女子 アナ お宝 livedoor。 [B!] 【画像】ZIP!團遥香の胸がパンパン過ぎるww : 女子アナお宝画像速報

2006年10月: 女子アナお宝画像

女子 アナ お宝 livedoor

毎年、各有名大学の卒業式に大挙して押し寄せるカメラ小僧たち。 テレビ局に入る前のを長年見てきている彼らだからこそ知る、女子アナたちの素顔があるようだ。 卒業式での対応に人間性がにじむ 着物で卒業式に出る姿を掲載するのは、週刊誌のグラビアページではもはや毎年恒例の企画となっている。 そのため女子アナに内定した人は撮影と取材があるのは織り込み済み。 メークも髪型もちゃんと決め、質問に対するコメントも考えてきているのが普通なのだそう。 それを踏まえた上で、各女子アナがとってきた対応をもとに、ベテランのカメラ小僧・A氏に寸評してもらった。 1位 元TBS (青山学院大学) 「撮影をお願いすると、『はい!』と、快諾。 みな実ちゃんスマイルで答えてくれました。 警備員に文句を言われないように、わざわざ校門の外に出て撮影に応じてくれましたね。 『ポーズはこんな感じでいいですかぁ』と、甘ったるい声でポーズを取り続ける彼女に、みんなメロメロだった」(A氏、以下同) 2位 フジテレビ 松村未央(慶応義塾大学) 「卒業証書を持ってくださいとお願いすると、緊張しながらも顔のそばに卒業証書を持ってニッコリ。 雑誌の撮影にしかポーズを向けない女子アナが多い中、ミオパンは僕たちカメラ小僧のポーズのお願いにも答えてくれた数少ないコでした」 3位 テレビ東京 秋元玲奈(慶応義塾大学) 「まだまだほっぺがぷっくりしていた彼女。 記者たちに囲まれての取材にも一言一言考えながら、一生懸命答えている姿が誠実でした。 その後も、次々に飛ぶポーズのお願いに応えていて、『ああ、この子はちゃんとした番組につく女子アナになるんだろうな』と思いました」過去最悪の対応を見せたテレ朝・竹内アナ 一方、あからさまに不機嫌だった女子アナについて聞くと、A氏は2人ほど挙げてくれた。 ワースト1位 テレビ朝日 竹内由恵(慶応義塾大学) 「週刊誌の記者たちに囲まれて、次々に飛んでくる質問に対しても、傘で顔を隠してガン無視。 雑誌社の人も、『過去にこんなやつはいないよ。 取材に来てるのをここまでゴミのように扱ったやつまずいない。 どんな風に書かれるかもわからないのに』と怒ってました。 挙句、職員に両脇をガードさせて門まで送らせて……お前、どこまで大物なんだよ! って。 今テレビでニコニコ笑ってるのを見ると、偽物の笑顔だって思う」 ワースト2位 日テレ 水卜麻美(慶応義塾大学) 「週刊誌の人たちが奥に連れて行って撮影していたから、離れたところから撮っていたんです。 そしたら水トと一緒にいた男性たちに囲まれて、『お前、何撮ってんだよ!』『やめろよ!』と、恫喝を受けました。 意外だけど、親衛隊みたいなのがいて。 僕が知る限り、あの子だけですね」 はてさて、来期入社の女子アナたちは、どんな対応を見せてくれるのか。 (取材・文/大伯飛鳥) 外部サイト.

次の

女子アナでもいーですか?についての関連情報

女子 アナ お宝 livedoor

たとえば、この6月に『NEWS23』(TBS系)のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ(34)は、大きくワキの空いたノースリーブ姿で登場し話題となった。 ほかにも、テレビ朝日の三谷紬アナ(25)は、『やべっちFC』出演時に大きな胸が強調されるようなシーンも放送されている。 ベテランテレビマンが話す。 1990年代にアイドル化がすすみ、女子アナの主戦場がバラエティ番組に移った。 コスプレをしてアイドルのように歌い、男性視聴者を魅了した。 それからは、たとえ巨乳でも、それをひた隠しにしようとする時代が長く続いた」(別のテレビ局員) 胸が小さく見えるよう小さめのブラジャーをつけ、お辞儀しても谷間が見えないよう、胸元と衣装の裏地をガムテープでくっつけるのは当たり前。 〈局アナ時代はぶりっ子というイメージがあったから、胸まで強調されてしまったらとしての清潔感が保てないと思っていました。 (中略)とにかく胸を小さく見せたくて、3年間ぐらいサラシを巻いて胸を潰していたんです〉 2014年にフリー転身した元TBSの田中みな実アナ(32)は、2017年に『anan』のインタビューでそう告白したこともあった。 だが最近では、冒頭の小川アナや三谷アナを始め、杉浦友紀アナ(36、NHK)、桑子真帆アナ(32、NHK)、水卜麻美アナ(32、日本テレビ)、鷲見玲奈アナ(29、テレビ東京)、宇賀なつみアナ(33、フリー)といったアナたちが、各局の看板番組を背負い、胸元を強調した衣装で画面に登場する。 「一歩引いてニコニコ笑っているのではなく、バラエティでは芸人のフリに即座に切り返し、報道では自分の考えをハッキリ述べるなど、アナウンサーとしての度量や技術が評価されるようになった。 共通するのは、男性に媚びない姿勢。 そういった女子アナたちは、ふくらみを強調する服を着ようが関係ない時代になった」(同前) 女子アナの活躍するフィールドが広がったことで「小さく見せなければならない」といった定説が変わったようだ。

次の

カメラ小僧が語る女子アナ好感度ランキング 1位は田中みな実アナ

女子 アナ お宝 livedoor

毎年、各有名大学の卒業式に大挙して押し寄せるカメラ小僧たち。 テレビ局に入る前のを長年見てきている彼らだからこそ知る、女子アナたちの素顔があるようだ。 卒業式での対応に人間性がにじむ 着物で卒業式に出る姿を掲載するのは、週刊誌のグラビアページではもはや毎年恒例の企画となっている。 そのため女子アナに内定した人は撮影と取材があるのは織り込み済み。 メークも髪型もちゃんと決め、質問に対するコメントも考えてきているのが普通なのだそう。 それを踏まえた上で、各女子アナがとってきた対応をもとに、ベテランのカメラ小僧・A氏に寸評してもらった。 1位 元TBS (青山学院大学) 「撮影をお願いすると、『はい!』と、快諾。 みな実ちゃんスマイルで答えてくれました。 警備員に文句を言われないように、わざわざ校門の外に出て撮影に応じてくれましたね。 『ポーズはこんな感じでいいですかぁ』と、甘ったるい声でポーズを取り続ける彼女に、みんなメロメロだった」(A氏、以下同) 2位 フジテレビ 松村未央(慶応義塾大学) 「卒業証書を持ってくださいとお願いすると、緊張しながらも顔のそばに卒業証書を持ってニッコリ。 雑誌の撮影にしかポーズを向けない女子アナが多い中、ミオパンは僕たちカメラ小僧のポーズのお願いにも答えてくれた数少ないコでした」 3位 テレビ東京 秋元玲奈(慶応義塾大学) 「まだまだほっぺがぷっくりしていた彼女。 記者たちに囲まれての取材にも一言一言考えながら、一生懸命答えている姿が誠実でした。 その後も、次々に飛ぶポーズのお願いに応えていて、『ああ、この子はちゃんとした番組につく女子アナになるんだろうな』と思いました」過去最悪の対応を見せたテレ朝・竹内アナ 一方、あからさまに不機嫌だった女子アナについて聞くと、A氏は2人ほど挙げてくれた。 ワースト1位 テレビ朝日 竹内由恵(慶応義塾大学) 「週刊誌の記者たちに囲まれて、次々に飛んでくる質問に対しても、傘で顔を隠してガン無視。 雑誌社の人も、『過去にこんなやつはいないよ。 取材に来てるのをここまでゴミのように扱ったやつまずいない。 どんな風に書かれるかもわからないのに』と怒ってました。 挙句、職員に両脇をガードさせて門まで送らせて……お前、どこまで大物なんだよ! って。 今テレビでニコニコ笑ってるのを見ると、偽物の笑顔だって思う」 ワースト2位 日テレ 水卜麻美(慶応義塾大学) 「週刊誌の人たちが奥に連れて行って撮影していたから、離れたところから撮っていたんです。 そしたら水トと一緒にいた男性たちに囲まれて、『お前、何撮ってんだよ!』『やめろよ!』と、恫喝を受けました。 意外だけど、親衛隊みたいなのがいて。 僕が知る限り、あの子だけですね」 はてさて、来期入社の女子アナたちは、どんな対応を見せてくれるのか。 (取材・文/大伯飛鳥) 外部サイト.

次の