よゐこ 濱口 年齢。 よゐこ濱口優の結婚相手は南明奈!現在の年齢や年収・子供はいる?

濱口優の弟の濱口善幸は占い師!経歴や年齢は?鑑定場所や料金や的中率は?|凛のTAKARA箱

よゐこ 濱口 年齢

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 濱口 ( はまぐち ) 優 ( まさる ) ニックネーム ぐっちょん ハマグチェ マサル マッサル まちゃる ヨシユキ (禿夢名義) 破壊神、ポンジ先輩、自爆先輩 生年月日 1972-01-29 (48歳) 出身地 ・ 血液型 A型 身長 168cm 言語 日本語 方言 最終学歴 コンビ名 相方 芸風 、(ツッコミ) 立ち位置 右 事務所 活動時期 - 現在の代表番組 過去の代表番組 作品 よゐこのマイクラでサバイバル生活、よゐこのOOでOO生活 他の活動 ・「」 、ユーチューバー 配偶者 親族 (弟、演劇俳優)、(弟、占い師・タレント) 公式サイト 濱口 優(はまぐち まさる、(47年) - )は、の、。 お笑いコンビのとまどい()担当。 相方は。 はA型。 、卒業。 プロフィール [ ] 実家は喫茶店を経営している。 小学4年生の頃に書いた劇の鑑賞感想文では文章に「っ」を使用していなかったため、終始カタコトのような文章になってしまった。 高校生時代は「クリ」というあだ名で呼ばれていた。 高校3年生の頃、通知表の英語の評価で 1を取ったことがあり、当時の英語担当の先生のコメントには ギリギリですと書かれていた。 2014年に開かれたの誕生会で、濱口ととのやりとりを見ていて双方の気持ちを察したが電話番号の交換を仲介、そのことがきっかけで南との交際が始まった。 直後の2014年2月27日に交際していることを公表した上でマスコミ及びお互いの事務所公認のカップルとなり、携帯電話の待ち受け画面を堂々と南の画像にするなどしていた。 2018年の正月、毎年恒例にしていた東京ディズニーシーのミラコスタでのデートへ出掛ける際に南が普段はめている指輪を婚約指輪にすりかえ、見覚えのない指輪に南が不思議がっているときに言った「結婚してください」のプロポーズに、南が「よろしくお願いします」と応えて婚約が成立した。 5月16日頃、相方のに結婚の意志を報告して婚姻届の証人になってもらい、5月25日に婚姻の届出をすませた。 同日、南との結婚を報告。 2019年9月3日、で挙式・披露宴を行った。 人物 [ ] キン肉マン [ ] 『』が好きで、『』では「 ステップマン」という超人をデザインし、本編で採用され悪行超人を応援した。 はまぐちコントサークル [ ] 2011年8月27日に初開催。 「サークル活動のように気軽にコントをやってみよう」という狙いで、同僚芸人を率いてライブ(、)やテレビ(、)でコントを披露している。 ヴィジュアル系エア・バンド「禿夢」 サークル内の企画からの・「」が誕生し、自身はアーティスト名"ヨシユキ"と名乗り、エア・兼プロデューサーとしてプロ活動を展開している。 アイドル集団「」 濱口本人が発起人として誕生したアイドル・プロジェクト。 元「」の後継集団として発足した。 アイドルの祭典『』に毎年出演するため、様々な企画を重ねるトーク番組「スナックうめ子」を共催している。 出演 [ ] バラエティ [ ]• (系列)• (テレビ朝日系列) - 当初はスペシャルのみに出演していたが、ゴールデン進出後は、出演回数が急増している。 番組内では、 ファミレスの神と言われることもある。 (系列) - 木・金曜日両方に登場。 東京オカン。 (制作)• なるほど算(系列)• (フジテレビ) - 第11弾およびザ・ゴールデンスペシャル3にゲスト出演。 相方の有野は9弾に出演。 (系列)• (制作)• (系列)• (系列)• (2011年4月10日・7月5日・10月9日・2012年4月8日・7月3日・10月7日・2013年4月14日・9月29日・2014年7月6日・2015年3月15日・7月19日、フジテレビ)• (2012年3月30日・5月19日、フジテレビ)• (2011年12月29日・2012年3月23日・4月4日 - 9月26日、テレビ朝日系列)• (2013年4月16日 - 9月17日、フジテレビ)• (2013年4月27日、フジテレビ) - コウタ・・那須・能勢と共に「はまぐちコントサークル』名義で出演。 キャッチコピーは「松竹のゆかいな仲間たち」• (2014年4月1日 - 9月23日、テレビ朝日系列)• (2014年6月1日・10月26日、テレビ朝日系列)• 新婚さんに「結婚を決めた一言」聞いてみた(2014年6月9日 - 30日、テレビ東京系列)• (2014年6月21日 - 28日、テレビ東京系列)• 濱口探検隊〜おとろしや阿波妖怪伝説〜(2014年12月、・)• (2015年7月14日 - 、)• (2018年5月28日、日本テレビ)• (2018年6月9日、フジテレビ)• (系列)• (2020年7月10日、17日、) ウェブテレビ [ ]• 今年の垢を落とすぞ! よゐこ濱口が素人娘の家を12時間ハシゴ風呂! (2016年12月30日 - 31日、AbemaPremierチャンネル)• 濱口女子大学Amazonスペシャル(2017年9月8日 - 29日、Amazonプライムビデオ)• (2019年7月16日 - 、AbemaTV) - MC 情報番組 [ ]• (2016年4月9日 - 、) - 司会• (2020年3月 -、フジテレビ) テレビドラマ [ ]• (TBS系列) - 石橋友則 役• 2〜実家天国 第7話(TBS系列) - AD 役• (テレビ朝日系列) - 主演・日の出二郎 役• (TBS系列)• 第8弾「14歳の国」(2003年2月11日 - 3月4日、フジテレビ系列) - 教師2 サタケ 役• ()- 広島藩役人 役• リアルシスター() - 主演・里見仁義 役• Case09「声男」(日本テレビ系列) - 主演・雨宮二郎 役• (テレビ東京系列) - 夏目森博士の息子 役• 第7話(テレビ朝日系列) - 黄金濱之助 役• 第2話(テレビ東京系列) - 鈴木博之 役• - 双子の兄弟 役• (2006年4月14日・8月11日、テレビ朝日系列) - ショックちゃん 役 、濱口優(本人) 役• (2007年10月6日 - 12月22日、) - 主役・Dr. ハマックス 役• (2014年7月5日、テレビ東京系列・) - 常連のおじさん 役• (2013年8月30日、テレビ朝日系列) - 濱口優(本人) 役 教育番組 [ ]• 「命を守るチカラ」(2013年4月10日 - 、)• (2015年4月4日 - 、NHK Eテレ) - まさるくん 役 映画 [ ]• (2003年4月) - ツレちゃん 役• シリーズ(2003年 - 2005年) - 海老名(ハマちゃんの部下) 役• (2003年9月20日)• (2004年8月21日)• (2005年8月27日)• (2009年12月19日) - 大森拓馬 役 吹き替え [ ]• - インディアンの少年 役「」版• (2006年1月7日) - カイン 役 ラジオ [ ]• (2003年10月 - 2004年3月、)• (2004年4月 - 2005年9月、MBSラジオ)• ヤングパーク延長戦・トレン丼(2004年4月 - 9月)• ヤングパーク延長戦・2時まで生風討論(2004年10月 - 2005年3月)• シャカリキ! 延長戦V3(2005年4月 - 9月)• 濱口アイドルチカラこぶ! CBCラジオ 書籍• 絵本『いぬとハナマン』(2005年8月、) - ネット番組 [ ] ・ゲームセンターDX「2015年~」 ・よゐこのマイクラでサバイバル生活 ・よゐこのOOでOO生活 ・よゐこチャンネル「2019年5月30日~」 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2018年5月25日. 2018年5月25日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年9月4日. 2019年9月4日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年9月7日. 2019年9月8日閲覧。 『』2011年1号より [ ]。 - 松竹芸能• - OWARAI FAVCLIP• abema TIMES 2017年8月6日. 2018年12月18日閲覧。 AbemaTV. 2018年7月14日閲覧。 AbemaTV. 2019年7月27日閲覧。 2016年3月17日. 2016年3月18日閲覧。 ORICON NEWS. 2006年4月14日. 2018年12月8日閲覧。 SANSPO. COM. 2006年7月22日. の2006年8月27日時点におけるアーカイブ。 2006年8月27日閲覧。 MANTANWEB(まんたんウェブ). 2013年8月26日. 2018年12月8日閲覧。 GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。 関連項目 [ ]• - 『』内のコーナー。 「」 - アメリカの1969年の映画作品。 この作品の主題曲が、サバイバル生活において濱口のテーマソングになっている。 外部リンク [ ]• - (2017年8月2日 - )• masaruhamagu -•

次の

よゐこ濱口優の結婚相手は南明奈!現在の年齢や年収・子供はいる?

よゐこ 濱口 年齢

4月17日(木)の『ダウンタウンDX』には、 よゐこ濱口が出演。 恋人アッキーナとの 秘 エピソードを初激白! とのことです。 2月の熱愛発覚のときに数か月前から付き合ってるってことだったから、付き合って半年とかは越えてる頃ですかね? その頃には「濱口はなぜモテるのか?」的な記事をたくさん見ました。 しかし、 それって本当なんでしょうかね。 「モテる」ってどういうことだろう?と考えながら、濱口さんの過去の恋愛を調べてみると、面白いことが見えてきました。 よゐこ濱口の過去の交際相手。 年齢差や交際期間など• よゐこ濱口の理想の恋愛と現実のギャップ という形でお送りしたいと思います。 Sponsored Link よゐこ濱口の過去の交際相手 じゃ、過去に噂になった相手をあげていってみます。 まずは確実な情報源がある方や推測でもかなり信憑性が高い方々。 本田みずほ• TV番組「とぶくすり」(1993年4月~9月)までの共演がきっかけ• 交際が報道されたのがきっかけで破局(1995年)• 1歳差 交際期間はだいたい2年くらいですかね? その後、本田さんは東大卒のエリートサラリーマンとご結婚されたそうです。 上原さくら• テレビ番組で元彼女の本田みずほが暴露• 「ピー」音がかぶっていたが、口の動きから発覚• 別のテレビ番組でナインティナイン矢部も暴露• 5歳差 その後、上原さくらはある会社の代表取締役社長と結婚。 交際発覚から約1年での結婚でした。 その後、離婚。 蛇足ですけど、その社長は今度は観月ありさとの噂が流れてますね。 とんでもない大物女優• 「めちゃイケ」で極楽とんぼの加藤にバラされる• 未だに正体は不明 榎本加奈子(推測)• 「めちゃイケ」で「野球選手と結婚した人」とバラされた• 8歳差 小倉優子• 犬を連れてのデートが発覚(2006年)• 2002年から濱口さんが何度もアタックしていた• 2008年に破局• 12歳差 交際期間は2年以上ですね。 破局の原因は小倉優子の所属事務所からの圧力と言われています。 その後、小倉優子は結婚(2011年)。 交際発覚から約1年後の結婚発表でした。 倉科カナ• 2008年から交際• 濱口自宅でのお泊りデートが発覚(2010年)• すれ違いの生活から破局(2011年)• 16歳差 これはかなり話題になりましたね。 交際期間は3年ですかね。 中川杏奈• 雑誌にてラブラブなメールがバラされる• 倉科カナと二股?と報じられる• 15歳差 南明奈• 18歳差 ほかに真偽のほどは定かではないが噂になった女性は• 藤崎奈々子• 中川安奈• 小沢真珠• 内田有紀• 鈴木紗理奈 この中に「とんでもない女優」がいるかもしれませんね・・・。 Sponsored Link 過去の交際相手との年齢差や交際期間からわかるもの すでに 年齢差については上に記しました。 時期がハッキリしない交際相手もいますけど、だいたいわかることがあります。 どんどんと相手との年齢差が開いていってるんですね。 そして、アッキーナとに至っては18歳差。 大事なのは、よゐこ濱口さんの場合、 「一定して、年が同じくらい離れている相手と付き合う」のではなく、 「 自分の年齢に関係なく、一定して同じ年代の女性と付き合う」というパターンの恋愛をしていることです。 具体的には、 20代前半の女性と付き合うというパターンですね。 次に、 交際期間。 これはデータがあるものが限られてますが、わかっているものでは2年以上が多い。 交際期間としては短くないですよね。 付き合ったら、長く安定した交際を続けるということでしょう。 ただ、あわせて興味深いことが、 破局した相手のその後。 これもデータがあるのがごくごく限られていますが、その後、結婚している相手が数名。 そのすべてで 交際発覚から結婚までの期間 < 濱口さんとの交際期間 となっています。 まあ、交際開始ではなくて交際発覚からの期間です。 比較するのは適当じゃないかもしれません。 ただ、言い換えれば、そのくらいの期間があれば結婚する意志を持つ女性たちだった、と。 そして、濱口さんとはそれ以上の交際期間を経ても結婚には至らなかった、と。 まとめると、• 濱口さんは自分の年齢とは関係なく、20代前半の女性と付き合うパターンを繰り返す• 交際相手は濱口さんとの交際期間より短い相手と結婚することも多い ということです。 濱口さんの理想の恋愛・結婚は? ここで気になるのが、 この恋愛パターンを濱口さんが望んでしているのかどうか?ということです。 特に「結婚」という切り口で考えてみると、濱口さんが結婚願望が強いか弱いかで見え方が変わってきます。 もし、濱口さんの結婚願望が強かったとすると、• 結婚したいにもかかわらず相手からOKが出ない• 相手の女性は付き合ったものの、濱口さんとの結婚には踏み切れなかった ということになるからです。 (さっきの実際に結婚した相手との交際期間の話がここに関係してきますね) さて。 ナイナイ矢部の発言。 「(濱口は)「『結婚とかええねん』って言ってました。 わからないですけど」と暴露。 「『一生、可愛い子に振り回されてたい』って」• 実は結婚願望が強く「40代のうちに何とか結婚したいねん」と周囲に漏らしている(現在42歳) という矛盾する内容に思えます。 ただ、• 昔から濱口さんのことをよく知っている矢部さんが濱口さんの過去からの恋愛のパターンを客観視している• 濱口さんは「今」の自分の気持ちの変化を口にしている と考えれば、そんなに矛盾はない。 もしそうだとすると、これまでの恋愛は「結婚願望が強くなかった濱口さん」にとっては理想に近かったのかもしれません。 濱口さんは結婚がしたかった訳じゃなくて、彼女につくす恋愛がしたかったということです。 ただ、おそらく結婚はともかくその彼女との幸せな交際をずっと続けていきたいとは思っていたんだと思います。 実際、「みんな自分のもとでいい女になって巣立っていく」のような発言もしていたらしいですから。 それが42歳という年齢のせいもあり、「結婚したい」という表現になってきたんじゃないでしょうか。 モテるとされている濱口さんですが、その一点で理想の恋愛はできていなかったということになるのかもしれません。 よゐこ濱口のモテるスキルは諸刃の剣? では、なぜみんな濱口さんから巣立っていったのか。 推測ですが、濱口さんの 「とにかく優しい」というモテ方のせいかもしれません。 とにかく相手の女性のことを受け止めるらしいです。 そして、どんなわがままでも聞くらしいです。 ただ、「あなたには刺激がない」と言われ破局する。 女性はたしかに「優しい男性」を理想の相手としてあげることが多いです。 ただ、実際には 優しいだけの男性には、 ある種の頼りなさを感じることもあります。 また、人は人生の傷ついたタイミングなどでとにかく自分を受け入れてくれる場所を求める。 でも、安定すれば、さらに自分を成長させることを求めるようになる。 全員がそうとは言えませんが、恋愛においても相手にそういう求め方をする男性女性は多くいます。 あるタイミングでは自分に最適だった毛布のような優しい存在が、別のタイミングではそうではなくなる。 そういうことも確かにあります。 濱口さんの場合はどうなのかはわかりません。

次の

よゐこ濱口優の結婚相手は南明奈!現在の年齢や年収・子供はいる?

よゐこ 濱口 年齢

メンバー [ ]• (はまぐち まさる、(47年)(48歳) - 、とまどい(名義上はツッコミだが、ボケでもツッコミでもない担当)• (ありの しんや、1972年(昭和47年)(48歳) - 、(しばしばツッコミ担当) 来歴・人物 [ ] 学生時代 同じ中学校に通っていた濱口と有野は、中学3年の頃通っていた塾が同じであったため仲良くなる。 有野の方が成績が良かったが、有野が受験する高校のランクを下げたため濱口と同じ高校に進学する。 高校進学後は同じクラスになることはなかったが、授業中に書いた手紙を休み時間に渡しあったり、一緒にトイレに行くなどしていたとのこと。 コンビ結成 元々濱口はお調子者でクラスの人気者ではあったが、お笑い芸人は特別な存在として、進路として考えたことはなかった。 その後高校を中退していたかつてのクラスメイトが、の養成所であるに入学したことを知り、「そんな身近にいた人が芸人になれるのなら、自分もなれるのではないか」と濱口が考え、就職が決まっていた有野を誘うこととなった。 ちなみにこの同級生は、後のの白川悟実である。 卒業後の、既にのコックに就職していた有野を濱口が「芸能界に入ればと結婚できる」という言葉で誘いコンビ結成。 「吉本はライバルの若手芸人が多い、松竹なら簡単に売れる」という理由で、吉本興業ではなく松竹芸能の養成所を選んでいる。 同世代で吉本を選んだは、この理由について「あいつらは賢い」と評している。 その後コンビ名を「 なめくぢ」にするが、それでは売れないと事務所とに改名を促され、その場に置いてあった幼児向け雑誌の『』からコンビ名がとられた [ ]。 しかし当の2人は改名に乗り気でなかったため、ささやかな反抗で「 ゐ」の字を使い、現在の「よゐこ」となった。 ただし、形容詞の語尾の「い」を「ゐ」と表記するのは、としてもとしても誤りである。 この字については、「よ ぬこ」や「よ るこ」とあえて間違えられることが多々あり、実際に『』というテレビ番組を持った事もある。 東京進出 コンビ結成後、『』『』などに出演するが、旧来の演芸番組では受け入れられず、早いうちに東京進出を果たすことになる。 テレビ番組『』などで知られるようになり、その後、1990年代中盤から『』・『』・『』などで露出が増えるようになった。 また、のラジオ番組にゲスト出演したのを機に「満里奈がファンらしいから使ってみるか」という話になり、全国ネット進出の足がかりを掴んだ。 実はこの出演は、ある日大阪に来ていたがよゐこの存在を知り、生で見たいため、友人である満里奈を動かしたことが明かされている。 、第13回審査員特別賞を受賞。 授賞式では緊張していた様子を観客に「斜に構えて生意気」と受け取られたため大ブーイングを浴びてしまった。 またこの日の『』に、受賞者全員がゲスト出演した際に、番組終わりの最後の一言で、濱口が先輩芸人も多くいる中で、「劇場に出ているような芸人にはなりたくない」と発言し、場を凍り付かせた。 上記のエピソードのように、若手時代は(特に濱口が)先輩から礼儀や態度で注意される事が多く、やなどから厳しい叱責を受けたことがある。 また挨拶や礼儀作法ができないことを、キャラクターとして売りにしていた時期もあり、ウンナンの正月特番において、東京の寄席に若手芸人が挑戦するという企画では、先輩芸人であるに対して、横柄な態度を繰り返す、教えて貰った寄席のルールをすぐに破るということをノリとして演じていた。 近年の活躍 現在はそれぞれが単独でテレビ出演する機会も多くなっている。 2001年ころまでは共に目立った活躍は見せなかったが、2001年から出演するようになった濱口が『』の「一ヶ月一万円生活」などに出演するようになってから、濱口の収入が多い事を有野がネタにしていた。 しかし、2003年から始まった『』のDVDがヒットした有野の方が収入が多い事を濱口がネタにしている。 コンビ揃って嫌煙家・下戸である。 酒に関しては、濱口は酒がほとんど飲めず、若手時代に『とぶくすり』で濱口がビールを飲み泥酔する場面が放送された。 最近では『』の無人島生活で、濱口が飲酒をするが、少ししか飲めず、すぐに酔っ払うという。 有野はビールが全くダメだが、焼酎はそれなりに飲めるという。 逆に、嫌煙家・下戸であることが、ゲーマーに共感を得ているとも言える。 同世代の芸人がほぼネタをやらなくなる中、年1回夏冬にそれぞれ単独ライブ(よゐこライブ)を開催している。 このうち夏のライブは「よゐこのこども祭り」と題し、4歳から12歳までの子供を対象にしており、大人と子供(4歳〜12歳)での参加が必須条件となっており、大人同士、子供同士でのチケット購入はできない。 また、4歳以下の子供も入場することができない。 小学館学年誌『小学一年生〜六年生』では、先行予約も行っている。 舞台では濱口が主役、松竹の後輩芸人が脇役で、有野が悪役という役割がほとんどである。 ここ最近は、ユーチューブで「マイクラでサバイバル生活」などゲームのネット番組への出演が増えている。 そして、濱口は2015年頃から、ユーチューブにて有野課長の「ゲームセンターCX」の分家である最新ゲームをプレイする「ゲームセンターDX」の出演をしており、2人とも、ゲーム好きということがうかがえる。 他は2人で47歳の遊び場として、新たにユーチューブに開設した「よゐこチャンネル」も必見だ。 芸風 [ ] シュールコントの元祖 漫才ではなくコントを主体としている。 デビュー当時は濱口が一人でネタを作っていたが、後に二人で作るようになり、その後にそれぞれ別々に作成するスタイルとなり、それは現在まで続いている。 その内容は不条理や意味不明と形容され、と称される事が多い。 初期段階よりシュールなコントが売りになっており、お笑いニューウェーブ等では、シュールコントの元祖として紹介されていた。 よゐこ自身は早いうちから「有野が ボケ、濱口はそれに対する 戸惑いでツッコミではない」としている。 しかしテレビ等でのやりとりから「濱口がボケで有野がツッコミ」と認識している人も多い。 これは後述する有野が進行役を担当することも関連している(お笑いコンビが司会をする場合は大抵はツッコミが司会進行を担う)。 因みにシュールさを倍増させる台詞の「」は、敢えてしていたという徹底ぶり。 しかし、最近ではベタなパターンに変わってきており、コントでもネタに応じて、主にボケを担当する方という決まりが無くなっている。 進行役は有野 テレビやイベントなどでは、コンビのボケ役でない方が司会進行役を務めるという、定石どおりの役割分担をしていたが、のから「よゐこは有野が仕切をした方が良い」とのアドバイスを受け、また濱口の「天然ボケ」が広く認知された事や、近眼でカンペなどを濱口が読めないことなどから 、有野が進行役をするようになった。 その他 テレビに徐々に映り始めた頃には不仲を売りにし、すぐ「コンビを解消してやる」とお互いに言い合っていたが、現在は『』などでも見られるように、むしろ絆の深さを表に出している。 2000年頃には、「よーいこ(よーいドンのポーズで)」・「すべってごめんね」・「はいはいはいはいすべりましたよ」のギャグを使っていたこともある。 このギャグは『ウッチャンナンチャンのウリナリ!! 』内で目立った活躍がなかったよゐこに南原が伝授したもの。 かつてでは「気配を消す達人」と言われていた彼らだが、では、がメインパーソナリティを務める『』水曜日に出演して以降、現在までほぼ途切れることなくのラジオ番組に出演し続けている(一時期はそれぞれ単独で出演)。 ・・・・・らと共にウンナンファミリーと呼ばれている。 またの「出川ファミリー」という企画に出演した。 アニメ・ゲーム [ ] 有野・濱口共にや好きとして知られており、それに関わるテレビ・ラジオ番組に多数出演している。 最新アニメの人気ランキング番組などでも難無くついていき、更には解説できることから需要が高い。 特に『』のファンであることはやなどと並んで有名。 特に有野は結婚するまでは多数のフィギュアを集めていた程である。 他にも、『』『シリーズ』、『』(特に濱口が好む)、『シリーズ』など、原作マンガを含めて、幅広い知識を持っている。 コントのネタのテーマを、全てアニメ絡みにした単独ライブを開催したこともある。 翌年には全てゲーム絡みのコントだけの単独ライブを開催した。 『』ではリサイクルショップを巡って欲しい商品を自腹で買う企画を行っているが、たいていの場合購入するのはアニメのDVD BOXか漫画である。 なお、濱口は古着やディズニーグッズを買うこともある。 アニメに詳しいのはもちろん、原作のマンガ本を持っていることも多い。 『』や『』等、アニメに声優として出演することもある。 両作の共演者であるについてのエピソードを話す事も多い。 1999年12月25日には、から二人がプロデュースした用ソフト『おわらいよゐこのげえむ道〜オヤジ探して3丁目〜』が発売。 セールスについては「びっくりするほど売れなかった」とのこと(当時は世間からゲーム好きとは認知されていなかった)。 有野がシナリオやキャラクター原画を担当しており、ストーリーは主人公「山田マサル」が失踪した父親を探すというもので、ミニゲームをこなしながら進めていく風の内容。 その後、バンダイナムコゲームズ 現: から用ソフトとしてリリースされた『』シリーズ(第1作は2007年11月15日発売)、『』(2008年4月3日発売)と、彼ら自身をメインキャラクターに据えたゲームが続けて製作され、これらはかなり好調な売上を記録した。 においても「よゐこの射的パズル」などのゲームプロデュースしている。 『ゲームセンターCX』の活躍からゲーム好きとして認識されている有野は、仕事でレトロゲームをプレイしている反動から、実生活においては最新ゲームをプレイしており、仕事の空き時間には携帯ゲーム機をプレイしているとのこと。 また濱口も在宅時には、アダルトDVDとのアダルトチャンネルを見ている時以外は、後輩芸人と有野にプレゼントしてもらったでオンラインゲームをやり続けているほどの、現役のゲームマニアである。 実際、にお忍びで参加したり(結局バレた)、でTKO木下の私生活を紹介する際、オンラインゲーム越し(この時プレイしてたのは)で間接的に出演していた。 その一方でスポーツには2人とも関心が無い。 しかし、濱口がに似ていることをネタにしているが、仁志がどのような選手なのか知らない程である。 有野も『ゲームセンターCX』で挑戦したスポーツゲームで、ADの指示に対して的外れともとれる解釈をしたり、ゲームで関連するスポーツに関するクイズを苦手としている。 もちろん、スポーツに関連するアニメやゲームも詳しくない。 2010年には、CSで放送されている番組『』の中で協力のもと古代怪獣「ガンモナイドン」が製作され、翌年のにて数量限定で販売された。 その後、ニンテンドーDSソフト『』の中にも登場した。 出演 [ ] よゐことしての出演番組を記載。 個別での出演番組は、を参照。 現在の出演番組 [ ] テレビ [ ]• (2016年4月19日 - 、) ラジオ [ ]• () - 月曜パーソナリティ• (2019年10月18日 - 、) Web番組 [ ]• (2016年3月10日 - 、) - 不定期• (2018年4月13日 - 、・公式チャンネル)• (2019年5月27日 - 、・) 過去の出演番組 [ ] バラエティ [ ]• (1991年 - 1992年、)• (1992年、関西テレビ)• (1992年 - 1994年、)• (出演:1996年 - 2001年、)• (フジテレビ) - キャッチコピー「燃えない闘魂」• (レギュラー:1995年10月 - 1997年3月、フジテレビ) - レギュラー降板後も「」や2010年11月18日はの代理・2011年3月31日はコーナーにゲスト出演など不定期で出演。 (1995年 - 1997年)• (1995年12月25日・1996年12月25日)• (2014年3月31日) - 歴代レギュラーとして出演。 (2012年7月3日・2015年7月19日、フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (1996年 - 1997年、テレビ朝日)• (1996年10月 - 2018年3月、フジテレビ)• (フジテレビ)• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• () - 「リハビリシアター」に出演。 (TBS)• (毎日放送)• (2006年12月28日・2007年12月31日、テレビ朝日) - 『いきなり! 黄金伝説。 』の番組• (フジテレビ)• (フジテレビ) - 「」「」などの多くのコーナーに出演。 (フジテレビ) - いずれもめちゃイケメンバーとして出演。 (2004年7月24日・25日)• (2011年7月23日・24日)• (2015年7月25日・26日)• (2004年 - 2014年、テレビ朝日) - 『〜お正月』には毎年欠かさず出演。 (2005年9月23日、関西テレビ・フジテレビ)• (2009年2月28日、フジテレビ) - めちゃイケメンバーとして出演。 (フジテレビ) - 濱口は「」、有野は「」に数回出演。 (2009年10月10日、フジテレビ) - めちゃイケメンバーとして出演。 (2010年9月20日、日本テレビ)• (2010年12月20日、関西テレビ・フジテレビ) - 「」に出演。 (テレビ朝日、ドスペ内)• (テレビ朝日)• (毎日放送)• (毎日放送)• (フジテレビONE・)• よゐこLOVE 〜『大人な趣味』を愛する為に勉強していく〜(フジテレビONE)• (2011年11月7日、・テレビ東京) - の代理MC。 また、濱口・有野がそれぞれピンで数回ゲスト出演。 (2015年・2016年・2017年・2018年、フジテレビ)• 第48回新春! 爆笑ヒットパレード2015(2015年1月1日)• 第49回新春! 爆笑ヒットパレード2016(2016年1月1日)• 祝50周年! 爆笑ヒットパレード2017(2017年1月1日)• 第51回爆笑ヒットパレード2018(2018年1月1日)• (2015年10月31日・11月7日・14日・2018年4月14日・21日・6月2日・9日、フジテレビ)• (TBS)• リンカーン 芸人大運動会2016(2016年10月5日)• リンカーン 芸人大運動会2017(2017年10月4日)• (フジテレビ、2016年10月20日・2018年1月11日) - プラスワンゲスト• (フジテレビ、2017年7月28日)• (2018年11月6日、13日、)• (2019年9月3日 - 10月22日、)• 土曜スペシャル よゐこのシェアサイクル乗り継ぎ旅 東京〜箱根・ 芦ノ湖(2020年2月15日 テレビ東京) 音楽番組 [ ]• 本番では「クボジュン命」と書かれた扇子が開かず手こずっていた南原に代わり、有野が手動で扇子を開いた。 テレビドラマ [ ]• テレビアニメ [ ]• (2013年8月30日「のび太の夏祭り大作戦! 」、テレビ朝日系列) - よゐこ(本人) 役 ラジオ [ ]• (MBSラジオ)• (MBSラジオ)• (MBSラジオ)• もっともゴチャ・まぜっ! ゴチャ・まぜっ! 金スペ• (チベットそろばん塾)()• 火曜日()• よゐこの ゲームナイトニッポンスペシャル(2008年2月1日・10月10日、)• 1000号突破記念 よゐこのオールナイトニッポン ゲームナイトニッポンスペシャル(2008年2月1日)• 週刊ファミ通 開幕記念 よゐこのオールナイトニッポン ゲームナイトニッポンスペシャル(2008年10月10日) Web番組 [ ]• (2017年6月7日 - 8月31日・10月11日 - 12月28日、YouTube・Nintendo公式チャンネル)• よゐこのマイクラでサバイバル生活(2017年6月7日 - 8月31日、全12回)• よゐこのマイクラでサバイバル生活 シーズン2 〜まだ見ぬ大地を求めて〜(2017年10月11日 - 12月28日、全13回)• よゐこチャンネル「2019年~」• よゐこのOOでOO生活「2019年4月~」(YouTube・Nintendo公式チャンネル) 映画 [ ]• (2000年12月23日、) -• 同映画の応援隊長も務める。 ゲーム [ ]• (本人の声で登場)• (本人の声あり) CM [ ]• 撮りっきりコニカもっとmini(1995年)• アイス屋繁盛記シリーズ• Single collection(2004年)• (2007年)• (2013年) 連載 [ ]• よゐこの名作文學(2005年4月 - 2006年3月、、)• よゐこのギョーカイ王(キング)(2005年5月 - 9月、、小学館)• よゐこのよい子の作り方っ!! (2005年11月 - 2006年3月、小学三年生、小学館)• よゐこのクイズアドベンチャー(2006年4月 - 、、小学館) - 漫画:• よゐことよいこのせいぎのみかた! (2006年4月 - 、小学三年生、小学館)• それゐけ! (2006年4月 - 、小学六年生、小学館) - 原作:よゐこ、漫画:いかりん 書籍 [ ]• よゐこの芸能日記(2007年2月、 特別編集) - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 白川はよゐこの二人とは、一学年上であったが、二年の時に留年したことで同級生となっていた。 テンダラーとして活動する以前からも、よゐこの高校時代のエピソードで、「ダブリの白川くん」として登場していた [ ]。 実際は高校在学中に誘われた(『よゐこの企画案』 16より) [ ]。 しかし現在では改名したことにより売れたことに感謝しており、濱口はそれ以来「誠さんの言うことは何でも信じるようになった」と言っている(『』2006年「」の放送において発言) [ ]。 濱口はではをかけているが、キャラクターにないことからテレビ出演時には着用していない。 テレビ収録時はを付けていないので、濱口が文章を読み上げなくてはいけないときなどに、目を細めているシーンが度々放送されている。 濱口の眼鏡を着用している姿は、ラジオ収録時や移動中などのシーンを、取材や番組のオフショットを取り上げる記事などで見られる。 なお、有野は視力が良く、『ゲームセンターCX』で視力は1. 5と公言したどころか、ゲームを長時間やっても視力は下がらないと公言しているくらいである。 ただし老眼が入ってきたため2013年からは番組でゲームの戻し作業などする際に老眼鏡をかけている [ ]。 出典 [ ].

次の