まぶた が 腫れる。 目が腫れた!病気なのか見極める方法は?

目が腫れた!病気なのか見極める方法は?

まぶた が 腫れる

恐らくこのことはご存じの方が多いでしょう。 では、その水分はどこから来て、 どういうメカニズムで身体の一部だけを腫らしてしまうのでしょうか? その答えは細胞周辺の水分の流れの様子にあります。 顔のむくみの原因 次に、顔のむくみの具体的な原因について見て行きましょう。 顔のむくみは基本、 朝に症状が現れて、時間が経つにつれ治っていきます。 顔のむくみが朝生じる理由 顔から下に向かって静脈やリンパは流れているため、 日中の生活では重力の影響でこの流れは促進されています。 しかし、寝ている間は顔から足にかけて水平のため、 重力の影響をほとんど受けません。 また、顔は他の部位よりも皮膚が薄いため、 浮腫が現れやすいとも言われています。 また、同様に日中は下半身の静脈の流れは重力に逆らっているため、 夜になるに連れて足にむくみが現れます。 それは 『アルコールの摂取』です。 これは、 お酒を飲んで体内の水分が過剰の状態で寝たため、 普段よりも朝、顔が浮腫みやすい状態だったのです。 なので、アルコールによって体内の水分量は減りそうですが、 そういうわけではなく、ここから続きがあります。 水分を排泄した後は喉が渇くため水分補給をします。 この時、 アルコールの影響で体内の水分量を正常に判断する機能が麻痺しているため、 水分を過剰に摂取してしまいます。 このため、飲酒をすると体内の水分量が増加するのです。 また、アルコールには血管を拡張するという性質もあるので、 動脈から出て行く水分、細胞間質液の量が増え、これもむくみの要因となります。 この他のむくみの原因 この他にもむくみの原因は、以下のものがあります。 筋肉の衰え• 塩分の摂り過ぎ• たんぱく質の不足• 自律神経の乱れ• 内臓疾患 しかし、これらは顔のむくみに限らず、 あらゆる部位のむくみに関係しています。 そのため本題とは少し逸れるので割愛しますが、 興味があったり、他の部位のむくみも気になる人はこちらをご覧ください。 顔のむくみの解消法 さて、続いて顔のむくみの解消法です。 まず 『顔が浮腫んでしまう前の予防法』についてお話します。 強いて言うなら、 『寝る前にアルコールの摂取や水の過剰摂取を控える』。 また、後述する 『リンパマッサージ』をすることでむくみを軽減できるとも言われています。 顔のむくみを取る方法 では、顔が浮腫んでしまった時の解消法についてです。 顔が浮腫んでいるのは、 静脈やリンパの流れが滞っていたり、体内の水分が過剰であるからでしたね。 これらを解消するのが顔のむくみを取るポイントとなります。 具体的な解消法は以下のものです。 入浴する• 蒸しタオルで顔を温める• 運動する• リンパマッサージ• 放置する 入浴する お風呂に浸かり体温を上げると、 血流が促進され、汗をかきます。 静脈の流れの促進とともに、 水分の排出ができます。 半身浴程度で結構です。 蒸しタオルで顔を温める これも入浴と同様に 血流(静脈の流れ)の促進ですね。 ちなみに、蒸しタオルの作り方は、以下のとおり。 タオルを水で濡らし軽く絞る• そのまま電子レンジに入れて500W or 600Wで1分温める 水加減とかは最初は適当で構いません。 失敗してもやり直せばいいだけの話なので、 ネットで調べるより実際にやってみる方が早いです 運動する これも入浴と同様、 血流の促進と 発汗効果でむくみを取ります。 リンパマッサージ 読んで字のごとく、 リンパをマッサージすることで リンパの流れを促します。 詳しい方法については以前記事にしたのでこちらを御覧ください。 よっぽど水分過剰でもない限り、 大抵は昼ごろには収まっているはずです。 あとがき 以上、朝の『顔のむくみの原因』と『顔のむくみを取る方法』でした。 今回の記事に関連して、 顔を小さくする方法についてもまとめたので、こちらもご覧下さい。

次の

【花粉症対策】まぶたの腫れに効く薬の選び方・腫れの原因と原因別の治し方を解説

まぶた が 腫れる

まぶたが腫れている ~こんな症状ではありませんか?~ 朝、起きて鏡を見たら、まぶたが腫れている。 誰もが経験したことがあるシチュエーションですが、中には病気が原因でまぶたが腫れることもあります。 むくんで腫れている まぶたの腫れの原因で多いのは、むくみによるものです。 痛みやかゆみなど他の症状がなく、目元が厚ぼったい感じになっていて、よく見ると顔全体もややむくんでいます。 目元は皮膚が薄いので、少しむくんだだけで目立ってしまうのです。 赤みや軽いヒリヒリ感がある 目周辺の皮膚は薄くてデリケートです。 そのため、目を指やタオルで強くこすると、目元の皮膚がダメージを受けて腫れることがあります。 化粧品やメイク道具、つけまつげや二重まぶた用の接着剤などもかぶれやアレルギーの原因になる場合があります。 特にこんな症状に注意 まぶたの腫れだけでなく、赤み、かゆみ、痛み、充血、目やになどの症状がある場合には、炎症を起こしている可能性があります。 まぶた全体、まつげの根本、結膜、余分な涙を鼻に排出する涙嚢(るいのう)など、炎症を起こしている部分や、細菌やウイルスなど原因によっても治療法は変わってきます。 かぶれや炎症の原因を排除せず放置していると、症状がひどくなって治りにくくなりますので、早めに眼科を受診しましょう。 しこりがある場合も注意 まぶたにしこりがあって腫れぼったくなっている場合、そのしこりが大きくなると角膜に障害を起こして視力に影響を与える可能性があります。 まぶたの腫れで考えられる原因と可能性のある病気 むくみなど目の周辺に余分な水分がたまって起こるまぶたの腫れ以外にも、目の病気による症状としてのまぶたの腫れがあります。 まぶたの腫れを引き起こす原因を、ここで紹介します。 むくみ むくみは、血液やリンパ液の流れが悪くなり、余分な水分が滞ることで起こります。 飲酒や食事、睡眠など、ちょっとしたきっかけで朝、まぶたにむくみが起こります。 寝る前にお酒をたくさん飲んだり、塩分の強いものを食べたり、水分を過剰に摂取すると翌朝、むくみやすくなります。 また眠る時に顔を下向きにしていると目や顔全体がむくみます。 原因に心当たりがないか、思い出してみましょう。 また、涙をたくさん流すと、涙に含まれる塩分の刺激や、涙を拭くためにこする刺激で腫れが長く残ることもあります。 また、まぶたの腫れだけでなく、全身がむくんでいる場合は、腎臓など内科的な病気が原因になっている可能性もあります。 メイクトラブル メイクを落とす際に力を入れ過ぎたりするのはNGです。 つけまつ毛や二重まぶたにする接着剤が合わなかったり、はがすときに無理な力がかかって腫れる場合もあります。 また、繊維入りのマスカラを根本ギリギリまでたっぷりつけるのも危険です。 意外に見逃しがちなのはメイク道具による刺激です。 ちょっとしたざらつきが薄い皮膚を傷付ける可能性がありますし、細菌がつくこともあります。 そして、化粧品が合わなくてまぶたが腫れることがありますが、普段問題なく使っている化粧品でも、体調が変化して合わなくなることがあります。 目元は特にデリケートなので、毛染め剤などが目元にだけ影響を及ぼしていることも考えられます。 その他のアレルギー反応 化粧品以外でも、食品などさまざまなものに対するアレルギー反応として、目元に腫れを引き起こす場合があります。 眼瞼炎(がんけんえん) まぶたに起こる炎症で、まつ毛の根本部分、まぶたの皮膚、目尻に炎症が起こります。 原因は、ウイルスや細菌の感染、皮脂の過剰分泌、アレルギー反応があります。 かゆみや赤み、腫れが起こり、涙の分泌量が増え、目やにやただれなどが起こることもありますし、まつ毛が抜けるという症状が出ることもあります。 再発しやすいため、注意が必要です。 結膜炎 結膜炎は、白目の部分を覆っている結膜が炎症を起こす病気での総称で、ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、アレルギー性結膜炎、春季カタル、アトピー性角結膜炎などさまざまなものがあります。 有効な治療法にも違いがありますので、眼科で検査を受けて、その結果をもとに原因に合わせた治療を受ける必要があります。 結膜炎は目がかゆくなって、いつの間にか治るものと誤解されていることが多いのですが、中には感染力がとても強いアデノウィルス結膜炎、進行すると角膜を傷つけて視力低下を招く可能性がある巨大乳頭結膜炎などもあります。 涙嚢炎(るいのうえん) 涙は目を保護して栄養を届ける役割を持っており、余分な涙は涙嚢を経由して鼻に排出されます。 この涙嚢がなんらかの原因で詰まり、そこに細菌が感染して起こる炎症が涙嚢炎です。 目の腫れのほか、目やにや涙が増加し、痛みも起こります。 ひどくなると切開が必要になる場合もあります。 ものもらい(麦粒腫) 細菌感染で起こる炎症です。 まぶたにある汗腺、まつ毛の根本、涙の蒸発を防ぐ脂を分泌するマイボーム腺などが、黄色ブドウ球菌などに感染して起こります。 炎症はまぶたの表に起こる場合と、内側に起こる場合があります。 まぶたの腫れとともに、痛みやかゆみが生じ、進行すると化膿し、やがてそれが破れて膿が出て回復します。 腫れが長引いてたまった膿の量が多い場合には切開する日地用があります。 霰粒腫 涙の蒸発を防ぐ脂を分泌するマイボーム腺が詰まってしこりができ、腫れぼったい目になります。 他の症状はないことがほとんどです。 しこりが自然に吸収されて治まる場合もありますが、細菌感染を起こして化膿したら治療が必要です。 また、しこりが大きくなったり、位置が悪い場合、角膜を圧迫して視力に影響を与える可能性があります。 まぶたが腫れてしまった時の対処法 まぶたの腫れにかゆみや痛みをはじめとする他の症状やしこりがあるようでしたら、早めに眼科を受診しましょう。 悪化してしまうと腫れがひどくなる可能性がありますし、治療期間が長引いたり、視力に影響を与える場合もあります。 どんな病気でも同じですが、眼科疾病も早期に適切な治療を受ければ、症状をひどくさせずに治療できるケースがほとんどです。 飲酒などの原因がわかっているむくみであれば、血液やリンパ液の流れを改善することで徐々におさまっていきます。 ただし、まぶたが腫れている状態は、デリケートな目元がいつもよりさらに過敏になっているということです。 まぶたをこすったり、押したりするのは避け、強い刺激を与えないように心がけましょう。 そして、単なるむくみだと思っていたら、数日後に腫れが悪化して病気だとわかる場合もあります。 他に症状がなくても腫れがなかなか引かない場合は、念のため眼科で診てもらうと安心です。 原因を排除する アレルギーによる腫れの場合は、原因となっているアレルゲンに接触する機会をできるだけなくします。 新しく使い始めた化粧品などが原因だと思われる場合には使用を中止し、アイメイクを休んで刺激の少ない基礎化粧品を使うようにしましょう。 また、メイク道具をチェックして汚れているようなら洗ってよく乾かすか、新しいものに取り替えましょう。 「温める&冷やす」で血行回復 電子レンジで温めた蒸タオルを顔に乗せて温めます。 いったん首筋に当てて、熱過ぎない穏やかな温度であることを確かめてから乗せましょう。 その後、冷水で絞ったタオルを乗せて冷やします。 これを数度繰り返すと、温冷刺激で血行が回復し、まぶたをむくませている目元の余分な水分も消えていきます。 まぶた以外の場所にポイントを まぶたの腫れが引かないけれど、病院には午後からしか行けないこともあります。 そんな時には、まぶた以外の場所にポイントを持っていくと、腫れたまぶたが目立たなくなります。 印象的なフレームのメガネをかけたり、女性なら鮮やかな色の口紅を使うなどしてまぶた以外の部分を強調しましょう。 まぶたの腫れの検査と治療 まぶたの腫れで眼科を受診した場合、まずはなにによって腫れが起こっているのかを調べる検査を行い、それを解消する治療を行います。 視力検査や屈折検査、眼圧検査といった基本的な眼科検査以外に、症状に合わせていくつかの検査を行います。 眼瞼炎(がんけんえん)の検査 感染性かそうでないのかを調べるために、まぶたの分泌物を採取して細菌を培養し、確認します。 アレルギー性の場合はパッチテストを行いますが、アレルゲンが多岐に渡るため、パッチテストの結果ではわからないこともあります。 眼瞼炎(がんけんえん)の治療 まぶたを洗浄し、清潔に保つことを基本に、原因に合わせた点眼薬や眼軟膏を使って治療します。 アレルギー性の場合には、アレルゲンとの接触をできるだけ避け、症状に応じてステロイドの眼軟膏を使用したり、抗ヒスタミン薬の内服を行うこともあります。 結膜炎の検査 目やにや涙の採取、結膜をこすった綿棒などを使って原因となっているウイルスや細菌を特定します。 アレルギーの疑いがある場合などには、血液検査やパッチテストを行う場合もあります。 結膜炎の治療 細菌感染の場合には、抗菌薬を点眼します。 ウイルスが原因の場合には、細菌感染防止目的の抗菌薬や症状緩和目的の抗炎症薬を点眼しながら体内でウイルスへの抗体ができるのを待ちます。 ウイルス性の場合、感染力が強いので二次感染を防ぐための注意も必要です。 アレルギーが原因の場合には、抗アレルギー点眼薬で症状を緩和します。 症状が強い場合には、ステロイド薬の内服による全身投与や結膜下注射なども行われます。 涙嚢炎(るいのうえん)の検査 涙の排出がどこで閉塞しているかを確認する検査を行います。 麻酔を行って痛みがないよう慎重に確認します。 涙嚢炎(るいのうえん)の治療 シリコン製のやわらかいチューブを入れて閉塞を改善します。 検査の際に極細の管を通すだけで治る場合もありますが、再発しやすいとされています。 シリコンチューブの留置期間は、閉塞している部分の長さによって変わります。 閉塞が進行している場合には、手術が必要になることもあります。 ものもらい(麦粒腫)の検査 眼科医であれば視診で正確に診断できる病気です。 ただし、細菌の種類を特定するための検査を行うこともあります。 ものもらい(麦粒腫)の治療 抗菌の点眼薬や眼軟膏の投与が中心です。 症状に応じて抗生物質や抗炎症の内服薬を使用する場合があり、炎症が長引いた時には切開して膿を出すこともあります。 霰粒腫の検査 ものもらい同様、眼科医であれば視診で正確に診断できる病気です。 霰粒腫の治療 痛みなどの症状がない場合には、抗菌薬や抗炎症薬の点眼で細菌感染を防いで症状を緩和させ、まぶたの上の温湿布などでしこりの吸収を早める治療を行います。 細菌感染を起こしていたら、抗菌の点眼薬や眼軟膏を使い、場合によっては抗生物質や抗炎症の内服薬も使用します。 また、しこりが角膜に影響を与える可能性がある場合には、切除やステロイドによる治療を行うこともあります。 まぶたを腫れさせないための予防 過剰な塩分摂取を避け、アルコールをほどほどに楽しむなどまぶたをむくませない予防法は、全身の健康にもメリットがあります。 感染予防などにも気をつけて、目の健康を守り、まぶたをむくませないようにしましょう。 むくみ予防 塩分に注意 摂り過ぎた塩分は血液の塩分濃度を上げ、それを薄めようと血液中の水分が増加してむくみが起こります。 人間が必要としている塩分は案外少ないので、通常の食事を摂っているだけで塩分は過剰なのです。 ですから、しょっぱいものを食べすぎたと感じたら、それはかなりの塩分過剰だと思って間違いありません。 むくみやすく、まぶたが腫れやすい方は、塩分摂取を少なくするよう心がけましょう。 塩分の摂り過ぎは高血圧にもつながりますので、塩分を控えることは身体の健康にも役立ちます。 また、カリウムとナトリウムのバランスがよい場合には、余分なナトリウムや水分は排出されますので、カリウムを多く含んだ食品を積極的に摂るのも効果的です。 きゅうり、いも類、納豆、海藻類、アボカドなどはカリウムが多く含まれていて、お酒の席でも頼みやすいメニューに使われているおすすめの食材です。 アルコールはほどほどに ビールなど冷えたアルコールは身体を冷やし、むくみやすくします。 そして、お酒のツマミには塩気が強いものが多いので、余計にむくみやすくなります。 また、血液中のアルコール濃度が高いと血管が広がり、アルコール濃度を薄めようと血液中の水分が増えてさらに血管が拡張し、むくみが起きます。 アルコールの分解にも水は必要ですが、積極的に排出しないとむくみますので、カフェインを含んでいるなど利尿効果のある水分をたっぷり摂りましょう。 その際、冷たい飲み物は身体を冷やしてむくみやすくするので、温かくして飲むとベストです。 睡眠時に注意したいこと 枕が低すぎると顔がむくんだり、まぶたが腫れることがあります。 ただし枕が高いと、それはそれでまた弊害がありますのでほどほどに。 また、顔を下向きにして眠ると、顔の表面に血液などがたまりやすく、むくみやまぶたの腫れの原因になります。 そして、睡眠不足も血行を悪くしますので、しっかり睡眠をとるようにしましょう。 早起き&ストレッチ 血流を改善するために少しだけ早起きしてストレッチをするとまぶただけでなく、全身の血流が改善します。 冷えに注意 身体を冷やすとむくみが起きやすくなります。 お風呂でじっくり温まって、出たらすぐに靴下をはくなどして冷えを撃退しましょう。 夏場もエアコンなどで思っているより身体が冷えていることがあります。 冷たい飲物はできるだけ控えましょう。 デリケートな目元をやさしく扱いましょう 涙活に注意! 涙を流すことはストレス解消にもつながることから、思い切り泣ける映画や本による「涙活」が注目されています。 この時、涙をこするように拭くと目の周りのデリケートな皮膚が傷付き、まぶたが腫れてしまう恐れがあります。 吸水性の良いタオルなどをそっと当てて拭きましょう。 アイメイクに気をつけましょう ペンシルのアイライナーは芯以外の部分がまぶたに触れると傷が付く恐れがあります。 十分な長さの芯になるようにして使いましょう。 マスカラはあまり根本まで塗らず、まつ毛コームで余分な液を取って繊維の流れを整えておくと安心です。 アイメイクをオフする時も、こすらずにやさしく、そしてしっかり落としましょう。 感染防止 帰宅後などの手洗いを徹底し、洗っていない手で目に触れないよう心がけましょう。 洗った手を拭くタオルなども清潔なものを使うことが重要です。 メイク道具は洗ってよく乾かすか、新しいものに取り替えていつも清潔なものを使うようにします。 アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)との接触を避ける ハウスダスト、ダニ、ペットがアレルゲンである場合には、こまめな掃除を心がけましょう。 花粉が原因でしたら、外出時には花粉症対策用のメガネを着用するのも効果が期待できます。 まぶたの腫れポイントまとめ 朝、起きて気付くまぶたの腫れは印象を大きく変え、1日のはじまりをブルーにしてしまいます。 むくみでまぶたが腫れることは日常的によくあることですが、まぶたの腫れには目の病気が原因になっているものもあります。 まぶたの腫れをなんとかしようと自己判断してセルフケアを続けると、かえって腫れをひどくしてしまう場合もあります。 やさしく扱ってもなかなか腫れが引かなかったり、痛みやかゆみなど他の症状がある場合には、悪化して腫れを大きくしてしまう前に、早めに眼科を受診しましょう。

次の

まぶたや口唇が腫れる蕁麻疹(じんましん)ー血管浮腫と、遺伝性血管浮腫という病気について徹底解説ー

まぶた が 腫れる

livedoor. html まぶたが腫れる症状としては、アイプチをした後や翌日にむくんだように腫れる場合と、かぶれて赤く腫れあがる場合があります。 むくんだように腫れる 見た目がむくみと良く似た感じの症状で腫れているなら原因は2つあります。 1、成分によるアレルギー反応で皮膚が腫れている。 アレルギー反応を起こしている成分は接着成分にあるといわれています。 よく聞く接着成分は「ゴムラテックス」「アクリル系接着剤」「ポリ系接着成分」「コポリマー系」です。 この中でも1番アレルギーを起こしやすいと聞くのが「ゴムラテックス」や「アクリル系接着成分」です。 ゴムラテックスは、人によってはすぐに痒くなったりして反応してしまう人もいるのですが、長時間、その成分と密着していることで後から現れることもあります。 なので、今までは大丈夫だったのに・・・ということもしばしばあります。 腫れた原因になったアイプチの成分を良く見てください。 接着成分やその他の成分が事細かく書かれていると思います。 もし、上記の成分を発見したら「この成分で腫れたかも」って疑ってみてくださいね。 そして、できるだけ腫れる原因になっている接着成分が入ってない二重コスメを使うようしたいですね。 2、まぶたの折込加減が負担になって血行が悪くなってむくんでいる可能性がある。 クッキリ二重を作りたくて、まぶたを深く折り込んでいるなら、血行不良でまぶたがむくんでいる場合が考えられます。 血行が悪くなると老廃物が流れないので、水分がたまってむくんだようになります。 この場合の対処法としては、二重幅を狭くするなどして血行を妨げ無いようにすると良いですね。 かぶれて腫れる 腫れた時の治し方(自分で出来ること) 冷やすか温めるか かぶれた感じに腫れてるなら、清潔な冷たいタオルを冷やすか保冷剤で冷やすと良いです。 熱を持っていると思うので冷やすと腫れが楽になるかもしれません。 むくんだ感じで腫れてるなら、血行を良くするために温めたり冷やしたりを繰り返してみてください。 まぶたが熱く感じたら冷やす。 冷たく感じたら温める。 保湿 保湿と言っても、かぶれがあるようなら化粧品は使えません。 無害と言われる「ワセリン」で傷んだ肌を覆って外部の刺激から肌を守るようにしてみてください。 ただ、かぶれがひどくジクジクしている場合は、悪化してもいけないので早めに病院に行って診察を受けてくださいね。 冷たくて腫れぼったい・・・とう場合は下記の記事も参考にしてみてください。 まぶたが腫れないように二重にするには まぶたが腫れても二重にするのはあきらめきれない・・・ まぶたを腫らさずに二重にしたい・・・と思ってしまいますよね。 そんな場合はアイプチの種類を変えてみてください。 おすすめは「」です。 アレルギーやかぶれが起こりにくく、血行を促進する美容成分も入っているので腫れることはありません。 癖付け用ですがメイクにも使えます。 まとめ アイプチをするとまぶたが腫れる原因は、かぶれ(アレルギー)か浮腫みによるものです。 「かぶれ(アレルギー)なら冷やす」、「浮腫みなら温めたり血行を良くする」事を試してみてください。 二重を作り続けていると腫れやかぶれに悩んだり、まぶたの老化を早める恐れもあります。 きれいな目元を維持するためにも、できるだけ早めに作らないくても良いまぶたになってくださいね。

次の