エクセル シート移動 ショートカット。 【Excel エクセル】シートの移動に関するショートカットキー

Excel2013で一番右のシートへ移動する方法:エクセル2013基本講座

エクセル シート移動 ショートカット

今回は、複数のシート間を素早く移動する操作方法について調べました。 記事が長くなったため、2回に分けて掲載します。 ワークシート探しに時間をかけたくない Excel のワークシート数が増えてくると、シート間の移動に手間取るようになってイライラします。 シートをバタバタとめくって探しまわしたり、見出しタブのスクロールを凝視してシート名が出てくるのを待っている時間は本当に人生のムダ使いです。 シートを追加するのはとても簡単なので、増やしすぎないよう気を付けます。 個人的には経験上、1ワークブックあたり数シートが実用的な限界かなと感じています。 人によっては1ブック1シートと潔く割り切って使う流儀もあるようです。 そうは言っても、共有フォルダなどに置いてある、みんなで使うような Excel ファイルは、どうしても大量シートになりがちです。 何かの管理や定義をしたりするようなファイルは数十シートになることがザラにあり、 時には100シート超級にまで育ってしまった巨大ブックに出くわすこともあります。 シート間の行ったり来たりで作業効率も悪いですが、シート探しに費やす時間だけでも足し合わせてみれば馬鹿にはなりません。 本当は Excel の機能として、「 目次」や「 シート名検索」、「 移動履歴」、「 戻る」、「 ブックマーク」などがあって欲しいのですが、シート操作まわりの使い勝手は、Excel が新しくなっても、なかなか向上されてこなかったところです。 シート関連の操作まとめ とりあえず現状の Excel で、シート操作に関連した機能にどんなものかがあるのかを洗い出してみました。 次のシートへ移動• マウス:右の「 …」をクリック(右端で見切れているタブのシートに移動)• 前のシートへ移動• マウス:左の「 …」をクリック(左端で見切れているタブのシートに移動)• 最初のシートへ移動• キー:(なし)• 最後のシートへ移動• キー:(なし)• シート名を指定して移動(「シートの選択」ダイアログ)• キー:(なし)• シート名を検索して移動• (なし)• シート番号を指定して移動• (なし)• シート履歴を指定して移動 リンクや名前で移動したときの履歴が4件のみ利用可能です• 以前のシートへ戻る リンクや名前で移動したときのみ、直前の移動元シートに戻れます• シートへのリンク(「ハイパーリンクの挿入」ダイアログ)• シートのブックマーク• (なし)• シート名を編集する• マウス:シート見出しタブをダブルクリック (または右クリック>「名前の変更」)• シートを追加する• シートを移動させる• マウス:シート見出しタブをドラック• シートを複製する• シートを削除する• マウス:シート見出しタブを右クリック>「削除」• シート名でソートする• (なし)• シートを複数選択する• マウス: Shft キーまたは Ctrlキーを押しながらシート見出しタブをクリックしていく• こちらの方がタイプ数が少ないぶん楽ですが、将来のバージョンの Excel では使えなくなる可能性があります。 こんなところでしょうか。 手元の Excel 2013 で調べましたが、 Excel 2016 でも変わらないはずです。 ほかにもあったら教えてください。 Office 365 版では近々 UI の刷新があるようで、このあたりの操作が改善されるかもしれません。 シートを次々とめくって探すのに重宝しますが、ノートパソコンだと Fn キーも必要なのが指に辛いところです。 ほかの操作も覚えられれば便利かもしれませんが、どれも使い勝手がいまいちです。 それも大量シートでのシート間移動にはほとんど役に立ちそうもありません。 大量シートでのシート探しの負担をちょっとなんとか軽減できないか、Excel の既存機能を使った以下の方法を検証してみました。 () 「新しいウィンドウを開く」で「戻る」と「履歴」 大量にシートがあっても、たかだか2・3シート程度の決まりきったシートを行ったり来たりするだけなら、 それぞれを別ウィンドウに開くことで、ウィンドウごと切り替えるのが早いかもしれません。 【手順例】• 「新しいウィンドウで開く」を実行します• 1個のワークブックが複数のウィンドウで開いている状態になります• Excel タイトルのブック名に ":1" や ":2" といった連番が追加表示されています• 追加されたウィンドウで目的のシートを開いておきます• 2・3シートならこれで効率的ですが、それ以上になるとウィンドウの位置関係が把握できなくなり、目が回るばかりで効率が下がります。 それでもほかに、ブックを複数の別ウィンドウ開けば、Windows のタスクバーからシートをダイレクトに選ぶ、という使い方もできるようになるメリットもあります。 お試しください。 「シートの選択」で「目次」と「検索」 見出しタブではなく、シート名の目次や検索によるアクセスはできないのでしょうか。 一応それらしい機能はあります。 「シートの選択」というダイアログがそれです。 ダイアログの「シート」リストにシート名が一覧表示され、シート名の選択後、「OK」かダブルクリックで、そのワークシートに移動できます。 「シート」リストの表示サイズは、一度に20件までの固定で、それ以上の大量シートではスクロールして探さなければなりません。 それでも、シート名は目次のようにシート順になっているので、大体の位置関係からどのあたりにあるかは見当がつけられるとおもいます。 シート名検索はありませんが、代わりに「シート」リストでキータイプすることで、前方一致によりシート名を選択することができます。 ただしそれは、シート名が英数字で始まるものに限られ、日本語シート名では残念ながら無効です。 これだけしかありません。 いろいろ調べましたが、なぜかダイアログを出すコマンドもショートカットも存在しません。 つまりキーボードのみではアクセスできないことになります。 キーボード操作派の人は、ちょっとモヤっとするかもしれませんが、 それでもシート見出しタブをスクロールするよりははるかにマシでしょう。 マウスではなく、普段ノートパソコンを使っていてタッチパッドの達人になった人なら、これでも流れるようにシートを切り替えられるのかもしれません。 「シートの選択」は。 本来もっと頼られるべき機能であるにもかかわらず、隠しコマンドのような扱い、おざなりな UI デザイン、後付けっぽい案内表示、さらにはほかのダイアログの表示位置に変えてしまうという不具合が放置されているなど、Excel 機能の中でも不遇な境遇にあると言えます。 いつかは日の目を見て欲しいものです。 「名前の定義」で「ブックマーク」 次の記事へ続きます。 関連記事 shego.

次の

Excel2013で一番右のシートへ移動する方法:エクセル2013基本講座

エクセル シート移動 ショートカット

この記事の内容• ファンクションキーによるショートカット一覧 ファンクションキーによるショートカットを抜粋してご紹介します。 ファンクションキーとは、キーボードの上の方に 「F1」「F2」「F3」…のようにある、「F」と数字を組み合わせたキーのことを言います。 ファンクションキーのみ ファンクションキーのみのショートカットは、どれも覚えやすく活用したいものばかりです。 F1:Excelのヘルプを作業ウインドウ内に表示 F2:選択しているセルの編集をするために、入力されている内容の末尾にカーソルを移動します。 F4:直前のコマンドや操作を繰り返す 数式内のセル名を選択している間は、絶対・相対参照の組み合わせを切り替えることが可能です。 F5:「ジャンプ」のダイアログを表示 「ジャンプ」機能では指定したセルに移動をすることが可能です。 F6:ワークシート・リボン・作業ウィンドウ・ズームコントロール間で切り替える F7:ダイアログを表示してスペルチェック F8:拡張選択モードを切り替える 拡張選択モードにすることでドラッグしなくても、範囲を選択できるようになります。 F9:開いているブックの全てのシートを計算 F10:キーヒントのオンとオフを切り替える F11:現在選択している範囲からグラフを作成 グラフは、「グラフ1」「グラフ2」という名のついた新しいシートに作成されますので注意してください。 ブックに関するもの ブックに関する操作には、Ctrlが使用されます。 マウスなしでもExcel操作をしたい場合には、是非覚えておきたいキーです。 文字入力の際に活躍するショートカットキー 文字や数式を入力する際に使いこなしたいショートカットキーです。 操作に関するショートカットキー 操作に関するショートカットキーは、優先して覚えたい項目の一つです。 範囲を選択しておくと、選択範囲内のみで置換が可能です。 漢字の表記ゆれや固有名詞の修正などに便利です。 コピー&ペーストに便利なショートカットキー Excelを使用するのに欠かせないショートカットキーです。 Excelには他にも、沢山のショートカットキーがあります。 ショートカットキーをマスターすることで、業務効率をあげるだけではなく、ノートパソコンでマウスなしでも快適に資料の制作をすることができるようになります。 良く使う機能から覚えて活用してくださいね。

次の

【Excel】シートをショートカットで移動できない時の方法

エクセル シート移動 ショートカット

PageUpがないパソコンの場合は、 ・Ctrl+fn+上 左のシート、前のシートに切り替える) ・Ctrl+fn+下(右のシート、次のシートに切り替える) Macの場合は、上記と同様のものも使えますが、 ・Option+左 左のシート、前のシートに切り替える) ・Option+右(右のシート、次のシートに切り替える) も使えます。 ただ、このショートカットキーだと、左右のシートへ1つずつ切り替えるだけです。 ここに、次のコードを貼り付けてみてください。 Sub sheetselect Worksheets "5". この5を任意のものに変えていただければ、どのファイルでも使えます。 かんたんなプログラムなので、実際に書いてみるのもおすすめです。 Sheetselectは、マクロ名であり、自由に決めることができます。 (日本語でも可。 実際に、指定したシートに切り替わるか試してみましょう。 該当のマクロ名を選択して、[オプション]で、ショートカットキーの設定ができるので、設定しておきましょう。 Ctrlキーとアルファベット または CtrlキーとShiftキーとアルファベット という組み合わせです。 ここでは、Ctrl+Shift+Tと設定しています。 Excelのショートカットキーと同じものを入れないようにしましょう。 Ctrl+Cと設定してしまうと、コピーではなく、このファイルではマクロが動いてしまいます。 設定後、ボックスを閉じ、Ctrl+Shift+Tで該当のシートへ切り替えることができるようになります。 ・よく使うシートへの切り替え ・データを入力して、グラフや表のシートに切り替えるとき などに使えます。 サンプル こういった記事も参考にしていただければ。 井ノ上 陽一(いのうえ よういち) 「ひとりしごと」=雇われない雇わない生き方を、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング ひとり社長 ・ひとり税理士 ・アイアンマン スイム3. 8km、バイク180. 2km、ラン42. 日課は1日1新、ブログ。 2007年7月9日以来、日毎日更新中。 1972年12月18日 大阪生まれ。 宮崎育ち東京在住。 娘3歳3ヶ月。

次の