清水章吾 離婚。 アイフルCM俳優・清水章吾が週刊新潮に反論「でたらめもいいところ」

清水章吾からの40年DV 妻娘が告白→この奥さんも問題。

清水章吾 離婚

清水ハルマンさんって、長崎生まれの熊本育ちですが、父がドイツで母が日本人のハーフだったのですね! ほりが深い顔しているなと思ったのですが、ドイツ系なら納得です。 おとなしい感じの清水章吾さんに対して、ハルマンさんはかなり強気な印象を受けますね。 ハルマンさんは宇宙や曼荼羅をモチーフとした画家なんですね。 ocn. htm) 清水章吾さんは、自宅に犬と猫を合わせて18匹も飼っているんですね! 以前の2013年6月18日のナイナイアンサーで、家がゴミ屋敷になっていると 放送されていました。 なんでも、清水章吾さんが一人で掃除などを行っているとか!? 私も自宅で犬1猫3がいますが、結構手間がかかって大変です。 それが18匹ともなれば 多忙な仕事をこなしながら面倒見るのは、無理だと思います! 清水ファミリーのブログを見たのですが、犬や猫の保護活動にかなり熱心ですね! 自宅の前に仔犬が置き去りにされたことや、保健所でセカンドチャンスを待っているワンコ の紹介をしたりと、命を救う活動をしています。 犬猫が18匹まで増えちゃった理由もわかります。 目の前で助けを求めている命を ほって置くことは普通できないですよ。 清水ファミリーのブログはコチラ 娘さんの清水響美さん(33歳)もモデルから女優になり活躍していますね! 告白で親子共演をしたり、女優としての花も開いていますね!画像も見つけました。 清水響美さん美人ですね!母がハーフなので、クオーターの血がいい感じで出ていると思います。 最後に個人的に思うのですが、掃除が大変なら代行業者にお願いしたらどうかと思うのですが、 何かできないわけがあるのでしょうか!? 離婚の原因は色々あると思いますが、これは当日の放送を見てみるまで、なんともいえないですね! スポンサード リンク [ad ad-kijsita].

次の

アイフルCM俳優・清水章吾、仕事激減の“通販番組トラブル”と自殺未遂の理由を告白

清水章吾 離婚

昨年12月に週刊誌『週刊新潮』によって、家族への暴言・暴力といったDV問題を報じられた俳優・清水章吾さん(しみず・しょうご 76歳)が、14日発売の週刊誌『フラッシュ』で反論しており、DV報道後に出演予定だった仕事が白紙となったことで自殺未遂を図ったことも明らかにしています。 清水章吾さんは1980年に、ドイツと日本のハーフの洋画家・ハルマンさん 69 と再婚、2人とも再婚同士でハルマンさんには当時5歳の連れ子・絹子さん(別名=桑原絹 45歳)がおり、清水さんは再婚後に絹子さんと養子縁組し、1980年7月には元タレントの次女・響美さん 39 、1986年7月に長男・光春さん 33 が誕生しました。 ある日、 髪の毛を根本から切られてしまったこともあり、それによって学校ではイジメにあったといい、清水章吾さんはそんな絹子さんにどのようなイジメにあったのかを聞き出すと、 「橋の下で拾ってきたようなクソガキに友達なんかいらない」と言い放ち、 良い成績のテストや賞を貰った絵をビリビリに破いたこともあったといいます。 一方の清水章吾さんは『週刊新潮』の取材に対して家族へのDVは否定しており、虐待に見られても仕方がない行為はあったと認めつつも、それはあくまでも 「反抗ばっかりするから。 『ダメだよ』って言いながら、こう(手を振り下ろす仕草)」と説明し、 「トラウマはこっちだよ。 ハッキリ言って、あの子を引き取らなければよかった」「(折檻した?)折檻なんかしないよ。 再婚して引き取って育てるのがどれだけ大変か。 」「全部僕をハメようとしてるんだ」などと反論していました。 この報道によって清水章吾さんに対して批判の声が上がっていたのですが、清水さんは『フラッシュ』の取材に応じ、『週刊新潮』の報道内容は 「全くのウソ」だと訴えています。 まず、清水章吾さんは『週刊新潮』の報道が原因で、埼玉県秩父市のコミュニティーFM放送局 『ちちぶFM』で決まっていた冠番組企画が白紙になったといい、仕事も無ければ家も無いという状況に陥ったことから、記事が出た 昨年クリスマスに睡眠導入剤「ハルシオン」を大量摂取し、自殺を図ったと明かしています。 お金もなく仕事もない状況で、少しうつ気味になっていたのです」と語っています。 さらに、記事が出る1ヶ月前の昨年11月にハルマンさんから衝撃の仕打ちを受けたとし、埼玉県本庄市にある 自宅の生前贈与を突然求められ、家の所有権はもともと夫婦で半分ずつ持っており、清水章吾さんは言われたとおりに自身の所有権を子供たちに生前贈与したとのことです。 言われたとおりにした理由は、税制上その方が有利になるからと言われたためだったそうですが、その後にハルマンさんは離婚届を用意し、この手続はあくまでも清水章吾さんのためで、 「税制上得になる」「住宅ローンの関係で」「嫌いで別れるわけじゃないから、アナタは家にいてもいい」などと説得されたため、清水さんは離婚届にも署名したそうです。 そして、昨年11月8日に離婚が成立すると、ハルマンさんは態度を急変し 「もう他人なんだから出ていって」と言われ、 自宅に置いていた私物は全て清水さんが入院中に家から出され、全て運送会社の倉庫のコンテナに詰め込まれている状態とのことです。 こうして清水章吾さんは全てを失ってしまったと語り、 家に近付こうとしただけで、警察を呼ぶと脅されていると明かしています。 このように現在の状況を明かした上で、清水章吾さんは『週刊新潮』に掲載のDV告発記事はウソだと反論しており、 「DVは一切やっていません。 」とし、残飯を絹子さんに与えたり、テストや絵を破くといった行為はデタラメで、 「むしろ実子たちの方に厳しくしていたぐらい」だと訴えています。 また、40年に渡るDVはそもそも不可能な状態だったといい、その理由は 20年ほど前から家庭内別居状態で、ここ数年は同じ家に暮らしながら家族とまともに会話することもなかった、自分だけ家族から無視されていたと主張しています。 『週刊新潮』がDVの証拠として公開した音声動画についても、音声動画自体は本物ではあるものの、 「それを絹子が録音しているのもおかしいでしょう。 あれは録音するために、私が起こるように仕向けていたんです」と語っています。 清水章吾さんは、むしろ自分がDVを受けていたと主張しており、63歳のころに脳梗塞を患い、仕事への自信を失っていたころに、ハルマンさんから 「できないんじゃなくて、やんなさいよ!」と怒鳴られたこともあったといいます。 そんな清水章吾さんも2000年代には、消費者金融会社『アイフル』のCM出演でブレークし、かなり稼いでいた時期がありましたが、そのギャラは全てハルマンさんが代表を務める会社に振り込まれ、管理されていたことから、どれほど自分が稼いでいたのか知らないといい、かつて所属していた事務所でも年収3000万円ほどだったものの、そのうち自分が自由に使えるお金は無く、小遣いもまともに貰っていなかったと語っています。 このようにお金を管理されていた清水章吾さんは、ドラマ共演者等との飲み会に参加することもできず、CM撮影でアメリカ・ニューヨークへ行く際にも小遣いが3万円しか貰えず、相当惨めな思いをしたと明かしています。 その一方で、ハルマンさんは浪費家で300万円の高級毛皮コートを2着買うなどしていたといい、そんなハルマンさんにお金の管理を全て任せていたことから、自宅のローン返済がなぜこんなに苦しいのか不思議だったといいます。 また、家では家族に無視されていたことで自室に炊飯器を用意し、食事は自分で用意していたといい、米がない場合には友人に貰い、オカズがない日は醤油をかけて食べると行った生活で、昨年夏は本庄駅にある土産売り場でパートしたこともあったそうですが、脊柱菅狭窄症によって足腰にシビレがあるためレジも上手く打てず、3ヶ月でパートを辞めたそうです。 こうした生活をしていた清水章吾さんは昨年暮れに、収入が一切無くなったことで生活保護の窓口に相談へ行き、自殺未遂で入院中の12月27日には、役所の担当者が書類を持ってきたといい、退院後は生活保護の施設に入る可能性もあるとのことです。 清水章吾さんの主張を受けて『フラッシュ』の取材班は、ハルマンさんに電話取材を行い、清水さんの主張を伝えたところ、 「あの人は本当に嘘つきですね。 彼からのDVは確かにありました。 証言者が何人もいます。 DVを受けてきたんだから、私たちが清水を無視するのも当たり前です。 」と反論しています。 他にも、高級毛皮のコートを購入したという話も、ハルマンさんはいらないと言っているにも関わらず、「俺が買ってやるというのに面子を潰す気か!」と怒り出したことから買ってもらったもので、離婚に至った経緯についても、離婚届への記入時に「嫌いになったわけではない」とは言っていないとし、これまで何度も離婚したいとの思いを伝えてきたものの、清水さんから断られ続けたそうです。 しかし、清水章吾さんは最近お金が無くなってきたことで自己破産したいと言い出し、それならばとハルマンさんは、 「離婚して家のローンをチャラにしてあげる」と提案、すると清水さんは喜んで離婚届に署名したといい、ハルマンさんは 「離婚が成立して他人になれたし、二度とあの人とは関わりたくありません」と語っています。 一方の清水章吾さんは、 「ハルマンとは心のどこかで通じ合っているはずだと思っていました」「2ヶ月弱の間に何か仕組まれたようにこんなことになって、この年で家も家族も失うとは、私の人生は一体どうなっちゃったんでしょうね」などと語り、今後も家族と一緒に生活したいとの思いがあるそうです。 この報道を受けてネット上では、• 幼少期から絹子が虐待にあってたんならその時点で離婚して、あんなにテレビなんかに出るはずもない。 気の毒だとしか言いようがない。 うまいことやりこめられた感もありますね。 奥さんも財産的に得をしているし。 ご家庭のことは、世論が良し悪しをきめたり仲裁したりできるわけではないので、ご当人同士の問題とするにして、とにかく人を見る目がなかったんですね。 でっち上げのDVでも女性の言い分が正しいととられるのが今の日本の司法 過去に経験あり どこからそんな話を作ったの?ってパニックになりましたよ• 何だか虚しいと言うか哀しいと言うか…どっちの言い分が正しいのか分からないけど、3組に1組が離婚する世の中。 ごくごく普通に暮らすのって実は難しくて幸せな事なんだなぁ…• 旦那に嘘ついて離婚届書かせた時点でどうかと思うけど、家庭内別居なら大事なのは金だから取れるだけ取ってやらないとと作戦立てるのは分かるかも。 嫌い同士からのそんな提案に乗って騙されるほうが負けだな。 もっと早くにちゃんと弁護士いれて話し合って別れるべきだった。 これちょっとキナ臭いね。 徹底的に調べるべきだと思う。 奥さんと連れ子、壮絶なDVでも大人になっても出て行かないっておかしいし、財産全部取られてる。 ちゃんと調べるべき。 「収入や財産管理に無関心な人」vs「奪う気マンマンな人」 小難しい税金の話を仕掛けられ、丸投げすれば全部むしられる。 それ専門の詐欺師だっている位だ。 嫁だからと油断したらいけない。 などのコメントが寄せられています。 『フラッシュ』によれば清水章吾さんは今後、弁護士を立ててハルマンさんの告白に対して対応する予定だそうで、清水さんはこのままだと全てを失うことになってしまうことから、もし自身の主張が正しく、ハルマンさんらがウソを付いているというのが事実なのであれば、知り合いのサポートなどを受けて徹底的に争った方がいいかと思います。 結局のところ清水章吾さんの反論を見ても、どちらの言い分が正しいのか判断出来ないのですが、ハルマンさんは「彼からのDVは確かにありました。 証言者が何人もいます。 」と主張し、絹子さんも自身のツイッター上で、「私らが知らないだけで撮影現場で色々やらかしてるだろ。 元マネージャーさんや前の事務所の社長から訴えてやる言われたくらいだし。 」などと綴っており、もし清水さんの暴言、暴力が事実だとすれば今後第三者の証言が出てくるだろうと思います。 洋画家として活躍しているハルマンさんが清水章吾さんのDVをデッチ上げ、さらに離婚成立後にわざわざ週刊誌に被害を告発し、追い打ちをかける必要もないことから、やはりこれまで溜まりに溜まったものが爆発し暴露に至ったようにも見えます。 ネット上では現時点で清水章吾さんを擁護する声が多く見受けられるものの、火のない所に煙は立たず、清水さんに大きな問題があったからこそこうなったのではと思うのですが、とりあえず清水さんが退院後にどういった対応をするのかに注目したいところで、当事者以外の証言が出てくることにも期待したいです。 ID:MzA2OTk0MDgz 清水章吾さんへ、CS放送のTBSチャンネル2の大映テレビ劇場である、国広富之さんと松崎しげるさんのTBSテレビ系刑事ドラマ、噂の刑事トミーとマツのテレビドラマを見ました。 40年前の清水章吾さんは、本当に良い男だったのになァ~と僕は思いました。 国広富之さん、松崎しげるさん、清水章吾さんの共演テレビドラマ、白バイ、野郎!トミーとマツのテレビでもフジテレビ系でも放送されました。 早く体を治して、テレビドラマ等にも復帰して下さい、宜しくお願いします。

次の

【画像】清水章吾にDV報道 嫁と娘が美人 告発に反論もツイッターで批判殺到

清水章吾 離婚

清水章吾が妻と娘にDV 清水さんのDV疑惑について「デイリー新潮」は次のように報じています。 元モデルで父親がドイツ人のハルマンさん(69)と清水が結婚したのは、1980年。 ハルマンさんには当時5歳の 連れ子、 絹子さん(45)がおり、 結婚後に彼女と養子縁組をすることになった。 ところが後に生まれた 実の娘とは、 露骨に差別してきたというのだ。 当の絹子さんが涙ながらに振り返る。 「私以外の家族はテーブルでご飯を食べているのに、 私は床で ゴミを食べさせられていました。 髪の毛も根元から切られてしまい、 髪型は常に男のように短くボロボロでした」 絹子さんの額には今も、 清水から 学習机の引き出しで殴られた際の傷跡が残る。 また、2016年には絹子さんを殴ったことで警察沙汰になり、 「二度と暴力は振るわない」という念書を書かされたとのこと。 今回のDV報道に関して、彼女は次のようにツイートしています。 今あの人は自業自得の極みなツケが一気に来てて、 事務所からもクビで新規の仕事がひとつも無いんですよ。 現在は画家として活動している絹子さんですが、詳しい素性はほとんど公表されておらず不明です。 ただ、以下の写真から素顔が判明しました。 絹子さんの詳細については新しい情報が入り次第、追記します。 桑原絹ってハルマンさんの連れ子で清水章吾さんに懐かなかったのでしょうね。 可哀想に床に落ちているものまで拾って食べていたから 豚のようにあんなに肥って 肥り過ぎて膝が壊れ杖をついています。 笑)しまったのでしょうね。 それらを嗜められた事などをDVと逆恨みして育ったのか 45歳のオバサンになっても餓鬼みたいな我儘な性格に育ったのでしょうね。 ご自宅も大の大人の女性が3人も住んでいるにも拘らず 中は犬小屋に人が住んでいるような状態で 到底人を招き入れることの出来ない有様のようです。 清水章吾さんは、 長年壊れたままの洗濯機やシンクの中に溜まった食べ残しや食器が放置されている家の中で 自室に籠もり炊飯器でご飯を炊き卵かけご飯や 愛犬ポエチの餌を食べ 洗濯は手洗いしながらの生活、 現在の様に 羨ましい。 笑)痩せ細っていきました… そんな家庭内DVを受けていた大俳優清水章吾さんも太っ腹です、 策略をわかりつつも不動産を債務付き生前贈与する事に同意、 有印私文書偽造の離婚届を提出されてしまいました。 そもそも、 清水章吾さんは奥様の喘息を治したいと現在の家を現金があるにも拘らず、 節税の為住宅ローンをA銀行で組み新築、妻沼より移住して来ました。 当時はローンを組めるほど安定した収入があったことがうかがえますね。 当時の家を買えるほどあった現金は妻ハルマンが管理しつつ 清水章吾さんは稼いだギャラ全てをアトリエハルマンなる妻の会社に入金させていました。 転居当初の稼ぎに浮かれていたせいか 年金加入もせずキリギリスの様な生活をしていた妻ハルマンと子どもたち、 しかしバブル崩壊と共に年々ギャラは減り、 歳を重ねるごとに仕事も減り、 清水章吾の稼ぎはなくなりました。 そして、 とうとう妻ハルマンが管理していたお金を切り崩さなければならない状態になり、 そこで導き出した答えが今回の連れ子絹とハルマンが描いた絵です。 夫である清水章吾は救急搬送され一命は取り留めたものの、 現在回復した清水章吾の引取を離婚をして既に他人だと拒否している状態です。 貴方が仕事がないから私の稼ぎ?で食わせてる?のだからと言葉責め、 実子達も洗脳されダメ親父のイメージを植え付けられる有様… 皆さん大俳優清水章吾がですよ。 皆さん騙されないでくださいね。 元妻ハルマンは鬼嫁ならぬ閻魔嫁、 桑原絹は猪八戒ならぬ大豚八戒だとは思いませんか?.

次の