ハンドメイドピアス作り方。 ピアス台紙の作り方まとめ!簡単におしゃれかわいい台紙が手作りできる!初心者でも!

アクセサリー接着剤のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

ハンドメイドピアス作り方

ハンドメイドピアス作品集10選 大振りなものからワンポイントアクセサリー、ピアスからチェーンを下げたもの、タッセルにビジューまでの作り方をご紹介します。 ハンドメイドピアスの作り方は様々です。 作り方は バラの金具に赤と透明のスワロフスキーを使い、下には赤いハート型のスワロフスキービーズをつけています。 固まったら星型のチャームとフックピアスの金具、三角の硬化したレジンの飾りを丸カンで一緒に止めれば出来上がりです。 伸びている9ピンの金具は丸ヤットコで直角に折った後反対側にくるっと回せば即席の丸カンが作れます。 コットンパールの一方にサイズの異なる2つの四角い輪を通して丸カンを閉じます。 反対側にはフックピアスの金具とコットンパールを丸カンで閉じれば出来上がりです。 接着剤が乾いたら出来上がりです。 色を塗ったレジンをぷっくりとするように何度か色を塗り重ね、マニキュアスタンプに白いマニキュアを塗ってぷっくりとしたレジンにスタンプします。 出来上がった雫型と四角の方は丸カンでつなげて、上の方に青のビーズを通して丸カンで閉じれば出来上がりです。 丸カンでパールのチャームにつけて、もう反対側とピアスの金具に通せば出来上がりです。 ハンドメイドピアスの作り方【基礎編】 様々なハンドメイドの作品がピアスに利用できます。 ハンドメイド感を出しながらピアスを作ってください。 つまみ細工のピアスの作り方• タッセルピアスの作り方• 木工用ボンド• ハサミ• ピンセット• ペンチ• 丸やっとこ• 爪楊枝• フィルムのようなツルツルしたビニール• 5cmくらいの発泡スチロール• メタルビーズセット(小)• Tピン、9ピンのセット• ピアスの金具(頭に貼り付ける土台があるもの)• 直径2cmくらいのフェルト2枚• 緑のちりめん2. 5cmx2. 5cm(葉用)2枚• 花用ちりめん4cmx4cm 10枚• コットンパールのビーズ大小2個ずつ• 手を拭くのに濡れたタオルがあると便利 作り方 Tピンにメタルビーズの丸い方1つ、平らなメタルビーズ1つ、コットンパール(大)1つ、平らなメタルビーズ1つ、メタルビーズ丸1つを通します。 一度Tピンを90度に倒してから丸やっとこで丸カンのように丸めます。 これを2つ用意します。 9ピンの真ん中くらいを直角に折り、丸めて黒いフェルトに貼り付けて隠れるようにします。 (9ピンの丸い部分はフェルトから出ているようにします) 9ピンの輪にピアスの先をフェルトの向こう側に針が出るように通します。 発泡スチロールの上にフィルムを被せ、フェルトに通したピアスの金具を刺します。 これを土台として花を飾っていくのですが、その前にフェルト・折り曲げて輪にした9ピン・ピアスの金具がつくようにボンドを塗って貼り付けます。 次に花にするために用意したちりめんの斜めにして三角になる方へボンドを塗ります。 楊枝で塗り伸ばしていきます。 三角を作るように半分に折り、ピンセットでつまむようにさらに半分に折って折り山になるところにピンセットを山に沿うようにつまみます。 抑えてあるピンセットに沿うように下に向かった布地を持ち上げて折ります。 上に向かった布地をピンセットで沿うようにつまみ、両側の生地をピンセットで下ろします。 ここまできたら、 下に持っていった最後の小さな布地を高さを合わせて、両側とも上に持ってきて短いところに合わせて端を切ります。 三角の山形になっているところも切ります。 切った端のところにボンドを塗りバラバラにならないように固めます。 反対側はうちわのように広げ、花びらのようにしてから裏側にボンドを塗ってフェルトに貼り付けます。 花びらの中心がピアスの中心を向くようにして貼り付けていきます。 この花びらを5枚作ります。 花びら5枚をフェルトの上に並べたら真ん中にコットンパールのビーズ(小)をボンドで貼り付けます。 次に葉を作ります。 三角になるように半分に3回折っていったら、山形に残っている部分を斜めに切ります。 切った面と先になっている部分にボンドを塗って形を整えたら、花びらの間から葉を差し込みます。 全体的な形を整えて乾かしたら、最初に作っっておいたコットンパールの入った9ピンをペンチと丸やっとこで開きつまみ細工のピアスにぶら下げたら、完成です。 刺繍糸1巻(本体用)• 糸30cmx2(巻き留め用)• 丸カン6mm x 4ケ• ピアス金具(貼り付け台の付いているもの)• 1つ穴の開いた半円形のビジュー2ケ• ペンチと丸ヤットコ• 糸用ハサミ• ショップカード又は型紙• クリアマニキュア又は接着剤• コーム• タオル 作り方 あらかじめ ピアス金具の台座に半円形のビジューをつけておきます。 ショップカードの 幅を利用して12回ほど刺繍糸を巻いていきます。 巻き終わったら余分な糸をハサミでカットします。 カードから糸を抜き、タッセルの上の方になる端を丸カンで留め、タッセルの上になる部分を糸で留めます。 留めるために 用意した糸を頭になる部分に10回ほど巻きつけ糸の最初と最後で結びます。 クリアマニキュアか接着剤を結び目の周辺にちょっと塗り糸留めをし、余分な糸を切ります。 タッセルの下端になる輪の部分をハサミで切り、 タッセルの糸をコームでとかします。 タッセルの端を中心に水をつけタッセルが真っ直ぐになるようにコームを使ってしごきます。 タッセルが平らになるようにしごいたら、散らばると片付けが大変なので 捨ててもいい紙の上でタッセルの裾を切ります。 最初に作っておいたピアスの金具とタッセルを丸カンでつないだら完成です。 28ワイヤー8cm x 4本• メタルフープのチャーム金具(楕円形と雫型)• ターコイズボタンカット2mm x 3mm• 丸特小ビーズ 24金コーティング• 極小淡水パールビーズ• ペンチ• ニッパー 作り方 ワイヤーをメタルフープの金具の上のところに3〜4回巻きつけます。 フープに巻きつけるのに間が開いていたらペンチで隙間を締めます。 ワイヤーにビーズを通し反対側に巻きつけ、余分なワイヤーはカットします。 ワイヤーが出ていると危ないのでペンチで端をよく潰しておきます。 2段目も同じようにつけます。 このハンドメイドピアスは、 フープの中をきっちり天然石ビーズが通っているということが肝心なので、枠にぴったりにならなかったら、何度か天然石ビーズを入れ替えて調節します。 同じようにフープにワイヤーを巻きつけ、今度は金色の丸特小ビーズを通してワイヤーをフープに巻きつけます。 最後の列はつけてても垂れてこないようにしっかりとフープに巻きつけ極小淡水パールビーズを通します。 ピアス金具をつけたら完成です。 ハンドメイドピアスの作り方【ビジュー編】 ビジューはキラキラしていてゴージャスに見えるので1つは持っていたいハンドメイドのアイテムですね。 ヴィクトリア・ピアスの作り方• キラキラ ビジュー ピアスの作り方• ピアスの金具• UVレジン液• ビジュー• ビジューを固定する石座• 台座(透かしパーツ)• 連爪2コマx2本、4コマx2本• 平ヤットコ• ニッパー• ピンセット• UVライト• カットしたクリアファイル• マスキングテープ 作り方 透明ビジューの連爪2コマx2本、4コマx2本を用意し、その他のビジューを台座にはめてください。 UVレジン液は三角の型(モールド)に少量入れます。 作業しやすいようにカットしたクリアホルダーに接着面を上にして貼り付けたマスキングテープを用意します。 マスキングテープの粘着力がある方を上にしてクリアファイルにマスキングテープを貼り、透かしパーツを置きビジューを嵌めた石座にレジン液を裏側につけて貼ります。 UVライトを2分から5分当てて硬化させます。 硬化させた透かし台座のビジューの横にUVレジンをたっぷり塗ります。 連爪を長い方に4粒の連爪、短い方に2粒の連爪を配置します。 連爪の端は折れやすいので透かしパーツの上に全体像がちゃんと入っているか確認して貼り付けます。 UVライトを2分から10分あてて硬化させます。 細長いビジューの台座にたっぷりとUVレジン液を塗り透かしパーツの上にバランスを見ながら並べていきます。 UVライトを2分から10分あてて硬化させます。 ピアスの台座にUVレジン液をたっぷりと塗って透かしパーツの裏側に貼り付けます。 UVライトを2分から10分あてて硬化させます。 最後に透かしパーツの裏側からUVレジン液をたっぷりと塗っておくと丈夫になります。 UVレジンのバリが残っていたらニッパーで切り取りましょう。 もう一方も左右対称になるように配置して作ったら出来上がりです。 台座のついているピアスの金具• UVレジン液• ビジュー (大 1つ 小2つ)• パールビーズ 1つ• それぞれのビジューを固定する石座• 台座(透かしパーツ)• クリアファイルを作業用にカットしたもの• UVライト 作り方 ビジューを石座にペンチを使って固定します。 クリアファイルにUVレジン液をピアスに作りたいサイズ分丸く出します。 楊枝を使って石座の横にUVレジン液を塗ります。 用意したビジューをピアスに貼り付けるようにクリアファイルに出した円形のレジン液の上に並べて固めます。 UVライトを当てて10分くらい硬化させ、固まったらクリアファイルから剥がします。 裏側にレジン液をつけ、透かしパーツを貼り付けます。 固まるまでUVライトを当てます。 硬化したら 台座のついているピアスの金具にUVレジン液を塗り、透かしパーツに貼り付けます。 UVライトを当てて固めたら出来上がりです。 UVレジン液• 台座付きラインストーン• 台座付きビジュー(大小好みで)• 穴なしパール• 台座(透かしパーツ)• クリアファイルを作業用にカットしたもの• ピンセット• ハサミ• カッターナイフ 作り方 UVレジン液をクリアファイルに少量出します。 レジン液に台座付きのラインストーンを好きなように並べていきます。 作業用クリアファイルごとUVライトで5分から10分硬化させます。 固めると余ったレジン液がバリになってくっついていると思うので大きなところはハサミでカットし、細かな部分はカッターで切り落とします。 次に作業用クリアファイルの上に台座を乗せてUVレジン液をたっぷりつけます。 レジン液をつけた台座に好きなように台座付きビジューを並べていきます。 UVライトで硬化させたらバリをハサミとカッターで切り落としていきます。 新しくクリアファイルにUVレジン液を丸く出し、カンのついたラインストーンを上にして台座付きビジューを好きな感じに乗せていきます。 UVライトで硬化させたらバリを取ってカンの部分に丸カンでピアスの金具とつないだら完成です。 ハンドメイドピアスの材料【UVレジン編】 レジンのハンドメイド作品が流行っています。 作り方はすごく簡単なので、涼しげなレジンのハンドメイドピアスを作って決めてみましょう。 UVレジン液• シリコンモールド• 金具型チャーム• ドライフラワー• クラッシュホログラム パステルカラー• ミニバラ• ガラスドーム• レジン空枠• グリッター• 最近は100均でも入手できるようになって身近な存在になりました。 透明感のあるレジンは涼しさを感じさせますね。 シリコンなのでUVレジンが 硬化した後に綺麗に取り外しができます。 丸カンなどで作品につけます。 ローコストのハンドメイドで女子力UPをしませんか?• ドライフラワーのピアス• 簡単レジンでピアス• ピアスのパーツカン付き• 四角のレジン用の枠 2つ• 丸カン 4つ• 押し花• UVレジン液• ピンセット• マスキングテープ• 作業用のクリアファイル• 楊枝 作り方 粘着面を上にしたマスキングテープに枠を貼り付けます。 ピアスのフックを通す穴を開けるため上の方に丸カンを置きます。 透明なレジン液を枠の中に入れて楊枝で隅まで伸ばします。 UVライトを当てて硬化させます。 硬化したらレジン液を薄く塗って押し花を好きな感じに置き、位置が決まったら、またレジン液を乗せて隅々まで広げ硬化させます。 ぷっくり仕上がったらマスキングテープからレジン細工を剥がし、裏側にもレジンを塗って硬化させます。 どちらの面もぷっくり綺麗に出来上がったらピアスのフックと一緒に丸カンでつけて完成です。 UVレジン• 涙型のぷっくりとしたシール• 耐震マット(透明)• ピンバイス 作り方 耐震マットを用意し、ぷっくりシールを裏向きで乗せ透明レジンを楊枝で塗り伸ばします。 硬化させたら、涙型の上の方にピンバイスで穴を開け、ピアスパーツをつけたら出来上がりです。 UVレジン液• レジン用マットテープ• レジン用着色料• パールサイズは大小揃えます• 丸カン• 雫用レジン枠• グリッター(金)• ピンセット• ピンバイス• UVライト 作り方 UVレジン液を少量出して竹串でレジン用着色料を少しずつ取り混ぜます。 レジン用マットテープを使用し、雫型レジン枠を接着面側に貼り付けます。 UVレジン液を少量出して竹串で隅まで行き渡るように伸ばし硬化させます。 赤で着色したレジンを雫型に竹串で乗せ型に行き渡るように伸ばし硬化させます。 硬化したらマットテープから取り外し、ピンバイスで穴を空けます。 裏側を今度は上向きにして透明レジン液を塗りぷっくりしたら硬化させます。 硬化させた表側の雫型の枠の下の方に透明レジン液を塗り、大小様々なサイズのパールや飾り用丸カン、グリッターをピンセットでのせて飾っていきます。 ピンセットで位置を直したらUVライトで硬化させます。 乗せた飾りが隠れるまでUVレジン液を塗って硬化させることをします。 UVレジン液で重ね塗りをしてぷっくりとなったら丸カンを2つつないでピアスの金具につけて出来上がりです。 ハンドメイドピアスにおすすめの100均アイテム10選 手軽にハンドメイドを始めるならまずは100均ショップ。 自分にこの手芸は向いているか試すのにも値段設定がちょうどいいですね。 チャーム付きフックピアス• 和柄のアクリルパーツ• クラッシュストーンメタリックカラー• カラフルコレクションビーズ• レジンのパレット• 金属アレルギー対応ピアスの金具• 海の生物レジン枠• 樹脂粘土(ダイソー)• マスキングテープ• ピアスの金具だけでも売っていますが、見当たらなかった時に チャームを外してピアスの金具として使うことができます。 和装に映える大振りのピアスが作れそうです。 緑のリボンのビーズは使い方が難しそうですが、 赤のビー玉のようなビーズとかキャッツアイのように見えるビーズは何かに使えそうですね。 こうしたハンドメイドで使うなら絵は関係ないのですが、幅は何種類かあった方が扱いやすいと思います。

次の

ハンドメイドピアスの作り方でレジンは?デザインやコツについても|ハンドメイドでもの作り

ハンドメイドピアス作り方

手作りアクセサリーが初めての方にも挑戦しやすいのが、付け心地の軽いフックピアス。 金具も手に入りやすく、とてもシンプルな工程で作れるフックピアスの作り方をご紹介します。 フックピアスの材料• ピアスに使いたいパーツ … お好みのもの。 アンティーク風ビーズやしずく型のパーツなどが可愛いですね。 ヤットコ … 丸カンの開閉に使います。 ピンセット … パーツを掴む時にあると便利です。 フックピアスの作り方• ピアスと同様に簡単に作れます。 手作りピアス・イヤリングの材料は、100均や手芸用品店などで揃えることができます。 最近では手頃な価格で可愛い素材がたくさん揃うネットショップもおすすめです。 作りたいデザインによって必要な材料は変わってきますので、ここでご紹介するものは基本の材料です。 まずは基本の材料を揃えておいて、必要に応じて買い足していきましょう。 手作りピアス・イヤリングの基本の材料• 平ヤットコ … 先が平たいもの。 丸カンの開閉やピンを曲げる作業に使います。 丸ヤットコ … 先が丸いもの。 ピンを丸め、輪を作る作業に使います。 ニッパー … ピンやチェーンの切断に使います。 ピンセット … ビーズやパーツ類などの細かな物を掴む時に使います。 ビーズ・パールなど … お好みのもの。 丸カン … 金具と金具とをつなぎ合わせる丸い金属パーツです。 Tピン … ビーズなどを通してパーツを作る時に使います。 ピアスパーツ・イヤリングパーツ… ピアス・イヤリング部分のパーツです。 接着剤 … プラスチック用、金属用のもの。 あると便利です。 RELATED ARTICLE ピアスやイヤリングは手作りが楽しい! 手作りのピアスやイヤリングに必要なパーツや金具、作り方やおすすめの自作アイデアをご紹介しました。 手作りアクセサリーが人気の最近では、材料や素材もとても手に入りやすくなっていて、気軽に始められるので嬉しいですね。 自分の好みで作る自作アクセサリーには、既製品とは違った楽しみがあります。 ご紹介したピアス・イヤリングのデザインを是非参考に、あなたらしいオリジナルのアクセサリーを作ってみましょう。 作ったアクセサリーは、お友達へのプレゼントにしたり、ハンドメイドサイトで販売したりと、手作りアクセサリーの楽しみ方はあなた次第でたくさんあります!•

次の

ハンドメイドピアスの作り方大公開!基礎からビジューやレジンを使ったレシピなど紹介

ハンドメイドピアス作り方

スイーツデコパーツなどによく使われるシリコンゴムは、強力なボンドや接着剤でも取り付けが難しく、一度はくっついてもポロッと取れてしまうことも。 しかし、手芸用品メーカーのKAWAGUCHIが発売するシリコンゴム用ボンドなら、しっかりと接着してくれます。 弾力性があるので、凹凸があるパーツや丸いパーツもしっかり接着。 固まるまでに30分以上かかるので、仮置きしながら作業したり位置を調整したりできるのも使いやすいですね。 シリコンの他にも、紙・布・フェルト・木材・皮革といった素材にも強い接着力を発揮します。 乾燥後は半透明なので、なるべくはみ出さないように塗るのがおすすめです。 異素材をミックスしたアクセサリーも、この1本で仕上げることができます。 液垂れがしにくく弾力性があるので、凹凸のあるパーツもしっかり接着。 ヘラも付属していて、細かい部分にもきれいに塗ることができます。 また、少々はみ出してしまっても、硬化後は透明になるので目立ちません。 衝撃に強く耐水性もあるため、外出の際につけたいアクセサリーにも安心して使えますよ。 金属・ガラス・陶磁器・硬化プラスチックといった素材に強い接着力を発揮します。 混ぜてから約10分で固定される速乾性と、高い 透明度が魅力。 はみ出してしまっても目立ちにくく、アクセサリーもきれいに仕上がると評判です。 プラモデルや釣り具にもよく使われていますよ。 耐熱性や耐水性にも優れているので、普段使いのアクセサリーを作るのにおすすめです。 大きめの金属アクセサリーを作りたい方や、持っているアクセサリーの補修におすすめですよ。 A剤とB剤を混ぜてから30 分ほどで硬化が始まるので、 ゆとりをもって落ち着いて制作ができる のも助かりますね。 硬化後の接着力は抜群で、耐熱性・耐水性・耐薬品性も兼ね備えています。 ただ、つけすぎると液垂れしてしまうことも。 ヘラやつまようじなどで平らにのばしてから接着するときれいに仕上がります。 成分は弾性のあるシリル化ウレタン樹脂100%で、大きなパーツもガッチリとホールドしてくれます。 硬化後は透明で、弾力があるので衝撃にも強く長持ちしますよ。 商品名にはデコレーション用と書いてありますが、 ストーンなどの他、布・フェルト・合皮・合成ゴム・ガラス・金属等の接着に使えるので、多用途タイプと言えるでしょう。 これ1本あれば、たいていのアクセサリー作りに使えるのではないでしょうか。 速乾性が高く塗布後約4分で固まります。 ある程度作業に慣れており、どんどん付けていきたいという方に向いているでしょう。 さらさらした液体で、細いノズルのサポートもあって点塗もラクラク。 接着剤にありがちなべとつきや糸引きがないので、垂れたりすることなく付けたい場所に狙って付ける事ができますよ。 ラインストーンというと、気になるのが表面についてしまった場合の曇り。 しかしこの商品は乾くとしっかり透明になるので、その心配も無用。 また、接着剤特有のニオイもほとんど無いとのレビューもありました。 万一手に付いてしまった場合、乾く前なら水で拭き取り、乾いてしまった後はお湯で柔らかくしてから擦り洗いするようにしましょう。 硬化後は弾力が出るため、衝撃にも強く、常に持って歩く携帯やペンなどのデコレーションにもピッタリですよ。 接着剤は透明で、万一ストーンについてしまっても白くなりません。 綺麗な仕上がりが期待できるでしょう。 何より接着剤特有のにおいがなく、長時間の作業でも気持ち悪くならないのが嬉しいですね。 1の接着剤 小さめラインストーンの接着なら迷わずこれ デコ以外にも使える?!優秀多用途タイプ 小さなパーツをつけやすい極細ノズル。

次の