一人暮らし 洗濯 機。 一人暮らしの洗濯のコツ

【洗濯ハカセが教える】一人暮らしにおすすめの洗濯機人気ランキング7選【2020年最新版】

一人暮らし 洗濯 機

洗濯の注意点 基本は洗濯機に洗濯物を入れて洗剤を入れるだけですが、生地によっては別に洗う必要があったり、そもそも洗濯機では洗ってはいけなかったりと条件があります。 まず、色落ちしそうなものは、別途洗いましょう。 次に、ケバケバしたものは、出来るだけ別に洗いましょう。 例としてはバスタオルやハンドタオルなどが挙げられます。 これらと普通の服とを一緒に洗うと服の方に糸くずが付いてしまう可能性があるからです。 ただ、Tシャツや下着など、他の服の下に隠れるものであれば、バスタオルなどと一緒に洗ってしまっても構いません。 最後に、そもそも洗濯機で洗濯してはいけないものがあります。 どういったものが洗濯してよいのかなどは、服などのラベルに表記されていますので、それで確認しましょう。 大事な服であれば、なおさら、このチェックを怠らないことが重要です。 部屋に干す 洗濯機で洗い終わったら、干します。 干す、というと、外の洗濯物干しで干すことをイメージする方も多いと思いますが、今では部屋干しをする人は多くなっています。 特に、女性は、一人暮らしであることが外部の人に知られないようにするために、部屋干しをメインにしている人が多いでしょう。 そこで、部屋干しのコツをいくつか紹介します。 まず、部屋干し用の洗濯物干しを購入し、部屋に用意します。 突っ張り棒のようなもので壁と壁とを利用するのも良いですし、スタンド方式の物干しを利用する手もあります。 壁を利用する場合は、壁に跡がつかないよう、注意を払う必要があります。 次に、ハンガーを用意します。 あとは、洗濯物を干すだけです。 干すときは、パタパタとはたいて、少しでもしわを減らしてからハンガーなどに掛けるとよいでしょう。 ここまでで干すことは終わりました。 ですが、このままだと時期によっては部屋が湿気ってしまったり、服に細菌の匂いが出たりとあまり良いイメージがありません。 そこで、部屋干しでやるのであれば、エアコンの除湿機能をオンにして、なおかつ扇風機で洗濯物に風を当てたり、除湿器を購入して除湿をするなどの対策が必要になります。 部屋の広さによってはいろいろと新しい機器を導入するのが難しい場合がありますが、部屋干しをするのであれば、除湿器の導入をお勧めします。 扇風機だけでも十分に乾きます。 扇風機はタイマー付きで、それなりに風に勢いのあるものを選びましょう。 洗剤を選ぶ 洗剤は、部屋干し用が売られていますので、基本はそれを選びましょう。 液体と粉末の2種類があるかと思いますが、出来れば液体を選択。 粉末ですと粉が塊となって残ってしまった場合に、皮膚等、体に好ましくないため、液体がお勧めです。 乾燥機の使用は注意が必要 今では自動洗濯乾燥機が普通に売られているなど、便利な世の中になっています。 もちろん、使用しても問題ありませんが、一つ、大きな問題が発生します。 それは、乾燥機を用いると、たいてい服がしわしわで乾いた状態になってしまうことです。 これではせっかくの服が台無しですので、もし、洗濯乾燥機を使うのであれば、バスタオルなどのタオル類、シャツや下着などの外から見えないもののみを洗う時にだけ、使用するなど工夫をしましょう。 外から見える服の場合は、洗濯、すすぎ、脱水までに止め、あとは部屋干しや外干しなどで対応すると、アイロンをかけなくても重力である程度服が伸び、しわが少なく済みます。 黒カビが発生した時の対応方法 洗濯機には黒カビが発生することがあります。 黒カビとは、カビの一種ですが、洗濯機に発生したときは、1cmくらいの大きさに固まって洗濯物に付着することがあります。 単なるゴミのように見えるのですが、取ろうとしてもとりにくく、下手をすると洋服などに入り込んで汚れが落ちなくなったりします。 まず、黒カビを発生させないためには、洗濯後はすぐに洗濯機から洗い物を取り出し、蓋を閉めずに中の湿気を取ることです。 もし、乾燥機能のある洗濯機でしたら、少し乾燥をさせるのも良いでしょう。 もし、発生してしまったら、専用の洗浄液を購入し、洗濯機の中の黒カビを退治する必要があります。 専用の洗浄液はパナソニックの「N-W1」が良いでしょう。 洗濯機が売られている売り場で販売されていると思われます。 無い場合や、探しに行くのが面倒な場合は、オンライン通販を利用しましょう。 などで気楽に購入が可能です。 使い方は同梱されている説明書に書いてありますので、そのとおりに利用し、洗濯槽の中の黒カビを退治しましょう。 だいたい1年に1回、この洗浄液を使うと良いそうです。

次の

一人暮らし用の洗濯機の選び方 [一人暮らし] All About

一人暮らし 洗濯 機

コンパクトなサイズが求められますが、しっかりとした機能を備えていなければ、忙しい日常が家事の時間で削られることになります。 ところがシャープ、東芝、日立、パナソニックなどのメーカーから洗濯機、洗濯乾燥機、ドラム式洗濯などさまざまなタイプの製品が販売されているため、一人暮らし向け洗濯機を選ぼうと思っても選択肢が多すぎて選べなくなります。 そこで今回は、一人暮らしにピッタリなサイズながら充実した機能と低価格を実現している洗濯機 洗濯乾燥機 のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。 縦型洗濯機、縦型洗濯乾燥機、ドラム式洗濯機のそれぞれをご紹介します。 ページコンテンツ• 一人暮らしに洗濯機 洗濯乾燥機 は必要か? 一人暮らしの人が洗濯機を買うときに浮かぶ疑問が、一人暮らしをするうえで洗濯機が本当に必要か否かということ。 洗濯機の必要性についてちょっと考えてみましょう。 一人暮らしなら洗濯機よりもコインランドリー? 一人暮らしをするとき、洗濯機の代用として活躍する施設がコインランドリー。 一人暮らしなら洗濯物も少量のため、まとめてコインランドリーで洗濯する方が効率的にも思えます。 コインランドリーを使うメリットはいくつかあり、洗濯機を購入する必要がないため初期費用もランニングコストも不要で、洗濯機の設置場所を確保する必要もありません。 また衣類の洗濯だけでなく、小さな洗濯機では難しい毛布やカーテンといった大きな洗い物も洗濯することができます。 さらに洗濯から乾燥まで可能なため、日常の洗濯に関わる時間を減らすこともできます。 一方でコインランドリーを使うことにはデメリットもあります。 コインランドリーが近くになければ洗濯をするための手間暇が増大するのはもちろん、高額の費用が掛かります。 コインランドリーを使用する1回あたりの洗濯料金は500円程度で、1週間に1回の洗濯だとしても年間2万6000円前後になります。 洗濯機は5年~10年の耐用年数があるため、1台の洗濯機を使い潰すまでに20万円程度の費用が掛かることになります。 また自宅で洗濯できないため洗濯に対する自由度が低く、こまめに選択できないことで衣類の汚れや痛みが進みます。 一人暮らしであっても、普通に生活をするならコインランドリーを使うよりも洗濯機を導入した方が利便性の面でもコスト面でも賢い選択といえます。 一人暮らしの洗濯機の電気代や水道代は? 一人暮らしの人が洗濯機を導入するうえで気になるのがランニングコスト。 電気代や水道代がかかるなら、総合的に考えてコインランドリーを使う方が良いことになります。 結論から言うと、洗濯機のランニングコストは非常に安くなっています。 一人暮らし向けの洗濯機はコンパクトなため電気代も水道代も安く済み、電気代は1回あたり約1円、水道代は約10円。 1週間に2回洗濯しても、年間のランニングコストは1200円程度となります。 最新型の洗濯機の中には、使用する水の量を抑えた節水タイプの洗濯機もあり、そのほかお風呂の残り湯などを利用すれば節水することができるため、さらに節約することも可能です。 総合的に考えると一人暮らしにも洗濯機は必要 利便性やラニングコストなどを総合して考えると、やはり一人暮らしであっても洗濯機は必要不可欠な家電といえます。 初期費用がそれなりにかかるものの、導入後のメリットは非常に大きく、また日常の家事や仕事に追われる自由な時間が少ない一人暮らしの人にとって、いつでも好きなタイミングで洗濯できる洗濯機は非常に便利な家電です。 一人暮らしをするなら、とりあえず洗濯機が必要だと断言できますが、どうしても洗濯機を導入したくない人は、洗濯機を使わない生活をしてみるといいかもしれません。 洗濯機のありがたみが分かるはずです。 一人暮らし向け洗濯機 洗濯乾燥機 とは? そもそも一人暮らし向け洗濯機とは、どのような洗濯機なのでしょうか。 洗濯機には、洗濯機以外にも洗濯乾燥機やドラム式洗濯機もありますが、一人暮らしではどのようなタイプの洗濯機が便利なのでしょうか。 まずは一人暮らし向け洗濯機について理解を深めましょう。 洗濯から脱水まで行うのが縦型洗濯機 一般的に洗濯機と呼ばれている家電は大きく分けて3種類あります。 それぞれ縦型洗濯機、縦型洗濯乾燥機、ドラム式洗濯機となっています。 縦型洗濯乾燥機は、洗濯槽が縦方向に設置された長方形をしている洗濯機のことで、昔からある一般的な洗濯機です。 その機能は洗濯のみに特化しており、大量の水を使って洗濯物を選択層内で回転させながら洗浄することができます。 多くの水を使うものの洗浄力には優れており、ドラム式洗濯機よりも高い洗浄力を発揮します。 ガンコな汚れなどもしっかり洗い流すことができます。 また洗濯槽を縦方向に設置しているため省スペースで、機能を絞っているため非常にコンパクトなのも特徴です。 ただし機能面は乏しく、洗濯、すすぎ、脱水しか行うことができません。 洗濯した洗濯物は乾燥させられないため、乾燥機を使って乾燥させるか、物干し竿などを使って干して乾燥させる作業が必要があります。 一人暮らしでは、値段が安くてシンプルな縦型洗濯機が利用されることが多いですが、洗濯を干すという作業は忙しい一人暮らしの生活に大きな負担となります。 洗濯から乾燥まで行うのが縦型洗濯乾燥機 基本的には縦型洗濯機に乾燥機能を搭載したものを縦型洗濯乾燥機といいます。 縦型洗濯機と同様に洗浄能力が極めて高く、皮脂汚れや泥汚れなど落としにくいガンコな汚れもしっかりと取り除くことができます。 もちろん洗濯以外にもすすぎや脱水も可能です。 縦型洗濯機との大きな違いは乾燥機能になり、脱水後に湿っている洗濯物を乾燥させることができます。 ただし縦型洗濯機の乾燥機能は非常に弱く、一度に乾燥させられる洗濯物の量が限られており、大量の洗濯物を乾燥させようとすると半乾き状態になります。 また乾燥時に服にシワができやすく、乾燥できても衣類がシワだらけになる場合があります。 洗浄能力は高く乾燥機能を搭載しているものの、乾燥能力に優れているとはいえません。 スリムなデザインのため狭い洗濯機置き場に設置できて値段もリーズナブルなため、一人暮らしでも大活躍してくれるのが縦型洗濯乾燥機です。 ただし乾燥機能が十分ではないため洗濯物を干す手間がかかってしまう欠点は縦型洗濯機と同様です。 洗濯物を干す時間は短くできるため縦型洗濯機よりも使い勝手はよくなっています。 洗濯から完全乾燥まで行うのがドラム式 ヒートポンプ 洗濯機 最近になって人気を集めているドラム式洗濯機。 ヒートポンプ式洗濯機とも呼ばれています。 縦型洗濯機との最大の違いは、洗濯槽の角度。 縦型洗濯機の洗濯槽が縦向きなのに対しドラム式洗濯機の洗濯槽は横向きになっています。 洗濯槽の角度の違いによって洗浄方法も大きくことなり、縦型洗濯機が水流によって洗濯物の汚れを落とすのに対し、ドラム式洗濯機は洗濯物を横向けの洗濯槽によって上下に移動させて叩き洗いを行います。 洗浄力は縦型洗濯機に劣るものの、使用する水の量は非常に少なく洗濯物を傷めることもありません。 デリケートな衣類も手洗いのようにやさしく洗うことができます。 さらに乾燥力にも優れており、洗濯後にすすぎや脱水をしてから完全乾燥させることができます。 乾燥方法にもいくつかのタイプが存在しますが、しっかりと洗濯物を乾かせることが特徴です。 洗濯から乾燥まで任せたいときに大活躍してくれるのがドラム式 ヒートポンプ 洗濯機です。 家事に時間をかけらない忙しい一人暮らしの味方がドラム式洗濯機。 洗濯から完全乾燥まで行うため、洗濯物を干す手間を省くことができます。 ただし値段が高くサイズも大きいため設置スペースを圧迫します。 ワンルームなど洗濯機置き場が狭い場合には、物理的にドラム式洗濯機を選べないことも少なくありません。 洗濯機の種類別の光熱費 一人暮らしで洗濯機を選ぶときに気になるのが光熱費です。 洗濯機を使用すれば水道代と電気代が必要となり、洗濯機の種類によって必要となる水道代と電気代も変わります。 基本的には水道代も電気代もドラム式洗濯機の方が安上がりとなり、ランニングコストを考えるとドラム式洗濯機の導入が一番です。 水道代と電気代\洗濯乾燥機の種類 縦型洗濯乾燥機 縦型洗濯機 ドラム式洗濯機 1回の洗濯に必要な水道代 約18円 約21円 1回の洗濯に必要な電気代 約3. 5円 約2円 洗濯機の種類と乾燥機能別の電気代 洗濯乾燥機の場合、乾燥機能を使うと電気代が必要になります。 洗濯機の種類や乾燥機能のタイプによっても電気代は違います。 ヒーターを使用する乾燥タイプはムダが多いため電気代が高くなり、熱を有効活用するヒートポンプ乾燥タイプは電気代を劇的に抑えることができます。 乾燥機能による電気代を考えてもドラム式洗濯機が有効であることは間違いありません。 洗濯機と乾燥タイプ 1回の乾燥に必要な電気代 縦型洗濯乾燥機 ヒーター乾燥タイプ 約60円 ドラム式洗濯機 ヒーター乾燥タイプ 約50円 ドラム式洗濯機 ヒートポンプ乾燥タイプ 約15円 コンパクトであることが必須条件 一人暮らし向けの洗濯機を選ぶときには、サイズが小さくてコンパクトであることが必須条件となります。 一人暮らしでは、ワンルームなどを賃貸することが多いため、どうしても洗濯機置き場のスペースも限られます。 その結果、コンパクトな洗濯機でなければ物理的に洗濯機を設置できない場合が続出します。 特にサイズで問題となるのがドラム式洗濯機で、サイズが大きいだけでなく縦型洗濯機と違って前面の扉を開けるスペースを考えると洗濯機置き場にかなりの余裕がなければ設置することができません。 コンパクトなドラム式洗濯機を選んだとしても、奥行き100㎝、幅70㎝、高さ130㎝程度は必要となります。 洗濯機置き場のスペースが限定されている場合には、コンパクトな洗濯機でなくてはいけません。 容量はそれほど必要ない 洗濯機にはさまざまな容量の製品が販売されていますが、一人暮らしで洗濯機を選ぶなら容量に関してはあまり気にする必要はありません。 なぜなら1回の洗濯物の量が少なく、一人暮らしをする学生や社会人ならたくさんの洗濯物が出ること自体が珍しいためです。 もちろん週末に洗濯物をまとめて洗う場合には多少の洗濯機の容量の余裕が必要になりますが、基本的にはどんな洗濯機でも問題ない容量を確保できます。 生活人数別の洗濯機の容量の詳しく具体的な目安については後述しています。 洗濯から乾燥まで洗濯機に任せれば家事の負担を軽減できる 一人暮らしで洗濯機を選ぶときに最も求められるポイントが家事の負担の軽減です。 忙しくて全ての家事を自分でこなさなくてはいけない一人暮らしでは、洗濯の負担もできるだけ軽減したくなるものです。 特に洗濯物を干す作業は、天候を気にしなくてはいけなかったり、狭い一人暮らしの部屋で洗濯物を干すスペースを確保しなくてはいけなかったり、部屋干しの臭いをどうにかして抑えなくてはいけなかったりとたくさんの問題を抱えます。 洗濯物に関する負担を軽減する最も効果的な方法が、洗濯から完全乾燥までを洗濯機に任せるというもの。 これを実現するのはドラム式洗濯機となります。 ドラム式洗濯機は、導入コストの高さや必要スペースの確保など問題点も多いですが、導入してしまえば日常の家事の負担を圧倒的に減らすことができます。 できるだけ家事の負担を減らしたいなら、無理をしてでもドラム式洗濯機を導入しましょう。 乾燥機能は衣類乾燥機との併用で解決 洗濯物の乾燥機能を補う方法としては、乾燥機能だけに特化した衣類乾燥機を併用することで解決できる場合があります。 洗濯物を完全乾燥させることができる衣類乾燥機を使えば、洗濯物の乾燥をスピーディーにこなすことができます。 天候を気にする必要もなく、生乾きの嫌な臭いを抑えることもできます。 洗濯物の部屋干しで部屋を洗濯物に占拠されるくらいなら、衣類乾燥機の導入を検討してみましょう。 洗濯機 洗濯乾燥機 の使い方 一人暮らしで初めて洗濯機や洗濯乾燥機を使う人も少なくありません。 洗濯機の基本的な使い方を知っておきましょう。 洗濯機の設置方法 1.湿気が少ない、冬季に凍結しない、防水パンがある、床が丈夫で平らな場所に設置する 2.防水パンを設置する 3.洗濯機と壁の間には隙間を空ける 4.水平器を使って洗濯機を水平に設置する 5.洗濯機を設置したらガタつきがないかチェックする 6.アース線をアース端子に取り付ける 7.排水口に排水ホースを接続する 8.給水ホースを取り付ける 9.コンセントに電源コードを接続して試運転する 簡単そうな洗濯機の設置ですが、いくつかの守らなくてはいけないポイントがあります。 洗濯機を設置する前に、洗濯機を置くことができるスペースがあるのかや防水パンに問題がないのかをチェックしておきましょう。 特にドラム式洗濯機はサイズが大きいため、一人暮らしの部屋の洗濯置き場にはドラム式洗濯機を設置するだけのスペースが用意されていない場合もあります。 必ず洗濯機がトラブルを引き起こさないように丁寧に設置しましょう。 これは洗濯機の洗濯槽に付着している汚れです。 洗濯槽の裏側には洗剤を含む汚れた水が付着し、洗濯を終えると乾燥します。 その結果、洗剤と汚れが交じり合ったものが洗濯槽の裏側でのりのように付着し、その汚れが湿度の高い洗濯機内特有の環境によってカビを発生させ、洗濯物の汚れとカビを含んだワカメのようなものになります。 この汚れは、洗濯槽を取り外して洗うか過炭酸ナトリウムを使って取り除くことが可能です。 洗濯機のお手入れは時間がかかりますが、しっかりお手入れすれば洗濯物に汚れが付着しなくなり、洗濯物の嫌な臭いを抑えることもできます。 作業自体はそれほど難しくないため、洗濯機のお手入れは定期的に行いましょう。 ドラム式洗濯機の臭いが気になるときの対処法 1.洗剤の入れすぎや香りの強い洗剤の使用を控える 2.入浴剤を使ったお風呂のお湯で洗濯しない 3.ドラム内に洗剤カスやカビが蓄積している場合には除去する 4.排水口が臭い場合には排水口の掃除をする 5.洗濯機が置かれている部屋のドアを開けることで臭いを軽減できる トラブルが起こりやすいのがドラム式洗濯機。 使い方を間違えていると、思わぬトラブルが発生します。 ドラム式洗濯機が臭いを発する原因はたくさんあるため、まずは臭いの原因を特定しましょう。 臭いの原因を見つけることができれば、それぞれ最適な方法で対処しましょう。 日常的にドラム式洗濯機のお手入れをすることで、ドラム式洗濯機の臭いを抑えることができます。 ドラム式洗濯機の乾燥フィルターの詰まりを掃除する方法 1.ドラム式洗濯機のカバーを取り外す 2.ドラム内の詰まったホコリを取り除く カバーを取り外してホコリを取り除くだけと非常にシンプルですが、パーツを分解しなくてはいけないためある程度の知識がなければ自分では対応できません。 ホコリがたまりやすいのはフィルターの奥の部分で、ドラム式洗濯機の種類によって対処できる難易度は変わります。 この部分にホコリがたまると、振動が激しくなる、完全乾燥できず生乾き状態になる、タンクの水が排水しなくなるなどのトラブルを引き起こします。 自分で対応できない場合は業者にお願いしましょう。 一人暮らし向け洗濯機 洗濯乾燥機 の選び方のポイント 一人暮らし向け洗濯機 洗濯乾燥機 は、選ぶときには気を付けるべきポイントがたくさんあります。 ひとつずつチェックしていきましょう。 洗濯機のタイプ 洗濯機のタイプは大きく分けて3つあります。 洗濯から脱水まで行う縦型洗濯機、洗濯から乾燥まで行う縦型洗濯乾燥機、洗濯から完全乾燥まで行うドラム式洗濯機です。 縦型洗濯機は狭い場所にも置くことができ、縦型洗濯乾燥機は洗濯機で乾燥まで行うことができ、ドラム式洗濯機は広いスペースが必要なものの洗濯から天日干しレベルの完全乾燥まで行うことができます。 それぞれのタイプにメリットとデメリットがあり、どのタイプの洗濯機を選ぶのがベストチョイスになるのかは、洗濯機の使用頻度や使い方によって変わります。 自分の生活環境と照らし合わせながら最適な洗濯機タイプの選びましょう。 性能と機能 一人暮らし向けの洗濯機は、タイプによって性能と機能が大きく変わります。 そのため大まかな性能や機能は、洗濯機のタイプ選びの際に決めてしまいましょう。 一方で同じタイプの洗濯機でも、各メーカーによって独自色を打ち出しており、洗浄効果の高い製品や乾燥の仕上がりに自信がある製品などさまざまです。 洗濯機のタイプで性能と機能を大まかに決めた後は、各製品をチェックしてより重視すべき要素に強い製品を選びましょう。 メーカーによっても洗濯機の強みに違いがあるため、個別の製品ではなくメーカーで選ぶのもひとつの方法です。 サイズと容量 気に入った性能と機能を搭載している洗濯機を見つけても、サイズと容量を間違えて選べば満足度は半減します。 サイズは、洗濯機の置き場と搬入ルートによって決定されます。 そのためあらかじめ洗濯機の置き場と搬入ルートの広さを確かめておき、置くことができるサイズの洗濯機を選ぶようにしましょう。 また容量は、洗濯物の量と洗濯の頻度によって決まります。 一般的に1日当たりの洗濯物の量は1人につき1. 5㎏とされています。 目安の世帯人数 洗濯機の必要容量 1人世帯 5kg 2人~3人世帯 5kg~7kg 4人~5人世帯 7kg~9kg 5人以上世帯 9kg以上 1日に1人が出す洗濯物の量と家族の人数から大まかな洗濯物量を推定し、1週間に何回くらい洗濯するのかを考慮して最適な容量を兼ね備えた洗濯機を選びましょう。 また選ぶ洗濯機の容量は、余裕を持ったものにしておくことで失敗を防ぐことができます。 「大は小を兼ねる」です。 静音性 意外と大きな音が出る洗濯機。 早朝や夜中に大きな音が出る洗濯機を動かせば、近隣との騒音トラブルの原因にもなります。 音や振動の問題は、購入後に実際に使ってみて気付くことが多いポイント。 注意が必要です。 縦型洗濯機は脱水までしか行わないため音も振動も小さいですが、縦型洗濯乾燥機やドラム式洗濯機は乾燥機能を使えば音も振動も大きくなります。 縦型洗濯乾燥機やドラム式洗濯機を選ぶときには、特に静音性に気を配りましょう。 静音性にこだわった製品も登場しているため、購入前にどれくらい大きな音と振動になるのかもしっかりチェックしておきましょう。 価格 一人暮らし向けの洗濯機は、一般的にサイズと容量が小さい製品のため低価格で購入できます。 しかし選ぶ洗濯機タイプによって、その価格には大きな幅があります。 縦型洗濯機は最も安く2万円前後でも購入することが可能。 縦型洗濯乾燥機になると4万円前後、ドラム式洗濯機では15万円前後は必要になります。 低価格の製品はシンプルな機能しか付いておらず、逆に高価格の製品は多機能で使い勝手のよい製品となる傾向にあります。 予算との兼ね合いがありますが、毎日使う洗濯機はできるだけしっかりとしたものを選びたいところです。 一人暮らし向け縦型洗濯機のオススメ人気比較ランキング ここからはコンパクトな一人暮らし向け縦型洗濯機のオススメ人気ランキングをご紹介します。 性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。 5位:BESTEK 全自動洗濯機 小型 ミニ縦型 洗濯3. 8kg BTWA01 ベステックのコンパクト設計で一人暮らしに最適な全自動洗濯機です。 小型の洗濯機はたくさんありますが、この洗濯機ほど小さな洗濯機はなかなかありません。 できるだけコンパクトな洗濯機が欲しい人にはピッタリです。 洗濯容量は3. 8kgで一人暮らしなら十分な容量となっています。 本体が非常に小さいため狭い設置スペースにも置くことが可能。 一人暮らしや寮の共同生活にも最適です。 本体がコンパクトなため強力な水流を生み出すことができ、洗濯物をしっかりと洗い上げることができます。 また一度の洗濯に必要となる水や電気を節約することができ、ランニングコストを極限まで抑えることができます。 コンパクトでも洗濯コースを豊富で、標準、お急ぎ、大物、つけおき、ソフト、脱水のコースから選択することができます。 洗う衣類や汚れ具合に応じて最適な洗濯コースを選ぶことができます。 ステンレス槽と抗菌パルセーターを使用しているため黒カビの発生を抑えて清潔に使い続けることができます。 衛生面も万全です。 非常にコンパクトな一人暮らし専用といえる全自動洗濯機。 洗濯物の量が少なく頻繁に洗濯する人やできるだけ予算抑えたい人はこの洗濯機がオススメです。 口コミの評判 ・洗濯機としてですが、シャツや下着などの洗濯は、必要十分な能力があると思います。 襟元の黄ばみや、ハンカチの染みなども、洗剤+漂白剤でしっかり落ちてましたしね。 ただし、ジーンズやフリースなど、厚手の衣類になると、脱水能力が少々心許ないなといった具合。 これは、サイズに伴ってドラムの直径が小さい=遠心力が少ないからかもしれませんね。 柔軟剤を入れる場合は、タイミングを見て一時停止し、手動投入しなければなりません。 ・飲食店で使うタオルやダスター用洗濯機として購入しました。 洗濯量は少なくても良いので、置くスペースが小さく納まる小型の物を探していました。 ミニ型でとてもコンパクトですが、清音で音は全く気になりません。 操作性も簡単で重宝しています。 コスパ的にも良い買い物でした。 ・引越しの際に2階のベランダに置くために購入しました。 1人暮らしにちょうどいいサイズ。 なんとか一人でも移動可能。 洗濯の際、水流が弱い感じがするけど特に問題ない感じ。 洗濯の際の音が静か。 シンプルイズベスト。 いいんじゃないでしょうか。 ・思っていた以上に軽くて設置がめちゃくちゃ楽でした。 洗濯機自体がコンパクトなタメ、非力な女性ですら持ち運べるレベルです。 音も静かで、ひと昔前の洗濯機にありがちな脱水時のガタガタとウルサイ感じも全くありません。 お急ぎコースで夜にちゃっちゃと洗濯って事も、野外置きや余程防音に難がある住まいでない限り可能だと思います。 個人的には値段のワリに本体の質感もそこまでチープではない気がします。 4位:maxzen 全自動洗濯機 簡易乾燥機能 洗濯6kg JW06MD01 マクスゼンの低価格ながら多彩な機能を搭載している全自動洗濯機です。 洗濯容量は6kgあるため一人暮らしには十分なサイズ感となっています。 洗濯物を溜め込んで洗うことも可能です。 フラットでスタイリッシュなデザインは見た目だけでなく実用性にも富んでおり、狭い洗濯機置き場にもラクラク設置することができます。 操作パネルは非常にシンプルで扱いやすくなっており、洗い、すすぎ、脱水の基本動作を手早く簡単に操作することができます。 シンプルで低価格な洗濯機ですが、必要な機能は全て揃えています。 洗濯槽はステンレス製となっており長期間使用しても汚れにくくなっています。 また洗濯槽をピカピカに洗浄することができる槽洗浄機能を搭載しているため、定期的にメンテナンスすることで長く清潔に使い続けることができます。 洗濯槽をキレイにできるため、臭いや排水不良などのトラブルを未然に防ぐことができます。 風乾燥機能を搭載しており、脱水した洗濯物を簡易的に乾燥することができます。 脱水のみよりも干す時間を大幅に短縮可能で、部屋干しの嫌な臭いを抑えることができます。 国内最高峰のコストパフォーマンスを実現しているシンプルで使いやすい全自動洗濯機。 2万円前後という低価格からは考えられない性能と機能を備えているため、できるだけ予算を抑えた人は最優先候補にしておきましょう。 口コミの評判 ・単身赴任歴3年。 赴任先で様々な洗濯機を使用してきました。 洗濯が嫌いではない自分から言わせると、洗濯機は性能・静穏ともによい。 何が良いかというと、「風乾燥」という機能があり、完璧乾燥しないが部分的に乾燥する。 部屋干ししたときに乾くスピードが違う。 また、6kgという容量なので、毛布や大きなシーツも自宅で洗濯でき非常に便利。 あとは、どのくらい耐久性があるかがポイントです。 0kg洗えて簡易乾燥機能付き。 他にハイアールとかそっちのお国の洗濯機はあったけれど、とりあえず国内メーカーにこだわった。 ・商品自体は一人で運べないほどではない。 玄関から毛布の上に載せて運べば大概運べます。 私は毛布を使用しないで持ち上げて運びました。 設置はそんなに難しくなく、30分ほどで完了。 ほとんど少量2~3kg分の洗濯物でしか使っていないけれど十分だと思います。 家の広さによると思いますが、他の方が言われているような騒音も気になりません。 ・外見も納得のいく賞品で、上蓋は透明か黒で悩みましたが、透明の方があまり圧迫感がないから私的には透明にして良かったです。 作動音も許容範囲で気になりません。 価格的には良い買い物をしたと思います。 3位:シャープ 全自動洗濯機 穴なし槽 洗濯6kg ES-GE6A シャープの洗濯槽に穴のない全自動洗濯機。 洗濯槽に穴がないため、黒カビの発生を防ぐことができます。 洗濯容量は6㎏と一人暮らしには最適なサイズ。 コンパクトなため、狭い場所にも置くことができます。 最大の特長は洗濯槽に穴がないシャープ独自の設計で、黒カビの発生を防ぎいつまでも洗濯機をキレイに保つことができます。 また洗濯槽を洗い流す機能も搭載されているため、洗濯槽の汚れに関しては万全です。 一人暮らしには嬉しい時短コースを搭載。 ボタンひと押しで簡単設定することができ、30分程度で洗濯を終わらせることができます。 脱水後には、洗濯槽をゆっくりと動かして洗濯物をほぐしてくれるため、洗濯物が絡まることなく取り出しやすくなっています。 少人数世帯向けに設計されているため、一人暮らしには使い勝手のよい洗濯機。 価格が安いのも嬉しいポイントです。 口コミの評価 ・8キロの洗濯機から、シャープの6キロに換えました。 小さくなりましたが、機能はシンプルかつボディはコンパクト! 操作もしやすく、ただ単に洗濯、すすぎ、脱水をするには充分な製品です。 ・1回しか使ってませんが、え?脱水出来てる?ってくらい洗濯物が絡まってません!スラスラとれました。 ・「穴なしなので脱水が弱い」という方もいますが、そんなことないです。 普通に洗って普通に脱水して、普通に干しています。 この価格・サイズですから、これで十分です。 ・洗濯機については、終了後の絡まりが(洗濯物が取り出しやすいという割)少し気になりますが、価格、節水機能などトータルして満足しています。 2位:東芝 全自動洗濯機 洗濯4. 5kg AW-45M5 東芝のコンパクトな全自動洗濯機です。 シンプルながらしっかりと洗うことができます。 容量4. 5㎏と非常に小さく、全自動洗濯機としては最小クラスサイズ。 他の洗濯機が置けない場所でも、この洗濯機なら置くことができるかもしれません。 東芝独自の3つのシャワーでしっかり洗う「パワフル洗浄」を搭載。 衣類全体に洗剤をしっかりと浸透させてから洗うため、落ちにくい汚れも落とすことができます。 つけおきコースも用意されているため、落ちにくいガンコな汚れにも対応することが可能。 また最低水位12リットルと非常に少ない水の量で洗濯物ができるため無駄がありません。 洗濯槽はステンレス製のため、丈夫なうえに清潔な状態を保てます。 運転音は、洗濯時38dB、脱水時45dBとそれほど大きくはないものの小さいとはいえません。 洗濯機として最低限の機能しか搭載していませんが、コンパクトで低価格を実現した洗濯機。 洗濯機に必要最低限の機能しか求めないなら十分な性能です。 口コミの評価 ・息子の一人暮らし用に購入しました。 メーカー品なのに格安で買えて満足です。 デザインも色も気に入ってます。 1週間分の洗濯物でも大丈夫そうです! ・静かで非常にいいですね。 ホワイトも清潔感があって満足しております。 ・なんと言っても、この商品のよさはコストパフォーマンスだ。 必要な機能は全てそろっていて、3万ほどで買える。 ・ハイアール洗濯機から乗り換えました。 値段もそんなに変わらないですし、やっぱり国産洗濯機だと安心ですし、音も静かで気に入っています! 1位:ハイアール 全自動洗濯機 洗濯5. 5kg JW-C55A ハイアールのコストパフォーマンスを追求した洗濯機。 とにかく安い洗濯機が欲しい人には最適な製品です。 容量5. 5㎏とコンパクトサイズですが、充実した機能を搭載しています。 新型3Dウィングパルセータを搭載しており、5枚羽で洗濯槽内に複雑で立体的な流れを作り出し、洗濯物をしっかりと洗います。 また高濃度洗浄機能を搭載しており、高濃度の洗剤液を洗濯物全体に浸透させることで、衣類の繊維に染み込んだ汚れをしっかりと浮かしつつ洗いムラを防ぎます。 脱水にもこだわりがあり、脱水モードにはシワを防ぐ「しわケア」「弱」が用意されております。 ブラウスやシャツといったシワになりやすい衣類でも、干した時にシワになりにくくアイロンがけを簡単にします。 洗濯コースも、標準コース以外にお急ぎコース、お好みコース、念入りコース、毛布コースなどがあり、好みに応じた洗濯を行うことができます。 2万円前後という低価格とは思えない機能を詰め込んだ洗濯機。 容量とサイズも大きすぎず一人暮らしには最適です。 口コミの評価 ・試運転から今日に至るまで感激の連続でした。 冷静になって考えてみても、この安さでこの機能ですので僕には十分です。 それに静かです。 操作パネルも見やすい!とてもいい買い物でした。 ・コンパクトでありながら、簡易乾燥までついている実用品。 ・商品の使い心地は、値段以上の働きをしてると思います。 大事な衣類はクリーニングに出せば良いかなあという考えで、普段着の洗濯には問題なく使える商品だと思います。 ・全体的に満足でした。 音が若干大きいと思います。 特に脱水モードで、揺れることガあります。 でもこの値段では納得します。 ・いいです。 安くて、使い便利です。 洗濯時間が短くて、騒音が大きくないです。 一人暮らし向け縦型洗濯乾燥機のオススメ人気比較ランキング ここからは低価格で購入できる一人暮らし向け縦型洗濯乾燥機のオススメ人気ランキングをご紹介します。 性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。 5位:シャープ タテ型洗濯乾燥機 洗濯8kg 乾燥4. 5㎏ ESTX8B-N シャツのシワを抑えて乾燥できるシャープの縦型洗濯乾燥機です。 シャープならではの洗濯槽に穴がない縦型洗濯乾燥機で、穴なし槽の採用によって、黒カビの発生を抑えて清潔な水で洗濯することができます。 また無駄な水がたまらない構造となっているため1回あたりの洗濯で約32リットルの節水が可能です。 水道代を節約する効果もあります。 穴なし槽によって水流の勢いを加速させることができます。 強力な水流でもみ洗いとこすり洗いのダブル洗浄を行い、さらに洗濯槽内の壁のダイヤカット凹凸によって少ない水でもしっかりと洗濯物の汚れを落とすことができます。 手入れの事も考えられており、プラズマクラスター槽クリーン機能を搭載。 ボタンひとつで洗濯槽を水洗いし、シャープ独自のプラズマクラスターを放出しながら送風することで洗濯槽を清潔に保ちカビの繁殖を抑えます。 内フタがない構造を採用したことで投入口が広くなっており、大物もスムーズに出し入れすることが可能。 脱水の最後にパルセーターをゆっくりと動かすことで洗濯物のからみをほぐすことができ、洗濯物をより取り出しやすくなっています。 梅雨の季節にはうれしいシャープ独自のハンガー乾燥機能を搭載。 洗濯槽内にハンガーがけした衣類を干すことで、シワを抑えながらスピーディーに乾燥させることができます。 プラズマクラスターの効果で細菌の繁殖や臭いを抑え、洗濯物を消臭除菌することができるため、生乾きの嫌な臭いを防ぐのにも役立ちます。 汚れ具合に応じて多彩なコースでしっかりと洗うことができる縦型洗濯乾燥機。 シャツを着ることが多いサラリーマンには、シワを抑える機能が大助かりします。 4位:東芝 縦型洗濯乾燥機 洗濯8kg 乾燥4. 5kg AW-8V3M 東芝製の洗濯乾燥機。 マジックドラムを搭載しており、洗濯機を清潔に保つ機能も充実しています。 洗濯容量8㎏、乾燥容量4. 5㎏で、排気式のヒーター乾燥で洗濯物を乾かすことができます。 東芝独自のマジックドラムと搭載しており、防汚コートによって黒カビの発生を抑えます。 洗濯物の本洗いの際には、入れ替え、もみ洗い、ほぐし洗いの3種類の洗い方で洗濯物をしっかり洗い上げます。 低振動、低温設計の洗濯機のため、他の洗濯機に比べて静音性に優れており、洗濯時28dB、乾燥時45dBと非常に静かに洗濯を行うことが可能。 深夜や早朝にも洗濯することができます。 静音性に優れた洗濯機のため、洗濯時間が自由にならない一人暮らしでも安心して使える洗濯機。 乾燥容量も一人暮らしには十分です。 口コミの評価 ・以前の洗濯機と同じ洗剤を使ってるのに汚れが良く落ちる様になりました。 ・さすがDDモーター超静かです、離れると水の音しか聞こえません、脱水中も嘘のような静かさです。 ・深夜は使ってませんでしたが深夜でも使えます。 赤ちゃんならいつ寝てるかわからないので静かな東芝を狙ってました。 排水管を流れるジョロジョロ音が一番うるさいくらいです。 ・購入後半年が経過しました。 購入時と変わらず静かに洗濯してくれています。 不具合もなく、異音もなくとても満足しています。 3位:シャープ タテ型洗濯乾燥機 ステンレス穴なし槽 洗濯5kg 乾燥3㎏ ES-TX5B-N 少量の洗濯物をすばやく洗濯、乾燥させることができるシャープの縦型洗濯乾燥機です。 シャープの洗濯機ならではの穴なし槽を採用している縦型洗濯乾燥機で、洗濯槽に穴がないことでカビの発生を抑えながら清潔な水で洗濯することができ、さらに節水効果を高めることもできます。 また樹脂パーツに関しても抗菌加工が施されているため、黒カビの発生を抑えて清潔に使い続けることができるようになっています。 槽クリーンコースを搭載しており、キレイな水で洗濯槽の汚れを洗い流しながら使用することができます。 さらに自動槽洗いで洗濯するたびに洗濯槽を清潔に保つことができます。 とにかく洗濯槽をキレイにできるため、洗濯乾燥機を常に衛生的な状態に保ち、洗濯物を清潔に洗い上げるだけでなく洗濯乾燥機に発生するトラブルを未然に防ぐことができます。 この洗濯乾燥機が一人暮らしに向いている大きなポイントが洗濯から乾燥までわずか90分で仕上げることができる洗・乾90コースを搭載していること。 少量の洗濯物ならたった90分で仕上げることができるため、忙しいときや急いでいるときにもすばやく洗濯できます。 さらに衣類の絡みを抑えてやさしく脱水することでシワを防ぐシワ抑えコースを搭載しており、シャツやブラウスのシワを抑えてアイロンがけしやすくしてくれます。 一人暮らしなら絶対に備えておきたい機能と一人暮らしにピッタリな容量を兼ね備えている縦型洗濯乾燥機。 性能、機能、使いやすさの三拍子が揃っており、選んでも失敗がない縦型洗濯乾燥機です。 口コミの評判 ・縦型の小型の洗濯機ですが、乾燥機能が付いているのが特徴です。 このサイズ(5. 5kg)で乾燥機能が付いているという条件では、有力な選択肢となる機種だと思います。 ・乾燥機能の方は、3. 5kg までしか乾燥できない上に4時間ほど掛かるという制約はありますが、仕上がりはきちんと乾燥できています。 ただ、衣類から吸い上げた蒸気は排水されるのではなく、蓋から上部へ発散される構造になっているため、洗濯機の置いてある部屋の湿度は確実に上がります。 乾燥機能が必要になるのは概して雨の日でしょうから、部屋の換気というよりも除湿機を置くことも考慮した方がいいかもしれません。 ・縦型の乾燥機能のはどうなのか不安だったが、しっかりと乾燥できている。 ただ時間はかかる。 洗濯層に穴がないので、洗濯槽の裏にカビが発生したとしても洗濯槽内には入ってこないため衛生的。 洗濯後に干さなくていいので仕事のある平日でもかけっぱなしで出かけられるのでとても便利。 ・この値段で洗濯乾燥機が変えると思ってなかったです。 一人暮らしで週に2回ほど使っています。 たまに乾燥が足りないときがありますが、そのときは乾燥を追加します。 タイマー機能などもありますし、すごく使いやすいです。 2位:日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ 洗濯7kg BW-V70A 日立の大人気洗濯機「ビートウォッシュ」。 簡易乾燥機能付きの洗濯機です。 ナイアガラビート洗浄とナイアガラすすぎによって、洗浄とすすぎに定評があり、洗い上がりの安心感が違います。 ナイアガラビート洗浄では、高濃度の洗剤液を衣類全体に浸透させることで汚れを浮かせ、さらにX字状のビートウィングで衣類を内外上下に動かしながら押し洗い、叩き洗い、もみ洗いを行います。 この洗浄方法によって、皮脂汚れや泥汚れもしっかりと落とします。 洗浄力の弱い洗濯機では洗濯していても黄ばみが発生しますが、つけおきナイアガラビート洗浄を使えばき売の原因となる皮脂汚れを徹底的に落とすことができ、黄ばみを防ぐことができます。 浮かした汚れはたっぷりの水で洗濯物の洗剤残りを防ぐナイアガラシャワーですすぎを行い、洗剤と一緒に汚れを洗い流します。 洗濯乾燥機ではないため完全乾燥させる機能は搭載されていませんが、干し時間を短縮できるエアジェットを搭載。 フタの吸気口から吸い込んだ空気で洗濯物をほぐしながら脱水槽を高速回転させることで、衣類の水分を飛ばすことができます。 一人暮らしでも洗濯物の洗浄力にこだわりたい人向けの洗濯機。 一人暮らしだからこそ、衣服の汚れや臭いは絶対に防ぎたいところです。 口コミの評価 ・音は静かだし、お風呂のお湯を給水する機能までついていて最近の洗濯機は凄いなと驚いています。 糸くずとりがダブルでついているのもいいですね。 洗濯機を回すのが以前より楽しいです。 ・非常に静か。 作動するまで間があるが綺麗に洗えます。 洗濯槽内の乾燥機能、すすぎ洗い等色々付いてます。 ・洗浄力はとてもあり、脱水もしっかり出来ている。 洗濯機がいつも綺麗に保てる機能がついている。 ・これ、ちゃんと洗ってますよーって音立てないのに、ちゃんと汚れ、匂い、落ちてるんです。 すごい! 1位:シャープ タテ型洗濯乾燥機 穴なし槽 洗濯5. 5kg 乾燥3. 5kg ES-TX5A シャープの穴なし洗濯槽が特徴の洗濯機。 コンパクトなサイズですが乾燥機能まで搭載している優れものです。 洗濯容量5. 5kg、乾燥容量3. 5kgと洗濯容量の割に乾燥容量が多く使い勝手のよい洗濯機。 たくさんの洗濯物も乾燥させることができます。 シャープおなじみの穴なし洗濯槽で、洗濯機の汚れをブロック。 黒カビの発生を抑えることができるため、いつでも清潔な水で洗濯物を洗うことができます。 また穴なし洗濯槽のためムダな水を使わず節水効果もあります。 少量の洗濯物なら洗濯から乾燥まで短時間で終わらせることが可能。 化繊Yシャツ4枚程度なら90分で洗濯乾燥させることができるため、時間がない人でも毎日洗濯することができます。 洗濯後には、洗濯槽がゆっくりと回転することで洗濯物の絡まりをほぐす機能があり、洗濯物をスムーズに取り出すことができます。 しっかりとした性能と機能を搭載しながら、コンパクトで低価格な洗濯機。 できるだけ値段を抑えつつ性能や機能にも妥協できない欲張りな人も満足させる安心感のある洗濯機です。 口コミの評価 ・とても使いやすいです。 コンパクトなのに乾燥機ついているので、とても便利。 音もそれほど大きくないです。 ・小さいサイズで乾燥機付きを探していました。 価格に見合うと思います。 乾燥時間がとてもかかるので乾燥機必須の人にはお薦め出来ません。 ・乾燥機付きはとても便利です。 私はひとり暮らしをしている 男 のですが、非常に使いやすいです。 相場があまり良くわかりませんが、この機能なら安いんじゃないのかなと思います。 ・乾燥もいい感じ。 いっぱい入れ過ぎるとシワがでますが、これでかなり梅雨時期楽になりそうです。 一人暮らし向けドラム式洗濯機のオススメ人気比較ランキング ここからは忙しい一人暮らしでも時短を実現できる一人暮らし向けドラム式洗濯機のオススメ人気ランキングをご紹介します。 性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。 5位:シャープ ドラム式洗濯乾燥機 洗濯11kg 乾燥6kg ES-P110-S 繊維の奥の汚れまで高圧洗浄で落とすことができる洗濯の精度を求める人のためのシャープの高性能ドラム式洗濯機です。 シャープ独自のマイクロ高圧洗浄機能を搭載しているドラム式洗濯機で、洗浄力が縦型洗濯機に劣るとされているドラム式洗濯機の欠点をしっかりと補うことができます。 高圧シャワーノズルから清潔な水道水を毎分約100万個以上の微細な水滴にして衣類に噴射することで、細かい水滴が布地の目を広げずに繊維の奥まで入り込み、汚れを一気にはじき出すことができます。 泥汚れや黒ずみなどしつこい汚れも水の力で落とします。 性能面だけでなく機能面にも優れており、多彩な洗濯コースで思い通りの洗濯を自由自在にこなすことができます。 汗染みや黄ばみもスッキリと取り除くことができます。 ホームクリーニングコースは、おしゃれ着も衣類の傷みを抑えながらしつこい汚れまで落とし、型崩れを防ぐことができます。 おしゃれ着を洗うことが多い女性にはうれしい機能です。 マイクロ高圧洗浄機能を使うことで、サッと予約洗いという約5分で洗剤を使わずヒドい汚れを落とす洗い方まで実現します。 シャープ独自で業界初となるヒートポンプとサポートヒーターを使うハイブリッド乾燥方式を採用したことで、省エネながらふんわりとした乾燥が可能となりました、さらに乾燥中にはプラズマクラスターが放出され、消臭効果を得ることができます。 一人暮らしなら部屋干ししなくてはいけない状況になることも多いですが、このドラム式洗濯機なら部屋干しを回避して生乾きの臭いを抑えることもできます。 7つのセンサーを搭載しており、洗剤の種類、衣類の種類、乾き具合などを洗濯機が見極めて最適な運転パターンを選択してくれるため、電気や水のムダを抑えながら手軽な洗濯を実現してくれます。 電源を入れると操作に必要なタッチキーが光る操作部となっているため、分かりやすく操作を直観的に行うことができます。 これまでにないマイクロ高圧洗浄とハイブリッド乾燥方式で洗剤を使わずしっかり洗ってふわふわに乾かすことができるドラム式洗濯機。 高額なドラム式洗濯機ですが、できる限り洗濯の手間をかけたくないならこのドラム式洗濯機にしましょう。 口コミの評判 ・多機能だがメニューがシンプルで操作しやすい。 洗濯物を取り込むとき、洗濯機に手をつくとちょうど電源スイッチに当たり、誤操作してしまう。 ・欠点なし。 名機としておすすめできます。 大満足。 これまで洗濯機を選ぶときシャープ製は候補に挙げてこなかったがデザインに惚れ、買ってみて性能にも満足できた好例。 雨の日は洗濯から乾燥まで安心して任せられる。 洗濯機の完成形かも。 将来古くなって買い替えが必要になっても同機種にしたいと思えるほど。 ・使用一ヶ月経って。 この梅雨時でも家族全員のシーツを洗って、乾燥が午前中で終わってしまうのはすごい!本当に良い製品です。 ・洗浄力は今まで使っていた縦型よりも明らかにきれいに仕上がっている。 繊維の痛みも少ない気がする。 洗い中はほとんど音がしない。 脱水時は若干音はするが気にならないレベル。 4位:東芝 ドラム式洗濯乾燥機 ヒートポンプタイプ 洗濯9kg 乾燥6kg TW-96A5L 東芝のヒートポンプのドラム式洗濯機。 サイズ的には大きいですが、ドラム式にしては価格が安いのが魅力です。 洗濯容量9kg、乾燥容量6kgと一人暮らしには十分な容量。 週末にまとめ洗いをすることもできます。 マジックドラムを搭載しており、特殊コーティングによって洗濯槽に汚れが残りません。 いつまでも清潔に使うことができます。 遠心洗い、パワフルたたき洗い、パワフル押し洗いによって、衣類の繊維に入り込んだ汚れを浮かせて流します。 さらにガンコな汚れに対応したつけおきコース、短時間でスピーディーに洗い上げるスピードコースも搭載。 ヒドい汚れの洋服を洗濯することも素早く洗濯を終わらせたいときにも大活躍します。 ヒートポンプタイプのため省エネ効果が高くで、電気代が安いためランニングコストを抑えることができます。 この洗濯機は低振動、低温設計となっており、洗濯時31dB、乾燥時44dBと音が小さいため時間を気にせずに使うことが可能。 一人暮らしなら早朝や深夜に洗濯機を使わなければいけないこともありますが、近所迷惑を気にすることなく洗濯機を使えます。 一人暮らしの物件から考えると洗濯機のサイズが大きいため置き場には困りますが、性能、機能、容量、価格は申し分のないドラム式洗濯機。 利便性を考えれば多少無理をしてでも置いておきたい洗濯機です。 3位:シャープ コンパクトドラム 洗濯7kg 乾燥3. 5kg ES-S7C シャープの値段を抑えつつコンパクトに仕上げた一人暮らしにピッタリなドラム式洗濯機です。 スッキリ収まる60㎝のコンパクトドラム式洗濯機でマンションにも設置することができます。 設置スペースの問題からドラム式洗濯機を諦めていた人でも、一般的な防水パンにも置けるこのドラム式洗濯機なら設置できるかもしれません。 使いやすさのことも考えられた設計となっており、ドアの高さは47. 2㎝となっているため、洗濯物の出し入れもスムーズに行うことができます。 洗濯槽を回転させるモーターをインバーターで制御することによって効率的な運転を実現。 消費電力と運転音を抑えることに成功しており、深夜に洗濯機を使用しなくてはならない一人暮らしの人も音を気にせず使用することができます。 温度、水位、重量、振動に関する4つのセンサーを備えており、最適な運転を自動的に行なってくれます。 洗濯物の量や汚れ具合を感知し、温度や時間を適切に判断して洗濯してくれるため、最短時間で汚れをしっかり落とす洗濯を実行してくれます。 もちろんシャープ独自のプラズマクラスターを搭載。 洗濯槽を自動的に清潔に保ち、洗濯機の大敵である黒カビの発生も抑えてくれます。 またプラズマクラスターを使うことで水で洗えない衣類もすっきり消臭することができます。 ジャケット、ぬいぐるみ、ブーツなども手軽に消臭できるため、クリーニング代を節約することができます。 一人暮らしには必要十分な機能を兼ね備えており、コンパクトなため簡単に設置することもできるドラム式洗濯機。 質実剛健なドラム式洗濯機となっているため、実用性を重視するならこのドラム式洗濯機にしましょう。 口コミの評判 ・事前に防水パンのサイズを調べてちょうどぴったりでした。 それ以外にも搬入経路(エレベーター、風呂のドアのサイズ)を考えると、このサイズでないと、マンションは搬入が無理かもしれないです。 ・機能はいたってシンプルですが、時短モードが有り、30分で洗濯乾燥するモードがあるのが便利です。 ドラム式で、上に洗濯物のかごが置けるのは、非常に省スペースでいいですね。 買ってよかったと思います。 ドアの上部の頂点に数字ディスプレイがあり、残り時間など表示してくれます。 チャイルドロック機能もついています。 ・脱水以外は非常に静かで、浴室のドアを閉めていれば音は聞こえません。 ただ、脱水時にそれなりに振動するので、上においてあるラックと擦れる音や、物が落ちることがあります。 ・普段は洗濯・脱水のみで使用していません。 が、梅雨時に幼児の服などを一晩で乾燥させたいとき、忙しい時などに効果を発揮します。 ヒートポンプ式でないので、どうしても若干の縮みはあります。 この値段でたまに使用するならば許容範囲だと思います。 2位:日立 ドラム式洗濯機 洗濯12kg 乾燥6kg BD-NX120AL 日立に人気ドラム式洗濯機シリーズ「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム」。 圧倒的な高性能、高機能が魅力です。 洗濯容量12kg、乾燥容量6kgと大容量ながら、奥行き62㎝と非常にスリム。 設置場所の都合でドラム式洗濯機を諦めていた人でも、置くことができます。 洗浄機能にも優れており、高濃度洗浄液と押し洗い、叩き洗い、もみ洗いで汚れをしっかりと落とすナイアガラ洗浄を搭載。 強力循環ポンプを採用することで、洗濯に使う水の量を減らしつつ抜群の洗浄力を実現しています。 また温水で黄ばみや臭いの原因となる皮脂汚れや雑菌を洗い流す温水ナイアガラ洗浄も搭載しており、気になるガンコな汚れもしっかりと洗い落とします。 このドラム式洗濯機の最大の魅力は風アイロン機能。 乾燥時に時速300㎞の高速の風を当てながら低温乾燥することで、衣類の変形を抑えつつシワを防ぎ、洗濯物を乾燥後にそのまま着られる仕上がりにすることができます。 一人暮らしなら洗濯だけでなくシワ伸ばしやアイロンがけの作業も面倒ですが、この洗濯機ならそんな面倒な作業をすることなく洋服をサッと洗ってサッと着るという夢のような日常を実現してくれます。 大容量のため週末のまとめ洗いにも対応できる洗濯機。 毎日、洗濯物を洗ったり干したりする手間と時間を省き、自由な時間を作ってくれると思えば多少の値段の高さにも目を瞑ることができます。 口コミの評価 ・驚く程静かです。 脱衣所の引き戸を閉めていると、ほぼ聞こえません。 洗濯が終わったかどうかもわかりません。 乾燥中の音が感激できるほど静かです。 ・まだ全ての機能は使っていませんが、とても良く出来ています。 操作感も良いです。 ・洗濯能力は相変わらず高いです。 よく汚れが落ち、ちゃんと乾いています。 ボタン一つでかなり楽です。 ・斜めドラムに対する満足度でもありますが、風アイロンの仕上がりの良さに乾燥を委ねることができることが、この満足度につながっていると思います。 1位:パナソニック ドラム式洗濯機 Cuble(キューブル)洗濯7kg 乾燥3kg NA-VG710L パナソニックのコンパクトなドラム式洗濯機。 ヒーター乾燥機能ですが、スタイリッシュで狭い場所にも置くことができます。 洗濯容量7㎏、乾燥容量3kgと一人暮らしに最適な容量。 またフラットデザインを採用しているため、ドラム式洗濯機とは思えないほど小型化することに成功しており、他のドラム式洗濯機が設置できなくてもキューブルなら設置可能な場合があります。 パナソニックは洗剤の力を最大限発揮する洗濯方式を採用しており、キューブルには泡洗浄Wと温水泡洗浄Wが搭載されています。 泡洗浄Wは、洗剤液を泡立てることで洗浄力を引き出し繊維の奥の汚れまで浸透させ、ガンコな汚れもキレイに洗い流します。 皮脂汚れをしっかり落とし除菌までできるため、黄ばみや嫌な臭いを防ぐことができます。 低温風パワフル乾燥で、洗濯物をしっかりと乾燥させふんわりと仕上げます。 洗濯物のシワを防ぐこともでき、アイロンがけの手間を省くこともできます。 パナソニック独自のエコナビを搭載しており、水温や洗濯物の量に合わせて洗濯時間を自動で短縮。 電気代を節約することができ、洗濯時間を短縮することもできます。 ドラム式洗濯機とは思えないスリムボディが魅力の洗濯機。 一人暮らしの部屋ではスペースが限られているため、どうしてもサイズが大きくなるドラム式を選ぶならコンパクトなキューブルをオススメします。 口コミの評価 ・全自動で洗濯も乾燥もしてくれ、梅雨時などには強い味方のドラム式。 モーターの制動がしっかりしており、キビキビと動く様を見ているだけで楽しいです。 機能も必要十分で申し分ないのです。 ・フィルターのこまめな手入れが必要ですが、ホコリは簡単に剥がれてくれるので、さほど手間は感じません。 ・国内で現在販売されている洗濯機の中で最もシンプル。 ・1週間使ってみて、全てが良いところだらけで、悪いところが1つも見つかりません。 とてもステキな洗濯機です。 ・温水で洗浄出来る事で、汚れはもちろん、臭くなっていたタオルなども一発で解消されます! ・ふんわりキープ機能により、乾燥機を使った場合にありがちな、パリパリ状の仕上がりになりにくく、むしろ天日干しよりも適度にしっとり乾かすことが出来るため、この快適さを知ってしまうと病み付きになります。 私はもう手放せません。 干したりする手間もなく、時短です。 電気代含めても、労力のコストを考えれば十分安いです。 まとめ 一人暮らし向けの洗濯機といっても、縦型洗濯機、縦型洗濯乾燥機、ドラム式洗濯機によって求める機能や使い方は大きく変わります。 まずどんなタイプの洗濯機が欲しいのかを明確にしましょう。 洗濯機を選ぶときには設置場所も重要になり、限られたスペースだと気に入った洗濯機があっても物理的に設置することができません。 設置場所を確かめて置けるサイズを把握しておきましょう。 最新の洗濯機は性能も機能も良くなっているため、シンプルな洗濯機でも満足な仕上がりになります。 自分に合った1台を選び、洗濯の手間を省きながらしっかりと洗濯物を洗い上げましょう。 洗濯機に関するランキング記事については以下の記事を参照してください。 カテゴリー記事一覧• 398• 117• 870• 463• 141• 139• 146• 147• 242• 213•

次の

【徹底比較】一人暮らし向けドラム式洗濯乾燥機!おすすめランキングTOP5をご紹介!

一人暮らし 洗濯 機

毎日洗うと水道代が少し高めになるのと、仕事が終わった後だと疲れて大変なことが挙げられます。 利点は洗濯物をためずに済むということです。 また、汗などの匂いがある場合は、洋服に染み付かず清潔に保つことができます。 毎日は大変・ある程度洗濯物がたまってからという場合は、一週間に2~3回程度・3日に1回程度の頻度で洗うといいでしょう。 月曜日から3日1回と考えると、週の真ん中の水曜日と休日の土曜日という配分になると思われます。 洗濯物があまり出ない・洗濯物をためて一気に洗うという場合は週に1回程度の頻度でしょう。 欠点として、洗濯機に洋服を詰め込むため洗い残しがでやすいです。 また、干す洗濯物が多いためスペースの余裕が必要になります。 一人暮らしの洗濯頻度が低い場合のメリット・デメリットとは? 洗濯頻度が低い場合のデメリットは雑菌が繁殖し清潔感がない 洗濯頻度が低い場合のデメリットは雑菌が繁殖し清潔感がないことです。 人によっては事情により毎日洗濯ができなくて、3日に1回程度になることがあると思います。 その場合、溜めている洗濯物には雑菌が繁殖し、悪臭の発生・清潔感を損なう・汚れが落ちづらくなるなどのことが起きます。 そのため3日に1回よりは毎日洗う方が、清潔感や菌の繁殖という観点から言って良いと言えます。 ですが、仕事が忙しいなどの理由があればどうしようもないですから、人によっては頻度が低くなるのは仕方がない側面もあります。 洗濯頻度が低い場合のメリットは水道代が安くなる傾向にある 洗濯頻度が低い場合のメリットは、水道代が安くなる傾向にあることです。 一度の洗濯で使う水の量は結構多いため、毎日マメに回していると約900円ほどの水道代がかかります。 逆に3日に1回だと約300円程度で済みます。 毎日回すほど水道代は高く、3日1回など頻度が低いほど安くなります。 仕事が終わってから洗濯をする人は、夜に洗濯機を回すことになります。 その場合、夜でも多くの人が起きている時間帯の間に洗濯機を回し終えてしまうことが大切です。 洗濯機はうるさいため深夜はやめるべきでしょう。 毎日も洗わず、3日に1回ていどの人は、休日の明るい時間帯に回すといいでしょう。 洗濯機を回すことによる騒音も気にせず、明るい時間帯なので天日干しが可能になります。 例えば都心などは夜遅くまで大丈夫な場合があります。 どの時間帯まで大丈夫かは住んでいる地域にもよりますが、迷惑になりそうだと思う時間帯はやめておくほうが無難です。 人は寝ている間でも汗をかいています。 そのため、暑くて汗をかきやすい夏はこまめにシーツや布団を交換する必要があるといえます。 冬場でも汗をかかないわけではないので、半月に1回ぐらいで交換するといいでしょう。 布団やシーツは、そのまま洗濯機の中に入れると傷みます。 ですので、シーツも布団も洗濯ネットにたたんで入れて洗うようにしましょう。 干すときは天日干しだと紫外線で傷むため、陰干しがおすすめです。 布団やシーツは、洋服と比べて洗うのを後回しにしがちではないでしょうか。 シーツや布団には人の汗・皮脂・髪の毛などが落ちており、ダニの餌となってしまいます。 洗わないと知らないうちにダニが繁殖している可能性があります。 浴室乾燥機とは浴室についている乾燥設備のことです。 洗濯した洋服を浴室にかけて乾燥させれば、部屋干しでも嫌な臭いをつけずに乾かすことができます。 梅雨・雨の日・夜間など洗濯しても外に干せない場合があります。 そういったときでも浴室乾燥機があれば、室内でも洗濯物を乾燥させることができます。 溜まった洗濯物を洗う際に、重曹や漂白剤で洋服についた雑菌の嫌な臭いを軽減することができます。 やり方は酸素系漂白剤を購入するか、重曹があれば溶かしたものを洗剤と併用するだけで効果があります。 洗濯槽の中は通気性が悪く、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。 そのため、洗濯物を溜めると雑菌の悪臭が発生しやすくなるため、できればランドリーバスケットなどを利用する方が良いです。 洗濯物を1回ではなく2回する二度洗いというものがあります。 回す回数が多いほど洗濯物がきれいになったような気がしますが、衣類が傷みます。 また、一度の洗濯でほとんどの汚れは落ちていると言われ、二度洗いは過剰だと言えます。 泥がこびりついている、ソースなど油性の汚れがついているといったとき、事前に洗うと落としやすいです。 洗濯機にそのまま入れると、落ち切らずシミになる場合があります。 事前洗いした方がキレイにとれます。 洗濯するとき音が出るので、時間帯を気にしますよね。 しかしコインランドリーの場合は、時間を気にせずに洗うことができます。 もし時間帯の都合で洗濯物が洗いづらいならコインランドリーを利用するのも一つです。 洗濯の頻度が低いと服に雑菌が繁殖するなど不潔です。 しかし、コインランドリーはまとめ洗いが基本な上、高温で衣類を乾燥させるため殺菌が期待できます。 そのため、週の洗濯回数が少なくても洗濯物を清潔に保てます。 コインランドリーの料金だけで済みます。 といっても、週に数回通い続けると一年でそれなりの料金がかかります。 しかし、仕事の転勤が多いなどの理由で、家庭用の洗濯機を買ったり処分したりの経費を考えると安い場合があります。 コインランドリーは外にあるので、当然洗濯物をもっていかなければなりません。 もしコインランドリーが遠かったり洗濯物が重い場合は、毎回コインランドリーに持っていって洗濯するのが辛い場合があります。 引っ越しなどで処分も視野に入れると、コインランドリーの方がいい場合があります。 しかし、今住んでいる土地から当分動く予定がないという場合は、洗濯機を購入した方がトータルでは安くなります。 ベストな洗濯頻度は個人の生活スタイルによる 以上が一人暮らしの洗濯頻度における回数やコツなどについてでした。 どれくらい洗濯するかは個人差があり、少なくても3日に1回や週に1回の頻度で洗う人が多いです。 頻度が少ないと清潔感が損なわれますが、水道代は安くなる傾向があります。 また、場合によっては浴室乾燥やコインランドリーを利用しても便利です。 ほかにもシーツを洗濯する頻度・洗濯物の臭い消しについてまとめている記事があります。 よろしければ、そちらも併せてご覧ください。

次の