レモネード 作り方。 自家製「レモネードシロップ」のレシピ・作り方【おすすめの飲み方も紹介!】

ファミマ【レモネードフラッペ】感想や作り方・カロリーなど

レモネード 作り方

レモネードとは レモネードとは、簡単にいうとレモン果汁と砂糖、水を合わせた清涼飲料水を言います。 アメリカをはじめ海外ではポピュラーな飲み物で、その爽やかな味わいとすっきりとしたのど越しは老若男女に愛されています。 レモネードの栄養素って? レモネードには多くの栄養素が含まれていることが知られています。 どのような栄養素が含まれていて、その栄養素からどんな効果が期待できるのかについて紹介します。 クエン酸とビタミンCが豊富 レモネードにはレモン果汁を使いますが、レモン果汁にはたっぷりのクエン酸が含まれています。 クエン酸には様々な効果が報告されており、もっともよく知られたものでいうと、疲労の原因となる「乳酸」を分解する働きを助け、疲労回復に効果を発揮するといわれています。 また、クエン酸には血液をサラサラにし、血行をよくしてくれる働きがあるともいわれています。 さらに、体内でコラーゲンを生成する助けとなるビタミンCも多く含んでいるため、美容効果も期待できます。 レモネードはアメリカ発祥ではない レモネードといえばアメリカが発祥だと思われがちですが、実はそれは間違った情報のようです。 そもそもレモネードが初めて作られたのがいつだったのか、はっきりしたことはわかっていませんが、記録に残っている限り最も古い文献が『ナースィル・ホスロー』というペルシャ人が11世紀に著した『旅行記』といわれており、レモネードに関する記述があります。 このことから、レモネード発祥の地はエジプトという説があります。 また、1676年パリにおいては「Compagnie de Limonadiers」 と呼ばれる業者団体が結成され、レモネード販売の専売権を取得し、レモネードを販売していたという記録も残っています。 レモネードは少なくとも11世紀にはありましたが、レモンがアメリカ新大陸に伝わったのはそれよりずっと後のことです。 レモネードの元祖がエジプトというのはなんだか意外な感じがする人も多いのではないでしょうか? 国によってレモネードは異なる レモネードは国によって作り方が異なります。 アメリカでは、炭酸の入っていない砂糖入りレモン水をレモネードと呼び、逆にイギリスでは、炭酸の入った砂糖入りレモン水をレモネードと呼んでいます。 ちなみに日本では、アメリカと同じ炭酸なしをレモネードとして販売していることが多いでしょう。 「レモネードと言えばアメリカ」というイメージが強いのは、日本のレモネードがアメリカ式だからかもしれませんね。 レモネードの作り方 それではここから、日本でもなじみのあるアメリカ風レモネードの美味しい作り方について紹介します。 レモネードの材料 まずは材料からです。 材料は、大き目のレモン3つ、水600ml、砂糖150gです。 そして、レモネードを入れる容器です。 レモネードを作る手順• まずは、鍋に砂糖と水100mlほどを入れ、沸騰させながら砂糖を溶かしてシロップを作ります。 シロップを冷ましたら、冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。 冷蔵庫で冷やしている間にレモンを絞ります。 シロップが冷えたら、容器にレモン汁とシロップ、残りの水を入れ、蓋をして混ぜ合わせます。 グラスに氷を入れ、4を注いで軽く混ぜたら完成です。 レモネードのおすすめアレンジレシピ ではここでアメリカ風レモネードをさらに美味しく飲めるアレンジ方法を紹介します。 ぜひ、試してみてください。 赤ワインと合わせる『アメリカンレモネード』 まずは、レモネードと赤ワインの組み合わせです。 グラスにレモネードを注ぎ、グラスの端に合わせて赤ワインを注ぎます。 それを軽く混ぜ合わせて完成です。 レモネードと赤ワインのグラデーションで、素敵な大人のカクテルとなります。 ちなみにこのカクテルは『アメリカンレモネード』という名前がついています。 直訳で「アメリカのレモネード」となるため、バーなどでノンアルコールだと思って注文してしまう人がいますが、しっかりアルコール入りなのでお気を付けください。 炭酸水でイギリス風に 続いては、レモネードに炭酸水を入れたアレンジ方法。 先述の通りイギリスではレモネードといえば炭酸飲料なのが一般的です。 暑い夏などにより爽快感を味わいたいときは、作ったレモネードに炭酸水を加えるだけで簡単に作れます。 レモネードにアレンジを加えて作ってみよう アメリカ風レモネードについて紹介しました。 アレンジ一つでレモネードの味わいも変わりますし、人気カクテル『アメリカンレモネード』に代表されるようにお酒との相性も抜群。 ぜひ、あなただけのレモネードを作ってみてください。

次の

自家製レモネードの人気レシピ集!簡単な作り方から話題のアレンジレシピまで!

レモネード 作り方

その2:北欧風レモネードの作り方 今回は、炭酸水でわったヨーロッパ風のレモネードを作ります。 材料は以下の通りです。 特殊な手を加えないシンプルなレモネードが美味しいので、このように作っています。 1人分の作り方【パパ家事流】 (材料) 1. レモン 半分 2. はちみつ 気分により適当(大さじ1杯位) 3. 炭酸水 4. 氷 (作り方) 1. はちみつをグラスに入れる。 2. はちみつにお湯を少々いれて溶かす。 3. レモンを半分、絞る。 4. はちみつの入ったグラスにレモンを入れる。 5. 氷を数かけら入れる。 6. 炭酸水を注ぐ。 7. 完成。 レモネードに使う強炭酸水 様々な炭酸水が発売されています。 いろいろ使いましたが、その中でおすすめなのがウィルキンソンの強炭酸水です。 理由は、日本製ブランドでもあり切れが良い「強炭酸水」なので選びました。 日本の水だから当然日本人にぴったりなのです。 ウィルキンソンの歴史は100年以上あり、明治時代から世界各国の来賓にふるまわれた製品でもあります。 イタリアのシチリア産のレモン 自分で材料を揃えて作るので、添加物無しのオーガニックなレモネードです。 炭酸を加えるので、日本では昔からレモンスカッシュと呼ばれますね。 生レモンのビタミン、レモンのピールに含まれるほろ苦さが醸し出すフレーバーは、身も心もスッキリと穏やかに仕上げてくれます。 イタリアのシチリア産のレモンは、一味違う風味で大好きです。 その3:アメリカ風レモネードの作り方 全米視聴率NO. 1を獲得、エミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞した 「THIS IS US 36歳、これから」の第1話「誕生日」での感動的なセリフ。 「人生がどんなに酸っぱいレモンを与えても、レモネードを作ることは出来る」 アメリカで絵になるレモネードの一コマです。 話題がそれてしましました。 1人分の作り方【パパ家事流】 (材料) 1. レモン 半分 2. はちみつ 気分により適当(大さじ1杯位) 3. 氷 (作り方) 1. はちみつをグラスに入れる。 2. はちみつにお湯を少々いれて溶かす。 3. レモンを半分、絞る。 4. はちみつの入ったグラスにレモンを入れる。 5. 氷を数かけら入れる。 6. 水を注ぐ。 7. 完成。 炭酸なしがアメリカ風のレモネードです。 レモンのすっぱさと、はちみつの甘さがミックスします。 炭酸が入っていないので、少し違った味わいになります。 まとめ アメリカ風レモネードと北欧風レモネードの作り方を紹介しました。 オーガニックなレモネードの苦みのある甘さは、ひときわ大人の味が楽しめます。

次の

ファミマ【レモネードフラッペ】感想や作り方・カロリーなど

レモネード 作り方

このレシピでは、レモンシロップを手作りで作り、そのレモンシロップを活用してレモネードを作るというレシピになっています。 それではレモンシロップを作って行きましょう。 まず、レモン3個の革を塩で擦って洗っていきます。 洗ったあとのレモンは、よく水気を切っておきましょう。 洗ったあとのレモンは、上下のヘタの部分を切り落とします。 続いて、薄い輪切りにしていきましょう。 レモネードに使用する瓶を洗って、水気を切ります。 水気をしっかりと切ったらアルコールで吹いて殺菌します。 瓶を殺菌したら、先程のレモンの薄切り、氷砂糖を交互に入れてはちみつ50gを入れましょう。 常温において、時々振りながらおいておき2日後には完成です。 完成したレモンシロップ大さじ2を、炭酸水100mlほどで割ったら美味しい自家製レモネードの完成となります。 まず、れもんは両端を切落して、真ん中部分で5ミリ以下の輪切りを飾り用に1枚スライスします。 残りの皮をはずしたら、千切りにしていきましょう。 続いて、鍋に水大さじ3と、ココナッツシュガー大さじ5を入れたら弱火で溶かしていきましょう。 ココナッツシュガーを溶かしたら、レモンの皮を全部入れていきます。 レモン果汁を小皿に絞っておきましょう。 炭酸水を加えて、先ほどカットした飾り用のレモンの輪切りを飾り付けて完成となります。 ココナッツシュガーは血糖値が上がりにくく、体への負担もかかりにくいので体に優しいレシピとなっています。 まずは、レモン中サイズのもの3個を絞っておきましょう。 絞ったレモン汁は、そのまま使用しても良いですし濾して使用しても大丈夫です。 熱湯800mlと砂糖大さじ3、そしてはちみつ大さじ3とをよく混ぜ合わせ、溶かしていきましょう。 熱湯が熱いので、そのままおいて冷ましておきます。 続いて、ラズベリーを濾していきましょう。 果肉と、ジュースを絞ったレモン汁とを併せていきます。 2のものが冷めたら、3を混ぜ合わせて出来上がりです。 グラスに氷をたっぷり入れて、出来上がったレモネードを注いでいったら完成です。 ラズベリーのベリー感とレモンのさっぱりカントを楽しむことが出来るレモネードになっています。 まず、小さいお鍋などに水1カップ、そして砂糖1カップとを火にかけたら、砂糖が溶けるまで温めていきましょう。 砂糖がしっかり溶けたら、1カップ分のチェリーを加えて、チェリーが柔らかくなるまで2から3分ほど沸騰させていきましょう。 沸騰させたら、火からおろして冷やしていきます。 チェリーのシロップが冷えたら、大きいボトルなどに入れます。 この時、裏ごし器を使用して果汁だけが入るようにしましょう。 裏ごし気に残った分は、今回のレシピでは使用しません。 他のレシピに活用してみても良いかもしれません。 ポッカレモンなどのレモン果汁1カップと冷水6カップとを加えて、残りのチェリーを混ぜながら入れたら完成となります。 パーティなどでも人気となりそうな、真っ赤なビジュアルも可愛いレモネードに仕上がっています。 まず、マイヤーレモンを塩でこすりながら良く洗っていきましょう。 そのあと、水洗いしたマイヤーレモンの水分をしっかりふき取っておき、ヘタとお尻を落としていきましょう。 洗ったレモンは、縦半分に切って中心部を縦にV字に切ったらタネをざっとスプーンでとりのぞいていきましょう。 種を取ったら、3ミリほどの半月切りにしていきましょう。 保存したい瓶を熱湯消毒したら、カットしたマイヤーレモン、カルダモン、ブラックペッパー、レモングラス、シナモンスティックの順番に入れていきましょう。 その上から、はちみつを全量かけてひと混ぜします。 そのあと、冷蔵庫で一晩おいたら出来上がりとなります。 皮も美味しく楽しむことが出来るレモネードとなっています。 スプーン1杯を炭酸水、または水で割ると美味しいレモネードとして楽しむことが出来ます。

次の