バラ 科 の 果物。 果物アレルギー、バラ科の果物で出る症状と対策、気を付ける食物

それもバラ科…!? リンゴに桜に桃に梅、意外と種類豊富なバラ科の植物たち

バラ 科 の 果物

特徴 [ ] 科名の由来であるを始め、野草・栽培種とも多彩な種を含む。 花弁・がくは5枚、雄蕊は10本ないし多数あり、雌蕊は1本のものから多数分立するものまで多様。 葉は単葉または複葉で根元に托葉がある。 、、など日本で古くから親しまれている花木類、また、、、、、など果実、など種子が食用であるものも多い。 バラ科の食物はが現れる場合がある。 詳しくはを参照。 分類 [ ] 3亜科に分けられる。 - は多数分立し(雌蕊が多数)、(に由来しイチゴの食用部分にあたる)の上に乗る。 各心皮が痩果(イチゴなど)あるいは小核果(キイチゴ、バラなど)を作る。 - ・• Colurieae• ワレモコウ連• - およびその亜種 A. subsp. pouzarii• - 、• - 、• - 、• キジムシロ連 Potentilleae• (イチゴ属, フラガリア属) -• ( 、 、 、 は に統合された。 ) - 雌蕊は1ないし数個あり、袋果または朔果を作る。 - 子房上位の核果でを1個含む。 () - 、、、、、、、• Lyonothamnus• Neillieae• (フィソカルプス属)• ヤマブキ連 Kerrieae• Osmaronieae• (エクソコルダ属)• - 扁核木• ホザキナナカマド連 Sorbarieae• シモツケ連 Spiraeeae• ( ) - 子房下位で、リンゴやナシの食用部分はであり、芯がに当たる。 ( )• - 、• (シャリントウ属)• (カマツカ属 Pourthiaeaを含む) - 、• - 、• - 脚注 [ ]• Tropicos• 2014年4月6日閲覧。 『』北隆館、1940年。 Potter, Daniel and Eriksson, Torsten and Evans, Rodger C and Oh, S and Smedmark, JEE and Morgan, David R and Kerr, Malin and Robertson, Kenneth R and Arsenault, Matthew and Dickinson, Timothy A and others 2007. Plant systematics and evolution 266 1-2 : 5-43. 2004. , pp. 361—5. Springer. ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

バラ科の果物アレルギーです。中学生の時に花粉症になったのをきっかけに、生...

バラ 科 の 果物

バラ科の果物には、リンゴ・イチゴ・桃・サクランボ・西洋梨・アンズ・スモモなどがあります。 どれも私たちにとって身近で、食卓に上る機会も多い果物です。 しかし、バラ科の果物は時にアレルギー症状を引き起こすことがあります。 こちらでは、バラ科のアレルギーについてまとめました。 バラ科の果物で起こるアレルギーの症状 リンゴやイチゴなど、バラ科の果物を食べた直後から数分以内に、くちびるや口のまわりがかゆくなる、口の中や喉にピリピリとした刺激を感じる、口の中がかゆくなる、口のまわりがかゆくなる、くちびるが腫れる、舌がしびれる、喉がイガイガするなどのアレルギー症状があらわれることがあります。 口のまわりの症状でおさまることが多いのですが、人によっては嘔吐、下痢、胃痛といった症状があわれることもあります。 血圧低下や意識がなくなるといった命の危険もあるアナフィラキシーの症状が引き起こされることもあるので、注意が必要です。 バラ科の果物で起こるアレルギーの原因 私たちの体には、体の健康を保つため、体の外から入ってくる自分にとって害になる異物を排除して体を守ろうとする防御機能があります。 この体を守ろうと働く免疫システムが、なんらかの原因でバラ科の果物を異物と判断して過剰に反応することで、バラ科の果物のアレルギー症状は引き起こされます。 バラ科の果物アレルギーと一般的な食物アレルギーとの違い バラ科の果物を食べて起こるアレルギー症状は口や喉に起こることが多くなっています。 このような口まわりに症状があらわれるものを口腔アレルギー症候群といいます。 それに対して、バラ科の果物以外で起こる一般的な食物アレルギーの多くは、全身に症状があらわれます。 これは、口腔アレルギー症候群を引き起こすことが多い、バラ科の果物に含まれるたんぱく質が、消化酵素に弱いためです。 胃や小腸といった消化器で容易に分解されてしまうので、直接接触した口腔内でアレルギー症状が起こります。 また、熱にも弱いことが分かっています。 これに対して一般的な食物アレルギーの原因となることの多い鶏卵、牛乳、小麦などは、消化酵素や熱に強いたんぱく質をもつため、分解されることなく腸まで運ばれ、全身症状となってあらわれるのです。 バラ科の果物アレルギーの対策 口や喉にかゆみや痛み、喉がイガイガする感じがするなどの違和感を感じたら、それ以上食べ続けないようにします。 病院を受診し、血液や皮膚などで分かるアレルギー検査を受けると、何に対してアレルギーがあるのかが分かります。 また、バラ科の果物アレルギーは、例外はあるものの、加熱することで症状が出なくなることも多いので、ジャムやコンポートなど一度加熱してから食べる、あるいは加熱処理を施した缶詰になったものを選ぶこともアレルギー症状を起こさないための手段の一つです。 ただし、桃などでは加熱してもアレルギー症状があらわれるので注意が必要です。 バラ科の果物アレルギーと花粉症との関係 バラ科の果物でアレルギー症状が起こる人には、花粉症の人が多いことが分かっています。 これは、花粉症の原因となっている花粉に対して作られた抗体が、それと似たたんぱく質をもつ、バラ科の果物にも反応するためです。 シラカンバ、ハンノキ、オオバヤシャブシといった花粉が原因の花粉症の人には、バラ科の果物でアレルギー症状が起こる可能性があるといわれています。 バラ科果物アレルギーの人がアレルギーを起こす可能性のある食物 バラ科の果物アレルギーの症状がある人は、以下の果物や野菜などでもアレルギー症状があらわれる可能性があります。 バラ科(リンゴ、西洋ナシ、サクランボ、桃、スモモ、アンズ、アーモンド) セリ科(セロリ、ニンジン) ナス科(ジャガイモ) マメ科(大豆、ピーナッツ) マタタビ科(キウイフルーツ) カバノキ科(ヘーゼルナッツ) ウルシ科(マンゴー) シシトウガラシなど バラ科の果物やその他の食物で起こるアレルギーの検査方法 バラ科の果物やその他の食物アレルギーの疑いがある場合は、アレルギー専門医のもとで正確な診断を行ってもらうと安心です。 自己判断で食物除去を行うと、必要な栄養素が摂れなくなってしまう場合もあります。 アレルギー専門医に診断を行ってもらうと、血液検査の結果が陽性であっても、食物アレルギーという診断にならないこともあります。 これは、実際に食べた時の症状と血液検査などの結果が必ずしも一致しないからです。 食物アレルギーの検査には、以下のようなものがあります。 ・血液検査 採血をして、血中にアレルギーを起こすIgE抗体がどのくらいあるか調べます。 ・プリックテスト 皮膚の上にアレルギーの原因となるエキスを含んだ試薬を置き、検査用の針を押し当てて少し時間をおき、その反応をみます。 果物や生の野菜、あるいは豆類を食べたことで症状が出る口腔アレルギー症候群の場合は、果物や野菜そのものに検査用の針を刺し、その後皮膚に押し当てる皮膚プリックテストが行われることもあります。 ・パッチテスト アレルギーの原因となる物質を含んだシールを皮膚に貼り、2~3日間その経過をみることで、どの程度アレルギー反応が起きるかをみます。 幼い子どもでも行いやすいため、赤ちゃんのアレルギー検査で用いられることもあります。 ・食物経口負荷試験 食物を実際に食べてアレルギー症状が出るか反応をみます。 症状が出ても対応できるよう、専門医の管理のもとで行います。 病院での治療 一定期間、抗アレルギー薬を服用する服薬治療や、かゆみなどがある場合にはステロイドの塗り薬が処方されることが多くなっています。 アナフィラキシーショックなどの重い症状が出た場合には、ステロイド剤の点滴などが行われます。 また、アレルギーの元になる食物を、少しの量から徐々に増やして食べることで体を慣らしていく治療法もあります。 危険も伴うため、必ず救急対応のできる環境で医師の指導のもと行う必要があります。 日ごろの体調管理も効果的 バラ科の果物で起こるアレルギーをはじめとしたアレルギー症状は、体が疲れていたり、抵抗力が落ちている時に症状が出やすくなるといわれています。 規則正しい生活をおくり、十分な睡眠をとることが大切です。 また、ストレスをためず、栄養バランスのよい食事を心がけ、食品添加物や酸化した油などを避ける健康的な食生活を意識するなど、日ごろから体調管理に気を配ることも効果的です。

次の

バラ科

バラ 科 の 果物

ある日、公園の植物案内で、やたら「バラ科」が目立つのに気がつきました。 それで調べてみたら、桜もイチゴもアーモンドまでバラ科でびっくりしたので、記事にしてみましたよ。 最近の大きめの公園は、なかなかオシャレですな。 昔だとおばちゃんがやっている売店でフランクフルトを焼いていたりしてましたが、最近ではオープンテラスのカフェだったりいたします。 それもバラ科なの? と驚く方も多いかも 写真はバラの花 種類豊富な「バラ科」の植物たち ある日、フショー東明、某大型都市公園で、人と待ち合わせをしていました。 相手が遅れるというので、カフェの外ベンチでスマホなぞいじっていたら、なんということでしょう。 電源があがりかけていたのですね。 待ち合わせでスマホが切れるのもこまったので、暇つぶしにその辺をキョロキョロと見まわしていて気がついたのです。 樹木などの案内プレートに、やたら「バラ科」の文字が多いことに。 桜もバラ科、梅もバラ科、桃もバラ科 まず、バラがバラ科なのは当たり前ですな。 まあ、公園にバラを植えるのはよくあるので、これはいいでしょう。 で、やはり公園に多い樹木の桜、これもバラ科です。 まあ、桜がそうなんだから、梅と桃もかなあと思ったら、案の定バラ科でした。 公園でながめていて、あ、そうなのかと思ったのが、ユキヤナギですな。 白っぽい花ですよね。 まあ、たしかに花の形が桜に似ているといえば、そうですな。 桜の花 ただ、ヤナギはヤナギ科なんですな。 枝振りからヤナギって名前がついただけで、ヤナギとユキヤナギはかなりちがう植物なのですな。 ややこしい。 ユキヤナギの花。 公園でよく見かけますね バラ科の果物は? リンゴもイチゴも梨もバラ科 それから、桜や桃、梅といえば、フルーツです。 フルーツで調べてみると、イチゴもリンゴもバラ科でした。 イチゴやリンゴは、あまり花をイメージできないのですが、写真を見るとたしかにバラというか梅や桜に似ています。 イチゴの花• リンゴの花 リンゴがバラ科なら、梨もそうなのかといえば、そうでした。 洋梨ももちろんバラ科です。 また、桃がそうならスモモ プラム もかなといえば、これもあたり。 プルーン、ビワ、ネクタリンもバラ科でございます。 ただ、コケモモはツツジ科です。 さらに、イチゴもラズベリーもブラックベリーもバラ科ですが、ブルーベリーはちがってツツジ科でございました。 ていうか、身近なフルーツをふりわけてみると、こんな感じになりますな。 身近さは、近所のスーパーの売り場を見て考えてみましたよ。 見てのとおり、アップルとパイナップルはだいぶちがう植物ですよ。 バラ科の果物は? フルーツの科一覧表 科 フルーツ バラ科 桜ンボ、梅、桃、スモモ プラム 、ネクタリン、アンズ、ビワ、イチゴ、キイチゴ、リンゴ、梨、洋梨、プルーンなどなど ミカン科 ミカン、オレンジ、はっさく、夏ミカン、グレープフルーツ、レモン、ライム、シークァーサー、マンダリンなどなど ブドウ科 ブドウ、山ブドウなど バショウ科 バナナなど パイナップル科 パイナップルなど ツツジ科 ブルーベリー、コケモモなど そのほか、ブナ科:クリなど、クワ科:いちじくなど、カキノキ科:カキなど、ミツハギ科:ざくろなど、クロ梅モドキ科:なつめなどとなっています。 調べているうちに、へぇぇとなっちゃいました。 読む方はそうでもないでしょうかね。 まあ、ともかく、バラ科のバラエティさには、舌を巻きますな。 種類だとミカン 柑橘類 も相当ですが、あれとこれが同じかという感じは柑橘類にはあまりありません。 食べるときのすがたのバリエーションが、バラ科は幅広いですからねー。 バラ科の植物の見分け方は「花の特徴」にあり ところで、何をもってバラ科にいれるのでしょうか? 科とか属とかいう、生物の分類については、むかーし、書いたことがあります。 【合わせて読みたい】: とりあえずは、分類がおおざっぱなほうからドメイン、界、門、綱、目、科、属、種。 となっています。 人間とサルは、同じサル目 もく ですが、科はちがいます。 ヒト科には、人間 ヒト 、チンパンジー、ゴリラなどが入りますが、ニホンザルはサル科なんですな。 ちなみに目の上の綱では哺乳綱となります。 科とか属とかいう分類のおおざっぱさが何となくイメージできたでしょうか? で、植物のなかでも、花を咲かせるのは被子植物門となり、さらにおおざっぱな分類なんですな。 その中でのバラ科というのですから、まあ、かなり狭い分類なわけです。 そのなかに、梨からイチゴから、桜からバラまでぜーんぶ入っているというのは、かなりオドロキでございます。 ちなみに、バラ科は何をもってバラ科というかというと、花の特徴でわけられているそうです。 バラ科の花の特徴• 5弁の花びらを持つ• 花びらは、1枚1枚分かれている• おしべが真ん中に、わんさかある• 例:桃の花 バラ科。 1枚1枚が分かれた5弁の花びら、真ん中に集まったおしべが見えます ただ、これだと「八重桜は? 」「バラも花びらたくさんあるで」となるわけですが、これらは演芸改良されたものなんですな。 また「木か草か」「とげがあるかないか」は、分類上はあまり重要じゃないのですな。 子孫を残すための花。 そこの形式が似ているというのが、重要なポイントなんですな。 子供の残し方はあまり変化させないという考えなんですなー。 果物・野菜も、バラ科の食べ物全般で似たアレルギー物質が…… ということで、今回は、公園で驚いたから調べてみたって話なのですが、最後にもうひとつ。 アーモンドもバラ科なんですと! どう見てもマメにしか見えないのですがね。 まあでも、ナッツだと、ピスタチオはウルシ科といろいろです。 ナッツはたいてい種なのですが、まあ種は科によらず固いですからね。 似ていても全然違うということなんですなー。 たしかに、アーモンドの花もバラ科の特徴を持っています 逆に、似ちゃってこまることもあります。 アーモンドはアレルギー症状を出すことがあるわけですが、バラ科の果物全般に似たような傾向があるそうです。 イチゴでアレルギー、リンゴでアレルギー……えー、って感じです。 苦しんでいらっしゃる方もいるんでしょうね。 調べて知ったのですが、大変ですね。 しかし、バラ科全般で似たようなアレルギー物質を作るのですな。 そんなところは似なくてもいいのに、と強く強く思いますねー。 いやはや。 著者プロフィール 東明六郎 しののめろくろう 科学系キュレーター。 あっちの話題と、こっちの情報をくっつけて、おもしろくする業界の人。 天文、宇宙系を主なフィールドとする。 天文ニュースがあると、突然忙しくなり、生き生きする。 年齢不詳で、アイドルのコンサートにも行くミーハーだが、まさかのあんな科学者とも知り合い。 安く買える新書を愛し、一度本や資料を読むと、どこに何が書いてあったか覚えるのが特技。 だが、細かい内容はその場で忘れる。 予めご了承ください。 連載一覧 第96回 第95回 第94回 第93回 第92回.

次の