無印 良品 スプレー ボトル。 無印良品 ポリプロピレンスプレーボトル・アルカリ電解水クリーナー専用のレビュー・口コミとして参考になる投稿191枚

簡単メンテナンス!無印オイルスプレーの噴霧状況を改善(詰りを除去)!

無印 良品 スプレー ボトル

DAISOのスタイリッシュスプレーボトルを買って失敗した それがこちら、 スタイリッシュスプレーボトル。 購入当時、 シンプルでおしゃれで並べてもうるさくないデザインのボトルを探していました。 なるべく安く済ませたかったので、 セリア・キャンドゥ・ダイソーをはしごして、こちらに決定。 (おともだちの家にあったので写真をぱちり) モノトーン派にはセリアが根強い人気ですよね。 でもDAISOのスタイリッシュスプレーボトルも負けず劣らず人気で、SNSでよくお見掛けしていました。 クリア、グリーン、ブラウン、ブルーと種類があったかな? わたしは迷わずクリアを選択し、お試しでクリアを2個購入。 もし使い勝手がよければ、なんちゃってマーチソンヒュームにすべくブラウンも検討していました。 こんなふうにラベルを貼ろうかと。 水の吸い上げ力の問題かは知りませんが、トリガーを 10回も引かなければ噴出してくれません。 これがあまりにストレスでストレスで… 些細すぎることなのですが、 気軽にシュッとしたいだけなのに、10回も無駄な空振りをさせられることを毎度繰り返すのは、作業効率が悪すぎます。 商品に当たりはずれもあるかもしれません。 ひとつの意見としてご参考にお願いします。 我慢できずに無印に乗り換えたら、その機能性に感動した 多少使い勝手が悪くても一度買ったものはできるだけ使い続けたい性分ですが、今回はストレスが勝ってしまいダイソースプレーボトルの断捨離を決行しました。 というわけで新たなスプレーボトルは百均以外で再検討。 そしてさまよったあげくに無印良品週間にてお迎えしたのがこちら。 無印良品【 スプレーボトル アルカリ電解水クリーナー専用】 はいこちら、 感動しました。 フォルム完璧、並べてもデットスペースない完璧、色完璧、もちろん霧噴射完璧、トリガー1回で噴出完璧。 すべてにおいてわたしの気になるポイントを凌駕しました。 高評価!無印の【ポリプロピレンスプレーボトル アルカリ電解水クリーナー専用】がよい5つの理由 1、フォルム完璧 無駄のないフォルムです。 スリムなのに400ml入るってうれしい! 本体を手にしたときのフィットする感覚が好きです。 計算されているかんじ。

次の

【オシャレに詰め替え】無印のスプレーボトルがおすすめの理由を徹底解説!

無印 良品 スプレー ボトル

無印のオイルスプレーを分解・洗浄してみた! 油を入れるものだから、できれば水洗いしたくないなーと思ってる人も多いのでは? ワタシも同じで特にスプレーの管なんかは、洗うと中の方がうまく乾燥できないんじゃないか?と不安でした。 でもうまくスプレーできないし、油で手がベタつくわでもう我慢できない! ということで思いきってやってみました! うまくいけばいいけど。 まずは分解・ぬるま湯洗浄 分解後、まずはすべてのパーツを中性洗剤で洗い油を落とし切ります。 今回はよく落ちるようにと、40度くらいのぬるま湯を使いました。 で、1度洗ったら組み立て直して、油ではなくお湯を瓶にいれて今までどおりスプレーしてみます。 こうすることで、スプレー管の内部まで洗うことが可能です。 乾燥 気が済むまでスプレーしたら、再び分解、そのまま乾燥させます。 キッチンペーパーの上に置いておくと早く乾くような気がします! あと、お湯で洗うほうが乾きは早くなります、これはホントです。 乾燥時間は気温などにもよりますが、今回は1時間ほどおきました。 見た目では分からないくらい、綺麗に水滴も落ちてます。 ただし、管の中だけは気になりますね、、。 仕上げ(完全復活!) 最後に組み立てて、油を補充。 はじめの方は水と油が混ざったものが出てくると思うので、通常通り2,3回スプレーしてあげます。 これで水抜きが完了した!と勝手に思い込んでいます。 これで新品同然のパフォーマンスが蘇りました! 最初つまったときは、もう捨てるしかないかな?と思ったんですけど、あきらめないで良かったです! これで奥様の料理の手伝いもはかどります。 ちなみに商品の説明書には正しい手入れ方法が載っているので、それを参考にされることをオススメします。 ワタシは説明書を紛失してしまいました()! みなさまは大切に保管してください! 一回で補充する油の量が40ccほどなので、使い切ったタイミングで定期的に洗浄するのも良いかもしれません、なにごとも予防が大切です。 販売終了? そういえば近所の無印に行った時、このオイルスプレー値下げされてました(たしか1800円が1500円くらいになってた)。 レア物になる日が来るかも? これ使うと料理に使う油の量が減るような気がします!.

次の

簡単メンテナンス!無印オイルスプレーの噴霧状況を改善(詰りを除去)!

無印 良品 スプレー ボトル

こんばんは、ヤマネコです。 今年の3月に、無印良品から新しいお掃除グッズが発売されました。 それがアルカリ電解水クリーナー。 買い足しではなく、数年前に購入したスプレーボトルからの買い替えでした。 円筒状のボトルも、同じ無印良品のもの。 たしか「重曹・クエン酸用」とされたスプレーボトルだったと思います。 実は旧ボトルのほうはノズルが詰まるようになってしまい、ずっと買い替えたいと思っていたのですが、どうやら販売終了で叶わず。 たびたびお手入れしては再利用を続けていたけれど、何度洗い直してもすぐに詰まることのくり返しで、そろそろ限界かなと。 他で新しいボトルを見繕おうかと思った所で、やっと無印良品からの新製品が。 そんなわけで新調して、およそ二ヶ月使ってみました。 主な用途は、旧ボトル時代と変わりません。 食器の洗浄補助(汚れがひどくない食器やツールを洗う場合、このスプレーと水洗いだけで済ませ、追加の洗剤は使わないことがほとんど)• キッチンまわり・家電の掃除 アルカリ液性で油分を浮かせること、主に油汚れや手垢を落とすために使っています。 まずは新しいボトルになったことでスプレーの出がよくなり、これで一気にストレス減。 このためだけに買い替えたと言っても過言ではないので、本当によかったです。 更にボトルの形状から「転がる」ということがなくなりました。 本来、角型のよいところは「並べたときに隙間なく置けること」かもしれないと他のユーザーさんのレポを拝読していて思ったのですが、今のところわが家で並べて配置させる予定がないのは残念なところ。 そして実際の使用感はというと、アルカリ電解水の「油を浮かせる威力」は承知していたので不満なし。 食器洗浄にもすごく心強いです。 ただ毎日使っているため、中身が一ヶ月ほどでなくなりました。 本来なら詰替え用のアルカリ電解水(350円)を買うのがベストだと思いますが、私が詰めたのは、以前と同じ「セスキ炭酸ソーダ(粉末)」の希釈液。 ボトルに対し八割ほどの水道水と、セスキ炭酸ソーダ小さじ1~2、これを溶かしたもの(以下、セスキ水)です。 この使い方は本来の用途ではないので自己責任ですが、そうして使い始めてから更に一ヶ月経ち、現状、出にくくなったなどのトラブルはまったく感じません。 セスキ水用のボトルとして、使い続けることができそうです。 ちなみにパッケージのシールは、今のところそのまま。 アルカリ電解水やセスキ水を「家庭の掃除」などに使う場合、液性のpHが違うだけでほとんど同じ用途(&同じ注意事項)のものだと考えており、少なくともわが家のキッチンではラベルが違っても問題ないかなと。 あれこれ試しながら二ヶ月経ちましたが、現状はとっても快適。 心配なのは気温の下がる秋冬。 溶かしたセスキ炭酸ソーダが結晶化しやすくなって詰まる可能性もあるため、少し様子を見ながらお手入れして、このまま二年くらいは使えたらいいなと思っています。 これでキッチンでのストレスがまた一つなくなりました。 ちなみに私が使っているセスキ炭酸ソーダは、1kgで600円弱。

次の