ひる なか の 流星 キャスト。 ひるなかの流星 : 作品情報

映画「ひるなかの流星 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ひる なか の 流星 キャスト

中高生の『初恋のバイブル』とも言われたマンガが映画化されました。 本記事では『ひるなかの流星』 キャスト一覧・相関図を画像付きでご紹介していきます。 田舎育ちで恋を知らない主人公・与謝野すずめを永野芽郁さんが演じて、『すずめがかわいい、というか永野芽郁がかわいい!』との声が多いですよね。 永野芽郁さんはUQモバイルのCMで三女役やってる女優さんです。 2017年最注目の女優さんで、テレビ出演も多くなってきていますよね。 そんなブレイク女優・永野芽郁を主演にして映画化され、女子中高生を中心に話題を集めた『ひるなかの流星』 キャスト一覧・相関図を画像付きで、ご紹介します。 最後までお付き合いお願いしますね。 関連記事: 「マーガレット」において2011年12号から2014年23号まで連載 スタッフ• 監督:新城毅彦• 原作:『ひるなかの流星』(作者・やまもり三香)• 主題歌:『はやく逢いたい』(Dream Ami)• 制作:小川晋一市川南木下暢起• プロデューサー:小原一隆上原寿一八尾香澄• アソシエイトプロデューサー:西原恵• ラインプロデューサー:毛利達也• 撮影:小宮山充• 美術:金勝浩一• 照明:小坂温• 録音:鶴巻仁• 編集:穂垣順之介• 装飾:松下利秀• VFXスーパーバイザー:小坂一順• スタイリスト:新崎みのり• ヘアメイク:千葉友子• 音響効果:松浦大樹• 選曲:藤村義孝• スクリプター:藤島理恵• 助監督:中西正茂• 制作担当:山崎朝之• 制作:フジテレビジョン東宝集英社• マイペースでまっすぐな性格。 両親が海外転勤になったのを機に東京のおじ諭吉の家に預けらることで、転校してきました。 小学4年のとき、学校で熱を出し早退の途中で迷子になり、昼間の流れ星を追いかけて家にたどり着いたエピソードを持っています。 生年月日:1999年9月24日• 出身地:東京都• 身長:163cm• 血液型:AB型• 職業:女優・ファッションモデル・タレント• 活動期間:2009年~• 事務所:スターダストプロモーション• テレビ出演作:『八重の桜』『真田丸』『こえ恋』『僕たちがやりました』『半分、青い。 』など 獅子尾五月役:三浦翔平 — みほ tmfk0517 すずめの担任教師。 見た目はチャラいが、面倒見がよく生徒に人気。 以前、鹿島ひとみと付き合ってあいました。 すずめのことを『ちゅんちゅん』と呼びます。 すずめの初恋の相手 三浦翔平プロフィール 【エンタメステージ】 — YUKA Parfect20021• 生年月日:1988年6月3日• 出身地:東京都調布市• 身長:181cm• 血液型:A型• 職業:俳優、ファッションモデル• 活動期間:2007年~• 不愛想で女子に免疫がなく、女子に触れると赤面します。 このクセをすずめに知られてから、すずめに徐々打ち解け、いつしかすずめが好きになっていました。 生年月日:1993年8月4日• 出身地:愛媛県松山市• 身長:173cm• 血液型:A型• 職業:ダンサー・俳優・DJ• 活動期間:2010年~• 事務所:LDH JAPAN• 普段は猫をかぶっています。 すずめが転校当初は、すずめが気に入らなかったが、取っ組み合いのけんかの後、すっかり意気投合して友達になりました。 馬村への想いを持っていながら、馬村の気持ちがすずめにあることがわかって切ない気持ちでいます。 山本舞花プロフィール — 山本舞香チャンネル maikayamamo• 生年月日:1997年10月13日• 出身地:鳥取県米子市• 身長:155cm• 血液型:B型• 職業:女優・ファッションモデル・タレント• 事務所:イノセント• テレビ出演作:『それでも、生きてゆく』『仮面ティーチャー』『49』『夜のせんせい』『ヤッさん〜築地発! おいしい事件簿〜』『やすらぎの郷』など 熊本諭吉役:佐藤隆太 今日の1枚はこちら 「佐藤さん。 すずめの両親が海外転勤中、すずめを預かっています。 飲食店を経営しています。 生年月日:1980年2月27日• 出身地:東京都目黒区• 身長:180cm• 血液型:A型• 職業:俳優• 活動期間:1999年~• 事務所:ケイファクトリー• 夫と共に海外転勤することになり、すずめを東京の諭吉のもとに預けます 西田尚美プロフィール 11月25日 土 ごご2時から放送される『わざわざ行きたい!! 山本耕史の瀬戸の島旅』 ナビゲーターは のお父さん役でもお馴染みの さん そして、ナレーターは広島・福山市出身の さんです。 — shimatabi2017 shimatabi2017• 生年月日:1970年2月16日• 出身地:広島県福山市• 血液型:B型• 職業:女優• 活動期間:1991年~• 事務所:鈍牛倶楽部• 一方で女子に免疫がないすずめのクラスメイトの馬村が次第に、すずめに魅かれていきます。 先生にフラレながら、一方で告白されて、すずめの心は、ブランコのように揺れ動きます。 すずめの初々しい気持ちの揺れが、女子中高生の気持ちを掴んで離しません。 すずめの天真爛漫さで、ストーリーが重くならず爽快感。 そして、すずめを通して、キュンキュンを味わう映画です。 関連記事: 映画『ひるなかの流星』動画フルが無料視聴できる方法をご紹介! 映画『ひるなかの流星』動画フルが無料視聴できる方法として今回ご紹介するのはずばり!!!! 日本最大級の動画配信サービス になります。 U-NEXTの会員数は16万人以上!配信本数は、なんと120,000本以上! コンテンツの充実度は他社サービスを圧倒しています。 最近の最新ドラマ・映画から往年の名作までラインナップされています。 最新ドラマの配信開始数が他のサービスに比べて多いのもU-NEXTの特徴になります。 また、ブルーレイやDVDの発売に先駆けて配信が始まることもあります。 「あの名作を早く観たくて待ちきれない!」• 「最新ドラマの見逃し配信を観たい!」 といった方はここを覗いてみると良いでしょう。 見ることができるジャンルはシネマ洋画、シネマ邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、キッズ、バラエティと多岐にわたるうえ、動画だけでなく電子書籍にも対応しています。 多くの書籍やコミックも読むことができます。 注目して欲しいのは、現在 31日間無料お試しキャンペーン実施中というお得なキャンペーンを行っています。 私も無料トライアル期間という事で実際に登録してみました。 そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。 皆さんも、是非このお得なキャンペーンもいつ終わってしまうのか分からないのでまずはその良さを体感してみて下さいね! 他に配信作品はどんなのがある? 本ページの情報はH30年2月時点のものになりますので、最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認して下さい! 海外ドラマもウォーキングデッド・プリズンブレイク・24などから色々超充実! 韓国ドラマ好きには欠かせない存在! こんなに充実したサービスは他には見た事ありません。 31日間無料お試しキャンペーンで是非利用してみて下さい! 利用者の感想・評判は? まとめ もうこいつに構うなよ。 映画化のキャスト 一覧 の画像を見ていただければ、『胸キュン』する要素しかありませんよね。 『胸きゅん』真っ盛りの中高生の皆さんも、すでに『胸きゅん』を忘れていたなという皆さんも、正統派青春恋愛映画で、ちょっと照れちゃうようなシーンでドキドキしてみてください。 青春っていいなぁ! 見終わった後の爽快感や甘酸っぱい気持ちがたまりません。 主人公演じる 永野芽郁さん萌えもオススメです。 今一番注目の女優さんの話題の作品です。 最後に、今回の映画『ひるなかの流星』のように面白い映画をiPhoneで見たい方は、こちらのサイトにが掲載されていたので、良かったら是非見てみて下さいね。

次の

ひるなかの流星

ひる なか の 流星 キャスト

CONTENTS• 映画『ひるなかの流星』の作品情報 【公開】 2017年(日本) 【監督】 新城毅彦 【キャスト】 永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐、山本舞香、西田尚美、佐藤隆太、小野寺晃良、室井響、小山莉奈、大幡しえり 【作品概要】 シリーズ累計発行部数250万部を突破したやまもり三香さんの大人気漫画『ひるなかの流星』を、少女漫画の実写化に定評がある新城毅彦さんが監督を務めた青春ラブストーリー。 ネクストブレイク最有力の呼び声が高い注目女優・永野芽郁さんを主演に迎え、三浦翔平さん、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のリーダーとしても活躍する白濱亜嵐さん、さらには山本舞香さん、西田尚美、佐藤隆太ら実力派キャストが脇を固めている。 映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』がきっかけでした。 女優として飛躍を遂げたのは 2015年公開の映画『俺物語!! 』でしょう。 この作品ではオーディションを勝ち抜いて見事ヒロイン役を獲得。 2016年には、テレビ東京ドラマ『こえ恋』で初主演(深夜ドラマではあるものの)を務め、同時に雑誌『Seventeen』のモデル(2016年8月から)としても人気を博しており、今まさに大注目の若手女優さんのひとりですね。 そして今回『ひるなかの流星』で映画初主演となる永野さんが演じるのは、主人公・与謝野 すずめ。 恋愛経験のない田舎育ちの女子高生であるすずめは、マイペースでまっすぐな性格の持ち主のよう。 両親の都合で東京の学校へ転校することになったすずめが、初めて恋をすることになるのですが、その相手が担任の獅子尾なのだとか。 しかし、そんなすずめのことを好きになった同級生がいて…。 といった感じの三角関係に陥る訳ですが、その時のすずめを演じる永野さんの表情に注目ですね。 2008年には日本テレビドラマ『ごくせん 第3シリーズ』に生徒役で出演を果たし、俳優デビューを飾りました。 映画『THE LAST MESSAGE 海猿』(2010)では第34回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、その高い演技力を評価を受けるようになります。 『ひるなかの流星』で三浦さんが演じているのは、すずめの担任の教師である獅子尾五月。 一見軽そうに見える感じの獅子尾ですが、中身は面倒見が良く生徒たちからも人気のある教師のようですね。 当然パフォーマーとしてのイメージが強い白濱さんですが、2011年には日本テレビ『ろくでなしBLUES』で俳優としてもデビューを飾っています。 その後『GTO』(関西テレビ)の生徒役を経て、日本テレビドラマ『シュガーレス』で初主演を務めるなど、俳優としても着実に経験を積んでいるようですね。 そんな白濱さんが『ひるなかの流星』で演じるのは、すずめのクラスメイト・馬村大輝。 不愛想であまり女子と触れ合ったことがないような男の馬村は、すずめの獅子尾への恋心を知りながらも、惹かれていってしまうという役どころ。 徐々に徐々にすずめへ惹かれていくその感情の変化に注目していきたいですね。 このリハウスガールというものは、宮沢りえさん、坂井真紀さん、蒼井優さん、夏帆さん、そして先代の川口春奈さんなど錚々たる顔ぶれが並ぶ、言わば女優の登竜門的CMオーディション。 そんな中を勝ち抜いた山本さんですが、実はこれが自身初のオーディションだったんだとか。 きっとそれだけ才能があったんでしょう! その後は、ファッション雑誌『ニコラ』の専属モデルとして活動すると同時に、フジテレビドラマ『それでも、生きてゆく』(2011)で女優デビュー。 映画『暗殺教室』(2015)や 初主演を果たした『桜ノ雨』(2016)など着実にステップアップを遂げています。 そんな山本さんが『ひるなかの流星』で演じるのは、すずめのクラスメイト・猫田ゆゆか。 黒カラコンとまつげエクステなど、女子力ナンバーワンとも言われているゆゆかは、実は馬村に恋心を抱いているのだとか。 その後はフジテレビドラマ『海猿 UMIZARU EVOLUTION』の吉岡哲也役で人気を博し、それ以降の『海猿』シリーズでも吉岡哲也役を担当することに。 2008年のTBSドラマ 『ROOKIES』での川藤幸一役も彼の代表作の一つ。 この作品で連続ドラマ初主演を務めるなど、今や主演としても脇役としてもどんな役でもこなせる演技派の俳優としてその地位を確立しています。 『ひるなかの流星』では、すずめの叔父で東京での父親的存在の熊本諭吉を演じています。 教師の獅子尾は大学時代の後輩にあたり、諭吉が経営しているカフェには常連として良く訪れるのだとか。 数々の雑誌でモデルとして活躍しましたが、特に『non-no』では格別な人気を誇りました。 女優への転身のきっかけはTBSテレビドラマ『オレたちのオーレ! 』(1993)。 これを機に女優としての才能が花開くことになります。 『ひみつの花園』(1997)や『ロボジー』(2012)、『サバイバルファミリー』(2017)など、矢口史靖監督作品には欠かせない存在です。 『ひるなかの流星』で西田さんが演じるのは、すずめの母・与謝野聡子。 そもそもすずめが転向することになったのは、東京に転勤になったという訳ではなく、夫共に海外赴任することになったのだからだそう。 それによって東京にいる兄弟の諭吉にすずめを預けることになったというのが転向の流れみたいですね。 おそらくそれほど出番はないとは思いますが、少ない出演シーンでもきっと存在感を見せつけてくれるはずです! 映画『ひるなかの流星』の監督と原作者紹介 C 2017 フジテレビジョン 東宝 集英社 C やまもり三香/集英社 監督:新城毅彦 映画『ひるなかの流星』の監督を務めるのは、新城毅彦さんです。 1962年生まれ、東京都出身の新城さんは、あの 伝説的テレビドラマ『あすなろ白書』(1993)や菅野美穂さんが連続ドラマ初主演を務めた『イグアナの娘』(1996)など、数々の話題作を手掛けたことで有名ですよね。 映画監督としてのデビューは、主演に玉木宏さんと宮崎あおいさんを迎えた長編映画『ただ、君を愛してる』(2006)。 その後も感動作の『Life 天国で君に逢えたら』(2007)、『僕の初恋をキミに捧ぐ』(09)、『Paradise Kiss』(2011)、『四月は君の嘘』(2016)など、ラブロマンスを描かせたら右に出る者はいないの新城監督です。 さらに特筆すべきは、 『僕の初恋をキミに捧ぐ』(2009)から5作連続(『Paradise Kiss』、『潔く柔く』、『四月は君の嘘』、『ひるなかの流星』)で少女漫画を原作とした作品を扱っているということですよね。 ラブロマンスをスペシャリストであると同時に少女漫画の実写化に長けた新城監督ですから、今回の『ひるなかの流星』も間違いなしといった所でしょう! 原作者:やまもり三香『ひるなかの流星』(集英社) 『ひるなかの流星』の原作者・やまもり三香さんは、2005年第2回AM(オールマーガレット)新人まんが大賞にて『キミのクチビルから魔法』が第2位を獲得し、同作が『ザ マーガレット』に掲載されたのがデビューのきっかけでした。 その後も『マーガレット』に2008年から連載していた『シュガーズ』(全6巻)を発表し、本作『ひるなかの流星』に至るという訳です。 『ひるなかの流星』は、2011年から2014年まで『マーガレット』で連載され、コミックス(本編全12巻+番外編)の累計発行部数は250万部を突破するという大人気漫画。 連載当時から実写が待ち望まれていたとう作品ですから、原作ファンの方々にとっても今回の劇場公開が待ちきれないといった所でしょう! やまもり先生は現在も『マーガレット』で 『椿町ロンリープラネット』を連載中(2015年12月号~)と、その勢いは止まることを知りません。 ちなみにこの作品も実写化が待望されているそうで、近いうちにこの作品も劇場で観られることになるかもしれませんね。 映画『ひるなかの流星』のあらすじ 田舎でのほほんと暮らす、普通の女子高生・与謝野すずめ。 そんなすずめにある転機が訪れます。 両親が海外赴任をするということで、すずめは東京に住む叔父・熊本諭吉の下へと預けられることになったのです。 両親と離れて暮らさなくてはならなくなったすずめが上京すると、慣れない都会に戸惑いを隠せません。 歩いていると迷子になってしまい、そこで偶然出会った男性に助けられることに。 すずめの第一印象は「怪しい人」というものでしが、実はその男性・獅子尾五月はすずめが通うことになる高校の担任の教師だったのです。 学校で再会した2人。 最初の印象は軽そうだというものでしたが、優しくて面倒見が良い獅子尾に次第に惹かれていくすずめ。 それは、恋愛経験のないすずめにとっては生まれて初めての恋でした。 獅子尾の方でも、すずめのことが気になってはいましたが、教師という立場もあり、素直に気持ちを表現出来ないでいたのです。 そんな中、もう一つ別の恋が生まれることに。 そして、馬村が自分の気持ちをすずめに告白し…果たしてすずめの初恋の行方はどうなっていくのでしょうか…?!.

次の

映画『ひるなかの流星』あらすじとキャスト一覧。【永野芽郁×三浦翔平×白濱亜嵐出演】

ひる なか の 流星 キャスト

ひるなかの流星 via google imghpマーガレットの少女漫画が豪華な映画になる予定です。 ひるなかの流星は教師と女子生徒とその女子生徒に恋する男子生徒の三角関係を描いています。 それが豪華キャスト陣で実写化されることになり、原作ファンも大興奮です。 メイン登場人物の一人である馬村の配役が坂口健太郎がいいという意見は多かったのですが、残念ながら叶いませんでした。 それでも監督、脚本ともに人気の方で期待できる映画になりそうです。 監督は新城毅彦。 「アルジャーノンに花束を」や「四月は君の嘘」を演出しています。 ドラマ、映画にこだわらず、いくつもの名作を生み出しています。 脚本は安達奈緒子。 「リッチマン・プアウーマン」や「失恋ショコラティエ」など月9作品の脚本をしている人気脚本家。 この監督と脚本のタッグですから期待度が上がるのは言うまでもないでしょう。 あらすじは主人公である与謝野すずめの恋模様を描くもの。 主人公は田舎暮らしだが、親の転勤をきっかけにして上京します。 迷子になった主人公を助けたのは教師である獅子尾五月。 彼に惹かれる主人公でしたが、クラスメイトの馬村大輝は彼女のことが好きになります。 そして教師と生徒2人の難しい三角関係が始まります。 2017年3月24日に公開予定となっており、撮影は同年10月から始まるようです。 やまもり三香の漫画は実写化が成功するでしょうか。 すでに単行本として全て完結している作品なので、漫画を読んでしまうのもいいですね。 全部で13巻となっています。 豪華キャスト陣 キャストはとても豪華になっています。 もちろんイケメンと美女を取り揃えています。 ベタベタな少女漫画なので、ベタベタなセリフを真顔で言えるだけの顔が必要です。 臭いセリフを言っても大丈夫な人は限られていますが、ちゃんと大丈夫な人が選出されています。 白濱亜嵐が演じますが、もの凄い批判です。 批判は亜嵐が悪いわけではないようですね。 原作ファンなら誰もが知っていることのようですが、実はこのキャラクターには元々モデルがいました。 そのモデルとは坂口健太郎です。 塩顔イケメンとして描いてあるので、イメージが少し違いますね。 というか坂口以外をキャスティングした時点で批判が来ることは想定済みでしょう。 批判にも負けず、演じきってもらいたいです。 公開に期待!! はやドキ! ひるなかの流星 コメント — なんちゃん jgmpwpwgm テレビでも宣伝が始まり、失敗しないように一人でも多くの客を取れるよう工夫するでしょう。 主演を務める永野は映画初主演ということもあり、他のキャストとは覚悟が違います。 これからの女優人生を考えても、この実写化で失敗はできません。 三浦は毎回同じ役しかしないと言われることもあり、ワンパターン俳優と評されることもあります。 今回の獅子尾役はチャラい役ではないので、ワンパターンと言われないように新しい三浦の姿を見せられるといいですね。 そして一番批判の多い亜嵐は何をしても批判があると思いますが、この役を演じるために体重を減らすなど気合十分です。 役作りにも頑張っているので、そこは評価してくれると嬉しいですね。 批判がとても多い今の映画界ですが、それだけ漫画にスポットライトが当たっているのも事実。 日本には漫画が数え切れないくらいあり、名作も多いです。 原作と違うからと言って忌避するのではなく、原作ファンでも別の楽しみ方で映画を見てほしいです。 甘酸っぱいキュンキュン映画になるとのことなので、中学生、高校生は観に行って下さい。

次の