使用環境を意識したことはありますか。 スマホの使用環境も充電がなくなることと関係しているのです。 山の中や地下室など、電波が悪い場所でスマホを使用すると、普段よりも充電の消耗が激しくなります。 ネット環境や通常の電波が整っていないようなところでは極力使用を控え、可能であれば、機内モードに設定するなどして、電池の消耗を防ぐようにしましょう。 バッテリーを交換する スマホのバッテリーは、だいたい1年から2年ほど使用することが出来るといいます。 充電回数でいうと約400回ほど充電することが出来るようです。 しかし、すべてのスマホが当てはまるというわけではありません。 使用状況などによって、変動があります。 そのため、普段からバッテリーに不必要な負荷をかけないように気を付けることで使用年数を伸ばすこともできます。 スマホの充電がなくなるのを防ぐために スマホの充電がなくなる原因と、それを防ぐ方法をご紹介しましたがスマホのバッテリーは、あくまで消耗品です。 購入時の状態をいつまでも保つことはできません。 ですが、劣化を少しでも遅らせ、長く使用することはできます。 電話としてだけでなく様々な場面で、重要な役割を果たすスマホを、充電がないという理由で使えない状況にすることは防げるようにしたいですね。

次の